続いて二日目。
この日も良い席を取れたこともあり
最高の時間を過ごすことができた。
写真 2020-01-19 19 46 03






以下追記。
まず前日合流した後輩とは
彼の帰りの電車と自分がSSAに向かうのが
ほぼ一緒になるとのことなので
昼食を食べて現地に向かいがてら解散って感じになった。
自分がよく通っているラーメン屋紹介したら
気に入ってもらえたみたいで良かった。
写真 2020-01-19 14 28 45





あと途中の上野駅スクスタのでかい広告見かけたので撮影。
写真 2020-01-19 13 30 27






というわけでこの日も現地さいたまスーパーアリーナに到着!
開場時間も過ぎていたので
知人と合流したりはせず早速入場した。
とはいえ開演までは1時間近くあったので
200レベルの階のフラスタを見に向かったけど
想像以上にが凄くて全部は回れなかったな。
大きく分けると3ユニットに向けてきてることになるから
数が膨大になるのも仕方なしだなと。
とりあえず自分が関わらせてもらったフラスタと
関係者からのエリア「理事長日高のり子」
フラスタは無事見ることが出来てよかった。
そしてアニメスタッフ等からの色紙が飾られたエリア
初見でアレは無理だなと諦めざるを得なかったな。

その後開演まで20分を切ったくらいの時間になったので
フラスタ見るのは切り上げて席の方に向かった。
この日の席は最初の抽選に当たって取ったものの400レベル
見取り図見るに下手側スタンドだろうし現地行けるなら十分
…くらいに思っていたらなんと正面スタンド!
初日がステージの真裏だったので
全く正反対の位置ということになった。
ステージからの直線距離は遠いものの
ほぼ真正面のアングルで見られる位置で
会場全体も見えるかなり見晴らしが良い席だったので
じわじわと高まってきた…!

この日も開演15分前頃アナウンスが流れ
その後μ'sの曲BGMとして流れ出した。
ぼららら→スノハレという流れは初日と一緒だったけど
その後は夏色ともぎゅっとをフルサイズで流すという
「もう思う存分コールしたらいい」って感じの
忖度を感じるような流れだったのが面白かった。
スノハレオレンジは開演前に既に揃っていて流石だった。

というわけで会場の照明が落ち
この日もラブライブ!シリーズ9周年記念PVの特別版から
フェス二日目が開演!!

トップバッターは初日同様
Aqours「未体験HORIZON」だった。
正面からのアングルだったので
大サビ前の9人のソロパート
モニターに出ているPVとシンクロしているのが確認できたし
大サビでの一面花丸ちゃんカラーの黄色になった客席が綺麗で良かった。
改めて聞くとこの曲はSaint Snow以外のラブライブのユニット共演する
Aqoursだけでなくファンにとっても未体験の光景
始まりを告げるに相応しい曲だなと。

その後軽めの挨拶のMCを挟んで
これまた初日同様虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のパートに移り
9人を紹介するOP映像が流れた後
早速「TOKIMEKI Runners」が披露された。

一曲を終えてニジガクメンバーでのMCへ。
初日同様まずは9周年を祝う言葉
ニジガクの活動やキャラクターの説明が行われた。
スクスタの「あなた」歩夢ちゃんの幼馴染ということが触れられて
会場に来たファンが「3万人のあなた」ってことになったのは笑った。
翌日以降のニュースを踏まえれば15万人のあなた…
コーレスではこの日居ない近江彼方ちゃん役の鬼頭明里のことも
「ベッドで寝ているのかも」などと触れられていたのが良かった。
あと毎度毎度他のキャストのコーレスの間に
物陰でヘッドギアつけてくるちぇみーは面白いなと。


そしてここからは初日にソロ曲を披露していないメンバーが歌う流れに。
まずは桜坂しずくちゃん「あなたの理想のヒロイン」
役に入り込んだしずくちゃんの如く
しっとりねっとりと歌い上げる
かおりんのパフォーマンスに見入る曲。
1stライブでの「オードリー」も凄かったなぁ…。

続いてエマ・ヴェルデちゃん「Evergreen」
エマちゃんの故郷スイス
雄大な風景を思わせるようなカントリーチックな曲
長身のちゅんるんは本当にエマちゃんそのままって感じだし
曲の間はずっと手拍子を入れることになってるのが楽しい。

次は中須かすみちゃん「ダイアモンド」
合いの手も多い正統派アイドル曲って感じの歌で
まゆちのアイドル力高いパフォーマンスを堪能できるのもたまらない。
自分が行った1stライブ二日目の時投票
アンコールに決まったのも納得の貫禄だったな。
この日は初日にソロ曲をやった3人バックダンサーとして登場していた。

その次は宮下愛ちゃん「めっちゃGoing!!」
本当に楽しそうに踊るなっちゃんの姿
太陽みたいにキラキラしていて大好きな曲。
ひたすら明るくて前向きな歌詞なのに
聞いているとどういうわけか泣けてくるという…。
1stライブの時から一気に広い舞台になって高まっていたのか
なっちゃん「さぁPut your hands up」のところを
シャウト気味に歌っていたのがめっちゃ良かった…。
推しなのでもう一度言っておきたい。

「めっちゃGoing!!」を
歌って踊る村上奈津実は
太陽みたいにキラキラ輝いていて
最高なんです!!!



そしてこの日のソロパートの締め
優木せつ菜ちゃん「CHASE!」
「強い」としか言いようがない
ともりるの圧倒的なパフォーマンスに惚れる曲。
火柱が起こるセンターステージで踊る姿
ヘッドライナーを務めた1stライブの時から
更にパワーアップしているように見えたし
最早恒例となった大サビでのシャウト物凄い迫力だった。
そして今回は2番サビ前の「そう、みんながいれば!」
シャウト気味に歌っていたのも格好良かった。

その後最後に歌ったともりる他のメンバーを呼ぶ形で
8人がステージに集まり
ニジガクパート最後の曲となる
「Love U my friends」が披露された。
ゴンドラに乗り込んでいたけど
最後は中央スタンドの前に来てくれたのが嬉しかった。


続いてここも初日同様のAqoursのユニット曲のパート
まずはCYaRon!
「近未来ハッピーエンド」
「夜空はなんでも知ってるの?」
の2曲を披露。
近未来〜での旗振りは流石だったし
夜空〜でのしゅかしゅーのソロダンスも相変わらず綺麗で良かった。
そして最近ふりりんがよくやる
シャウト気味に崩して歌うのはたまらないと。

続いてAZALEA
「トリコリコPLEASE!!」
「ときめき分類学」
の2曲へ。
正面スタンド前のゴンドラから登場したのは驚いたけど
相変わらず3人共お綺麗だった…。
1曲目の大サビ恋の魔法をかけて客席がピンク色に染まったけど
2曲目が始まるとほぼメンバーカラーに戻ってしまったのは
「恋の魔法効果短いな!」って少し吹きそうになった。

次はGuilty Kiss
「Guilty Eyes Fever」
「Guilty Night,Guilty Kiss!」
の2曲。
各ユニット両日で
1stシングルと2ndシングルの表題曲
揃えてくる構成と思いきや
ここでその法則が外れたのは驚いた。
相変わらず「Guilty Eyes Fever」での
あいきゃんのダンスのキレ
一人だけアクセルフォーム発動しているみたいで凄かった。
この日はあいにゃ歌い崩しをやっていたな。

そしてこの日もユニットパートの締めSaint Snow
「SELF CONTROL!!」
「Believe again」
の2曲を披露。
間のMCで関係者にも声出しをやらせる
あさみんは流石だなと。
「Believe again」では
ステージ上で手を繋ぐ二人の姿
モニターにも映し出されているのが良かった。
あと相変わらずひなひな
シャウト気味にラップパートをやるのが超格好いい。


その後初日同様Aqours9人のパートに行くと思ったら
順番を入れ替えて先にμ'sの出番というまさかの流れに!
この日も9人を紹介するOP映像から
1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」を披露。
約4年前の映像の中の光景になりつつあったものがまた見られる…
何度見ても幸せな時間だった。
初日と真逆の位置だと見え方もまた違って良かった。

一曲を終えて9人でのMCへ。
自己紹介のところでえみつん
衣装か機材を壊した疑惑かけられていて笑った。
あと今でも固定したコーレスのないうっちー
アニメ一期の「ヨキニハカラエミナノシュー」を拾ってきたのも良かった。
声出しのところではLVへの呼びかけ
埼玉から長野・群馬・静岡
各々の出身地を被せてきていたのも面白かった。
初日を終えての感想も軽く語ってくれたのが嬉しい。

その後初日同様のアニメの曲のメドレーへ。
順番や内容は変わらず
アニメ一期から
「僕らは今のなかで」
「No brand girls」
「START:DASH!!」

アニメ二期からは
「それは僕たちの奇跡」
「ユメノトビラ」
「KiRa-KiRa Sensation!」

ゴンドラに乗り込む形で披露された。
スタンド席なのでよく見える場所にも来てくれたのが嬉しかった。
改めて聞くとキラセン
「奇跡それはここなんだ」って歌詞が刺さること刺さること…。

その後最後の曲の前のMCへ。
ゴンドラで会場中を回って
「いろんな懐かしいTシャツやタオルが見えた」
ってコメントに9周年の重みを感じた。
知人過去のμ'sライブのグッズを持ち込んでいたし
自分も初めて買ったμ'sのライブグッズである
5thの時のブレードとタオル持ってきていたもんな。

そしてこの日もμ'sパート
「Snow halation」で締められた。
これぞμ's・これぞラブライブって感じの
PVとのシンクロ具合もよく見えたし
正面アングルからのスノハレオレンジは圧巻だった。


というわけでこの日は
初日と入れ替わる形で最後がAqoursのパートに。

OP映像が流れた後は
初日同様アクアシップに乗った9人が登場し
「届かない星だとしても」が披露された。
順番が変わってμ'sの姿を刻み込んだ後に
この曲を聴くというのもエモさが増して良かった。
あとAメロBメロのところなんかで
歌っているメンバー以外の子がわちゃわちゃしているのも楽しいなと。

続いて衣装君ここのものだったけど
初日の「MIRAI TICKET」に入れ替わる形で
「WATER BLUE NEW WORLD」を披露!
ライブでのパフォーマンスが特に好きな曲のひとつなので
またアクアシップに乗って歌う姿が見られたのは嬉しかった。

2曲を終えて自己紹介のMCへ。
初日も思ったけどりきゃこ
「くらえ、梨子ちゃんビーーーーム!!」の声の伸び
今まで以上にパワーアップしているように聞こえた。
感覚的にはギルキス最新曲の「New Romantic Sailors」
梨子ちゃんレーザービームのところと一緒ぐらい。
あとこの日のすわわのハグの相手は隣のしゅかしゅーだった。
そこでその右隣のありしゃとあいにゃも抱き合っていたのが面白かった。
あと「私達はμ'sが大好きです!」というところから始まって
Aqoursの歩みについても語っていたけど
「大都会埼玉」って件で笑いが起こっていたのは面白かった。

そしてここから初日とは曲が変わり
「未来の僕らは知ってるよ」
「HAPPY PARTY TRAIN」
の2曲を披露。
フェスの終盤というパートで聴くみら僕
2番後の「I live Ilive LoveLive! days!!」
ラストの「We got dream」のエモさが増してやばかった。
直訳すれば「私はラブライブの日々を生きる」
「私達は夢を手にした」になり
それはいろんな人のラブライブが好き!という気持ちが実現させた
この夢のような二日間を指しているようにも聞こえて
「俺達もだよ!!」と強く同意したい気持ちだった。
HPTにもμ'sを意識した歌詞って解釈があるので
ここで聞くといろんな想いがこみ上げてきた。
ふりりんはこの曲でも2番のサビ前の担当なので
歌い崩しをやって盛り上げていたな。

Aqoursパートの最後は初日と変えず
「君のこころは輝いているかい?」だった。
初日同様1stシングルの3曲が揃ったのは嬉しかったし
この日は衣装も君ここのだったので
真の意味での3曲揃い踏みが実現したという感動もあった。

その後初日同様4ユニットが集合しての最後のMCへ。
この日も各ユニットのリーダーから挨拶が行われた。

最初はニジガクリーダーあぐぽん
つい先月にようやく1stライブを終えたばかりということで
不安な気持ちもあったけど
ステージに出てそれが楽しさですっかり吹き飛んだこと。
綺麗な景色を見せてくれた感謝を語っていた。

次はSaint Snowからあさみん
改めて9周年おめでとうという言葉と
A-RISEの名前が出たのが嬉しかった。
キャラ設定での繋がりもあるし
ひなひな32人って言っていたのも布石だったんだなと。

続いてライブ同様順番を入れ替えてμ'sからえみつん
「いつもみんなをそばに感じていたから
『ただいま』という気持ちではなかった」
と話し
「μ'sic Forever」という単語を出してくれたのが嬉しかった。
それを聞いて他の8人が寄り添ってきて
あわや進行がすっかり止まってしまうという
エモくありつつも微笑ましい場面が見られたのも良かった。

そして最後にAqoursからあんちゃん
「好きという気持ちが溢れそう」
改めてこの二日間という時を迎えられた
嬉しさや感謝を語ってくれた。
だいぶフリーダムだった初日と打って変わって
フェスの締めを飾るに相応しい頼もしさがそこにあった。

この日もステージ上のキャスト全員で手を繋いで最後の挨拶へ。
初日と配置が変わった都合
Aqoursの一番右端のあいにゃ
μ'sの一番左端のシカちゃんが手を繋ぐ形になったので
あいにゃが触れた瞬間物凄い声を上げていたのは笑った。
そして初日同様最後の挨拶とともに銀テープ発射
ユニットがそれぞれ1組ずつ退場という形で
二日間のフェスは幕を閉じた。

…と思ったらモニター新プロジェクト発表の文字が!?
詳細は今月末のラブライブ総合マガジンLoveLive! Days
ということだけど一体何が発表されるのか…。
この記事を書いて発表まであと数日って段階なので楽しみにしていたいな。

終演後は知人たちと合流し
大宮まで移動して打ち上げをした。
終演時間早めではあったものの話は尽きず
あのまま一晩でも語り明かせそうな勢いだったなと。
写真 2020-01-19 21 16 52








というわけで終わった二日間のラブライブ!フェス
初日の感想と重なる言葉になるけど
やはりこの日も「夢のような時間」だった。
いや、夢そのものなのかもしれない。

まずは二日間通して最初のパートを担当した
虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
まだ1stライブを終えて1ヶ月程度という状態だけど
すっかり託しましくなっていた。
二日間を通せば全員のソロ曲も見られたし
これでニジガクを知らない人にも彼女達の魅力を伝わったのではと思った。
他が2・3人のユニットに対して
あの人数の前でソロでやるのはプレッシャーも凄かっただろうに
1stライブを超えるようなパフォーマンスを見せてくれた9人には拍手を贈りたい。

Aqoursは9人でこの規模のイベントに登場するのは
5thライブ以来ということで結構久しぶりのはずだったのに
実質一番の曲数を披露したりと安定感があって凄かった。
初っ端で初披露の「未体験HORIZON」をやったり
まさかのアクアシップ再登場があったりと
ばっちりサプライズも仕込んでいたのがなお凄い。
ユニットパートも全曲入れ替えでやったのは驚いた。
二日目は3ユニットでそれぞれ
ユニット名が歌詞に出てくる曲で揃えたのかなとも思ったり。

Aqoursのユニットパートから続く形での登場だったSaint Snow
披露したのは他のユニットと同じ2曲のみだけど
まだユニットでステージに立ってからは2年も経っていないのに
今回の2曲はライブでは間違いないブチ上げ曲になっていて
すっかり貫禄がついたよなと思った。
長めのMCで見せる相変わらず微妙に凸凹な2人の絡みも面白かった。

そしてなんといっても久しぶりのμ's!!
およそ4年前に東京ドームで見た時と変わらない9人の姿がそこにあった…!
「始まりの朝 (メインテーマ) 」の後再びステージに立つ9人の姿があって
ぼらららの前奏が流れてきてと
この数年夢に思い描いていた光景が見られた本当に最高の瞬間だった!!
少しずつ薄れていく約4年前の東京ドームの記憶
BD等で見返す映像の中の存在になりつつあったμ'sの姿
また見ることができて本当に嬉しかったな…。
雪が振った日のスノハレアニメメドレー
間違いない曲の数々をまた聞くことが出来たのも感無量だった。

こんな夢のような瞬間が今回一度きりとは思わないし
またもあってその時はもっと凄い光景が見られるんじゃないかと
期待して明日からも生きていこうと思います。
次は10周年だしぜひ再びの東京ドームで!
なんて思っていたり。

というわけで夢のような最高の時間をありがとうございました。
ありがとうμ's!
ありがとうAqours!
ありがとうSaint Snow!
ありがとう虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会!
ありがとうラブライブ!!
μ'sic Forever!!