RIDE ON TIME

子供たちの自転車を中心とした気ままな日記・・・

2015年11月

インカレが終わると各校、部活も夏休み期間に入り、ほとんどの子が帰省。
うちの兄弟もインカレの二日後に帰ってきて、束の間のOFF。

今度は、それぞれツール・ド・北海道に出場。
HAYAは、北海道選抜で国際レース。
ツール






2年生の時に順天堂大学チームで出場し第2ステージで落車に巻き込まれてのDNF以来の今回の目標は、完走するだけじゃなく何かを掴む。
そんな感じだったのかな。
1分以内とかにいない限り、正直リザルトには、あんまり意味がない。

んで、2年ぶりにツール市民出場のKEIの目標は、もちろん総合完全優勝。
ツール






TTは1位だったけど二日目ロードは、早仕掛けで最後差されて5位、この時点で総合は1秒差の2位。
まあ、どっちにしろモエレクリテで勝てば総合優勝。
最終日、朝から超リラックスモードで、普通に走れば勝てると自身満々。
で、スタートして1周目単独先頭で通過。
2周目、先頭集団に居ない。 
落車かパンクか?

はい。その両方でした。
コーナーで落車、タイヤはバースト、ディレーラハンガーもハンドルも曲がって終了。
膝から出血しながら自転車を押して戻ってきて「ごめん」と一言。
まあ仕方ないよ。

来年は選抜で走りましょう。

さて、今年の自転車観戦内地遠征の第5弾。
学連選手にとっての大一番インカレです。
HAYAもKEIも出場するのは、日曜日のロードレースだけなので、いつもの土曜夜の便で成田着。
今回は、ロードレース会場の長野県大町行の高速夜間バスがあったので成田からは、それで移動。
睡魔に耐えながら知らない道をレンタカーで走るより全然快適だった。
 
朝、会場に着くと結構な勢いで雨。
各校の指定駐車場になっていたグラウンドも泥で、ぐちゃぐちゃに。
先に女子のレースを終了させて男子は、10時スタート。
距離は、1周12.6劼亮回コースを14周の176.4辧
結局、終始雨の中、約4時間50分の観戦。
疲れた。 
もちろん走ってる選手達は、凄くキツかったと思う。
インカレ






初挑戦のKEIは、とりあえず30番台を目標にしていたようだけど4周目にメインから遅れだし9周完了でフィニッシュラインで降ろされた。
ちなみに168人スタートで完走者35人。
で、今回が通算4度目、つまり最後のインカレとなったHAYAは、監督、コーチ、後輩等の期待に応えられず、32位でのゴール。
最後は力なく戻ってきただけと言う感じだったな。

二人とも全く納得の行かない結果だったよう。
そりゃそうだよな。

でも、これで終わりじゃない。

このページのトップヘ