今回はいつも通りのスープの他に

麺もつくりました


ラーメンの麺は
かんすいと呼ばれる
アルカリ性の物質(?)が入ってることで、色や食感に特長を出してうどんパスタとの差別化を図ってるそうなんです


今回はアルカリ性をいれないで作ってみました



材料は、強力粉7.5、薄力粉2.5、水、卵1、しお、打ち粉(強力粉)です




まあ水はほとんど入れてません



これらを混ぜて寝かせて細く切ります

数刻寝かすことで小麦と水の親和性が増すらしいです

そして、麺は細く切らないと茹でた時に膨らんで極太になってしまいみたいです


そばとかと一緒だよね




で、スープはいつも通りの

豚骨
鶏ガラ
紅葉です

紅葉はとろみを出すために必要ですね



そして今回は札幌味噌ラーメンにするので、具材を炒める時にスープを入れ味噌を溶かします



明確な定義はないと思うんですが、麺の上に炒めた具を載せるのが札幌ラーメンだと思ってます

具の代表はもやしとか、コーンとかかな

で、具を炒めた後、熱くなった鍋に味噌を投入すると一気に香りが広がるのでこれを急いで丼に入れる


これが札幌味噌ラーメンだと思います



image





今回は麺以外はうまくできたと思います


麺は細さを均一にしないと茹でた時にムラがでます

かたかったりやわかったり

まず均一に切ることができる
ってのが製麺レベル1ってとこですね




あと今回はオーブンを使って叉焼を作りました

オーブンで低温調理するとハムっぽい感じになります



ハムっぽいってなんだろ