AYTのロボロボとした日常MX

見せてやる!人のみが持つ無限の可能性を!!!

悪魔くん 第1話、2話

・第1話「妖怪ガンマー」
奇怪な事件が次々と起こる中その傍らには怪しい老人の姿があった。
そんな中少年山田真吾目のない死体発見すると
傍に居た怪しい老人の後をつけ井戸の中へと入っていった。
中で待ち受けていた老人真吾の顔を見ると
世の中の不幸と戦うために生まれてきた少年と呼び
自らを悪魔を呼び出す秘宝を伝えてきたファウスト博士と名乗った。
更にファウスト博士は自らの使命真吾に託すといい
人間を不幸にする妖怪が世界に存在していることを教え
悪魔メフィスト魔法陣で呼び出し契約するよう言ってきた。

ファウスト博士と出会った少年山田真吾妖怪と戦い始める話。
呼び出されたメフィストはどんな怖い悪魔なのかと思ったら
チョコレートを気に入ったり
子供を襲う妖怪に怒ったりと結構コミカルなところもある良い奴なんだな。
今回の敵ガンマーは女の子の後ろにいきなり立っているってのが
白黒の映像のせいもあって怖さが引き立つ。
を切り離されても攻撃してきたりと第1話からかなりしぶとい敵だったな。


・第2話「化烏」
飛行中の旅客機巨大な怪鳥襲撃された。
怪鳥飛行機を次々と襲っていることを知った真吾
退治しに行くため悪魔メフィストを呼び出すが
呼び出されたメフィストチョコレートだけ奪って帰ろうとした。
なんとかソロモンの笛で言うことを聞かせた真吾
怪鳥をおびき出すため飛行機を調達に向かい
早速飛行機に乗り込んで発進すると
飛行機には真吾達の話盗み聞きした
情報屋が乗り込んでいたことが判明した。
その後飛行中入道雲を見かけた真吾
操縦するメフィストに避けていこうと進言するが
メフィスト入道雲に突っ込むといい出した。

真吾とメフィスト妖怪化烏退治に向かう話。
化烏は理性のない怪獣みたいな奴かと思ったら
人間サイズの烏人になって結構頭も切れる奴意外だった。
冒頭ではいきなり旅客機撃墜されてエグいなぁと思ったら
乗客達烏人にされて生きていたのも驚いたな。
今回登場した真吾の友達情報屋
自作の盗聴器を駆使して真吾達の話盗み聞きとか
ハイテクなことしてるなと感心した。


実写悪魔くんは今回初めて見るけど
ジャイアントロボよりも更に前年の東映作品ってことで
白黒の映像のせいもあってとにかく新鮮だなと。
まずOPの時点で怖いけどこれから見進めていくのが楽しみだ。

うたう!大龍宮城 第41話、42話

・第41話「ウミタナゴ」
乙姫平和なハープ龍宮城を蘇らせることの出来る
選ばれし者が誰なのか悩む中
丸藤商事忍装束の男が侵入し書類を強奪していくが
それは直美の策略であるようだった。
侵入者鯨大王と珊瑚女王が差し向けた龍宮城の忍者・ウミタナゴ
盗んできたのは蘇る龍宮城を高級リゾートホテル化計画の書類だった。
その書類を見た鯨大王達乙姫
蘇った後の龍宮城の経営丸藤商事に任せようと持ちかけるが…。

ウミタナゴに盗ませた蘇る龍宮城を高級リゾートホテル化する計画の書類を見た
鯨大王と珊瑚女王が蘇った後の龍宮城の経営
丸藤商事に任せると言い出す話。
ウミタナゴ乙姫とタロー達対立させようとしたのを知って
「ラブ ラブ ラブ」を唄いながらウミタナゴを追いかける乙姫が地味に怖かった.
今回は直美の策略に嵌った鯨大王と珊瑚女王丸藤商事側についたけど
タロー達余所者は黙ってろみたいに扱ったりと
急に嫌味なキャラにされてしまっていたな…。
あと今回は乙姫を慰めるシーンタロー達の新曲
「清らかな調べ」が披露されたけど
「この世にまさしく」 同様あの4人の歌はダンス付きで大変そうだなと。


・第42話「ホタルイカ」
学校を終えたタロー達
鯨大王と珊瑚女王が丸藤商事側に寝返った件について話していると
宇宙人の少女宇宙のポップコーンなる物を売りつけてきた。
タロー達はそれを買うが宇宙のポップコーン
何の変哲もないただの塩味のポップコーンだった。
実はその宇宙人はこの頃回覧板
注意を呼びかけられている悪い偽宇宙人
タローの持ち帰ったポップコーン乙姫のブレスレットが反応したことで
その宇宙人は龍宮城の魚介類であることが判明した。
更に浦島家に届いた差出人不明のビデオレタータロー達が再生すると
そこには鯨大王と珊瑚女王
蘇る龍宮城を高級リゾートホテルにするプロジェクト
責任者になったことを告げる映像が収められていた。

タロー達宇宙人を名乗る少女から
宇宙のポップコーンを売りつけられる話。
今回のゲスト宇宙人の少女正体
ホタルイカを演じたのは前作トトメスハナコ役中村花子だったけど
登場シーンのBGMシュシュトリアン
ET母ちゃんのシーンで使われている曲だったのは笑った。
あとホタルイカの回想での唐突な投石シーンにも吹く。
後半ホタルイカは遂に手に入れた中古のロケットでどう飛ぶのかと思ったら
彼女が宇宙人の衣装ヘルメットだけ被って
そのまま括り付けられて発射されたのは衝撃的すぎた。
そしてその後の亀山
前回の予告では格好良いところ見せる流れになると思ったら
情に流されたせいであんなことになろうとは。


直美の策略鯨大王と珊瑚女王だけじゃなくて
亀山まで丸藤商事側についてしまった。
第42話ラストタローも言っていたけど
無茶苦茶なことというかえらいことになってきたなぁ…。

ビーロボカブタック 第49話、50話

・第49話「譲の東大一直線!」
が相変わらずテスト酷い成績ばかりなことを受け
いつもカブタックと遊んでばかりだからだ
カブタック責任を押し付けてきた。
それを受けカブタック譲を絶対東大に入れやる
スターピースを探し始めた。
一方その頃コブランダー達
自作の衛星放送用のアンテナテレビにつけて
衛星放送を見ようとしていたが
ガニランとスパイドン衛星放送用の人工衛星ガンを飛ばし
喧嘩を売られたと思った衛星放送用の人工衛星
負けじと電波を送ってくるという作戦失敗
コブランダー達の部屋を攻撃されてしまった。
なんとか逃げ出したコブランダー達石焼き芋屋の車を見つけるが…。

カブタックスターピースの力
東大に入れてやろうとする話。
衛星放送用の人工衛星だの吉祥寺工務店に勤める親方だの
相変わらずの浦沢節ツッコミどころの多さに笑ったけど
この流れでスターピースが本物だったことには驚いた。
あとお金ないからって昼食
サラダ油で済ませようとするクワジーロに笑った。
テントリーナスターピースを手に入れようとした動機
安室奈美恵が妊娠して休業したことが出てきたけど
当時はそういう時代だったんだなと懐かしくなった。
気がつけばすっかり終盤だし
テントリーナが譲のスターピースを勝手に使った件の罰
結局活かされないまま終わりそうな気が…。


・第50話「チョコは男の純情」
コブランダー本命だと思ってもらったバレンタインチョコ
義理チョコだったという悪夢を見て目が覚めた。
機嫌が悪くなったコブランダーをよそに
ガニランとスパイドンが昼食を買いに行きつけの弁当屋に向かうと
店員夢子が二人にバレンタインチョコを渡してきた。
コブランダーには無いのかと聞かれた夢子
昨日の内に渡したと答えるがどこか様子がおかしかった。
一方転校したから本命のバレンタインチョコを貰ったことで
心ここにあらずと言った状態
更に正寅蔵之助、クワジーロまでもが
本命チョコを貰ったと聞いたカブタック
義理チョコしかもらえなかったため羨ましがっていた。
そんな中コブランダーの部屋に捨てられていた
夢子からの義理チョコスターピースが宿った。

コブランダー夢子からもらった義理チョコスターピースが宿る話。
この終盤コブランダーが真っ当に活躍する回があったのは嬉しかった。
最初のバーの夢のところのイケボぶりも凄かった。
にはオーストラリアに引っ越したから
クワジーロにはあかねからのチョコ
台詞や写真だけながらも過去のゲストキャラに触れられたのも嬉しい。
今回カブタックはもらったのが全部義理チョコだったのを残念がっていたけど
蔵之助ほどじゃなくてもそれなりの量があるし
一体どんな伝手でもらったのやら。


シャークラーキャプテントンボーグの正体
高円寺博士なのではないかと突き止めたところで次回へ。
もう来週分というか明日更新されたら最後の配信と思うとひたすら寂しい…。

仮面ライダーBLACK RX 第3話、4話

・第3話「RX対風の騎士」
ジャーク将軍は先の作戦失敗を受け
ガテゾーンとマリバロンを与えた後
次の作戦をボスガンに任せることを決定した。
ボスガンはそれを受け怪魔界から最強の戦士
風の騎士ガイナギスカンを呼び寄せたと答えた。
一方その頃光太郎は家で俊吉チェスをして過ごしていたが
そこに突然強烈な突風が吹き込んできた。
茂達に遊びに行っていることを聞いた光太郎
心配になって様子を見に行こうとするが…。

光太郎怪魔獣人ガイナギスカンの手で怪魔界に連れて行かれる話。
後半の戦闘では光太郎ガイナギスカン
変身のチャンスを与えてもらった
借りを返した上で決着をつけたのは良い流れだった。
ただそのガイナギスカンを苦しめた玲子とおそろいのウォッチペンダント
オルゴールが鳴るのはアラーム機能かと思ったら
鳴ったのは2時58分なんて中途半端な時間
どんなタイミングで鳴る機能だったんだろう。
あとクライシスの面々が出撃する配下を一々
「最強の〜」って言うのはこの頃からだったんだな。


・第4話「光の車ライドロン」
光太郎俊吉に頼み込んで休みをもらい
怪魔界で出会ったワールド博士から託された設計図から
ライドロン完成させようとしていた。
一方その頃クライシス帝国ではジャーク将軍からガテゾーン
ライドロンが完成する前に爆破しろという命令が下され
ガテゾーン怪魔ロボット・ガンガディンを送り込んだ。
その後光太郎は遂にライドロン完成させたかに見えたが
どういうわけか起動してはくれなかった。
アクロバッターに聞いても教えてくれず
光太郎気分転換に外に出て茂達と会っていると
怪しい黒服の男光太郎達を付け回し始めた。

光太郎ワールド博士から託された設計図を元に
ライドロンを完成させようとする中
それを阻止しようと怪魔ロボットガンガディンが送り込まれる話。
ガンガディンライドロン完成しなかったら
RXほぼ完封とか相変わらず怪魔ロボットは強い
砲撃にも結構な被害を与えていたし。
そして下半身が車両になってるからって
横転させたところにリボルクラッシュってのはなかなかエグい決着だったなと。
前作終盤で登場したクジラ怪人絡みの力
ライドロン完成するのは熱い流れだった。
そのままあの海底洞窟が無くなってしまったのは少し悲しいけど。
あとライドロン嫉妬してるかと思いきや
時間稼ぎ奮闘してくれたアクロバッターも良かった。
バトルホッパーの生まれ変わった姿ってことを踏まえると
言葉を話せるようになったってだけでこみ上げてくるものがあるな。


白鳥玲子を演じる高野槇じゅん澄川真琴だと今頃知った。
JACを離れた時に名義を変えていて
ウインスペクターなんかにも出ていたんだな。

轟轟戦隊ボウケンジャー 第13話、14話

・Task.13 かぐや姫の宝
サージェスから命じられ龍の首の玉の回収に向かった蒼太と菜月
ジャリュウ一族に追われる一人のと出会った。
しかし蒼汰達ジャリュウ一族と戦っている間に
既に回収した龍の首の玉を持っていってしまった。
実はこのところ竹取物語に伝わる5つの宝の内
3つの宝が何者かに盗まれており
今回4つ目の龍の首の玉も盗まれてしまったのだった。
するとボウケンジャーのもとに怪盗セレネーなる者から
4つの宝は自分が持っており残る5つ目の宝を巡って
どちらが先に手に入れるか勝負しようという内容の挑戦状が届いた。

竹取物語に登場する5つの宝暁達が追う話。
かぐや姫の宝を狙う怪盗セレネー正体は実は…
ってのは寓話的で夢がある結末だと思った。
そんなセレネー役は二年後仮面ライダーキバ麻生恵を演じる柳沢なな
東映特撮には一度ゲスト出演を挟んでからのレギュラー出演だったんだな。
今回登場した敵の邪悪竜リンドム裏モチーフ
ジュウレンジャー剛龍神
胸や膝の形状がわかりやすいな。


・Task.14 甦る過去
ミスター・ボイスから
伝説のエネルギー鉱石・アメノカナヤマノハガネの回収を命じられ出動した。
反応のあった場所に一行がたどり着くと
そこにはダークシャドウが待ち構えており戦闘が始まるが
に落ちた菜月がはぐれてしまった。
その後暁達との連絡もとれないまま菜月が山中を歩いていると
木に縛り付けられた少女を発見した。
思わず縄を解いて助けてあげる菜月だったが
助けられた少女は菜月お姉ちゃんと呼び自分は妹のミリアだと言ってきた。

暁達伝説のエネルギー鉱石・アメノカナヤマノハガネの回収を命じられる中
菜月自分の過去を知る少女と出会う話。
サブタイ的にも菜月の過去の伏線が進む回かと思ったら
全部敵の幻影でどちらかというと真墨との絆メインの回だったな。
巨大戦真澄に化けたネンドガミ
容赦なく攻撃する菜月には笑った。
流石に真澄の姿のまま撃破はしなかったか。
今回の敵のツクモガミ・ネンドガミ裏モチーフ
ハリケンジャーの風雷丸だったけど
上半身の三日月ですぐわかったな。


ここのところデュアルクラッシャー
その回の主役メンバーが使うようになったけど
発射自体は一人で行うから違和感なく持ち回りに出来るのが面白い。

大鉄人17 第35話

・第35話「さらばワンセブン 不滅のナンバー」
ブレインに捕まった三郎の救出のため
ワンセブンブレインの本拠地に乗り込んでくるが
ブルージャガーの乗り込んだゴールドネッシーが立ちはだかり
彼をブレインエリアの内側に引きずり込もうとしてきた。
一方ブレイン党員に拘束された三郎のもとには
剣持隊長達が駆けつけ彼の危機を救っていた。
その後ワンセブンはなんとかゴールドネッシーを倒すことに成功するが
彼は既にブレインエリアに入り込んでおり
ブレインの機械の触手拘束されてしまった。
三郎は動かなくなったワンセブンに必死に呼びかけるが…。

三郎ブレインエリアに入って拘束されたワンセブンの救出に向かう話。
後半の三郎が操縦席に座ってからの逆転劇はいつ見てもたまらないな。
その後の自らを犠牲にして唯一のブレインを倒す方法を考えだした
ビッグエンゼルの予想ワンセブンが上回る展開も胸が熱くなる。
ただ最後のブレインロボットである
ゴールドネッシーは復活で前振りとかしていた割に
ちょっと小競り合いして逃げてばかりだったりとあんま強くなかったなと。
あと最終話にして初めて
レッドマフラーの飛行隊がまともに活躍するシーンを見た気が。


というわけで二回目の視聴を終えた大鉄人17
改めて見返してみるとテコ入れがあった後半
そこまでガラッと雰囲気が変わったわけでもないって感じがした。
完全にシリアスなノリの戻る終盤よりも前に
三郎が天涯孤独であることが度々触れられたりするし。
たまに敵を攻略するための理屈付けが怪しい回もあったりしたけど…。

ただやっぱり出演者の顔ぶれ的に好きなのは断然
平田昭彦の演じるキャプテンゴメスが居る前半なんだよなと。
退場回の鬼気迫る最期も凄かったし
ライバル剣持隊長との関係性も良かった…。
あとハスラー教授は後半になるほどハッスルしていって
毎回の台詞が楽しみだった。
キッドと二人で行動してばかりだったゴメスが居た頃と比べると
ブラックタイガーとは割と仲良くなっていたんじゃって気がしたな。
退場回でただならぬ感情を持っているような感じの台詞もあったし。

戦隊ロボとかが登場する前の作品だから
ロボット同士の戦闘のノリが以降の作品とは違うのも面白かった。
度々人型ですらない敵との対決があったのも良かった。
ワンセブンが喋るようになったのはいかにもテコ入れって感じもするけど
学習・成長していった結果とも思うと割と納得できる流れって気も。
同じロボットと少年ってフォーマットのジャイアントロボを見た後だと
いろいろ共通する部分特撮技術での進歩が見て取れたな。

好きなエピソードはやはり前半から中盤にかけてのあたりになるな。
ゴメスがひたすらエグい作戦を仕掛けてくる
第9話「幻の超重砲「グスタフ」」と第10話「死なないで! 裏切りの父」
の前後編はたまらないし
先に出していたゴメスの退場回の第15話「ゴメス! 戦場に散る」も忘れられない。
あと敵がブレインロボットですらないただのコンコルドって印象が強かった
第27話「なぞのコンコルド 父ちゃんのうそつき」
佐原健二のゲスト回ってことで印象が変わったな。

この枠は前回配信の超人バロム・1から一気に年代が飛んだので
次の配信がどの作品になるか全く予想できないな。
全く未見の作品でも見てみたいし
同年のズバットとかもまた見られたら嬉しいんだけど。

うたう!大龍宮城 第39話、40話

・第39話「ホタテガイ」
龍宮城女形をしていたホタテガイ公園踊りの練習をしていると
突然空飛ぶ魚が池から現れて襲い掛かってきた。
その後学校を終えたタロー達浦島家に向かうと
鯨大王と珊瑚女王洪水が来るからと避難するところに出くわした。
中に入ってみると浦島家にはホタテガイ乙姫に会いに訪れており
異常な泣き上戸の彼は一度泣き出すと涙で大洪水を引き起こすのだという。
なんとか泣き出しそうなホタテガイをあやしたタロー達
彼を襲った空飛ぶ魚の調査に向かうが…。

女形ホタテガイ空飛ぶ魚に襲われた
乙姫のところに駆け込んでくる話。
最後はホタテガイの涙洪水が起こりそうってなって終わったけど
エンディングの間ひたすら水の音が被されていたのがシュールで笑った。
あと今回は龍宮城の魚と貝の間に結構ながあることが判明したけど
そこでも出てきて先週分からちょくちょく使われる漫画調の絵
当時のコミカライズ担当
玉井たけし先生滝沢ひろゆき先生のどちらかが描いたものなのだろうか。


・第40話「コバンザメ」
お百姓さんになって歌って踊れる野菜を栽培しているコバンザメのもとに
ある日農協の人間が訪ねてきた。
農協には彼女の作った歌って踊れる野菜への苦情が大量に来ており
彼は栽培をやめろコバンザメに言ってきた。
コバンザメ達はそれを聞き入れず農協を追い返すことに成功するが
それを受け農協ビニールハウスディスコ改装して
歌って踊れる野菜達をおびき出す作戦を実行に移した。
そうとも知らず野菜達食べ放題飲み放題に釣られてディスコのうきょうに行く中
農協コバンザメ野菜達の飲食代の請求をしにやってきた。

歌って踊れる野菜を栽培しているコバンザメ
農協から栽培をやめるよう迫られる話。
「ディスコのうきょう」とか
「カレー味のインド風農協入り歌って踊れる野菜炒め」とか
農協関連のパワーワードが多い回で笑った。
そもそも人名が農協ってどういうことだよ。
あと第35話限りの歌かと思っていた「一番街に」再登場したのも嬉しかった。
「タフガイのアカガイは意外にも」って韻を踏んでるのが面白すぎる。
今回「シーラカンスは昔」の歌詞にあった
お百姓さんになったコバンザメが実際に出てきたってことは
この先野球選手になったシーラカンスも出てくるのだろうか。
サブタイ一覧見ると名前があるので楽しみになってきた。


今週分からOP前のナレーションが変更。
残り1クール分ぐらいだから
龍宮城復活のための謎終盤に向けての伏線なのかな。

「Poppin'Party Fan Meeting 2017!」感想

11月4日開催のPoppin'Party Fan Meeting 2017!に行ってきました。

写真 2017-11-04 20 56 09





今回の会場は武道館の半分以下のキャパの豊洲PITオルスタ形式
ライブもあくまでミニライブで数曲という
一見すると武道館ライブよりは軽めかと思うような内容でしたが
時間にすると従来のライブ同様の約2時間半だし
トークコーナーが期待以上に盛り上がって楽しかったことと
後半のライブコーナー盛り上がる曲を濃縮してきた
過去最強と言ってもいいぐらいのセトリだったおかげで
今回も最高の時間を過ごすことができました!
以下追記。続きを読む

ビーロボカブタック 第47話、48話

・第47話「難問奇問カルトクイズ」
荻窪明塾のテスト一位になり
これで難関国立襟糸中学に入れると喜んでいた。
しかし最近同じ塾に移ってきた蔵之助
同点で一位になっていることが判明した。
それを受けはこれでは襟糸中学に行く道が断たれてしまうと落ち込むが
今度こそ蔵之助に勝って一流の高校や大学を経て
将来政治家か大会社の社長になれば
蔵之助を顎で使う立場になれると闘志を燃やし始めた。
しかし譲達と会った蔵之助の話を立ち聞きした
彼が全く勉強せずに今回のテストで一位になったことを知り
このままでは自分が将来蔵之助から顎で使われる立場になってしまうと
危機感を持ち始めた。

偶然蔵之助が同じに移ってきたことで対抗心を燃やす中
民家の裏口の扉スターピースが宿る話。
蔵之助襟糸中学を受けると思っていたのは勘違いだと判明して
明と蔵之助友情が芽生えるのはいい終わり方だった。
それにしてもはやたら想像力が豊かだよなと。
あと会社倒産してすっかりみすぼらしい生活になってしまった
荻窪家の様子は少しつらくなってしまったな…。
明の父は前回登場した時はかなり嫌な奴だったはずなのに。
今回の対決では初っ端の問題から無茶振り気味だったり
自分で出した問題の答え自信が無かったりと
キャプテントンボーグがいつも以上に好き放題やっていた気が。


・第48話「福を呼ぶ赤鬼退治」
2月3日節分の日クワジーロ高円寺家を訪ねてくると
玄関先に出てきたに突然を投げつけられてしまった。
下校してきた譲とカブタックも同じ目に遭い
幼い頃の祖父の教育
節分の日には少しでも鬼に見えるもの
を投げつけようとするようになってしまうことを思い出した。
それを聞いたカブタックは自分が変装してを襲い
同じ鬼の姿をしたカブタックの鬼をやっつけて
鬼の中にも良い鬼もいることを教えてあげれば正気に戻せると思いつくが…。

譲達節分の日には少しでも鬼に見えるもの
手当たり次第にを投げつけようとするをなんとかしようとする話。
久しぶりにドデカブタックとトンデモジョーズ
巨大メカ同士の対決が始まると思ったら
鬼ごっこだからと真っ先に逃げ出すドデカブタックには笑った。
今回のシャークラーはいつも通りずる賢いところも見せていたけど
自分一人でフルメンバーを相手にする羽目になったのは大変そうだったよなと。
あとしれっと美樹警察を辞めて田舎に帰っていたこと
AP717の口から明かされたけどまさかこんな後になって説明されるとは。
気がつけばダンゴロンが登場した直後に少し絡んだぐらいだったなぁ。
そして節分の日に豹変する円を見て
「また近所から苦情が来るよ…」って漏らした辺り
まさか前の街で高円寺家が引っ越さなければならなくなった理由って…。


これで残るは二週分
次回のシリーズ最後の浦沢脚本回どんなカオス回になるか楽しみだな。

仮面ライダーBLACK RX 第1話、2話

・ 第1話「太陽の子だ!RX」
ゴルゴムとの戦いを終えた光太郎ヘリパイロットになり
カメラマンの玲子を乗せてヘリを飛ばしていた。
ふと光太郎は山間に謎の光を見つけるが
その瞬間彼の乗ったヘリ操縦を受け付けなくなってしまった。
辛くも脱出した光太郎達はなんとかヘリを見つけ
居候先佐原家帰宅すると
どういうわけか玲子の撮影した写真は全て真っ白な状態になってしまっていた。
そんな中光太郎と共に暮す茂少年は帰り道に
ドクロの姿を怪人が自分達の自転車を奪っていくのを目撃した。
その後ドクロの怪人が打ち込んだ3本の杭が原因で
次々と不思議な出来事が起こる中
報告を聞いた光太郎が駆けつけるが…。

光太郎地球に迫る新たな侵略者クライシス帝国と戦い始める話。
前作の流れを踏まえると最初の
平和を謳歌する光太郎の姿だけで泣けてくるな…。
その後すぐ事件に巻き込まれちゃうのが悲しい。
今回登場した怪魔妖族スカル魔といえば
カラオケ映像でよく見かけるチャリ泥棒だけど
見返したらバイク泥棒もしていたんだな。
手作業っぽく道路の下側から光る杭を打ち付けるのもなんかシュールだし
そもそも茂達が手に取った仮面ライダーBLACKの漫画
自分達の姿が描かれていたのはどんな術を使ったんだろう。


・第2話「光を浴びて!RX」
クライシス帝国ジャーク将軍の手で変身能力を破壊された光太郎
太陽エネルギーを取り込んだキングストーンの力
仮面ライダーBLACK RXとして復活した。
そこにスカル魔達が襲い掛かってくるが
劣勢になったスカル魔達光太郎諸共自爆してきた。
それを受け光太郎を倒したと思ったジャーク将軍マリバロンを通して
ガテゾーン怪魔ロボット地球に送り込むよう命じた。
早速ガテゾーンは人間の姿になれる怪魔ロボット・キューブリカン
もし光太郎が生きていた場合抹殺するよう命令した・

怪魔ロボット・キューブリカン光太郎を襲う話。
監督小林義明だけあって
光太郎が謎の自動車に襲われるシーン
キングストーンに語りかけられた時のイメージ映像なんかは魔空空間感あったな。
怪魔ロボット強敵揃いな記憶だったけど
初っ端のキューブリカンからして
RXキックを吹き飛ばされても立ち上がったりと結構善戦していたな。
前半戦ったスカル魔複数がかりで自爆して辛勝って感じだったのに。
そしてなんかもうアクロバッターに跨ったRXって
勝利のイメージしか出てこなくなるような頼もしさだよなと。


前回配信以来に見返すRXだけど
最初は2話で一つの話って感じがして
謎が謎を呼ぶ怒涛の展開って感じで初戦闘までして
第1話が終わった前作と比べるとやや展開がゆったりした印象を受けるな。

今作の敵クライシス帝国の面々
幹部三神官だけだったゴルゴムと比べると
ジャーク将軍のもとに4人の指揮官が居てと一気に賑やかになったけど
を演じる飯塚昭三と高橋利道
ガラッとキャラが変わって続投しているのが面白い。
しかも高橋利道は第2話だとガテゾーンの声とジャーク将軍のアクターだけでなく
キューブリカンの人間態まで一人三役もやっているっていうから凄すぎる。
あと第1話の段階から高畑淳子の演じるマリバロンの存在感が凄い。
カウンター



記事検索
Profile
ついったー
Archives
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ