1300x-UltimateAsh1-

     NECAがリリースした『死霊のはらわた2』アルティメット・アッシュ・7インチ・アクション・フィギュアの画像がこちら。北米ではすでに発売済みで、日本では10月25日に出るみたい。

     全身25箇所以上の可動ポイント、ノーマル顔&憑依顔の計2種のヘッド、差し替え用右前腕&ハンドパーツ、そして斧とライフルによって劇中の様々なシーンを再現可能。作品のキーアイテムとなる死者の書、テープレコーダー、リンダの生首、死霊に憑依された手首がアクセサリーとしてついてくる! 【リンダの生首つき!NECAの『死霊のはらわた2』アッシュ・アルティメット・フィギュア】の続きを読む

    14317425_863124927120328_6645026702838074612_n-610x407

     才気あふれる3人の映像作家が、都市伝説の真相を探るためにミステリアスなリゾート地に向かう。彼が調査を続けるにつれ、思いもよらぬ危機が迫る!

     低予算ホラー映画『レイク・オブ・シャドウズ(Lake of Shadows: The Legend of Avocado Lake)』のスチールです。臓物どばっ。監督はマイケル・S・ロドリゲス。クラウドファンディングで製作費を募集してますが、ティーザーを観た感じだとなかなか金出しにくい。 【湖の怪談『レイク・オブ・シャドウズ』のジューシーなモツ系スチール】の続きを読む

    eyesofmymother_web

     ポルトガルの人里離れた農家。元外科医の母親が娘のフランシスカに解剖学を教え、死に動じない心を育ませていた。そんなある日の午後、ミステリアスな訪問者が現れ、母娘の静かな田園生活を粉々に打ち砕く。幼いフランシスカはトラウマを抱えただけでなく、歪んだ好奇心を芽生えさせるのだった…。
     
     ポルトガルの人間解剖ホラー『ジ・アイズ・オブ・マザー(The Eyes of My Mother)』の予告編です。監督・脚本はこれがデビュー作となるニコラス・ペシ。すでに海外の映画祭で上映されて好評を得ており、アメリカではマグノリア・ピクチャーズ配給で12月2日から劇場公開されるようです。 【解剖学に目覚めた少女が成長し…『ジ・アイズ・オブ・マザー』予告編】の続きを読む

    CLOWNTOWN STILL 3-thumb-430xauto-63183

     田舎町で道に迷った若者たちにピエロの群れが襲い掛かってくる! 殺人ピエロ・ホラー『クラウン・タウン』の映像クリップです。

     同作は2014年にカリフォルニアに謎のピエロが出没した事件にヒントを得た作品だそうな。最近もサウスカロライナ州で謎ピエロが出現した事件がありましたよね。タイムリーと言っていいのか。監督は『バーニング・デッド』のトム・ナジェル。 【町中いたるところに殺人ピエロが!『クラウン・タウン』の映像クリップ】の続きを読む

    DONT-KILL-IT

     古代の邪悪な霊体がアラスカの田舎町を襲撃し、人から人へと憑依しながら破壊を死を撒き散らした。この恐るべき事態を食い止められるのは、かつて同じ悪霊と対峙したことのあるデーモン・ハンターだけ!

     人間核弾頭ことドルフ・ラングレンがデーモン・ハンターを演じる『ドント・キル・イット(Don’t Kill It)』の新しい予告編が公開されました。ちょっとゾンビ映画っぽいところもあり。スプラッター描写もあるし。監督は『メガ・スパイダー』『ラバランチュラ』のマイク・メンデス。 【ドルフ・ラングレンが暴力で悪魔払い!『ドント・キル・イット』の最新予告編】の続きを読む

    d5fb53a4-s

     36年に渡って続いた『ファンタズム』シリーズ完結編、『ファンタズム:ラヴァジャー(Phantasm: Ravager)』の新たな予告編が公開されました。今回、シリーズの生みの親であるドン・コスカレリは製作にまわり、『超ロボット生命体トランスフォーマー プライム』などのアニメを手がけたデビッド・ハートマンが監督を手がけてます。出演はレジー・バニスター、アンガス・スクリム、マイケル・ボールドウィンらお馴染みの顔ぶれ。アンガス・スクリムの遺作でもあります。 【79年から続くカルト・ホラー・シリーズ完結編『ファンタズム:ラヴァジャー』の最新予告編】の続きを読む

    20-AM

     睡眠中の金縛りをテーマにしたスーパーナチュラル・ホラー『デッド・アウェイク(Dead Awake)』の予告編です。『エルム街の悪夢』に似た設定なのかな? 脚本は『ファイナル・デスティネーション』シリーズの生みの親であるジェフリー・レディック。監督は『2:22』のフィリップ・グズマンです。 【『ファイナル・デスティネーション』の脚本家が描く金縛りの恐怖!『デッド・アウェイク』予告編】の続きを読む

    c7425e79

     ドン・コスカレリ監督作『ファンタズム』4Kレストア・バージョンの予告編が公開されました。レストア作業を担当したのは、J・J・エイブラムスのバッド・ロボット・プロダクションズ。同作はオースティンで開催されたSXSWでプレミア上映されており、北米では10月7日からデジタル配信開始の予定です。ソフト化は今年の末だそうな。 【ドン・コスカレリ監督作『ファンタズム』4Kレストア・バージョンの予告編】の続きを読む

    d5fb53a4-s

     36年に渡って続いた『ファンタズム』シリーズ完結編、『ファンタズム:ラヴァジャー(Phantasm: Ravager)』の画像が公開されました。故アンガス・スクリム演じる怪人トールマンの姿もあり。

     今回、シリーズの生みの親であるドン・コスカレリは製作にまわり、『超ロボット生命体トランスフォーマー プライム』などのアニメを手がけたデビッド・ハートマンが監督に起用されてます。出演はレジー・バニスター、アンガス・スクリム、マイケル・ボールドウィンらお馴染みの顔ぶれ。アンガス・スクリムの遺作でもあります。 【怪人トールマンの最期!シリーズ完結編『ファンタズム:ラヴァジャー』の画像】の続きを読む

    29-PM

     20世紀フォックステレビジョンが製作するTVシリーズ版『エクソシスト』の最新予告編です。70年代ホラー映画風。今までに公開された中じゃこれが一番好きだな。

     今回のシリーズは、ウィリアム・ピーター・ブラッティの原作をもとにした「現代版リインヴェンション」だそうで、まったくタイプの違う2人の男、トマス・オルテガ神父とマーカス・ラング神父が、悪魔に悩まされる一家を救おうとするサイコロジカル・スリラーとのこと。製作総指揮を務めるジェレミー・スレーターが自ら脚本を手がけ、『猿の惑星:創世記』のルパート・ワイアットがパイロット版を監督しているそうです。 【TVシリーズ版『エクソシスト』の70年代ホラー映画風予告編】の続きを読む

    Caretaker-Poster-610x899

     痴呆症の祖母バーディが介護ヘルパーを怯えさせて追い出したと聞き、孫娘のマロリーは恋人を連れて祖母の様子を見に行った。マロリーは祖母の家に泊まることにするが、その夜、夢遊病を発症したうえ、そこにいるはずのない幼い少年の姿を目撃する……。

     ジェフ・プルー監督のスーパーナチュラル・ホラー『ケアテイカー(The Caretaker)』の予告編が公開されました。アメリカでは9月30日からオンデマンド配信されるみたいですね。 【悪霊を召喚する痴呆症のおばあちゃん『ケアテイカー』の予告編】の続きを読む

    このページのトップヘ