2018年03月08日

『別れ、そして新しい仲間』

経営する立場になって、強く感じるようになったことの一つに、大切なスタッフとの別れがある。


経営する前の一人の従業員時代の頃は、同僚や部下との別れというものに対して、寂しくはあったが、自分にとってはそれほど心の重みは感じ得なかった。


しかしながら、経営者として従業員スタッフと出会い、仲間に加わってもらうことになれば、

同時にその家族の生活の一旦も背負うことになる。

一人一人が大切な人材で、思い入れもそれぞれ。。。


先月は、3年ほど在籍した重要な社員との別れがあり、同時にこの2か月間で7名の新入社員・スタッフを迎え入れた。


ここで間違えてはいけないのは、入社して会社として責任を持つということは、スタッフ自身の人生を背負うこととは違う、ということである。

会社のために人生を犠牲にしてはならないし、人生のために会社があるわけではない。

仕事は生活の手段でなければならないと思っている。

人生はあくまでもスタッフ個々人が自ら作っていくものである。


その人生の一部に、仕事を通じてやりがいを持ってもらえるかどうかというのは、会社にとっても従業員にとっても、とても重要なことである。


ともあれ、新入社員との出会いは非常に身の引き締まる思いがあると同時に、

思い入れのある社員との別れは、非常に心が痛い。。。


新しいスタッフは、このみのり会が良い職場になるように祈ると同時に、

別れた職員が更なるステップアップ、良い門出、人生となるように祈りたい。。。


今まで本当にありがとう。。。


今日も皆さまの応援クリック!お願いします(^^)d!
人気ブログランキング


「みのり会」のホームページ! スタッフブログが意外に絶賛で、好評公開中!!



zo777 at 07:57コメント(0) 
最終ステージ! 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
Archives