・第5話「かみつき王の資格」
カイザに襲われる中
ワタルの前にはビートルファンガイアが現れ
キバの鎧を奪おうとしていた。
ワタルは駆けつけたガルル達に手を貸すよう命じるが
彼らはビートルファンガイアの姿を見ると迷いを見せ
結局王の座を明け渡す形となってしまった。
玉座についたビートルファンガイア人間との共存の放棄を宣言し
逆らったワタル処刑ビショップに命じるが…。

ビートルファンガイアファンガイアの王となり
人間との共存の放棄を宣言する話。
見た目がドガバキフォーム
悪役として出したのは上手い演出だよなと。
ビートルファンガイアガルル達を取り込むことで
デザインが完成するようになっていたのも面白かった。
今回のキバの世界はちゃんとファンガイアと人間の共存
親子の物語をテーマにしていたり
ワタル悩みを抱える存在だったりと
短い尺でしっかり要素を拾っているのが面白かった。
それにしてもワタルの父オトヤという名前だったのか気になる。


・第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」
龍騎の世界を訪れた夏海ATASHIジャーナルを訪れ
編集長の桃井玲子からこの世界のライダーについて話を聞こうとしていたが
彼女は突然何者かに殺され夏海殺人容疑がかけられてしまった。
一方この世界で弁護士の役目を与えられた
ユウスケと共に外の様子を見に出かけると
街頭ビジョンのニュース夏海殺人事件の容疑者となったことを知った。
その後法廷に連れて行かれた夏海裁判の判決
ミラーワールドで行われる仮面ライダー同士の戦いで決められることを知った。

龍騎の世界に来た夏海殺人事件の容疑者になってしまう話。
変身しただけで何かカードを使わなくても
ミラーワールドに入れちゃうディケイドの何でもあり具合には笑った。
前編の時点で王蛇とリュウガ、オーディンを除いた
11人もの龍騎のライダーが登場したのは圧巻だったし
クリスタルブレイクをキャンセルするゾルダなんて
見覚えのある絵面が見られたのも嬉しかった。
そしてディケイドで追加された仮面ライダーアビス
既存のモンスターと契約しているっていう設定があるよなと。


各世界を回るごとに変身しなくなっていくユウスケだけど
キバの世界では一応クウガに変身するシーンがあったんだな。