2011年08月10日

木下黄太さんのブログに思う事。

コメントで木下黄太さんのブログについての意見があった。

木下黄太さんのブログに関わらず、他の方のブログや記事に対して意見を書くことは、実はあまり気分の良いものではない。
ボクはボクの見解である事と一緒で、他の方もその人自身の見解を述べているに過ぎない。
(報道は客観であるなんて話はもう要らないだろう。。。)

その見解が全てだと勘違いしてしまったり、事実でない事を書かれて、それを鵜呑みにする事は、読み手にも責任はあるが、”読み手にも責任はあるよ”なんて伝えるのは時に酷なので、そうも書けない。


そして、インターネット特有かも知れないが、その人に対する意見の記事を書くと大変な事になってしまう。


記事を書く人やツイッター上でおかしな事を言う人には熱狂的な信者がいて、そういう人達の攻撃にあう。
それは時に組織的で、複数の別々嫌がらせのメールの中にもう一方のメールの内容を知っているフシがあったりする。

「こいつら、グルかよ」と物理的につぶやいたりする。

そんな、様々な嫌がらせを受けた事も事実で、一時期本当に恐怖を覚えた事があった。


特に、広瀬隆さん、武田邦彦さん、木下黄太さんあたりに対する意見を書くと、結構酷い仕打ちを受ける。



・・・・・けど・・・・。

最近ブログのHIT数も少なくなってきたので、まいっかとも思ったり。。。。




実は、そういう不愉快な記事を読みあさって、本当に読みたいものが読めなくなってしまうので、木下さんのブログを読んでいなかった。。。久々に読んだ。



まぁ、相変わらずだ。



反響に対しての記事も書かれていたが、そのうち、本当に答えて欲しい反響に対してはスルーである。

結構まともな事を言っているブログを見つけた(というかリツイートされてきた)ので、一回、読んでみて欲しい。

http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2011/08/post_017d.html


ここにこう書かれている。

-----

1.チェルノブイリでこの汚染区分ができたのは、事故から5年後の1991年で、かつ、汚染のゾーニングの基準になっているのはセシウム137のみ。半減期が2年と短めの134はカウントされていないが、木下グループはこれも足しあわせて「汚染区分」と比較している。

2.木下グループが測定した土壌汚染の値は、そのまま地域を代表させてよいものか、という点(これは本当に分からない。チェルノブイリではどうやってゾーニング際の値を決めたのか)。

-----

そしてこうも書かれている。
-----
(追記、セシウム137と134を足しても、誤差は倍くらいにしかならない。何十倍という話ではない。だから、そんなに目くじら立てることじゃないと思い当たった。しかし、ここでぼくがあえてこういうことを書いたのは、チェルノブイリという言葉が、人の心理に作用するマジックワードと化している今、使うのは慎重に、という意味が強いと書いてから気づいた)
-----


ということだ。

確かに、記事を読んでみると、
「植え込み」や「河川敷」「庭」が調査対象になっているようだ。
これがゾーニングの基準になりうるのか?という疑問はボクも思う。


放射性同位体のセシウムは物質なので、当然、雨に流されたりするだろう。
(風に吹かれるかどうかは様々な議論があるが。。。)

チェルノブイリやあの周辺の広大な草原が広がる(万遍なく雨が地面にしみこむ)ところにある、セシウムの1m四方あたりのベクレルと、
下水や雨どいに誘導されて、水が集められて流れ込む植え込みや庭、川原や河川敷の1m四方のベクレルを比較して良いものだろうか。

と思う。

ましてや、我々は河川敷や庭に住んでいる訳ではない。

チェルノブイリの事故と状況が全然違うので、チェルノブイリと特に数値比較されている情報をみたら、ちょっと「おや?」と思った方がいいと思う。

そもそも情報のあり方も異なる。
あと、共産主義の情報を鵜呑みにして良いのか?と。

実はこの件で木下さんとツイッター上でやりとりした事がある。
そしたら回答は「○×さんという人が計測した値である」という回答が返ってきた。
個人がどうやってその値を?とも思ったし共産主義の中で組織だって計測できるのか?
という疑問も持ったが。それの続くやりとりでは「オレのブログを読め」の1点張りだった。
きっと、お忙しいのだろう。



あと、もうちょっと一歩引いて読むと。

あなたが原発に対して警笛を鳴らしたいジャーナリストだったとして考えて欲しい。
また、それを飯の種にしていると考えて欲しい。

あなただったらどんな計測をする?

オレだったら、河川敷や植え込みなどの局地的に高い値をクローズアップして掲載すると思う。
危険だ!という情報の方が売れるし。
何れにしても「原発は危険」だ。これはゆるぎない。

彼の立場にたった時、彼は当然の事をしているのかも知れない。



また、こういう事故の場合、危険を煽る方が情報を発信する側に立った時には有利である事も考えた方がいい。

後で何があっても
「だからオレがあれだけ云ったじゃん!」っていえる。

もし、何も無かったとしても
「あなたは運が良かった。オレの知り合いの○×さんのお子さんは甲状腺癌にかかったよ。政府は隠している。」
って云えばいい。


それに対して「安心してください」の山下俊一さんは、その研究の内容はともかく「人格全否定の刑」にあった。
まだ放射線の影響で一般の方への影響が確認されていない段階でだ。
(つまり彼の云っている事が正しいかどうか、まだ結果をみないままに。。。。
当然、山下さんの云っている事を肯定している訳ではない。。。。)



ここでボクは「原発は安全だよ」とか「事故の影響はないよ」と云ってはいない。
情報の捕らえ方は慎重に。という事である。


結局政府も東電も十分な保証なんかしてくれはしないだろう。
(当然、それでも政府も東電も十分な保証をするべきだと思っている。)
各々で情報を判断し、自分の判断で動くしかない。
それが自由主義なのだと思う。
当然ボクのブログも鵜呑みにしないで欲しい。というとまた”無責任だ”DISられるのだけど。。。
まぁ、ボクは無責任だよ。(でも自分の子供に対しては責任はあり、それはむしろ重大。)


ちなみに、旧ソ連では、チェルノブイリの周辺の住民の為に街をつくって住まわせたという話があるが、
あれは共産主義のなせる業で、国民に移住の自由はないからできた芸当であると思う。
一方で核実験施設の下流で住まわされている人達もいるのだ。



福島はチェルノブイリではないし、旧ソ連は日本ではない。
チェルノブイリの亡霊のとりつかれていると、その情報に気をとられすぎて危険なんじゃないか?

と、逆に思う。

zom2 at 10:21│Comments(171)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なか   2011年08月10日 10:32
パパさんおはようございます。

なるほど、パパさんのご意見も参考に今後を自分なりに考えたいと思います。
心が弱くなると誰かにしがみつきたくなりますからね。
いつもありがとうございます。
2. Posted by calender543   2011年08月10日 17:13
わたしも、その人が「どういう立場の人か(何でおまんま食べてるか)」をふまえながら発言を聞くのは大切だと思います。

あと、自分や、自分が支持してる人の意見や見解と「反対」の情報も、
なるべく積極的に見てみることにしてます。


たとえば極端だけど、
不安な人は不安にさせてくれるもの
安心したい人は安心させてくれるもの
無意識のうちに自分が望む方向性の情報に偏り、正しい判断力が鈍るように思うので。
そして、どんな意見にも(悪意あるものは除く)真実が含まれているように思います。
できるだけ冷静に、それを集めていく感じ?

みなさんの情報収集と判断のコツ?も知りたいです。

木下氏、わたしも随所「えー?」って感じる部分はありますが、
国も都道府県もやってくれなかった土壌調査を実行した行動力には素直に感謝してます。
わたしには土壌調査プロジェクトを立ち上げる行動力はなかったし、
でも関東の土壌データは知りかたった!(関東在住なので)

そして今測定依頼中らしい、西日本のデータも知りたいです。


>「○×さんという人が計測した値である」という回答が返ってきた。
個人がどうやってその値を?

関東でも、農家の方とか、子供がいる家庭などで、
自分の庭や畑の土を民間の測定会社に依頼してる人はわりと早い時期からいらっしゃったようなので(子供の尿も)、
どのくらいの値が出てるのか気になってました。
今回まとめて教えていただけた感じで、ありがたいかな。
子供の尿の値はTwitterでいくつか見ましたが、土壌はわからなかったので。

信憑性や汚染レベルについては、不勉強で判断できないため、
またゆっくり勉強しつつかんがえます(苦笑)
3. Posted by katsu   2011年08月10日 19:01
自分も事故後いろいろ調べてきましたが、自分と反対意見の方をよく調べるということが肝要かと思います。

最近東大の児玉先生の話がネットで話題になっていて、自分も同意する部分も多々あったのですが、ためになったのは児玉先生を批判している人達の意見でした。。そこでふとニュートラルな状態に自分を戻せました。

結果、児玉先生も間違っている部分は多々あるかもしれないが、おおむね支持!と自分の足で立てたような気がします。その意味ではパパさんの存在も自分にとっていいバランサーとなっています(笑&感謝)

チェルノブイリの資料が信頼に足るものかどうかは判りません。このようなものには大きな力がかかっていますから、現在もウクライナとべラルーシの調査結果は、反ロシアと親ロシアという力が影響しているでしょうし。。

広島・長崎の調査が信頼できるという意見にも自分は首をひねってしまいます。ですから、木下黄太さんもパパさんの意見も真摯に受け止められる方だといいのになぁと思います。

真実は人の数だけあるという事を理解して、自らの立ち位置を決めていくということが、本当の危機を回避するための重要な資質となるような気がします。
4. Posted by らくだ   2011年08月10日 21:14
ぱぱさん、みなさん、ありがとうございます。
ぶしつけな質問をしてしまった事をお詫びすると同時に、色々とご意見いただいたことに感謝しています。
本当にありがとうございます。

ぱぱさんのブログのおかげで、普段は心のバランスを保っていた自分がおりましたが、あれこれ調べて事実(らしい事)に遭遇した時に、ふと大きな不安にかられてアワアワしてしまうという何とも情けない状態の母、反省中です。

情報や意見を自由に発信でき、それを自由に受け取ることができる社会というものは、自分がしっかりしていないとだめなんですね。

ぱぱさん!本当にありがとうございます。
お礼まで。
5. Posted by マーガレット   2011年08月10日 23:13
木下黄太さんの土壌検査の結果、こうなる(「危険だ!避難して!」論調)のはわかっていても、やはり最初はびっくりしました。

で、私も「いやいや何かカラクリがあるよね…」と色々調べて、「ああ、そういうことね」と納得した矢先のパパさんのブログでした。


私も「首都圏も汚染されている」と訴えるのがある意味では彼の仕事だろうから…とは思いますが、ジャーナリズムってこういうもので良いのか?と非常に疑問に思っています。

彼は本心からこの調査方法が妥当だと考えているのか、この調査結果から首都圏は汚染されていて、避難すべきだと訴えるのが正しい行動だと思っているのだろうか。

彼の存在をうまく使っていく位の図太さを持つべきなのかしら(笑)
最近、こういう煽り系のブログには腹が立ち易くなっていて自分でも困っています。

早めの更年期障害かな(笑)
6. Posted by パンダ   2011年08月11日 08:24
私も気になっていたので、パパさんの意見が聞けて良かったです。
確かに、関東全域で土壌を調べてもらって、とても参考になったのですが、ブログ記事の不安を煽っている点は少し『?』でした。
小さい子供を持っていると、本当にここにずっと住んでいて平気なのか時々考えてしまいますが、気にし過ぎで精神的、肉体的に病気あが増えると中川教授もおっしゃっていたので、最低限気をつけて(全く気をつけないのも無責任かなって思うので)なるべく普段通り生活していきたいですね。
7. Posted by 仙台人   2011年08月11日 09:41
ぱぱさんおはようございます。
きっと全て正しいことを言っている方というのは存在しないと思っているので、溢れる情報の中から自分自身の責任で選びとって行くことが必要なんですよね。仙台からも西や沖縄へ避難した方がいますが、そういった方から避難しないことを責められたり、「逃げないのは経済的な理由ですか」と言われるのはちょっと違うんじゃないかなあ…と凹んでいましたが、冷静になることが出来ました。
いつもありがとうございます!
8. Posted by じぇら   2011年08月11日 15:57
チェルノブイリの汚染マップを持ち出して、東京も管理区域並み、などと持ち上げる書き方をする記事には、反応しないよう心がけてきました。

理由は、3〜4月頃、初めてチェルノ汚染マップを目にしたのですが、その時からよくわからなかった。
このマップ、セシウム134と137どっちの?合計?とか。
中でも最も気になったのは、事故から何年後に作られた物か、ということ。

甚だ極端な言い方かもしれないけど、煽り系な書き方されているものは、そういう説明や疑問提起ももちろん無かったです。
「いつ、誰が、どういう根拠で」が明示されていない物を持ち出されてもなぁ〜と感じるので、その時点で、そういう書き方の物は、気持ちの中では却下するようしてました。

ただ、特に一人でネットに向かって目にすると、気持ち的には少し不安になる事もあります。
あと、自分的に却下と思うような記事でも、多少は「ん?ここは・・?」と気になって、後で、それに繋がるような物を見たり・・と、ムダではないのですが。


今回の木下さん掲載の測定結果、「植え込み」目につきますよね。
確かに、広い真ん中で計るだけでは、実際の生活にてらすと参考にしにくいので、気になるような場所で計測するのはいいと思います。
でも、やはり偏った印象も受けるので、これで〇〇区は高い低いとか認識する気にはなれないし、チェルノ汚染図と比較されてももっとピンときません。


>チェルノブイリやあの周辺の広大な草原が広がる(万遍なく雨が地面にしみこむ)

こういうのは、実際その土地を踏んだ方だけが実感できる事だと思いますので、ぱぱさんのこの感覚、とても参考になりました。
ご紹介のブログ「リヴォイアさん」見ました。
上記の私のモヤモヤが、すごい明確になった感じ。
読んで良かったです。
どうもありがとうございました。
9. Posted by ひもまさ   2011年08月11日 16:59
放射能についての何の知識もない一般人の中の一般人の私。
チェルノブイリを引き合いに出されて危険と叫ばれると、まるで水戸黄門の印籠を出された時の庶民の反応になってしまうのです。思考が止まって固まってしまうのです。
早くその呪縛から逃れたい…
皆様のご意見を拝見しながら模索している日々です。
10. Posted by のじのじ   2011年08月12日 00:55
はじめてコメントさせていただきます。
今回のご意見、とてもためになりました。
感じていた違和感の原因がはっきりした感じです。信者の攻撃は確かに嫌ですね。あえて物申された勇気に拍手です。
twitter等で特定の人たちの意見ばかり見ていると、現実との乖離がすごいんですよね。平常心でいるのが時々難しく、不安になってしまう。でも子供かかえてる親だから、しっかり現実路線で責任もって育てていかないとですね。
11. Posted by ひめこ   2011年08月12日 09:31
私も乳児を抱えていて、ニュースを見るたび不安になり、ネットを検索しそのネットでも「早く非難しないと人生終わり」みたな書き方をされていると、どうしようもなく不安になって、子どもの顔を見ながら泣いてしまう日々がありました。ぱぱさんの考え方、いつもハッとさせられます。甘くみて安易に大丈夫と判断しないことも重要かと思いますが、チェルノブイリという重いキーワードは、そのまま鵜呑みにしないようにしないと…と思いました。
12. Posted by くうみん   2011年08月12日 10:41
いつも計測ありがとうございます。

原発事故当時は、いろいろな情報に振り回され、不安な毎日でした。
また爆発するのでは、とか、再臨界がどう、とか本当に不安になるような話がネット上で飛び交っていましたよね。
しかし、結局あれから5カ月、大きな変化はないようです。(少なくとも私は知りません)

私が、どんなに心配しようとやきもきしようと、福島の状況は変えることができませんから、母として出来ることをしていくだけだ。と気持ちを切り替えております。

自分達の回りの環境に注意し、食べ物には気をつける。子供たちにも伝えていく。あとは楽しく今まで通り過ごす。
これだけです。
ぱぱさんの毎日の計測本当に感謝しております。
これからもよろしくお願いします。
暑い毎日ですが、体調には十分お気をつけください。
13. Posted by 子育てママ   2011年08月13日 10:06
自分でかいた文章、不安ばかりかいて、しかも最後、避難するしかないですか。とかくところを、避難するしかないですね。になってしまい、不安あおってしまいすいません。削除してください(T ^ T)
14. Posted by zom2   2011年08月13日 14:04
子育てママさん、コメントありがとうございます。

一応、ご要望だったのでコメントを非公開にしました。が。別に不安を煽る事になっても、子育てママさん自身のご意見なら構いませんよ。


ただ、直球でいうと、木下さんのブログは注意を喚起しているに過ぎないです。あまり意味ないなとボクはおもいます。ご苦労様とねぎらいたいのはやまやまですが。

まず、ベクレルは外部被曝の評価としてはあまり適切でないとおもいます。そして、グランドや植え込みを食べたり、そこで収穫されたものを食べたりするわけでないので、SVで計測するべきだともおもいます。その場合あまり高い線量にならないんじゃないかなと想像しています。

チェルノブイリではその土壌に放牧された、そこの牧草を食べた家畜を食べたり、日本ほど高度ではない浄化装置で浄化した水をのんでいたわけで、その場合、土壌汚染が直接関係してくるとおもいます。日本とは事情が違います。


日本では田畑に焦点を絞りどの位の土で何を栽培すると、どの位放射能をおびた作物ができるのか?
が大切だとおもいますが、如何でしょうか?


とりあえずお米にはあまりセシウムははいらないようでちょっと安心している今日この頃です。
が、その土がどのくらいの核種が含まれているかの情報も合わせて知りたいところです。
15. Posted by 心配性の母   2011年08月13日 21:31
5 木下黄太さんのブログは、たまに何かいてるんだろ、と覗く程度です。


木下さんのブログですが、
自分中心に物事が動いていることに、高揚感みたいなものを読み取れるのは、私だけでしょうか。

もしかして、彼が正しいのだとしても、冷静でありたい。
原発は強く反対ですが。

パパさんのコメントを楽しみに見ています。たまに掲載お願いします。




16. Posted by めいめい   2011年08月13日 23:15
ぱぱさん、いつもありがとう♪

私のような原子力や放射能に無知な者が今回の事故の状況を把握するにはやはりブログは大きな情報源。
賛否も含めた色々な意見を参考にできれば…と思っているけども、知らないが故の自衛策として「賛否どちらも極端な意見は参考にしない。だって正しい判断するすべを私は知らないから」と決めて読んでいます。
だからぱぱさんのような淡々と…いえ、時には明るく時にはお疲れモードで伝えてくださる素の「数値」を参考にさせていただく。
これで私は本当に毎日ストレスなく今日までの日を過ごしてこれたと思っています。

大丈夫だと思ったからこの場所でこの時を堂々と生きる。大人たちのこういうゆるぎない(←かっこよすぎ)姿勢も子どもには見て育ってほしいなって思ったりします。



17. Posted by ささやん   2011年08月14日 21:11
私も以前に木下さんのブログで、関東地方とチェルノブイリの比較をみて呆然としたんですけど…その後にスウェーデンとか西ドイツの汚染度を自分で調べて気を取り直しました。チェルノブイリの○○地区と一緒だ!と言われるとインパクトありますよね(^^;
18. Posted by ちかぜ   2011年08月15日 18:32
いつも計測ありがとうございます。
鎌倉在住なので大変参考になります。

先日、チェルノブイリのかけはしという活動をされている方の話を聞いてきました。その方も関東の汚染はチェルノブイリなみで福島は倍以上で日本の子供たちもチェルノブイリの子供たちのようになってしまう的な話をされていて、とてもすばらしい活動をされている人なのに恐怖をあおっているようで、その講演会の後からずっと暗い気分ですごしていました。
こんな時代に子供を産んだこと。。。
自分が西へ移住できない環境の悔しさ。
のちにそんな恐ろしい未来になるの?!と

数日後、パパさんのブログを読んで、冷静さをとりもどせました。情報をすぺて鵜呑みにしないこと。
特に脱原発系の団体の情報は最悪のケースを最初につきつけますね(脱原発が悪いというわけではないんです。私も脱原発の運動には賛成、そして参加もします)ただ恐怖からはあまり良い結果は生まれないんじゃないかと思います。
うまくまとまりませんが、計測これからもよろしくお願いします!
19. Posted by やすこ   2011年08月15日 20:50
こんにちは☆
木下さんのブログは読んだ人をすごい煽りますね!
毎回、ページの下に赤字で「関東でも子供と妊婦は、、避難してください」というのが見るたびにゾッとします。福島の方も、同じ気持ちしてたのか。。。

そして、今度の記事では福一再爆発?!関東人も満タンにして避難の支度をと呼びかけている。

私だったら、すんごい確固とした証拠が示せないとブログにはのせられない。証拠を示せない情報をのせて、あぶない、避難の準備をなんて。。。あ、パパさんのブログに文句書いてごめんなさい。

かけはしの野呂さん、私も講演会いきました。感情的なところがおおく、科学的な根拠を元にした話は少ない印象。女の人は直感的に思考する傾向が男性より強いから、発言の意味は同じ女性として理解はできる。

放射能のことは、安全と危ないの振れ幅が大きすぎと思う。そのへんをパパさんがいつもうま〜く中和してくれて助かります(^^)冷静、冷静☆
20. Posted by zom2   2011年08月16日 09:33
やすこさん!コメントありがとうございます!
-----
> こんにちは☆
> 木下さんのブログは読んだ人をすごい煽りますね!
> 毎回、ページの下に赤字で「関東でも子供と妊婦は、、避難してください」というのが見るたびにゾッとします。福島の方も、同じ気持ちしてたのか。。。
>
> そして、今度の記事では福一再爆発?!関東人も満タンにして避難の支度をと呼びかけている。
>
> 私だったら、すんごい確固とした証拠が示せないとブログにはのせられない。証拠を示せない情報をのせて、あぶない、避難の準備をなんて。。。あ、パパさんのブログに文句書いてごめんなさい。
>
> かけはしの野呂さん、私も講演会いきました。感情的なところがおおく、科学的な根拠を元にした話は少ない印象。女の人は直感的に思考する傾向が男性より強いから、発言の意味は同じ女性として理解はできる。
>
> 放射能のことは、安全と危ないの振れ幅が大きすぎと思う。そのへんをパパさんがいつもうま〜く中和してくれて助かります(^^)冷静、冷静☆

そうですね。
木下さんのブログや、チェルノブイリの架け橋については、勢いがどんどん増しているのが気になります。ニュースソースが不定なのは。私のブログもレベルは変らないかも知れませんが、すべての食品について検査されていないのは事実としても、計測されている値についてはちゃんと発表されているみたいですし。
毎日計測している放射線量に変化はあまりないので、体への影響は限定的です。

このバランスが崩れたら避難を考えればいいのではないでしょうかね。

多少放射線量が増えた所で、体に即座に影響するものではない事は、実際に証明されている訳ですし。

本当に核爆発が有ったとして(ないけど)その時はエンジンかけている時間もないですよ。
21. Posted by zom2   2011年08月16日 09:54
ちかぜさん!コメントありがとうございます!
-----
> いつも計測ありがとうございます。
> 鎌倉在住なので大変参考になります。

ご愛読ありがとうございます!

> 先日、チェルノブイリのかけはしという活動をされている方の話を聞いてきました。その方も関東の汚染はチェルノブイリなみで福島は倍以上で日本の子供たちもチェルノブイリの子供たちのようになってしまう的な話をされていて、とてもすばらしい活動をされている人なのに恐怖をあおっているようで、その講演会の後からずっと暗い気分ですごしていました。

チェルノブイリのかけはしさんのお話は良く伺います。
実はチェルノブイリのかけはしだけでなく、チェルノブイリの話題は必ずしも福島原発の事故一致しないという事は意識されても良いと思います。汚染区域について絞って云えば。。。

1.1.チェルノブイリでこの汚染区分ができたのは、事故から5年後の1991年で、かつ、汚染のゾーニングの基準になっているのはセシウム137のみ。

2.土壌汚染の区域設定の記述(計測の仕方、決め方)がチェルノブイリのそれと同じとは限らないと思われる。

です。
良く、日本の対応の遅さが云われますが、実はチェルノブイリの方が情報は隠されていたし、住民は何も知らずに汚染されて食料や飲料を定常的に摂取していました。

それに比較すれば、まぁ、まだマシかなあと思ったりします。

ちなみに、チェルノブイリの汚染区域が設定されてたのは5年後で、セシウム134については半減期は2年ですから、

少なくともチェルノブイリの汚染との比較の議論は余計だなぁとボク個人は思いますけど。
どうやって気をつければいいのかを絞ってお話してくれればいいのにね。EM菌の話題抜きで。って思ったり。
22. Posted by zom2   2011年08月16日 10:03
ささやんさん!コメントありがとうございます!
-----
> 私も以前に木下さんのブログで、関東地方とチェルノブイリの比較をみて呆然としたんですけど…その後にスウェーデンとか西ドイツの汚染度を自分で調べて気を取り直しました。チェルノブイリの○○地区と一緒だ!と言われるとインパクトありますよね(^^;

まぁ、彼の仕事はそのインパクトが無いと成り立ちませんからね。

しかし、ジャーナリストが講演会って。。。。
講演会で、現場の方とか関係者を呼ぶのがジャーナリストの仕事じゃないんですかね。
なんか、「報道に客観性はないのではないか」という議論と、「報道の客観性をそもそも無視する」という議論は別だと思いますけどね。。。。
まぁ、そんなレベルですね。個人的な意見ですが。。。
23. Posted by zom2   2011年08月16日 10:13
めいめいさん!コメントありがとうございます!
-----
> ぱぱさん、いつもありがとう♪
>
> 私のような原子力や放射能に無知な者が今回の事故の状況を把握するにはやはりブログは大きな情報源。
> 賛否も含めた色々な意見を参考にできれば…と思っているけども、知らないが故の自衛策として「賛否どちらも極端な意見は参考にしない。だって正しい判断するすべを私は知らないから」と決めて読んでいます。
> だからぱぱさんのような淡々と…いえ、時には明るく時にはお疲れモードで伝えてくださる素の「数値」を参考にさせていただく。
> これで私は本当に毎日ストレスなく今日までの日を過ごしてこれたと思っています。
>
> 大丈夫だと思ったからこの場所でこの時を堂々と生きる。大人たちのこういうゆるぎない(←かっこよすぎ)姿勢も子どもには見て育ってほしいなって思ったりします。

いえ、それが良いと思います。

どんなに煽られたって、原発が再臨海しようが(してないが)、地割れができて黒い水蒸気が出ようが、核爆発しようが、避難するかしないかは生活空間の放射線量だと思います。
まぁ、そんな記事が楽しめるくらいになると嬉しいかなっと個人的には思っていて、楽しませて頂いています。
あとは食べ物の情報はちゃんとした機関の情報を参考にしています。

なので、もうちょっと放射線量の計測は継続しようと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします!
24. Posted by zom2   2011年08月16日 10:23
心配性の母さん!コメントありがとうございます!
-----
> 木下黄太さんのブログは、たまに何かいてるんだろ、と覗く程度です。

自分も、自分のブログに何か書かれた時に見る程度ですね。
まぁ、相変わらずがんばっていらっしゃって。。。何よりです(笑)

> 木下さんのブログですが、
> 自分中心に物事が動いていることに、高揚感みたいなものを読み取れるのは、私だけでしょうか。

いえ、自分もそう思います。
また、その高揚感が彼がジャーナリストである為に必要な何かを失わせていると思います。
まぁ、彼がプロでボクはその情報にあやかる素人としての意見ですけどね。
彼の情報に何の対価も支払いたくはないですね。

> もしかして、彼が正しいのだとしても、冷静でありたい。
> 原発は強く反対ですが。

冷静でいる事は出来ると思います。
少なくとも、この件は、急に体に影響するものではないですので、ヤバくなっても少し考える時間はあるんです。逆に、核爆発があれば(ないけど)車のエンジンかける暇も無いはずです。

原発は自分も反対です。でも現状動いているので、少しずつ止めて、原発卒業して欲しいと切に願っています。

> パパさんのコメントを楽しみに見ています。たまに掲載お願いします。

ありがとうございます!
・・・・っと。タマに掲載は・・・・彼のブログに対するコメントですかね(笑)
25. Posted by zom2   2011年08月16日 11:16
くうみんさん!コメントありがとうございます!
-----
> いつも計測ありがとうございます。

とんでもありません!

> 原発事故当時は、いろいろな情報に振り回され、不安な毎日でした。
> また爆発するのでは、とか、再臨界がどう、とか本当に不安になるような話がネット上で飛び交っていましたよね。
> しかし、結局あれから5カ月、大きな変化はないようです。(少なくとも私は知りません)

その通りですね。それでも噂の発生源はその事で謝罪したりはしないのですけど。。。

> 私が、どんなに心配しようとやきもきしようと、福島の状況は変えることができませんから、母として出来ることをしていくだけだ。と気持ちを切り替えております。

自分も同じ様に考えています。

> 自分達の回りの環境に注意し、食べ物には気をつける。子供たちにも伝えていく。あとは楽しく今まで通り過ごす。
> これだけです。
> ぱぱさんの毎日の計測本当に感謝しております。
> これからもよろしくお願いします。
> 暑い毎日ですが、体調には十分お気をつけください。

しばらく計測は続けて行きたいと思っています。
今後ともよろしくです!
26. Posted by クロン   2011年08月16日 22:12
個人的興味で木下氏を調べていたところ、こちらのブログにたどり着きました。
twitterにて木下氏のツイートに少し反論したところ、速攻で汚い言葉での返信がきました^^;こういう一面を見てしまうと、彼の情報自体も一気に色あせた、信憑性のない情報に見えてしまいます。苦笑
27. Posted by zom2   2011年08月17日 09:21
クロンさん!コメントありがとうございます!
-----
> 個人的興味で木下氏を調べていたところ、こちらのブログにたどり着きました。

いらっしゃいませ!

> twitterにて木下氏のツイートに少し反論したところ、速攻で汚い言葉での返信がきました^^;こういう一面を見てしまうと、彼の情報自体も一気に色あせた、信憑性のない情報に見えてしまいます。苦笑

爆笑!そうなんですよ。ボクも、ちょっと書いたら攻撃されました。そんでもって、もっと突っ込むと、「オレのブログを読め」の一点張りでした。一応、読んだ上での質問だったんだけどなぁ。

まぁ、はっきりいって、ダメっすね。
(最近ブログのヒット数も少なくなってきたので云いたい事いっちゃおっと(笑))

情報を扱うジャーナリストという仕事をしている人が、反論に耳を傾けないなんて。。。。
反論は反論として取りまとめて、世の中に発表するのがジャーナリズムじゃないですかね。

ボクの勝手なジャーナリズム論ですが。

彼はもはやジャーナリストではなく、一種思想家ですね。と個人的には思いますけどね。。。
28. Posted by zom2   2011年08月17日 09:52
ひめこさん!コメントありがとうございます!
-----
> 私も乳児を抱えていて、ニュースを見るたび不安になり、ネットを検索しそのネットでも「早く非難しないと人生終わり」みたな書き方をされていると、どうしようもなく不安になって、子どもの顔を見ながら泣いてしまう日々がありました。ぱぱさんの考え方、いつもハッとさせられます。甘くみて安易に大丈夫と判断しないことも重要かと思いますが、チェルノブイリという重いキーワードは、そのまま鵜呑みにしないようにしないと…と思いました。

そうですね。最近の情報の傾向ですが。。。。
チェルノブイリと比較している。(しかも詳細な数値が着いている)
情報は結構怪しいとみていいですね。

チェルノブイリはそれこそ政府が隠したがりますし、共産圏の中で集団を組織して計測するなんて困難だったと思います。(ニュースソース不定ですが、当時ソ連は国際機関に対して、計測した線量の10分の1で報告していたという話もあります。)
正確な数値が出ているとは限らない。

あと、チェルノブイリの対応も随分遅かったので、その時にどのくらい衰退しかも考えないと。。。。

特にチェルノブイリのかけはしの資料も、「避難区域のチェルノブイリのプリピャチ市は0.5μSV/h」と。

・・・それ、当時のではなくて殆ど今の値だし・・・。
自分がプリピチャにいった時2004年でしたが、0.56μSV/hでしたから。。。この時既に18年経過していたし。そんなのと比較しちゃダメだと思うよ。
29. Posted by 流され母   2011年08月20日 23:28
パパさん、ありがとうございます。
私も野呂さんの講演会をきき、木下氏のブログを見て、超不安をあおられて、震えそうなここ数日をおくってました。
東京立川在住の二児の母です。
パパさんの意見を聞けてよかったです。
私の不安を和らげてくれ、冷静にさせてくれました。
なんともすぐに人の意見に流される自分がちょっと情けないです。
子どもが熱をだして口内炎ができて、もしや初期症状!?とあたふたしてました・・・。
冷静な判断、とても大事ですね。
そして不安だけで生きていちゃどこにいっても楽しくない。
ちゃんと自分なりに対策をしながら笑って暮らせる強き母になりたいです。ハハ。

30. Posted by ありがとうです   2011年08月21日 17:37
川崎の平間公園プール横で、14200ベクレルの放射能が!というニュースを見て、ブルブル震えてます。
とても、家から近いし、もちろん子供も遊んでいました。
何を信じていいのか、けれど、ここを個人的に測定してくださっている方に感謝して、今後、気をつければいいと思いながらも、凹んでいる私がいます。
パパさんのように、きちんと自分の考えが述べられるように、私も成長しなければなりません。毎日、測定してくださって、本当にありがとうございます。
31. Posted by あきらこ   2011年08月22日 15:38
5 こんにちは。
記事拝見させていただきました。某氏のブログを読んで、あまりの恐怖で4月は少しおかしくなりかけたほどです。子供を見て泣いている日々でした。少しネットから離れたらおちつきました。そしてこちらの記事に出会ってなにか憑き物が落ちた気がしました。ありがとうございます。私みたいなタイプはほんとネットには気をつけてひろい視野を持たないとダメだなあと思いました。最近はとくにあのブログはちょっと宗教チックで某氏が教祖みたいでこわい気がします。少しでも反対意見があると
叩きがすごいし。某氏絶対みたいなコメントばかり。どんな意見でも精査する価値あるものならとりいれてみればよいのに、首都圏、脱・即・逃みたいな空気でなんだかなあってかんじです。
32. Posted by zom2   2011年08月30日 01:08
あきらこさん!コメントありがとうございます!
遅いレス、すみません!
-----
> こんにちは。

こんにちは!

> 記事拝見させていただきました。某氏のブログを読んで、あまりの恐怖で4月は少しおかしくなりかけたほどです。子供を見て泣いている日々でした。少しネットから離れたらおちつきました。そしてこちらの記事に出会ってなにか憑き物が落ちた気がしました。ありがとうございます。私みたいなタイプはほんとネットには気をつけてひろい視野を持たないとダメだなあと思いました。最近はとくにあのブログはちょっと宗教チックで某氏が教祖みたいでこわい気がします。少しでも反対意見があると
> 叩きがすごいし。某氏絶対みたいなコメントばかり。どんな意見でも精査する価値あるものならとりいれてみればよいのに、首都圏、脱・即・逃みたいな空気でなんだかなあってかんじです。

まぁ、彼本人は本当にがんばってはいると思いますよ。でもだから誰かに何か言われると起こるんでしょうね。
ああいう集団はカルト化しないといいのですが。。。
33. Posted by zom2   2011年08月30日 01:56
ありがとうですさん!コメントありがとうございます!
-----
> 川崎の平間公園プール横で、14200ベクレルの放射能が!というニュースを見て、ブルブル震えてます。
> とても、家から近いし、もちろん子供も遊んでいました。

とはいえ、生活している空間でどのくらいの線量があるかが問題ですよね。
そのくらいのベクレル数だと、数10メートル離れてしまえば、殆ど無いのと同じ位になるのではないでしょうか。

> 何を信じていいのか、けれど、ここを個人的に測定してくださっている方に感謝して、今後、気をつければいいと思いながらも、凹んでいる私がいます。
> パパさんのように、きちんと自分の考えが述べられるように、私も成長しなければなりません。毎日、測定してくださって、本当にありがとうございます。

ぶっちゃけ、川崎辺りで凹む事はないと思いますけど。。。まぁ、個人個人で感じ方は違うと思いますが。。。。

今後ともよろしくです。
34. Posted by はる   2011年09月12日 23:08
チェルノブイリよりも多い「広島の原爆168発分の放出」があったと聞いて、平気でいる人の神経が分からないのですが。。ちなみに木下さんが取りまとめた土壌調査は個人が、自分の身近にある土を採取し、1カ所の検査機関でまとめて調べた、というだけのごくシンプルなものです。皆心配だから調査してもらったわけですからあからさまな雨樋の下とか誰も入らないような植え込みなどの土は採取してないと思います。また、「放射線量」のみでなく微粒子が舞っていて吸い込むと危険である、という意味の「内部被曝」について皆さん無知すぎないでしょうか?この微粒子は線量計にもひっかからなかったりもします。少なくとも3月に大量の降下量があった東北、関東は危険なのだと思います。
35. Posted by ままんぼう   2011年09月15日 08:39
ネットなどのカキコミを鵜呑みにしないのは当たり前ですが、残念ながら福一が放射能を撒き散らしたのは事実で、それが事実である以上、放射性物質がどんなに微量でも危険であることから、影響が誰にも何もないなんてあり得ませんね。
そのためにこれまでの社会には厳しい法律があった訳ですし。
それでは対応出来ないから、あっという間に基準値も変わったんですよ。それだけ沢山撒き散らした訳です。今も漏らしてますけど。
安全デマの場合のリスクは高すぎます。
安心してる場合じゃないですよ。
36. Posted by 関西圏   2011年09月15日 09:28
1 木下黄太さんへの批判びっくりしました。パパとありますが、本当に子供がいますか?実際に症状ね出ている子供達がいても、まだ計る場所が悪いとかグチグチいいますか?宗教的だなどど失礼です。みんな個人で必死に考えています。あなたこそ発言がおかしいです!自分が被爆していて自分の子供が危ないと自覚の無い人に不愉快な発言して欲しくありません。実際に講演会に出ました。体調不良で疎開された方々を見ました。みんな自分達で考えて行動してます。
37. Posted by みーも   2011年09月15日 09:33
ままんぼうさんに同感です。

世の中の9割が、TVなどの報道を信じている現在、私も安全デマの方がリスクが高すぎると感じています。

木下さんや野呂さんのブログを読んでいるのは、全体で見ると、残念ながら、まだ、ほんの一握りです。

福島の人はともかく、ほとんどの人が自分は関係ないと思っている内に、子ども達の健康を危険にさらすようなことがあちこちで沢山行われていることに関心がなさ過ぎる人が多いことの方が、もっとリスクだと感じています。

情報を広く集めて、自分で判断する姿勢は大事で、発信の仕方は其々自由が保証されていますし、どういう情報であれ、それを元に判断するのは自己責任だと私は思っています。

自分の家族の命を守れるのは自分だけ。
私たちは神様ではないので、将来何が起こるか分からない以上、安全サイドに立って、できることからやるしかないです。

安心するというのは、とかく、それに対する関心を薄れさせます。でも、今は、とにかく、今の子ども達、未来の子ども達のために、大人がみんな危機感をもって、未来に繋がなければという意識がとても大事だと私は思います。

木下さんや野呂さんのように、様々な行動を起こしている人を、座して待ってる人が口先で批判するのは、簡単です。

でも、私は行動している人達には、直面したからこその危機感があり、その情報を発信してくれることに対する感謝の方が大きいです。

情報を聞いて不安になったら、じゃあ、自分はどう行動するかと判断すればいいことではないでしょうか???
38. Posted by katsu   2011年09月15日 09:45
ぜんぜん安心している訳ではないです。
また暫定基準値を定めたり、何時までも計測しないなど、政府の対応も混乱をまねいている要因だと思って怒りを覚えることもしばしばあります。でも

>放射性物質がどんなに微量でも危険であることから・・・

東電の所為で一方的な不利益を受けているのは確かですが、上記のような認識をされているのでしたら、神経が参ってしまうと思いますけど。。

新築住宅にも住めないし、保存料や農薬を使っている食品は食べれなくなってしまう。。魚も福一の事故前から、天然ものには水銀汚染もあったような記憶もあります。このブログでコメントしている方で、パパさん含めて盲目的に大丈夫!安心!安全!なんて言っている方はいないのではないかなぁ。。

39. Posted by katsu   2011年09月15日 10:14
関西圏さん、みーもさん、あまり感情的になるのはどうかと思いますよ。パパさんは、木下黄太さんや野呂さん、武田教授について『ここがおかしくないかい?』と意見を言っているだけで、そんな批判も許されないとしたら、そちらの方が危険極まりないと感じます。

その方々が仰っている事を、なんの疑問も持たず、盲目的に信じているとしたら、その人は自分の頭で考えることを放棄しているのだと思います。

自分は野呂さんの今までの活動には共感するものがありますが、あまりにも既存の医療や科学を軽視していると感じます。野呂さんが飲料に薦めているもので副作用が起きる心配はないのだろうか?と心配ではありませんか?その思考をすっとばして皆が飛びついている状況に危うさを覚えます。薬草は毒にも薬にもなるということです。

また自分はパパさんとは少し違い、武田教授の話には納得できる面が多々あると考えています。その中で自分の立ち位置を決めています。

木下黄太さんへの意見を、批判としてしか捕らえられなく、それを許せないという感情をお持ちでしたら、危うい状態だと思いますよ。
40. Posted by 通りすがり   2011年09月15日 10:16
チェルノブイリでも福島でも現実に起こっていることを見てそこから学び行動することは間違っていないと思います。
こちらの記事を残念に思います。通りすがりでコメント失礼しました。
41. Posted by みーも   2011年09月15日 10:30
katsuさん

すみません。どうも主旨が伝わらなかったようです。
私も反論自体がいけないと言っている訳ではありません。

ですが、ぱぱさんの数値の取り上げ方が意図的にゆがめているのでは?と思ったのです。

つまり、ぱぱさんにしても、コメントをしている人にしても、この土壌調査が、其々の自己負担で行われていることを、どこまで認識なさっているんだろうということです。

子どもの事が心配で、大規模な土壌調査があるなら参加しようと思ったお母さんがいたとします。

土の採取の日、どこの土をとるか?と考えると、どうせ計測してもらうなら、できるだけ不安な場所を測ってもらいたいと思うのが普通ではないでしょうか?

あの場所がこの数値なら、他の場所はもう少し低いんだなと知りたい。それが母親の心理だと思います。

この結果は、そういう心理的バイアスがかかっているだけのことです。

国や地方がやらない民間のしかも自費の調査なのですから、ぱぱさんの表現こそ、誤解を生みかねません。

ぱぱさんにしても、採取場所を批難されるのであれば、ご自身の周りを自費で計測に出したり、お子さんの尿検査をしてみられてはいかがでしょうか?

人が出した結果を見て批判したって、自分の家族の現状は変わりませんから。(ウチは子どもの尿検査もしております)
42. Posted by ゆうママ   2011年09月15日 10:48
>あなたが原発に対して警笛を鳴らしたいジャーナリストだったとして考えて欲しい。
>また、それを飯の種にしていると考えて欲しい。

木下さんは、警鐘を鳴らすために、結果として飯の種だった某大手マスコミ会社を辞めたはずです(不確かですが)。
逆に、飯の種をなくしてまでも、正確な情報を発信したいとお考えなのではないでしょうか。
単純に危険な首都圏から逃げたかっただけかもしれませんが…。
逃げたい気持ちは私も同じです。
パパさんは楽観主義ですね。
43. Posted by ある考え方   2011年09月15日 10:52
2 いろいろな考え方があるでしょう。
でも私たちは実際に放射能被害にあわれた方から話を聞いたわけでもないし、被害を目の当たりにしたわけでもないことは心にとどめておくべきだと思います。世界中に苦しんでいる人はたくさんいます。ヨーロッパで、経験した人は、まだ事故が起きたばかりだからといいます。広島の原爆当時にの話でも日本では広く知られていないことがことがありますよ。
44. Posted by りんりん   2011年09月15日 11:01
はじめまして。
私も震災後、ネットから恐ろしい情報ばかり毎日目にしていて、多分ノイローゼ気味だったと思います。
関東までが、今本当に危ないかはここまで時間が経ってしまった今誰もわからないでしょう。
局地的に放射線量がとても高いところも出てきていますし。
家の子供達は周りの他の子達に比べて、震災後の体調不良が酷かったです。
私も主人も今までに無いくらい体調を崩しました。
それが、単なる季節の変わり目?精神的?放射能?かどうかは分かりません。
本当に真実が分かるのは100年後とかかもしれません。
ただ、やっぱり子供目線で考えると外で安心して遊ばせたり少しでも危険の少ないと思われる場所に移ると言うのも精神的にも安心して暮らしていけるのではと思います。
色々な方のご意見の良いところを素直に取り入れていけたらいいなと思います。
45. Posted by み〜な   2011年09月15日 11:17
はるさんの意見に賛成です.
さてもう一つのブログも読ませていただきました.
子育てパパさんのトーンとちょっと違う気がします。もうひとつトーンがやわらかいと感じました.
賛同されている方のコメントも読ませていただきましたが、人間、心理的に聞きたい情報の方にどうしても寄り添いたいと思うものです。そう言う気持ちは私にもありますし、其の事を認識した上で、情報を読むべきだと思います.
1、のセシウム137だけの基準の件ですが、チェルノでは事故を5年も隠蔽したので5年後ではセシウム134による汚染が軽くなっているとしてセシウム137のみの基準で、コレに対して福島はまだ半年という事でセシウム134の半減期前であるため、134と137を含めた数値を出すのは妥当かと思います.
仮にチェルノが134の半減期前にこの基準を決めたなら、当然セシウム134の汚染数値を含めたと思います.
2、木下氏の取り組みは市民が身銭を切って調べた土壌調査ということもあって、正確に距離で割ったものではない事は仕方ないのではないでしょうか?今回は首都圏という事で、ほとんどがアスファルトなので、土壌となると限られてくる訳です.もう一人のかたのブログに載ってましたが、Twitterにて、調査に参加した方から、「採取の際に、雨樋の下とか、たまってそうな場所とか、特に高そうなとこを選ぶのはやめて下さいと前もってアナウンスがありました」とコメントをもらった。
46. Posted by み〜な   2011年09月15日 11:17
続きです。それは、たしか木下ブログにも書いてあったような気がするし、ぼくは、そういう意味で、「特別高い所」を狙って採集したとは思っていない。散発的な野良計測をするのではなく、統一したやりかたで意味のある測定をしようとしている人たちなわけで、それくらいの期待も信頼もしていますので。

で、その上で、庭や植え込みは、すぐに洗い流されがちなアスファルトの上とは違うだろうし、特に都市部などでは、「代表値」として使うのはどうだろうと思っている、というのが本文中の懸念です。と書かれていました.
だったら他に代表値として使うデータが存在しているのだろうか?だれも一斉土壌調査をしないから木下氏をはじめ有志の方々がしているわけであって、本来ならコレに付随して細かく調査を進めるべきだと思います.
木下氏が勧めている妊婦や子供達の首都圏からの避難は妥当なものだと思っています.一番感受性の高い妊婦や幼児や子供達が一番影響がうけやすいのだから、万が一という事を考えて避難を促す事は当然と思いますし、過小評価と過大評価でしたらやはり、危険性のリスクを大きく取るのが防護の基本だと思います.
47. Posted by ゴルゴ   2011年09月15日 11:22
1 拝読させて頂きましたが、どうも一貫した主張のない意見のないブログですね…。

「チェルノブイリの幻想」と記載あるが、ではこれ以外に検証出来る具体的な事例があるのか?殆ど前例のない危険な事故だから皆が不安になるわけであり、当然過度な心配するので、それを参考にするのは当然だと考える。

また、実際の放射能被害は5年後位からであり、被害が出てからでは遅い。ジャーナリストであればそれに警鐘をならすのは自明の行動だと考えます。
危機管理への能力が劣った偏見のある意見も散見される。

48. Posted by calender543   2011年09月15日 12:34
たぶんここ読んでる人って、
危険なんてさんざん承知してて、
自分なりのリスクへのスタンスも持っていて

ブログ主のパパの意見だろうが新聞だろうが、
情報に簡単に動じたり鵜呑みにしたりしない人がほとんどだと思うから(ゴメンパパ)、
そのなかで

【震災から半年もたった今(危機感を持ち、勉強する時間はあっただろうという意味)】
「ちょっとした考え方の違い」で、
個々の自衛の考え方を議論しあっても
身内同士足止めしあっているみたいで無意味な気がしてる今日この頃です。

アタイらもパパも木下氏も野呂氏も武田センセーも、
みんな事故を深刻に捉えているし、放射能嫌いだし、「脱原発」したいし、被災した人助けたいし、除染したいし、安心してご飯食べたいし、安心して子育てしたいし、子孫繁栄みんな健康でいたいし、きれいな地球を未来に残したい派なんでしょ〜。

安全デマって、一庶民のパパの日記にムキー!ってなるより、いま腐るほど転がっているこういう危なげな事実を検討したり意見提出した方が幸せだとおもうのー。

横浜市放射線特集
http://yokohama-konan.info/wp-content/uploads/2011/09/yokohama_koho.jpg

東電値上&賞与回復
http://www.asahi.com/national/update/0915/TKY201109140737.html

作業員食事有料化&給与ピンハネ黙認
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110914/dms1109141147008-n1.htm

抗議の声をあげなきゃいけない先は他に腐るほどある。
「間違っている(怒)」と、本気で感じる相手はどこにいる?
わたしたち、批判し合う相手ではなく、協力しあえる相手なんじゃないかな。なんて。

http://twitpic.com/6kpalx


昨日は横浜市の南本牧処理場への汚染ゴミ海洋投棄が、みんなの活動の成果が功をなし、謝罪と当面凍結が決定して嬉しかったですね☆

いろいろ見当違いだったらごめんなさいネー
子なしだけど子供達の将来を思ってできることを活動中なんで、攻撃はカンベンして☆
49. Posted by ママ   2011年09月15日 13:17
↑48の方に強く同意です。広い視野を持ち、もう反原発!と言っているレベルではないという事を(原発は無くしていくべきですが)多くの人に気付いてもらわなければ・・・
50. Posted by mmsuzu   2011年09月15日 13:46
同じく、calender543さんに全面的に同意です!

私は木下氏のブログもパパさんのブログも、
いつもチェックしています。
実は、木下さんの土壌調査にも参加しました。
木下氏のような人も必要だし、
パパさんのような人も必要です。
あとは、読んで考えて個々人で立ち位置を決めればいいんです。

盲信してしがみついて、自分の頭で判断することができないんじゃ、
こんな原発大国にしてしまった過程をなぞるだけでは?

>アタイらもパパも木下氏も野呂氏も武田センセーも、
みんな事故を深刻に捉えているし、放射能嫌いだし、「脱原発」したいし、被災した人助けたいし、除染したいし、安心してご飯食べたいし、安心して子育てしたいし、子孫繁栄みんな健康でいたいし、きれいな地球を未来に残したい派なんでしょ〜。

というcalender543さんのメッセージが全てだと思います。
最近どなたかがTwitterで、
「こんなに日本人がばらばらになっているのは初めてだ」
というようなことを書いてらっしゃいました。
根っこに同じ気持ちを抱えている民衆が、
そのアウトプットの仕方でもめて分裂して足を引っ張り合っていては、
国民の暮らしや健康を第一義としない政府や、
国民に真実を報道しないマスコミの、
思うつぼではないでしょうか。

本気で怒らなくてはいけない、
戦わなくてはいけない相手は別にいます。

こんな風に考えられるようになったのは、
パパさんの考察の影響も大きいです。
いつもありがとうございます。
51. Posted by ままんぼう   2011年09月15日 14:47
katsu様
私の神経をご心配頂きありがとうございます。
ですが残念ながら、内部被曝ではどんなに微量でも安全でないという認識は変わりません。
自分も最初は大丈夫なのだろうと思って行動していましたが、健康被害が大きく(もちろん福一由来と確認できませんが)また、本当に怖がっている人との差が大きく不信に思い、調べたんですよ。沢山ね。
結果、微量でも危険の認識に至りました。
新築云々はここでは割愛させていただきますね。ご容赦を。
私も、一人の意見としてのカキコです。
敵も味方もありません。
これにて失礼!
駄文につき失礼致しました。
52. Posted by yaeko   2011年09月15日 14:55
木下さんの講演会に参加してみました
参加費500円です
これでは木下さんの足代にもならないのでは、持ち出しで活動されているのかな
と思いました。
わたしは近くに住んでいたので
速攻で西へ避難しましたが、残っている人と時々電話で話すと6ヶ月過ぎ
健康被害が出ているようです
地元から色々な話が入ってきますが
楽観視は危険だと思っている一人です
53. Posted by み〜な   2011年09月15日 15:15
再度コメントです.
calender543さんに素直に同意です.

いま腐るほど転がっているこういう危なげな事実を検討したり意見提出した方が幸せだとおもうのー。
本当にそうです。昨日の横浜の海面投棄は私もいけんしました。もんじゅも走り出しそうというニュースが流れています.うっかりしていると本当凄いニュースがさらっと流されている日本、海外で私ははらはらしつつ、自分で出来る事をしています.
抗議の声を上げなくてはいけない相手は腐る程いる!うかうかしてられません.

それと木下さんはご自分も避難している身で持ち出しはキツイと交通費だけはいただくとブログでも公言していました.ほんとうなら矢面にたって人々の避難をうけるより、自分で家族だけで逃げちゃうことも出来るんですよね.有り難い事だと思います.
やはりなんだかんだいっても見捨てれないのですよ.
どうか無駄なエネルギーを使わずに協力していけたらいいです。
54. Posted by ままんぼう   2011年09月15日 15:15
パパさま
ここを荒すつもりも、パパさまを批判しているつもりもありません。実際通りすがりですしmm
健康被害が私と息子にはあります。
福一由来と証明出来ません。病院でも検査受けてもなんも出ない〜!埼玉在住です!気をつけていない人がいるなら、気をつけて欲しいという警笛です。
ほんとにお邪魔しました。
私も個人ですが、自治体に電話してみたり、、学校に意見してみたり、ささいなことかも知れませんが、動いてます。
何度も失礼致しました!
55. Posted by 健康被害あるよ   2011年09月15日 15:42
ブログ主さんは健康でうらやましい。
私もアトピーアレルギー体質。大気汚染がすごく辛くて住めなくなりました。
ブログ主さんがどこで情報を仕入れていらっしゃるかわかりませんが少しブログ主さんの方が偏向していると思います。
危険を言っている人はほとんど実際に健康被害にあわれた方です。

障害者への配慮もそうですが、健康で強い人は人の苦しみを理解できないんですよね。もっと弱い人のことも理解してもらえると助かります。自分もそうでした身内に存在するまでまったくわかってなかったです。
ブログ主さん、素直な心でもう一度事実を見て下さい。ここのコメントみても犯罪集団に利用されてますよ。
無知な人でなくある程度知識のあるものが東電・政府の発表する矛盾のある説明・数値に納得できず調べています。矛盾する数値を言われても化学・科学知識を持っているものは納得ができません。
56. Posted by 仙台人   2011年09月15日 16:18
普段ここを覗きに来ている人は既にある程度の情報を見聞きしていて、それらを精査して、その上で自分の身の置き場所、これからの生活のスタンスを決めている人だと思っています。
で、自分なんかは色々なリスクを承知した上で今のところは仙台に留まることを決めました。それを決めてから、こちらの知りました。勿論、西日本へ移住した方がいいのは百も承知です。自分は結構な危険厨なので。
最近、そういった考えを頭から否定し、非難・攻撃されるのが耐えられません。これから生きて行くことを頭ごなしに否定されている気持ちになります。
本当に矛先を向けるべきなのは東電や国の筈なのに、どうして東日本に残っている人間を攻撃するんだろう…。
なんか変ですよね。
57. Posted by タカ   2011年09月15日 16:33
いいじゃん。彼が何と書こうが…。気にする必要も批判する事も不要だと思う。スルーしたらよい。ただ本当に批判するならコソコソしないで正々堂々やりなよ。同じ条件で名前出してね!人を名指しで批判するやつって大体、自分は匿名なのよね。正義装ってるけど裏は単なる卑怯者。そんな人間にらないように
58. Posted by まとりくす   2011年09月15日 16:48
植え込みや河川敷のデーターは大事です。今日も河川敷で裸で遊んでいる子供をみました。このようなセシウムの高いところほど積極的に除洗しなくてはなりません。
59. Posted by 木下ブログの読み方   2011年09月15日 17:05
木下氏のブログは読んでいます。ウォッチャー的な視点ですが。
彼のブログ記事の本質は”警戒・警告”なのであって記事全てが本当なのではありません。良い意味に考えれば百に一つ、千に一つの”危険な真実”を彼は探しているのです。そのため彼は多くの記事を内心間違いではないかと知りつつも記事を載せていると見ています。実際彼にはブログやTwitterでさまざまな情報が寄せられていますが又聞き情報も多いですしね。

彼が改善すべきことは、彼の主張に反する事実、過去記事にした内容を否定する事実や指摘が出ても反映しないことです。当方を含め複数の方がそういう指摘をしていますがブログには載りません。要は書きっぱなしなのですね。最近の奥州市のヨウ素の件も何の根拠もない主張をしています。

またブログのコメント欄を見ると、不安に駆られた方の寄り合い所帯の様相を呈しているのですが、放射性物質を含んでいるものを食べると変な味がした、体調を崩した、金属臭がするとか、放射線に敏感な体質とかちょっと考えられない人が続出しています。放射性物質の恐怖は知覚できない恐怖なのですが。彼ももっとうまくオーガナイズしてあげればいいのにと思いますね。

一市民の立場であれば、政府・東電からの情報を鵜呑みにせず自ら考えるのと同様、彼の情報も一度立ち止まって考える冷静さが必要と思いますよ。
60. Posted by mmsuzu   2011年09月15日 17:15
たびたびの書き込みすみません。

木下ブログの読み方 さんの書き込みの件で。
そうそう、私も奥州市のヨウ素の件、
セシウムが一緒に検出されないのはどうしてだとおもいますか?
と書き込んだのですが、
認証されなくて、
ああやっぱり、とがっかりしました。。
61. Posted by ・・・   2011年09月15日 20:13
ばか!
62. Posted by akikot   2011年09月15日 21:32
補償
63. Posted by み〜なさんへ   2011年09月15日 21:37
>それと木下さんはご自分も避難している身で持ち出しはキツイと交通費だけはいただくとブログでも公言していました.


こんなこと真に受けているのですか?
日本テレビの給与水準は一般の会社とは全く違いますよ。
しかも電力会社からたっぷりお金を貰った読売グループの中核日本テレビ報道局社会部統括デスクでしたから退職金も物凄い額だったことと思います。
普通に生活するには死ぬまで楽に暮らせるぐらいはあると思います。
64. Posted by あみ   2011年09月15日 23:45
被爆したくない人は木下さんについていけばいいし、被爆したい人はぱぱさんについていけばいいと思いました。
子供がいる人は木下さんにかな。


65. Posted by あみ   2011年09月15日 23:53

被爆したくない人は木下さんについていけばいい

被爆してもいい人はぱぱさんについていけばいい

どっちもどっち、でも、いじめはマイナスでしょ!

66. Posted by やんちゃ   2011年09月15日 23:58
数年後、何もなければいいですね。
67. Posted by 木下ブログの読み方2   2011年09月16日 00:09
もし木下ブログを読む不安に駆られている方は
YomiDr.の小児科医・浦島充佳さんインタビューも読んでほしい。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=46355&from=popin

「不安」による悪影響について指摘されています。
木下ブログのコメント欄は不安に駆られた方の寄り合い所帯状態で、皆の不安を共有しさらに不安になっているんじゃないだろうか。

浦島充佳さんは木下ブログでは指摘されない重要なことを指摘していると思いますよ。

こういう指摘をしてもかのブログには反映されませんから。
68. Posted by りか   2011年09月16日 00:10
別に、そこまで木下さんを批判しなくてもいいじゃないですか。
気をつけた方が無難なんですから。
確かに、ストレスたまるのも苦しいですけど、放射能安全基準値が高すぎますからね。
危険と思う人が沢山いても、しょうがないですよ。
一度入った放射能がとれる薬なんてあったらいいですね。
69. Posted by う〜ん   2011年09月16日 00:27
ちなみに誤解されている人が多いようですが、会社を辞めてないですよ、「彼」。
社員ですからもちろん、給与も貰い続けているということ。
なぜ偽るのかコメント欄でたずねましたが、もちろん反映されるわけなかったです

まぁ、社員かどうかと彼のブログの内容は(直接は)関係ないですし、「ご自由に」と思っていたものの、一部の方の傾倒ぶりに驚き、警鐘になりうるかと思ってコメントを寄せたのですが(・・・ダメでした)。

まぁ、この事実をどうとらえるかも含めて個人の自由ですね。
70. Posted by はは   2011年09月16日 00:59
別にあんたが放射能を心配しないのは勝手だ。しかしあんたが匿名で、堂々と実名で情報を発信している木下氏を批判するのは気に食わない。
木下氏がしていることは彼に特別な利益があることとも思えない。
ほとんどのマスコミがまともな情報を出さない中、木下氏のような存在は貴重だ。
本当は不安なんだろ?しかしどうにも出来ないし、何もしたくないから、木下氏を批判して自分を安心させたいんでしょう。
被曝するのはお前の勝手だ、勝手にどんどん被曝してくれ。
しかし匿名で堂々と自分をさらせないお前に木下氏を批判する資格はない。
71. Posted by zom2   2011年09月16日 01:34
ははさん!コメントありがとうございます!
-----
> 別にあんたが放射能を心配しないのは勝手だ。しかしあんたが匿名で、堂々と実名で情報を発信している木下氏を批判するのは気に食わない。

失礼いたしました。私のブログは何かの必修でもないですし、さして重要な情報も記載していませんので、もし不愉快であれば、お読みいただかなくても構いません。

> 木下氏がしていることは彼に特別な利益があることとも思えない。
> ほとんどのマスコミがまともな情報を出さない中、木下氏のような存在は貴重だ。
> 本当は不安なんだろ?しかしどうにも出来ないし、何もしたくないから、木下氏を批判して自分を安心させたいんでしょう。
> 被曝するのはお前の勝手だ、勝手にどんどん被曝してくれ。
> しかし匿名で堂々と自分をさらせないお前に木下氏を批判する資格はない。

ご批判承りました。
72. Posted by zom2   2011年09月16日 01:43
う〜んさん!コメントありがとうございます!
-----
> ちなみに誤解されている人が多いようですが、会社を辞めてないですよ、「彼」。
> 社員ですからもちろん、給与も貰い続けているということ。
> なぜ偽るのかコメント欄でたずねましたが、もちろん反映されるわけなかったです

あらら。でもまぁ、それも人生ですかね。ボクはどちらでも構いません(笑)
確かに、木下さんの収入を気にしてしまったのは、余計なお世話だったかも(笑)
しかも、彼の立場を自分の身においてかんがえちゃいました。そりゃ、うざったいですよね。

> まぁ、社員かどうかと彼のブログの内容は(直接は)関係ないですし、「ご自由に」と思っていたものの、一部の方の傾倒ぶりに驚き、警鐘になりうるかと思ってコメントを寄せたのですが(・・・ダメでした)。

やはりプロフェッショナルは、情報を精査したいのでしょうか。
ボクのはフリーっす(笑)

> まぁ、この事実をどうとらえるかも含めて個人の自由ですね。

そのとおりですねー。

今後ともよろしくです!
73. Posted by zom2   2011年09月16日 01:47
りかさん!コメントありがとうございます!
-----
> 別に、そこまで木下さんを批判しなくてもいいじゃないですか。
> 気をつけた方が無難なんですから。

そこまで批判した覚えはないのですが、、、意見としては取ってもらえないんですね。
気をつけます。

> 確かに、ストレスたまるのも苦しいですけど、放射能安全基準値が高すぎますからね。
> 危険と思う人が沢山いても、しょうがないですよ。
> 一度入った放射能がとれる薬なんてあったらいいですね。

危険と思う人に安全だよ。というつもりはないんですけどね。
危険なら危険でよくて、ボクも逃げますし。

放射線はとれませんからねぇ。
でも今後の被曝に気をつける事はできますね。

それがせいぜいですね。
74. Posted by zom2   2011年09月16日 01:50
木下ブログの読み方2さん!コメントありがとうございます!
-----
> もし木下ブログを読む不安に駆られている方は
> YomiDr.の小児科医・浦島充佳さんインタビューも読んでほしい。
> http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=46355&from=popin
>
> 「不安」による悪影響について指摘されています。
> 木下ブログのコメント欄は不安に駆られた方の寄り合い所帯状態で、皆の不安を共有しさらに不安になっているんじゃないだろうか。
>
> 浦島充佳さんは木下ブログでは指摘されない重要なことを指摘していると思いますよ。
>
> こういう指摘をしてもかのブログには反映されませんから。

そうですね。やはりこういう多角的な情報収集は必要ですよね。
勉強になりました。ありがとうございます!
75. Posted by zom2   2011年09月16日 01:51
やんちゃさん!コメントありがとうございます!
-----
> 数年後、何もなければいいですね。

そうなんですよね。
何もないと良いですね。
76. Posted by zom2   2011年09月16日 01:54
み〜なさんへさん!コメントありがとうございます!
-----
> >それと木下さんはご自分も避難している身で持ち出しはキツイと交通費だけはいただくとブログでも公言していました.
>
>
> こんなこと真に受けているのですか?
> 日本テレビの給与水準は一般の会社とは全く違いますよ。
> しかも電力会社からたっぷりお金を貰った読売グループの中核日本テレビ報道局社会部統括デスクでしたから退職金も物凄い額だったことと思います。
> 普通に生活するには死ぬまで楽に暮らせるぐらいはあると思います。

会社お辞めになっていないという情報も。。。。
まぁ、ボクも会社員ですけどね(笑)
77. Posted by zom2   2011年09月16日 01:55
akikotさん!コメントありがとうございます!
---
> 補償

・・・う。書きかけでしょうかね。
使いにくくてすみません。
78. Posted by zom2   2011年09月16日 01:56
・・・さん!コメントありがとうございます!
-----
> ばか!

「うそつき!」の方が萌えるのですが。。。
79. Posted by 鈴木菜々子   2011年09月16日 04:12
はじめまして。木下黄太さんのブログ経由でこちらにきたのですが、誹謗中傷というのでどんなかなと思ったら、普通のブログで安心しました。普通のことをおっしゃっていると私は思うのですが・・・。

私は数値云々というよりも(木下さんの発信も含め)色々な情報を自分で取捨選択して、もう感覚的に無理だったので東京から西に移住したんですけど、情報を得る方法、その捉え方、その後の行動や生活などなど、結局自分次第だと思います。

こちらのブログの記事も、なるほど。と思いました。ありがとうございます。

チェルノブイリを引き合いに出すことについて、私も前々から気になっていました。「チェルノブイリとは状況が違う」ということと、「チェルノブイリとの相似点から考えて危険」ということは、結局同じことなんじゃないかと思って。

木下さんたちの測定場所やゾーニングなどのことは、私はなんとも言えないのですが、個人的には、とても意味のある調査だと思いますし、感謝しています。そして(規模的に比較できる)過去の事例が結局チェルノブイリしかないということは、やっぱりそこから考えていく方がいいのでは、と思います。続>>
80. Posted by 鈴木菜々子   2011年09月16日 04:13
続>>
同じ事故、同じ環境というのはあり得ないから、すべてが同じ状況であるはずはないし、かと言って測定などの条件が全く違うというのはあまり参考にならないし。という現状で私たちができるのは、「チェルノブイリ」を単なる恐怖の象徴として捉えるのではなくて、相違点・相似点の両面をふまえた上できちんと向き合うことではないでしょうか。

私も最初、ネット上の「チェルノブイリ」に違和感を覚え、比較される数値や情報がよくわかりませんでした。実際にチェルノブイリの状況を知る方の話しが聞きたいと思って、野呂さんの講演会に行きました。科学やデータに基づいて実証できるもの、現地の子どもたちの症状から推察するしかないもの、母親たちの感覚。どれを頼りにするのか。どれも無視できないと思いました。

bqとSvなど、私たち一般人には理解し難いことも多々ありますが、勉強した人はしたと思います。私もたくさん時間を使いました。結局はどのような意見や情報にも、疑問があったら自分で納得のいくまで調べることしかできないですね。

情報を受け身で得ているだけだと、世間が二極化しているように見えたし、情報も、それを発信している人もどちらかに偏っているような印象を受けました。自分の考えや、多少の確固たるものがないと、ぐらぐらしてしまいがちな最近です。

と書いてからコメント欄を見たのですが、calender543さんに同意ですね。私のコメントは蛇足でした。
長々と失礼しました。
81. Posted by う〜んさんへ   2011年09月16日 09:06
なんだ、彼、会社辞めてないんですね。

私、彼のblogを読んでいましたが全然気づかなかったです。ビックリしました。

あの会社の一員として高額な給与を貰い続けていたら二重生活でも三重生活でも可能でしょうね。
82. Posted by katsu   2011年09月16日 09:41
>鈴木菜々子さま

ご意見もっともです。自分もいろいろ情報をかき集め、考えてきた人間の一人だと思っています。そのなかにパパさんのブログも木下さんのブログもありました。

その中で感じたことは、世の中の情報には全て発信者のベクトルが掛けられているということです。

そのことを理解して情報を自分で取捨していくしかないのだと思います。しかしそれが出来ずに、不安にかられ右往左往している人達のなんと多いことか。。。
結果的に正解ではなくても、流されずに、自分の足で立つということが一番大事だと僕は考えています。

今回の木下ブログの件では、偶然を装い、そしてそれをする事によってどのような事になるかも理解しつつ、一個人のブログ(しかも子育てブログ!)を晒したことにたいして非常に強い怒りを感じています。

パパさんのブログも、とても貴重な情報源です。自分が云うのもなんなのですが(笑)ぜひ読んでみてください。
83. Posted by 秋山 譲   2011年09月17日 00:39
1 私は、木下さんのブログをよませてもらっているひとりです。

今回の原発事故で日本が大変なことになっているのは事実で、多くの方が、日本の未来を何とか守りたいと思い、いろいろな情報を発信していると思いますが、あなたが木下さんに対してしていることは、大人気なさをかんじます。食いぶちにしているとかなどひどいなーと思います。せっかくのあなたのブログがだいなしですよ。
84. Posted by zom2   2011年09月17日 02:51
秋山 譲さん!コメントありがとうございます!
-----
・・・、あの。ボクはご批判もハンドル名で構わないと思っているので、ご批判しにくいでしょうし、ハンドル名で構いませんよ。

> 私は、木下さんのブログをよませてもらっているひとりです。

様こそいらっしゃいました。

> 今回の原発事故で日本が大変なことになっているのは事実で、多くの方が、日本の未来を何とか守りたいと思い、いろいろな情報を発信していると思いますが、あなたが木下さんに対してしていることは、大人気なさをかんじます。食いぶちにしているとかなどひどいなーと思います。せっかくのあなたのブログがだいなしですよ。

食いぶちの件については「ボクだったら・・・」と書いているのですが、理解されなかった様で残念です。
それでも、確かに余計なお世話を書いてしまったかも知れません。
TV局にお勤めで相当収入がおありのようですので。。。。

あろがとうございました。
85. Posted by Y   2011年09月17日 08:56
あらあら、いつの間にか荒れていました(笑)。木下さん、来年三月までに首都圏から避難しない人は頭おかしい、僕と縁を切ってくださいと書いてます。twitterでおかしいと書いた人には、死ねとか返してきますし。こんな書き込みしている人が本当に人のこと考えて発信しているとはとても思えません。
最悪西日本、できれば海外に避難せよと言ってますが、海外生活に慣れない人がそんなことしたら本当に体調崩してしまいます。避難されても構いませんが、そのリスクをもう一度周りに相談されて考えられるような冷静な頭を持ってほしいです。あの人のブログのコメント欄を見てると、精神的にやばいんじゃないかという人が散見されます。。。。
86. Posted by さ   2011年09月17日 15:57
デマ下黄太ですよ、あの男は。
87. Posted by 赤ちゅん   2011年09月18日 00:52
木下氏の土壌汚染結果についてチェルノブイリの避難区域と比較するやり方がおかしいことについては、当初からTwitterで指摘をしていましたが、全く変える気がないようですね。
どこがおかしいかについては、一つはおっしゃるとおりCs134の値を足していることです。
もう一つ、こっちの方が過大評価の元凶なんですが、Bq/圓らBq/屬亡校擦垢觀舷瑤おかしい。
65という実測値とかけはなれた大きな数値を使っています。
私は20程度大きめにみても30までだと思います。
(ただし農水省のように15cmまで掘ってる場合は65でもよい)
88. Posted by 関西圏   2011年09月18日 20:06
1 いい加減にしなさい。あなたに木下さんを語って頂きたく無いです。不愉快です。会社に勤めていようがいまいが、1個人で原発問題を追求するのには勇気が入ります。大企業に『コンプレックス』や『妬み』などあるのですか?努力して大企業に入社したのだから他人に批判する権利などさらさら無い!!人々の命が掛かっているのに無意味な攻撃は止めなさい!!
89. Posted by みさと   2011年09月18日 20:22
武田先生と、野呂さんと木下さん、では全然違いますよね?

武田先生は、都内西なら避難は必要ない、と考え、野呂さんは、避難してもうまくいかなかった家族をチェルノブイリで散々みてきたから安易に避難は勧められない、と考え、木下さんは、何を捨ててもとにかく避難、それしか助かるすべはないという論調です。


木下さんの面白いところって、「関西でも危険では?」っていう意見があると、猛反発するところです。

よっぽど関西が危険だと都合が悪い事情でもあるのかな?っておもいます。

実際、たとえば、都内西の高層マンションに暮らし、食事に気をつけ、外遊びなんかほとんどしない子どもと(うちはマンション内に広い遊びスペースがあるので公園になど行かないです)、西に住んで、適当に暮らしてる人とどっちが安全かな?っていう疑問に対しても、「関西なら食事に気をつければいい」の一点張り。

一個人の力で食事や瓦礫等の問題を解決するのは相当大変だということわかってないのかしら?

まあ、とにかく、関西は安全としたいんだな、ってことだけは伝わってきて、それが怖いです。

90. Posted by 関西圏   2011年09月18日 20:38
1 呆れ果ててます。皆さん一度でも木下さんの講演会行きなさい!!500円です。少しでも多くの『命』を救う為に真摯に取り組んでいます。関西は安全などと言われていません。福島はまだ放射能を出し続けています。大変な事態なんです!!木下さんに対する批判、給料高いとか貴方が批判する権利は有りません!!努力した結果です。
91. Posted by 関西圏   2011年09月18日 22:53
1 4時間程前に共同通信のインタビューに管直人元首相が答えて「最悪の場合、首都圏の避難対象者は三千万人」と述べたそう。共同通信のホームページで見て下さい。(削除されて無ければ見られます)木下さんの訴えていた話が信憑性があったと言う事ですね。とにかく危ないのです。一人一人よく考えて行動して下さい。他人の批判している暇は無いはずです。
92. Posted by どらむすこ   2011年09月18日 23:44
>>91
関西圏さん、前後をはしょってはいけません。
情報は正確に。

--
菅直人前首相は18日までに共同通信のインタビューに応じ、3月11日の東京電力福島第1原発事故発生を受け、事故がどう進行するか予測するよう複数の機関に求め、最悪のケースでは東京を含む首都圏の3千万人も避難対象になるとの結果を得ていた
--
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091801000331.html

若干中途半端な書き方ですが、今でも同程度のリスクがあるとも無いとも報じておらず、そういう情報を持っていたというだけですよね。

貴方の読み取った内容を伝えるのであれば、そう書くべきですよね。
でないとそれこそ煽りですよ。

あくまでこれを見た人が自己判断できるような書き方をしてはもらえませんかね。

でなければ、ご自分のブログにでもメッセージを挙げるくらいに留めておいてくださいな。
93. Posted by 武蔵小杉在住のパパ   2011年09月18日 23:45
関西圏さんへ>

あなたのその感情的な物言い自体が木下氏の活動に水を差して
いることを自覚した方がいいですね。


私は木下氏のブログも参照していて、氏の活動が首都圏の土壌
調査に結びついたことを評価しています。そして関東からの避
難を勧める理由も理解しています。

今の日本は、政府・地方自治体・企業体・マスコミが「とにか
く子供だけは守る」というシンプルな方針に従うことなく、一
体どこに向かっているのか、情報の隠蔽を行っているのだけが
明確な状況下にあると言っても良いと思います。

要するに、誰もが正確な情報を欲していると。

そこでインターネットでこうして情報を集めているわけですが、
インターネットの情報は膨大で、そこから真実を得るには情報
の取捨選択が必要というのはもう常識の範囲内でしょう。

危険寄りの情報があれば、それに対する反論を、安全を声高に
叫ぶものがあれば、やはりそれに対する指摘を、となるはずで
す。

だから木下氏のブログでもコメントに反論をどんどん載せて、
それを「理論的・データ的」に論破して欲しかったんです。
読者はこちらのブログよりも桁違いに多いようですので、知識
のある人も多いと思いますし。

しかし読んでみれば、あなたのように感情的な物言いをするだ
けの人が多くて、あれでは「信者」と呼ばれても仕方ないです
よ。個人的にはEM菌の長文なんか載せてる場合じゃないと思い
ましたけど。

もし、仕事も今まで通り続けられ、子供の学校や幼稚園ごと一
緒に避難してくれ、年老いた両親も見知らぬ土地での同居に賛
成し…なんて状況なら誰も悩まないでしょう。

木下氏の言うことを正と捉え、避難するなら自信を持って避難
なさればよろしい。それを批判することは滑稽ですらある。

しかし逆もまた然りですよ。
94. Posted by Javellin   2011年09月19日 04:02
木下ブログは、彼に都合の悪い事実や情報は基本承認されませんよ。

福島、首都圏の下痢の症例が通年ほとんど変わらなかった事実や、福島原発の蒸気がなぜ夜激しく見えるのかというコメントを出しても反映されない。

また北海道でLB200を使って雨水を測定したかたが高いレベルを観測した話も、その後のフォローは全くなく、危険情報だけ垂れ流している。その点を指摘しても承認されませんでしたよ。

95. Posted by ウッチ〜   2011年09月19日 04:20
バカだねあんた最悪を想定していない政府と同じだね、少しは脳みそ使え
96. Posted by そのはら   2011年09月19日 09:14
関西圏さんへ>

ご存知のこととは思いますが、氏の勤めている会社はふつうの大会社ではないですよ。
東電をはじめとする原子力利権グループの一角として、世論形成を請け負っている会社ですよ。
東電の社員が高給を貰いながら避難していて、更に他の人に「金がないからという理由で避難しない奴はバカだ」と言ってたらどう思いますか?
97. Posted by 関西圏   2011年09月19日 11:21
1 私は、例えば、東電社員でも勇気を持って国民に避難を訴えかけていたら評価します。素晴らしい!何か大企業にコンプレックスが有るんですか?悪いけど、私の旦那さんも大企業です!夜中の2時まで残業してます。それで高給だとかいわれても、倍働いても倍の給料は貰ってませんよ。実態も知らないで批判ばかり。高給とるには取るだけの『血と汗の努力』が有ります。『隣の芝生は青い』ですね。『人を貶めずに自分が上がる』努力が尊い姿勢です。大企業だから何ですか?子供の為には何時でも辞める決心で居ます。批判の仕方が変です。何が言いたいの?不毛なので、もう書き込み最期にします。
98. Posted by zom2   2011年09月19日 11:40
あれ、関西圏さんってこの記事しか読めてないのかな?PCですかね?子育てぱぱ日記って書いている所をクリックしてトップページに移動してください!
99. Posted by ショコラ   2011年09月19日 12:17
このコメント欄、初めて上から読んできました。
面白い。

頑張って乗り切りましょうね。
100. Posted by ラララ   2011年09月20日 00:11
4 私の妹が木下さんのブログを見てから、少しおかしくなってしまいました。
心配になって、色々調べたところ、原発発生直後、いきなり関西に逃げた方とか。

そういう意味では、行動は一貫して、怖い、逃げよう、なのだと思いました。

ただ、あのブログのアジテーションぶりを見ていると、ジャーナリストとしての矜持というにはあまりに感情的で、自分のとった行動を正当化するためにも、危険だと言い続ける必要があってのことのようにも思えてきます。

ブログは何でも発進できます。
原発は怖いし、セシウムも怖いです。
しかし、彼のやり方は常軌を逸しています。
ジャーナリスト……とは到底思えない。
逃げてしまって引っ込みがつかなくなった臆病自称ジャーナリストが正しいような気がしています。

101. Posted by ココア   2011年09月20日 14:35

関西圏さん

最期って、意味わかってます?(笑)

わからないんだろうな〜。

エリートの男性の奥さんがこんなアホなわけ、絶対無い。

都合が悪くなると逃げるずるい人。

ま、関西にいても、どのみち病気になるから大丈夫ですよ。

海外に避難する財力・能力はないんでしょう?(笑)
102. Posted by あお   2011年09月20日 18:15
ぱぱさん、はじめまして。

記事もコメント欄も興味深く拝見しました。

木下さんが管理人をつとめるフェイスブックのコミュから立ちあがった例の土壌調査のことですが、コミュの会員が五千人近くいるのに、誰も気がつかなかったのだろうかと不思議に思うことがあるので書いておきます(コミュは公開されているので、誰でも閲覧が可能です)。

土壌調査を依頼した人の手元に調査結果が届いたとき、全員ではないですが、コメント欄に結果を書きこんでいる人がいました。その際に土壌の採取方法も書き添えている人が数人いたのですが、5センチ掘って送るという指定方法(これは推定。コミュ内でははっきりとは書かれていませんでした)とは違う方法を採られた方も数名いました。

つまり65という換算係数を掛けてはいけない人も混じっていたのですが、そして木下さんはコメント欄にも書きこんでおられたので当然そのコメントもご覧になっていたと思うのですが、そういうコメントを反映させず、調査結果全部に一律に65を掛けてしまっています(その結果、表層だけを集めて送った方の場所はホットスポットになっています)。

(文科省方式で計算するなら、1センチ掘った場合は13倍、5センチで65倍、10センチで130倍です。)

コミュ内のこの記事は土壌調査発表前に個人情報云々という理由で木下さんが削除してしまっているので、現在は見ることができませんが、上にも書いたように、コミュには五千人近くの会員がいるのに、そういう事実にみなさんが気付いていないように思われるのが不思議でした。

そういうわけで個人個人の採取方法にばらつきがあるということを念頭においてあの汚染地図を見た方が良いだろうと、私は思っています。ネット上でこのことを指摘している方がいないようなので、こちらをお借りしました。ご参考までに。
103. Posted by zom2   2011年09月21日 01:33
あおさん!あかちゅんさん!コメントありがとうございます!

> ぱぱさん、はじめまして。

はじめまして!

> 記事もコメント欄も興味深く拝見しました。

ありがとうございます!

(中略)
> つまり65という換算係数を掛けてはいけない人も混じっていたのですが、そして木下さんはコメント欄にも書きこんでおられたので当然そのコメントもご覧になっていたと思うのですが、そういうコメントを反映させず、調査結果全部に一律に65を掛けてしまっています(その結果、表層だけを集めて送った方の場所はホットスポットになっています)。
>
> (文科省方式で計算するなら、1センチ掘った場合は13倍、5センチで65倍、10センチで130倍です。)
>
> そういうわけで個人個人の採取方法にばらつきがあるということを念頭においてあの汚染地図を見た方が良いだろうと、私は思っています。ネット上でこのことを指摘している方がいないようなので、こちらをお借りしました。ご参考までに。

なるほど貴重な情報ありがとうございます!

因みに、赤ちゅんさんから、こんなコメントを頂いています。

>Bq/圓らBq/屬亡校擦垢觀舷瑤おかしい。
65という実測値とかけはなれた大きな数値を使っています。
私は20程度大きめにみても30までだと思います。
(ただし農水省のように15cmまで掘ってる場合は65でもよい)

・・・このBq/圓らBq/屬亡校擦垢觀舷瑤文科省方式と農水省方式で微妙に違うのでしょうか?

この変換係数が記載されているドキュメントかWEBサイトを教えていただけますでしょうか?
すみません。よろしくです!
104. Posted by zom2   2011年09月21日 01:33
あおさん!あかちゅんさん!コメントありがとうございます!

> ぱぱさん、はじめまして。

はじめまして!

> 記事もコメント欄も興味深く拝見しました。

ありがとうございます!

(中略)
> つまり65という換算係数を掛けてはいけない人も混じっていたのですが、そして木下さんはコメント欄にも書きこんでおられたので当然そのコメントもご覧になっていたと思うのですが、そういうコメントを反映させず、調査結果全部に一律に65を掛けてしまっています(その結果、表層だけを集めて送った方の場所はホットスポットになっています)。
>
> (文科省方式で計算するなら、1センチ掘った場合は13倍、5センチで65倍、10センチで130倍です。)
>
> そういうわけで個人個人の採取方法にばらつきがあるということを念頭においてあの汚染地図を見た方が良いだろうと、私は思っています。ネット上でこのことを指摘している方がいないようなので、こちらをお借りしました。ご参考までに。

なるほど貴重な情報ありがとうございます!

因みに、赤ちゅんさんから、こんなコメントを頂いています。

>Bq/圓らBq/屬亡校擦垢觀舷瑤おかしい。
65という実測値とかけはなれた大きな数値を使っています。
私は20程度大きめにみても30までだと思います。
(ただし農水省のように15cmまで掘ってる場合は65でもよい)

・・・このBq/圓らBq/屬亡校擦垢觀舷瑤文科省方式と農水省方式で微妙に違うのでしょうか?

この変換係数が記載されているドキュメントかWEBサイトを教えていただけますでしょうか?
すみません。よろしくです!
105. Posted by zom2   2011年09月21日 01:46
ココアさん、コメントありがとうございます!
-----

> 関西圏さん
>
> 最期って、意味わかってます?(笑)
>
> わからないんだろうな〜。

もしかしたら、関西圏さんの中にコメントさんという別人格がいて、その別人格が書いていたんんだけど、その別人格のコメントさんを殺すって事なんじゃないっすかね。。。。。。なわけねーって(笑)

> エリートの男性の奥さんがこんなアホなわけ、絶対無い。

あ、、あの、ココアさん、大企業だからといって、エリートとは限らないっす。

> 都合が悪くなると逃げるずるい人。

オレも逃げちゃおうかなー。

> ま、関西にいても、どのみち病気になるから大丈夫ですよ。

ええ、今日本に居る人は必ず死にます。いずれ必ず死にますから・・・。

> 海外に避難する財力・能力はないんでしょう?(笑)

あ!オレも無い!どしましょ(笑)
106. Posted by あお   2011年09月21日 04:15

こんばんは。お返事有難うございました。

Bq/kgからBq/屬悗隆校桟舷瑤里海箸任垢、文科省のサイトの4頁めの上の方にある「表面汚染密度」を参照しました。

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/12/1305995_0512_1.pdf

これによると

汚染密度(Bq/)=採取深さ(0.05m(今回5cm))×土壌密度(kg/㎥)×土壌の濃度(Bq/kg)

とあり、文科省は土壌の密度として1300kg/㎥ を用いているようです。ですから、

汚染密度=0,05 x 1300 x 測定した土壌汚染(Bq/kg)
=65 x 測定した土壌汚染(Bq/kg)

を計算すると、65という換算係数がでてきます。(だから1センチだと換算係数は13ですね。)

また、京大の今中さんは土壌の密度として1000kg/㎥ を用いているようで、表面から2センチ掘っていて、換算係数は20です。詳しくは下をご覧ください。

http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/iitate_imanaka_estimate20110325.htm

以上です。
107. Posted by 九州より   2011年09月21日 11:42
こんにちは。九州に住む者です。
おそらく、こちらが関東圏よりも深刻でないから客観的に見れて冷静になれるのだと思うのですが、ブログやコメントを拝見していて、関東の方々は一生懸命、逃げないですむ理由、安心できる理由を探しているようにしか思えないです。
木下さんへの批判も、情報を否定したい深層心理が見事に現れているように思います。

この温度差は、たぶん、もう関東を脱出したか、まだ住み続けているか、という基本的な部分にあると思います。
心理的に、正面から受け入れられる情報の範囲が違うのでしょう。
一般人だけでなく、マスコミの論調も、東西で結構違うみたいです。こちらの地方新聞では、木下さんの発信されているような情報が、毎日普通3面とか5面あたりに載っています。
現実を否定したい気持ちはわかるんですが、実際に危険圏の外にいる人間や危険圏から脱出を済ませた人間にしか見えないものはあると思いますので、危険圏内の人たちばかりで共感し、安心しあっていても仕方ないと思います。
厳しい意見でごめんなさい。
108. Posted by カニ   2011年09月21日 13:06
なんか。
ん〜。
もうこの件はどうでもよくないですか?
もともとは読み手の誤解から始まっただけで、その間違った受け取り方からしか読んでない人たちがあ〜だこ〜だって。
朝顔の種をまいて、朝顔が咲いたと思ったら、みんながこのひまわりは変な花だ!って批判が始まった感じ。
109. Posted by katsu   2011年09月21日 14:44
たしかにどうでもいいかもね。

元々どうしても判ってほしい訳ではないですし。。。自分達が危険と感じられる数値が出たら避難するという方も多いようですし。問題ないと思います。実際自分も線量計を持って毎日変動を見ていますが、0.06μSv/hといったところです。その数字をどう見るかは人それぞれなのでしょう。。。

>木下さんへの批判も、情報を否定したい深層心理が見事に現れているように思います

これは多少はあると思いますよ。でもそのような心理状況を自覚して自分は行動や発言をしているつもりです。

そして各自が自分で判断するというのがここのブログの主旨みたいなものなので、一生懸命説明しても聞く耳を持たない方には言い訳にしか聞こえないと思います。

自分は今回の木下氏のとてもジャーナリストとは思えないそうな、このブログの紹介の仕方について呆れてしまっただけなので。。。

ただ関西方面(福岡&神戸)に近い親戚がいるのですが、あまりヒステリックになって避難しなさいとは言ってきませんね。なんでだろ?
110. Posted by 武蔵小杉在住のパパ   2011年09月21日 22:59
九州よりさん

今晩は。

関東圏の新聞に載ってない情報って凄く気になります。
よかったら教えてもらえないでしょうか。

私は新聞を取っていませんが、原発事故関係はインターネット
で情報収集しているので、ヤバい情報の取り漏らしはそんなに
ないと思ってはいるんですが…

やはり関東の新聞は、報道しない自由というのを行使してる
んでしょうかねぇ。

木下氏のブログのような情報というと、やはり健康被害のこと
ですよね。氏のブログでは内容の確認まではできていないよう
なので「どうかな〜」って思うことも多いのですが、新聞が載
せた記事なら、しっかりと確認してるでしょうから相当に信用
できる。

でも、実は白血病が多発していたとかだったら嫌だなぁ。
111. Posted by グダグダ   2011年09月21日 23:26
楽しく読ませていただいてます。
しかし「うるせー!」ってくらいにお前ら危険て信じたくないんだろうみたいな方が多いですね。好い加減しつこいって感じる今日この頃です。
負けないで頑張ってください。
112. Posted by zom2   2011年09月22日 02:23
グダグダさん!コメントありがとうございます!
-----
> 楽しく読ませていただいてます。

ありがとうございます!

> しかし「うるせー!」ってくらいにお前ら危険て信じたくないんだろうみたいな方が多いですね。好い加減しつこいって感じる今日この頃です。
> 負けないで頑張ってください。

ありがとうございます!

怖い人は怖い、怖くない人は怖くない。
これは科学的な説明や、何かに書かれているからという事ではなくて、
そう思いたい人が思っているだけなんだなぁって気がします。

「お前本当は怖いんだろう」といわれたときに、どちらだとどうなの?と聞いてみたくなりますね。
結局その手の議論は感情の話だけになって不毛である事が多いのですが、
まぁ、不毛承知で聞いてみたいんでしょうかね?

まぁ、どうでもいいです(笑)
って思うだけですね。

応援ありがとうございまっす!これからもがんばります!
113. Posted by zom2   2011年09月22日 02:49
武蔵小杉在住のパパさん!九州よりさん!コメントありがとうございます!
-----
> 九州よりさん
>
> 今晩は。
>
> 関東圏の新聞に載ってない情報って凄く気になります。
> よかったら教えてもらえないでしょうか。
>
> 私は新聞を取っていませんが、原発事故関係はインターネット
> で情報収集しているので、ヤバい情報の取り漏らしはそんなに
> ないと思ってはいるんですが…
>
> やはり関東の新聞は、報道しない自由というのを行使してる
> んでしょうかねぇ。
>
> 木下氏のブログのような情報というと、やはり健康被害のこと
> ですよね。氏のブログでは内容の確認まではできていないよう
> なので「どうかな〜」って思うことも多いのですが、新聞が載
> せた記事なら、しっかりと確認してるでしょうから相当に信用
> できる。
>
> でも、実は白血病が多発していたとかだったら嫌だなぁ。

関東圏の新聞にのっていなくても、インターネットでそのダイジェスト記事とかないでしょうか?
もしあれば、リンクはって下さっても構いません。みてみましょう。

よろしくですー!
114. Posted by 九州より   2011年09月22日 20:50
前回にちらっと書いた新聞記事のことですが、健康被害を新聞が確認しているかのように誤解を招いてしまったので、補足に来ました。

そういうことではなくて、例えば木下さんのようなジャーナリストや、学者さんや、他にもいろんな民間団体の方などの意見記事のようなものが、インタビューであったりコラムであったり形式はいろいろですが、新聞に結構大きく載っているんです。
そういう記事には、木下さん並みに危険を知らせる内容であったり、将来を危惧して警鐘を鳴らすものも多数あるのですが、やはりこちらの読者の反応は「デマだ!」「危険を煽ってる!」とはならないで、「怖いねぇ」「どうして福島や関東の人は逃げないのかな・・・」となるわけです。
そんなわけで、木下さんのブログに書かれていることを見ても「十分ありえるなぁ」とすんなり入ってきて。皆さんが木下さんを批判する様子を見て、あぁ、危険圏内に留まっている人は根本的に捉え方が違うんだな、と感じた次第です。

そんなわけで、関東の新聞と毎日見比べているわけでもないのに、そちらには載っていないと断定した理由は「ニュース記事」ではないからです。
誤解を招くややこしい書き方をして申し訳ありませんでした。
115. Posted by ari   2011年09月22日 22:07
九州よりさん
私は木下さんの調査内容はとても意味のある値だと思います。
認識の仕方はそれぞれでいいとおもうのですが情報は共有されるべきと思って自分で日々定点計測をいまだに続けて公開しています。
調べながら昨年12月9日佐賀玄海原発放射能漏れ事故や比較的実際に近いと思われる1986年ドイツの汚染状況などを調べたりして今の状況を把握しようとしています。
どうして逃げないのかに関しては私の場合そういったものを調べ家族とも話し合った結果なので明確にお伝えするのは私には難しいです。
116. Posted by 武蔵小杉在住のパパ   2011年09月22日 23:06
九州よりさん

ご回答ありがとうございます。とりあえず健康被害情報の
隠蔽ということではないようで安心しました。


九州からさんに一つ申し上げたいのですが、関東にいる人
間が何もせずにただ「デマだ!」「危険を煽ってる!」と
言っているわけではないということです。

放射能汚染が否定できないにも関わらず、全く気にしてい
ない人が多数であるのも事実です。

ただ、危険を察知して情報を集めた上で、木下氏の論に疑
義を抱いている人もいます。インターネット上で木下氏に
異を唱えるブログなりホームページは何かしらの裏付けを
元に行われています。(無脳児に関しても早速出てますね)

九州からさんは、情報を否定したい深層心理が働いている
とおっしゃっておられますが、これは否定いたしません。
情報の取捨選択に、安全と思いたいというバイアスがかか
っているのは事実です。

しかし事が疎開・移住となりますと、失うものも大きく、
新天地での生活への心配も大きいです。

これはQuality Of Lifeというものと密接に関係する問題と
思いますが、私個人は、これまで恵まれた環境で40年近く
暮らしてきた人間が、「ただ健康でいられる」という理由
のみで、疎開・移住により受ける苦難を全て乗り切れると
は思っていません。

私には妻と幼い娘がおりますが、彼女らの生活を成立させ
ている働き人の責任において、被曝による健康被害のリス
クを我慢させています。これをエゴと言う人もいますが、
他人が私の家族の面倒を見てくれるわけではありませんの
で、仕方のないことと思っています。

長いので続きます。
117. Posted by 武蔵小杉在住のパパ   2011年09月22日 23:06
これは木下氏のブログ読者の方で木下氏を肯定する方の
傾向と思いますが、自分達が原発事故関係の情報強者で
あるという誤解からのアドバイスをされることがあります。

上にも書きましたが、木下氏のブログに異を唱える方は
データを出してきます。それに対して肯定される方は、
避難・疎開という結論ありきでの応答となっているようで、
論理的な展開を求める私のような人間には、木下氏肯定派
の方が実は情報弱者なのでないかと思えるくらいです。

九州からさんは木下氏のブログに上げられる危険情報を
疑ったことはおありでしょうか。新聞に掲載された記事を
否定する方の意見を探してみたことはないですか?

避難・疎開によるメリット・デメリットを天秤にかける
議論の余地を与えていないことが木下氏のブログの欠点と
思います。


木下氏のブログやこちらのブログを見ておられるので、
既に行われておられるとは思いますが、九州からさんには、
一度Googleあたりで「木下黄太」「デマ」で検索していた
だき、どんな情報が出てくるか見ていただけると良いかと
思います。その上で木下氏のブログや新聞記事を読んで頂
くと、また違った側面が見えてくるかと思います。
118. Posted by katsu   2011年09月23日 00:14
武蔵小杉在住のパパさん

ありがとうございます。自分が言いたかったことを上手にお話されていて、読みながら何度も頷いてしまいました。

特に

>健康被害のリスクを我慢させています。これをエゴと言う人もいますが。。。

の件では頷きまくってしまいました。無論リスクは無い方が良いに決まっているのですが、リスクをマネージメントする場合には、リスクの多角的な評価が大切になってきます。放射線による健康被害のリスクと共に、パパさんのご指摘どおり、避難による経済的、精神的リスクも鑑みないといけません。

例えば、現在の安定した収入を捨てて、生活保護などを当てにして関西に避難したとします。もし避難した後、福島の原発が最悪な事態に陥る、あるいは関西の原発で同様の事故が起きて日本全土が汚染されてしまった場合どうするのでしょうか?

つづきます
119. Posted by katsu   2011年09月23日 00:24
その時には、海外に避難する経済力もなければ、万が一我が子に健康被害が起きた場合、最善の医療を受けさせることもできないかもしれません。

逆に、生活基盤をしっかり持っておけば、木下氏の云う様な健康被害が出た場合、我が子に最善の医療を与えることが可能となります。

そのようなことまで考えて、現在の数値では食べ物、飲み物に気をつけてここで生活していくという覚悟を持っている次第です。無論木下氏が云われるほどの健康被害は起きないと思うにいたっての決断なのですが。。。

先のコメントでは言葉が乱暴になってしまいましたが、武蔵小杉のパパさんのコメントを読んで自分の立ち位置を再確認できました。
120. Posted by ショコラ   2011年09月23日 01:01
武蔵小杉のパパさん、katsuさん、ありがとうございます。私も何度も頷きました。
私が考えてた以上のコメントで胸がスッとしました。おやすみなさいzzz。
121. Posted by 九州より   2011年09月23日 02:51
木下さんのサイトや新聞の内容についても、当然真偽を疑ったことはありますし、関連情報は検索します。時々フェイスブックで木下さんに直接質問したりすることもあります。その上で、各論では時々納得いかないままの話もありますが、おおよそ信頼できると判断しています。

木下さんの情報を信用するか、しないかは、個人の価値観なので、私は別にどちらでもいいと思います。
ただ、皆さんのコメントを拝見していて、あまりにも「否定したい気持ち」に支配されている心理状態が顕著だったので、きっとこれでは誰がどんな情報を発信しようと、結局は避難を決意できないんだろうな、と心配に思えて、ついコメントしてしまった次第です。

正直、自分にとって全く特に利がない議論に足を突っ込んでしまったと思うので、今後は
もう控えます。失礼しました。
122. Posted by 九州より   2011年09月23日 03:19
差し控えますといいながら、一言だけ付け加えます。
我が家も小さい子供がおり、私は3月中旬から母子のみで、とりあえず沖縄に疎開しておりました。主人には残って働いてもらっていました。それなりに自宅に戻っても大丈夫そうだ、という見解を得るまで避難生活を続け、GW中に帰ってきました。もし自宅が関東だったら、まだ帰っていないと思います。
だから、関東住みではありませんが、実際に避難したことがある側です。
123. Posted by Javellin   2011年09月23日 04:24
ariさんへ

昨年12月9日佐賀玄海原発放射能漏れ事故などという事実はないのではないですか?
http://www.kyuden.co.jp/press_101210-1.html
によると1時冷却水にヨウ素が漏れたようですが
http://togetter.com/li/79273
にまとめられているように東海アマ氏のデマが実情でしょう。

124. Posted by Javellin   2011年09月23日 04:32
木下氏の情報に関しては、Googleで検索するのもよいですが、より良いのは

Togetter
http://togetter.com/

にいっていただいて、右上のGoogleカスタム検索のところで木下黄太と入力すると、togetterで過去木下氏が取り扱われた内容が出てきます。

興味深いですよ。

125. Posted by katsu   2011年09月23日 07:54
九州よりさん
返信ありがとうございます。

>我が家も小さい子供がおり、私は3月中旬から母子のみで、とりあえず沖縄に疎開しておりました。主人には残って働いてもらっていました。それなりに自宅に戻っても大丈夫そうだ、という見解を得るまで避難生活を続け、GW中に帰ってきました。

うちと一緒ですね!うちも沖縄の嫁姉の所に同じ期間行ってもらっていました!子育て頑張りましょうね!!
126. Posted by そのはら   2011年09月23日 13:46
九州よりさん

>ただ、皆さんのコメントを拝見していて、あまりにも「否定したい気持ち」に支配されている心理状態が顕著だった

九州よりさんのコメントからは、自分が避難した側として『自分の判断が正しかったと思いたい』という深層心理を感じます(その最たる人が木下さんです)。
それ故、木下さんに対して少しでも批判的な意見があると無意識に反発を覚えて批判者を『現実を否定したい人』『情報を否定したい深層心理が働いている』『「否定したい気持ち」に支配されている心理状態』だと感じてしまうのでしょう。

どっちもどっちなのです。
こちらのblogを読ませて頂いている限り、私を含めて関東が絶対安全と考えている人はいません。その中でそれぞれの情報を集め考え選択して生きています。
127. Posted by 九州より   2011年09月24日 18:41
個人の感覚について議論しても仕方なくお互い時間の無駄なので、今回は情報提供だけさせていただきます。

アルジャジーラで、日本の放射能の状況について放送されており、木下黄太さんが出演されています。
木下さんだけでなく、実際に健康被害が出ている東京の子供とそのお母さん、その他の原子力安全の専門家、チェルノブイリの支援関係者も出演されています。
健康被害が出ているという親子さんは、顔も名前も出して訴えておられますが、最後に経済的理由から避難できないから食事に注意してすごすほかない、という話をされます。

木下さんの顔や声をお聞きになったことがないなら、きっと参考になると思います。また海外でどう扱われているのかも併せて、是非みてみてください。

YoutubeにUPされています。3分程度なので、それほどご負担にならず見て頂けるはずです。
http://www.youtube.com/watch?v=C4VqpVIs49g

同じくアルジャジーラの別の放送では、船橋二和病院の柳沢裕子医師が、関東の子供たちの健康被害について証言しています。もしご存知なければ、こちらも検索してみてください。
128. Posted by みかりん   2011年09月24日 20:20
柳沢医師は内科医で小児科医ではないようなので直接子供を診察されてないのではないでしょうか。
http://www.futawa-hp.jp/info/naika/index.php

こちらのブログでは実際に柳沢医師の講演会に行かれた方がコメントされています。

「柳沢先生は福島に医療相談ボランティアに行って鼻血等の訴えの相談に乗っただけで、千葉で鼻血等の診察をしているわけじゃないそうです。アルジャジーラが、柳沢先生の日本語メールでの回答を適当に書きたてたようです」
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20110901/noro

個人的には最近はアルジャジーラもZDFみたいな感じかなと思ってます。
129. Posted by みかりん   2011年09月24日 20:33
あ、勢いでよそのブログ貼っちゃったけど不適切であればパパさん削除していただけますか?
お手数お掛けしてすみません…。
130. Posted by zom2   2011年09月24日 20:37
アルジャジーラならボクも取材を受け、出演してます。
(過去のブログ記事参照)

放射線は見えないし臭いもないので、影響の無いところで過敏になり、影響のあるところで鈍感になる。みんなが線量を測れる事が大切だ。

という所採用されました。
3時間近く取材をうけて使われたのはとっても短かったですねー。
アルジャジーラに採用されたから正しいわけではなく、アルジャジーラはいろんな意見を取材して放送していると思いますよ。
131. Posted by すいかおじさん   2011年09月25日 11:22
あなたの指摘は、論調もその指摘内容も、有益だと思いました。指摘されていることが正しいかというと、検証が必要で、私にはどうとは言えないのですが、冷静な批判だと思います。
 ただ、あなたの生き方や立場と、今回の批判が、どうリンクされているのか?福島近郊の被爆と原発についてどう判断されているのか?そこが決定的に抜けています。自分の主体をかけない発言は軽いのです。、被爆にさらされている当事者に語るように批判されるべきなのです。そうでなければ、危険情報をあえて伝えない政府やマスコミより被爆に荷担することになるかもしれないのです。誰に寄り添うのか?再考を!!
132. Posted by ショウ太郎   2011年09月25日 16:44
木下氏は、一生懸命活動されていて、
放射能の危険を訴えていて、行動力もある。 はじめは、好意的にブログを読んでいました。

しかし、時間が過ぎるにあたって
アンチ(違う意見の人)に激しく怒り散らすようになり、それを見て、信者の方も一緒に怒り散らす。という流れで、
変な方向に
ブログが行ってしまった気がします。

避難したくても避難できない方を、
全否定するような発言も、日に日に激しくなってきているように思います。

移住を実行した、木下氏支持の方は 
色々なものを捨ててきた自分の選択が
間違っていたとは思いたくないがゆえに、まるで、首都圏が
汚染されてくれれば良い。というような
感情になっているような気もします。

私は、放射能は正しく怖がるべきだと思います。個人的には、ホットスポットではない東京などの地域にお住まいの方が、
全てを捨てて移住までする
必要性は無いと思います。生活が困窮するリスク、家族がバラバラになるリスク、ストレス、色々あるので。
放射能だけが、病気の原因ではありません。あくまで、放射能は
リスクファクターのうちのひとつ。
東京の人も、食品などには気をつけなきゃいけないとは思います。


もちろんホットスポットに住んでいて
小さな子供がいる方など、汚染状況によっては、本当に避難が必要な方もいるとは思いますが・・


あと、首都圏ばかりを危険視するところが疑問です。 東北や北関東では
線量が非常に高い地域があるのに、ほぼ無視。
なぜ、一都三県の人ばかりに危険を
訴えるのか…。都会人に何か特別な感情があるのだろうか…
とすら思ってしまいます。





133. Posted by keik0   2011年09月25日 20:48
はじめてまして。
いつもぱぱさんのブログにはお世話になっております。
実家が関西ということもあり、親、友達からの帰って来い、危険だという声に戸惑い、苦しんでおります。東西ではテレビ番組も異なり、ローカル番組では不安をあおるものばかりです。それらを見ている親からの発言は理解もできるのですが。。。。

そんな時はぱぱさんのブログを見て、
冷静さを取り戻しております。

いろんな情報が飛び交っており、私のような無知な人間は強烈な情報に偏る傾向があるとおもいます。

こんな時だからこそ、冷静に考え行動したいなと思います。

ぱぱさん、これからもよろしくお願いいたします。
134. Posted by 武蔵小杉在住のパパ   2011年09月25日 21:01
すいかおじさん様

あなたのおっしゃる「あなた」はこちらのブログ主である子育てぱぱさんのことですよね。

それは置いておいて、「被爆にさらされている当事者に語るように」というのは、「同じことを面と向かって福島の被災者に言えるか?」という事と思います。

心情的には理解できますが、科学的な検証をするに、そういった感情論は却って事実を曲げてしまうことになりはしないでしょうか。

まずは事実は何か、それが大事なのだと思います。事実に軽重はありませんから。それを元にして、被災者が次にどう行動するかを決められるのだと思います。
135. Posted by zom2   2011年09月26日 03:11
武蔵小杉在住のパパさん、コメントありがとうございます!
-----
> すいかおじさん様
>
> あなたのおっしゃる「あなた」はこちらのブログ主である子育てぱぱさんのことですよね。
>
> それは置いておいて、「被爆にさらされている当事者に語るように」というのは、「同じことを面と向かって福島の被災者に言えるか?」という事と思います。
>
> 心情的には理解できますが、科学的な検証をするに、そういった感情論は却って事実を曲げてしまうことになりはしないでしょうか。
>
> まずは事実は何か、それが大事なのだと思います。事実に軽重はありませんから。それを元にして、被災者が次にどう行動するかを決められるのだと思います。

すいかおじさんが言いたいのってそこなのかな。。。
武蔵小杉在住のパパさんが言っている事は妥当だと思いますが・・・・

すいかおじさんのコメントにも後で返信します。
・・・・まだ眠くなければ。。。。もう眠いけど。
136. Posted by zom2   2011年09月26日 03:14
keik0さん!コメントありがとうございます!
-----
> はじめてまして。

はじめまして!

> いつもぱぱさんのブログにはお世話になっております。

ご愛読ありがとうございます!

> 実家が関西ということもあり、親、友達からの帰って来い、危険だという声に戸惑い、苦しんでおります。東西ではテレビ番組も異なり、ローカル番組では不安をあおるものばかりです。それらを見ている親からの発言は理解もできるのですが。。。。

なるほど。

> そんな時はぱぱさんのブログを見て、
> 冷静さを取り戻しております。

よかったです。まずは冷静になる事大切だと思います。
冷静に考えたら、実は関西の暮らしの方が楽しいということに気づいてしまえるかも知れませんし。

> いろんな情報が飛び交っており、私のような無知な人間は強烈な情報に偏る傾向があるとおもいます。

自分も無知ですよ。周りのかたが助けてくれています。

> こんな時だからこそ、冷静に考え行動したいなと思います。
>
> ぱぱさん、これからもよろしくお願いいたします。

今後ともよろしくです!
137. Posted by zom2   2011年09月26日 03:20
ショウ太郎さん!コメントありがとうございます!
-----
> 木下氏は、一生懸命活動されていて、
> 放射能の危険を訴えていて、行動力もある。 はじめは、好意的にブログを読んでいました。
>
> しかし、時間が過ぎるにあたって
> アンチ(違う意見の人)に激しく怒り散らすようになり、それを見て、信者の方も一緒に怒り散らす。という流れで、
> 変な方向に
> ブログが行ってしまった気がします。

概ね、同意です!
今後ともよろしくです!
138. Posted by zom2   2011年09月26日 03:34
すいかおじさんさん!コメントありがとうございます!
-----
> あなたの指摘は、論調もその指摘内容も、有益だと思いました。指摘されていることが正しいかというと、検証が必要で、私にはどうとは言えないのですが、冷静な批判だと思います。

ちょっとわからないのですが、こちらが指摘している意見の内容の検証が必要であって、土壌検査の再検証は必要ないのではないかというご意見でしょうか?それとも土壌調査の検証が必要という事でしょうか?

>  ただ、あなたの生き方や立場と、今回の批判が、どうリンクされているのか?福島近郊の被爆と原発についてどう判断されているのか?そこが決定的に抜けています。

ある人に何か意見を言う際に、自分の生き方や立場とのなんらかのリンクが必要でしょうか?
今回の記事のテーマでは「福島近郊の被曝と原発について」は記述していません。今回の記事にその記述は必要ないと思っています。

> 自分の主体をかけない発言は軽いのです。、被爆にさらされている当事者に語るように批判されるべきなのです。そうでなければ、危険情報をあえて伝えない政府やマスコミより被爆に荷担することになるかもしれないのです。誰に寄り添うのか?再考を!!

おっしゃっている意味がわかりません。
政府やマスコミもいい仕事をする事もありますし、そうでない時もあります。
誰しも必ずしも正しい事をいうとは限りません。どっちに乗るか、どっちに反るかなんていう事には興味がありません。

・・・自分の日本語の読解能力の問題でしょうか。全般的に何をコメントされたいのか、よくわかりません。
私め、あまり頭がよくないものなので、子供に話すように話していただけるとありがたいです。
139. Posted by ari   2011年09月26日 09:23
Javellinさん
遅くなってすみません。
ご指摘、有難うございます。
私もレベル6の事故があったとは思っていません。
関連した一連の騒ぎで認識が改まったという感じで個人的に大きかったので出しました。
説明補足でドイツの状況は値として参考にさせてもらってます。
140. Posted by 新米主婦   2011年10月12日 06:25
5 木下さんの極論すぎるブログを読んで疲弊してしまい、精神的な救いを求めていたところ、この日記にたどり着きました。

子育てパパさんの意見、非常に共感いたしました。
同じ思いを持つ方がいると分かり、安心しました。

私は福島県在住の主婦です。
専門家では無いので『安全』『安全じゃない』などと語るつもりは毛頭無いのですが、
『危険だ!』『国や東電は嘘をついてる!』なんて決めつけて不安を煽る行為には疑問を覚えるんです。

私は国や東電の話を鵜呑みにすることもありませんが、逆説的な意見を鵜呑みにするつもりもありません。

『安全性』が不確かであるように、『危険性』だって不確かと考えるべきなのになぁと。

そして残念なことに、世の中にはポジティブな情報よりもネガティブな情報の方が伝播しやすい。
情報は精査されず、不確かな情報がまた拡散されてしまう。

私は放射線よりも、誤解や偏見による被害の方が恐怖に感じるのです。

みんなが不安に思う気持ちは理解できるのですが、
もう少し、慎重に行動してもらえたらと感じます。

木下さんのブログでも意見をしてまいりました。ただ、気持ちが伝わるかどうか…
141. Posted by maru   2011年10月12日 12:38
濃い、薄いの問題ではなく、今までなかった放射性物質がいたるところにあって、それがこどもの体に入るというのが一番心配なんです。
わからないから心配なんです。
こどもって植え込みの下に入るのとか好きですよ。
そしてその植木触った手を洗わず、口に入れたりするんです。
心配なんです。
わからないものは防御する。
ただそれだけです。
情報集めて判断するのは個人なんですから、批判しなくていいんじゃないですか。
142. Posted by 新米主婦   2011年10月12日 14:44
maruさん

子育てパパさんは批判されてるのでは無いと思いますよ。

情報集めて判断するのは個人だというmaruさんのお考えはもっともだと思います。
ただ、不確かな情報や見解で断言されるのは危ういことだと思いませんか?

不確かな情報が真実のように世間に広まっていくのは危険だと思うのです。

みんながみんな、情報を的確に精査できるわけでは無いですから。
可能性の提示にとどまれば良いのですが…
143. Posted by 雲雀   2011年10月13日 19:00
「弦巻でホットスポットが」実家が経堂なので気になり調べたところ木下さんのブログがHITし、そしてあまりの煽り+コメント欄の怖さにここにすぐ辿り着きました。
いやー…、病は気からがあのコメント欄を見ると良く分かりますね。自己破産をも薦める人がいたり…。怖いですねー
そしてここでも木下信者のコメントの狂乱振り。「ミスト」て映画を思い出しました。
歴史的に見ても正義を糧にした過ち程悲惨ですからね。
皆口に出さないけれどそれぞれの家庭で気を付けてるんです、カウンターも買いました。それを鈍感だ無知だ…ほんとね、アホかと。
どーぞさっさと非難でも海外脱出でもして下さいな、そしてもう戻ってこなくていいですから。

駄文失礼しました。
144. Posted by ショコラ   2011年10月13日 22:04
弦巻の数値はあまりにも異常なので別の理由じゃないかなーと今朝主人と話していました。
やっぱりビンが原因だったそうです。
冷静に考えれば、あの数値は福一じゃないと考えられるのですが。
弦巻のホットスポットで騒ぎ立てると言うのはやっぱり冷静さを欠いてます。
そう言うブログは見ない方がいい。
ビンの中身は何だったのでしょう。
ご近所の方、心配ですよね。
145. Posted by nanako   2011年10月14日 10:37
初めてお便りさせていただきます。
東京西部に住む主婦です。
こちらのブログ、いつも参考にさせていただいています。

今回の世田谷の件は原発由来ではないと分かって少しほっとしました。
逆に身近にそんな高線量を放つものが放置されていたことが怖いですけど・・・。


それにしても木下氏はこの世田谷の汚染に関しても嬉々として(と私には感じました)ブログを更新していましたね。
世田谷(高級住宅街の代名詞)という場所もポイントだったのでしょう。
よほど東京を汚染地帯にしたいみたいですし。

それに比べて、群馬大学の早川由紀夫教授は早くから、世田谷の高線量は原発由来でない可能性が高いことを示唆していましたね。冷静な目を持ちさすがだと思いました。今回のことより世田谷の子どもたちが群馬の川場村に宿泊しにいく危険性をずっと訴えています。

木下氏の、都内よりずっとずっと高線量の場所がいくつもあるのにそれにはほとんど触れず、都内の汚染ばかりをセンセーショナルに煽るやり方には本当にあきれますね。




146. Posted by ゆうゆ   2011年10月14日 15:37
うちの市はねぇ。。
中学生の子供、5月の頭に 宿泊研修で 川場村の真隣のみなかみ市大穴に3泊4日で行っちゃってるんです。。
あの頃は、なぁんも知らなかったです(泣)
学校も「全く問題ありません♪」って言ってたし。
でも、今になって、早川先生の汚染地図を見ると、大穴も川場村と同じ色の、思いっきり高線量地区。

どんなに目を見開いて一生懸命何度見返しても、丸い形のホットスポットに入ってて。研修中、雨の中、自然の中を楽しく子供たちは散策してきました。
泣きたいです。

世田谷の子供たちが川場村に行くことを聞いて、そして早川先生が止めている事を聞いて、教えてくれる有り難さを感じてます。
147. Posted by 主婦@富山   2011年10月15日 18:57
木下さんや野呂さんのブログを読んで暗澹たる気持ちになりここにたどり着きました。3人の子持ちで、子供たちの将来、日本の行く末を思うと目の前が真っ暗で胸が苦しくなります。一人で子育てと家事をしており(旦那は帰りが遅く、両親も遠い)、日々の生活に追われてあまりじっくりネットを見る時間もありません。海外に逃げる準備をしなくてはいけないのかなという気持ちになります。
3人いると数分おきに呼ばれるので集中して情報を集めるのも難しく、子供たちに怒鳴ったり、精神的に参って家事がおろそかになったり、笑顔でいられなくなって、なんだか自分が間違ってる気がしていたところに、パパさんのブログを読んでニュートラルに戻れた気がします。

まずは今の生活を第一に、子供たちには笑顔で!ネットにのめりこんで情報に振り回されない!この世の終わりのような顔で、イライラしたノイローゼ気味の母と一緒にいる方がよっぽど悪影響かもしれませんし。

できることから始めようと思い、知り合いのお母さん方と給食の放射能検査と産地公開、幼稚園及び小中学校の放射能検査などを市に求めていくつもりでいます。富山はあまり危機感がないように感じられ、声をあげて行くのは勇気がいりますががんばります。

勝手な決意表明失礼しました。
これからも一意見として参考にさせていただきますね。
148. Posted by 武蔵小杉在住のパパ   2011年10月15日 21:59
主婦@富山さん こんばんは

本日はヒマなのでインターネットばかりしている神奈川県川崎市在住のおじさんです。

お子様が3人いらっしゃるということで子育てお疲れ様です。育児って疲れますよね、自分の時間は間違いなく減るし。
でもそれでも投げないでやれるのは、やはりそれ自体が「喜び」だからではないですかね。うちは娘が1人だけですけど、生まれる前はここまで子供のために行動できるとは思ってなかったです。やはり子供を持つ喜びがあったればこそなんだと日々思います。

やっぱり3人いたら喜びは3倍以上だよなぁ…いいですなぁ。

ポエムはここまでにしておきまして、

もし私が富山の人だったら、放射能汚染に関してはもっとヌルく生活していると思います。理由はただ福島原発の被害が川崎より低そうだからってだけですが、少なくとも文科省が出している汚染マップ(富山県はまだ先になりそうですが)から予想するに殆ど影響ないと思うからです。

懸念は外部から持ち込まれる放射性物質つきのブツですね。流通に乗ってくる食品と瓦礫処理の件です。逆に言うとそこだけ調べておけば十分な気もします。

私も3・4月はそりゃもうネットにへばりついて情報収集にやっきになっていました。睡眠時間が短いので仕事も随分手を抜いた…(遠い目)。でも良くなかったですね、そのせいで健康を害してしまっては本末転倒です。
まぁ長い戦いになりますんで、過度に傾倒しないようにしています。でも線量計を買ったら何だか趣味のようになってしまいした。
149. Posted by さやかママ   2011年12月05日 13:47
こんにちは。
妊婦で3歳の娘がおり、疎開を予定しているものです。

結論から言うと、パパさんの意見も、とても大切だと思いました。
(木下ブログは、あまり読んでいません)

普通に脱原発、放射能から子供を守って欲しい。
そういう活動をしたいのですが、共産主義(?)の活動には関わりたくありません。
私は無知なので、一から勉強が必要みたいです。

パパさんのような、事実に基づく一意見が大切で、
クールに議論が必要だと思いました。

まあ、やっぱり怖いので、疎開の意思は変わりませんが。。笑
これからも、ちょくちょく勉強させてください♪
150. Posted by zom2   2011年12月06日 02:41
さやかママさん!コメントありがとうございます!
----
> こんにちは。
> 妊婦で3歳の娘がおり、疎開を予定しているものです。

おおお!

> 結論から言うと、パパさんの意見も、とても大切だと思いました。
> (木下ブログは、あまり読んでいません)

ありがとうございます!
木下さんのブログも読んでみてくださいと言いたいところですがおすすめできませんw

> 普通に脱原発、放射能から子供を守って欲しい。
> そういう活動をしたいのですが、共産主義(?)の活動には関わりたくありません。

あっはっは。

> 私は無知なので、一から勉強が必要みたいです。

私も無知でございますw

> パパさんのような、事実に基づく一意見が大切で、
> クールに議論が必要だと思いました。

たまにちょっとクール過ぎたり、熱すぎたりしますがw

> まあ、やっぱり怖いので、疎開の意思は変わりませんが。。笑
> これからも、ちょくちょく勉強させてください♪

どうぞどうぞ!よろしくです!
151. Posted by 共産圏?   2012年02月19日 13:33
共産圏だから?
と思いました。
日本人のブログしか読んでいないので
そういう事思うんでしょうね。

けれど被曝し続けていますよ。
汚染水流しているのに、被曝しないはずがないでしょう。

あなたは、気の毒な人だと思います。

そうやって8月から今までの間に死んで行った人も
居る事でしょう。

あなたのほうが、それは偶然だとこじつけるんじゃないですか?

あなたのブログは検索トップに来ていますが、
無責任さへの情けなさ、ありませんか?

読んでいて、なんて無知な人なんだろうと
思いました。

 
152. Posted by 反原発   2012年02月22日 22:29
1 あなたの無知、そして無責任さにはとても残念です。大事なのは数値ですか?それとも人命ですか?

人命に関して言えば、リスクマネージメントを徹底しなければいけないんです。これだけ「周辺地域は危険だ」と色々な方が煙を立てている事の意味は、少なくとも「危険な"可能性"はある」という事です。放射能による人体への被害は5〜10年後に出始めます。その将来の事を考えれば、木下さんをはじめ多くの方々が訴えているように、周辺地域の方々を避難させるべきなんです。避難後にその地域が安全であるという確実な結論が出れば住めばいいだけの話です。これをするだけで単純に、死ぬ人間の数を減らせるんです。

海外メディアの原発問題の報道の仕方を御存じですか?日本のメディアが東電と癒着していることは周知の事実です。となれば日本のメディアの情報を頼るより、海外メディアの情報をチェックするべきですよね?私の論理は間違っていますか?それらをチェックしていたら、まずこんな馬鹿みたいな記事は書けない。チェルノブイリとの比較は、あの事故から学べという事ですよ。どうしてあのような文が書けるのかが理解できない。

こんな無責任な記事を書いているあなたは殺人に加担しているようなものですよ。不幸なことにあなたのブログを多くの方が見ているようです。責任を持ちましょう。

そして読者の方。こういったブログに目を通す場合は、必ず反対意見もチェックしましょう。それから判断するべきです。
私のこの書き込みも例外ではありません。まずは疑う事から入りましょう。そうこうしていくうちに分かってくる事は、「判断を下すには多くの知識が必要となる」という事実です。他人の意見を丸呑みしているようじゃただの情報奴隷です。答えはシンプルです。「しっかり考えましょう。」
153. Posted by katsu   2012年02月23日 09:20
反原発さま

ぱぱさんの肩を全面的に持つ気はありませんが、ここのブログを見てコメントしていらっしゃる方々は、おおむね心配いりませんよ。様々な方面からしっかりと情報を集めているようですし。。

また個人的な意見ですが、自分は人のことを全面的に無知と断定されるかたの意見は信用しません。なぜならその方は自分が全てを知っていると勘違いされているからです。

さらに他人に殺人に加担しているなんてしらっと言える人間は単純に軽蔑します。

反原発さんの論法でゆくと木下さんのブログを読んで、着の身着のまま疎開して生活に苦しんでいる方々、ストレスで体調が悪くなっても、放射能のせいだと信じて自分を責めている方に対しては木下さんは責任をとらないといけないということになりますね。。。

いずれにしても反原発さんの方が、情報の多様性を認めていないようで残念です。

最後に自分はリスクマネージメントの資格を持っている者ですが、リスクマネージメントとはリスクの評価に一番の重点を置きます。そしてそのリスクに対してどのような対処をするのかを決めるのがリスクマネージメントであって、全てのリスクに完璧に対策しなくてはならないという論法はリスクマネージメント(マネージメントしていない)とは言えないということを付け加えておきます。
154. Posted by zom2   2012年02月24日 02:49
katsuさん!コメントありがとうございます!
-----
> 反原発さま
>
> ぱぱさんの肩を全面的に持つ気はありませんが、ここのブログを見てコメントしていらっしゃる方々は、おおむね心配いりませんよ。様々な方面からしっかりと情報を集めているようですし。。

自分もぱぱさんの肩を持つ気はありません。が、はい。情報の一部として活用していただければと思っています。

> また個人的な意見ですが、自分は人のことを全面的に無知と断定されるかたの意見は信用しません。なぜならその方は自分が全てを知っていると勘違いされているからです。
>
> さらに他人に殺人に加担しているなんてしらっと言える人間は単純に軽蔑します。
>
> 反原発さんの論法でゆくと木下さんのブログを読んで、着の身着のまま疎開して生活に苦しんでいる方々、ストレスで体調が悪くなっても、放射能のせいだと信じて自分を責めている方に対しては木下さんは責任をとらないといけないということになりますね。。。
>
> いずれにしても反原発さんの方が、情報の多様性を認めていないようで残念です。
>
> 最後に自分はリスクマネージメントの資格を持っている者ですが、リスクマネージメントとはリスクの評価に一番の重点を置きます。そしてそのリスクに対してどのような対処をするのかを決めるのがリスクマネージメントであって、全てのリスクに完璧に対策しなくてはならないという論法はリスクマネージメント(マネージメントしていない)とは言えないということを付け加えておきます。


ありがとうございます。
・・・・えーっと・・・ありがとうございます。

・・・うーん、もう何も言うことありません。
155. Posted by zom2   2012年02月24日 02:59
反原発さん!コメントありがとうございます!
-----
> あなたの無知、そして無責任さにはとても残念です。大事なのは数値ですか?それとも人命ですか?

・・・?第一声がそれですか・・・。お話になりませんね。残念です。
もう少し、コミュニケーションをできる様になったらご訪問ください。

お待ちしておりますよ!

では!



> 人命に関して言えば、リスクマネージメントを徹底しなければいけないんです。これだけ「周辺地域は危険だ」と色々な方が煙を立てている事の意味は、少なくとも「危険な"可能性"はある」という事です。放射能による人体への被害は5〜10年後に出始めます。その将来の事を考えれば、木下さんをはじめ多くの方々が訴えているように、周辺地域の方々を避難させるべきなんです。避難後にその地域が安全であるという確実な結論が出れば住めばいいだけの話です。これをするだけで単純に、死ぬ人間の数を減らせるんです。
>
> 海外メディアの原発問題の報道の仕方を御存じですか?日本のメディアが東電と癒着していることは周知の事実です。となれば日本のメディアの情報を頼るより、海外メディアの情報をチェックするべきですよね?私の論理は間違っていますか?それらをチェックしていたら、まずこんな馬鹿みたいな記事は書けない。チェルノブイリとの比較は、あの事故から学べという事ですよ。どうしてあのような文が書けるのかが理解できない。
>
> こんな無責任な記事を書いているあなたは殺人に加担しているようなものですよ。不幸なことにあなたのブログを多くの方が見ているようです。責任を持ちましょう。
>
> そして読者の方。こういったブログに目を通す場合は、必ず反対意見もチェックしましょう。それから判断するべきです。
156. Posted by maa   2012年02月29日 01:02
パパさんこんにちは、katsuさんのおっしゃることはごもっともで、私ーーー読んでいて思わずうなずいちゃいました。

海外メディアが正しいと?
米国で14000人の乳幼児が福島第一由来の放射性物質で死亡しているという記事もありますよ。

福島は被災地です、たくさんの方が亡くなっています。皆さん家族の絆がどれほど大事か痛いほど分かってらっしゃるはずです。
新しい土地で一から生活していかれなかったら本末転倒です。子供の事を考えればこそ、自分なりに悩み総合的に判断して、避難されない方だって沢山いらっしゃるはずです。線量の高い場所からは避難した方がいいに越した事はないですが、それが全てではないと思っています。反原発さんのおっしゃる事も分かりますが、机上の空論ですよ。

木下さんは土壌調査などされていて、立派だとはおもいます。でも、避難しない方を罵倒するのはどうでしょうか。生き方は人それぞれです。
157. Posted by イスカンダル   2012年03月03日 19:33
原子力推進派の国、企業を
黙らせる、ある言葉を知っている
それは、原子力賛成である
国民は原子力はいい、賛成です
と言うだけで

原子力利権は崩壊する。

反対するから、値段は釣り上がって
いたのである

反対者を黙らすコストが消えたからである
158. Posted by zom2   2012年03月04日 03:46
イスカンダルさん!コメントありがとうございます!
-----
> 原子力推進派の国、企業を
> 黙らせる、ある言葉を知っている
> それは、原子力賛成である
> 国民は原子力はいい、賛成です
> と言うだけで
>
> 原子力利権は崩壊する。
>
> 反対するから、値段は釣り上がって
> いたのである
>
> 反対者を黙らすコストが消えたからである

面白い観点ですね。
でも黙らせたいんではなくて無くしたいんですいよね。

誰がどんな事うるさく言っても構わないので。。。。原発を無くしたいですw
159. Posted by yumiko   2012年03月09日 03:08
結局、人はできる事をするのみ、

そして、自分を肯定したくて・・

それを応援してくれるブログを読んだりする。

だって、自分の選択が正しいと信じたいから・・・

東京にいて、避難できない人って沢山いると思う。

そんな人は、東京は放射能大丈夫って信じたい!!

東京の資産をすべて捨てて、避難した人がいる。

そんな人は自分のさまざまな犠牲を信じたくて、木下さんのブログを読むのだと思う。

今回の件、放射能について、の考え方で
住む、働く場所がかわってきてします。

すべては東電のせい・・・
東電の責任をみなさん忘れてます!!
160. Posted by イスカンダル   2012年03月09日 18:40
失礼ですが、自分は原発が破壊されたら
近くに居る人間は即死か、近間の町の人は
一週間で死ぬだろうと、考えてました。

実際には4基もの原発が壊れても え?
なんで近くに居る人間がピンピンしている?
作業員は普通どおり作業をし
原発近くの町のペットや家畜は元気だった、放射能はどうしたんだ?
チエルノブイリの映像はなんだったんだ!?

燃料保存プールが爆発噴出したのなら
原発作業員は即死したはず。
核燃料の破片だけで物凄い放射線のはず。

自衛隊の戦車でないとガレキをどけれない
のはこの。強い放射線対策だが
なぜか戦車は使われなかった、つまり
作業員は仕事は出来ない、はずである

使用済み核燃料の発熱が少ないように感じる
もっと凄いはずである、 それがあたかも
コントロールされているように沸騰することは初期段階の状態で、なぜか無かった

本当にメルトダウンしたら、水蒸気が
火山のように噴出するはずである
それが、なぜか無い
いいですか、2000度の高熱に水が
暖められているはずなんだか!?

161. Posted by たいぱぱ   2012年03月11日 02:07
3 yumikoさん、同感です。

人の本性というか、本能というか、yumikoさんの言うとおりだと思います。人は自分の立場を肯定して欲しいと、本能的に感じているのだと思います。本能であれば、人の行動に強く反映されます。
ただ、本能に逆らおうとする人もたくさんいますし、本能に逆らうことにある程度成功する強い人もいます。

また、福島第一の事故が東電のせいであることは明確です。
ただ、zom2さんの言うように東電は非常に特殊な企業です。私にはスケープゴートにも見えますが、いかがですか?
162. Posted by ishibatake1   2012年04月26日 04:33
原発事故の後、放射能の情報が欲しくて、ネットデビューしましたが、いろいろ見ていくとなんだか違和感がありました。このブログにヒットして、こういうこと感じてた、と思い当たりました。
163. Posted by zom2   2012年04月27日 03:01
ishibatake1さん!コメントありがとうございます!
-----
> 原発事故の後、放射能の情報が欲しくて、ネットデビューしましたが、いろいろ見ていくとなんだか違和感がありました。このブログにヒットして、こういうこと感じてた、と思い当たりました。

それはよかったです!
今後ともよろしくです!
164. Posted by 尾崎悦子   2012年05月04日 18:16
4 やっと、ぱぱさんのブログにたどり着きました。早川教授のブログもありがたいですが、ぱぱさんのブログを読むとほっとします。きっと、暖かい方なんでしょうね。ありがとうございます。
165. Posted by zom2   2012年05月05日 01:48
尾崎悦子さん!コメントありがとうございます!
-----
> やっと、ぱぱさんのブログにたどり着きました。早川教授のブログもありがたいですが、ぱぱさんのブログを読むとほっとします。きっと、暖かい方なんでしょうね。ありがとうございます。

初めまして、ようこそおいで下さいました。
ゆっくりしてってくださいね。
最近はめっきり、原発関連の記事すくなくなってきていますけどw
166. Posted by HH   2012年11月18日 22:25
リンクをさせていただきました。
http://kinoshitacult.wordpress.com/
167. Posted by zom2   2012年11月20日 01:59
HHさん!コメントありがとうございます!
-----
> リンクをさせていただきました。
> http://kinoshitacult.wordpress.com/

興味深く読みました。きっとみんな気づくと思うんですけどね。。。。
168. Posted by 盛夏   2013年08月07日 14:02
パパさん、はじめまして。
木下氏の件ですが、お金の問題に関して質問されて矛盾だらけの回答をした挙句ブチ切れて信者を煽っているようです。
彼を信じ込んでいる人たちには彼のやっている非常識なことは目に入らないようです。
詳しくはこちら↓をお読みください。

http://onigumo.sapolog.com/
169. Posted by zom2   2013年08月11日 17:19
盛夏さん!コメントありがとうございます!
-----
> パパさん、はじめまして。

はじめまして!

> 木下氏の件ですが、お金の問題に関して質問されて矛盾だらけの回答をした挙句ブチ切れて信者を煽っているようです。
> 彼を信じ込んでいる人たちには彼のやっている非常識なことは目に入らないようです。
> 詳しくはこちら↓をお読みください。
>
> http://onigumo.sapolog.com/

なるほど。

私自身は木下さんからまともな回答は得られないので、特に現在は何か問い合わせさせていただこうとも思っていません。(結局、罵倒や中傷されて終わりますから。)

不思議な事ですが、木下さんやそのほか、デマを言い放つ方々は、科学的に、道義的に理にかなっていない事を良く言いますが、それでも信者がいるという現象が見受けられます。

おそらく信者さん側にもある一定の「放射能の被害がないと困る」理由があるのではないか?
と思うようにすらなりました。

いずれにしても、今木下さんと関わる事で何か得るものはないと思っています。
170. Posted by 盛夏   2013年08月12日 11:48
パパさん、お忙しい中お返事ありがとうございます。

私自身は被曝による健康被害は東北はもちろん関東でもある程度出てくる(出ている)と考えています。
しかしそのことと、自分とは意見の異なる相手を罵倒し支持者を煽ることは全く別です。
そういった彼の言動を「おかしい」と感じない人たちが「信者」なのでしょうね。
171. Posted by zom2   2013年08月18日 03:27
盛夏さん!コメントありがとうございます!
-----
> パパさん、お忙しい中お返事ありがとうございます。

大丈夫です!一時期に比較したら、コメントも、読者の方の数も相当限定的ですからw

> 私自身は被曝による健康被害は東北はもちろん関東でもある程度出てくる(出ている)と考えています。

なるほど。
でも多分大丈夫。

関東で異常な値になったのは数日ですし、飛行機に乗ったときの線量すら超えないです。食料もさほど影響を受けなかった、もしくは受けても農家の方の努力で相当食い止められています。

そんな中、私はチェルノブイリの原発にも行っていますし、イラクの劣化ウラン弾の爆発した辺もねりあるいてましたし、イラクで水道の水も飲んでいますw

多分、影響がでるとしたら自分からっすw

> しかしそのことと、自分とは意見の異なる相手を罵倒し支持者を煽ることは全く別です。
> そういった彼の言動を「おかしい」と感じない人たちが「信者」なのでしょうね。

確かにそうですね。
信者の方には色々いらっしゃるとは思いますけどね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
おれです!おれおれ!
「子育てぱぱ日記」の中をくまなく検索
つかっている道具たち。

このブログで使用しているガイガー君です。


こだわりの写真の時につかってます。


このブログを更新しているMAC君です。。。相当型遅れ。


このブログを更新しているWIN君です。


このブログを更新している携帯君です。

近所の 天気
福島の天気
書籍!面白いです!



変なデマに惑わされないように!あと、職場などの人間関係にも参考になる興味深い内容です。





うちの子供たちが大好きな「バムとケロ」シリーズ!大人も楽しめます!


良い音楽!

これが本当にインディーズか??の完成度。元気がでる1枚ですねー。
↓ニコニコ動画のクロスフェードです。




zom2的感動モノ。最初の1曲目、radio(is)activeからしてやばい。
↓この曲も入っています。




Voの表現力+ryoさんの曲。やばい。
↓この曲も入っています。




ゆうきまさみさんと、KZ livetuneさんのコラボ。レーベル崩壊で、廃盤。入手困難な状況に。良い曲ばかりなのに、本当にもったいない。
↓これPVです。

ユニークユーザ数カウント(寒い)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ユニークユーザ数ぐらふ

    ちなみにPVです。
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    PVのグラフです。

      面白くなかったらおさなくてもいいです。
      blogramです。面白くなかったら押さなくていんだから!
      blogram投票ボタン
      MicroAdの広告