2020年02月08日

『1時間の究極のサービス♪』

羽田空港をよく利用する方はご存知だろうが、二階の北ウィングと南ウィングの間に土産屋さんがあり、その奥に左右に分かれて和食と洋食をやっている店舗がある。おそらく300人は収容するだろう広さ。


私は決まって左の和食店の方を選ぶ。

そう、焼酎を飲みたいからだ。


いつもは、自分が満足して何気なく利用してた。


今までは気づかなかった。



私は決まって板わさとお新香盛合せをを注文する。

47847F6A-1A7F-40BD-B712-A9D004ED9598

板わさには、もろきゅうとらっきょうもついてくる。



0ECCEE12-FD3B-4BFC-A3BD-73D8B1A66958

盛合せにも大好きならっきょうと、右下の薫製の新香がついてくる。私のお気に入り…。



ところが、最初の生ビールが届いた時に、二つ向こうの8人テーブルの客から大きな声でクレームが…。

要は7人分はきたが、一人分を忘れていたようである。

丁寧なクレーム処理。

私でも矛先を収めるだろう。



その様子見ながらいつもの洞察眼が働いてしまう。



客の来店では、会話なく、目配せだけで、お客が席に着く前には人数分の水とおしぼり。


客が箸を置くタイミングで、どこで見ているのか、あがりが出される。

私のように長居する客には言われる前に水が注がれ、
三品目の漬物を頼んだ時には「お箸をお取り返しましょか」と…。


機械的に余分な会話がない中で、必要不可欠のサービスは繰り返される。

素晴らしい。。。


ふと、高齢者に満足いくサービスを過不足なく提供できてるだろうかと足元を振り返る。

スタッフの皆さん「5つのり」の原点を忘れず、小さな優しさを積み重ねて参りましょう


今日も皆さまの応援クリック!お願いします(^^)d!
人気ブログランキング


「みのり会」のホームページ! スタッフブログが意外に絶賛で、好評公開中!!





zo777 at 17:33コメント(0) 
最終ステージ! 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
Archives
RSS