31396458265_93118cec4a_z

     ノーティードッグ制作の終末サバイバル・ホラー・ゲーム続編『The Last of Us Part II(ラスト・オブ・アスII)』のティーザー・トレーラーが公開されました。この新作は前作の完全な続編になるらしく、エリーとジョエルの新たな冒険が描かれるそうな。まだ開発の初期段階にあるとのことで、発売日等はアナウンスされてません。

     最近のサム・ライミのインタビューで映画版の話がちらっと出てたけど、あんまり進んでないみたいですね。ゲームの続編が出るのならそのリリースに合わせる可能性もあるのかな。 【エリーとジョエルのその後!サバイバル・ホラー・ゲーム続編『The Last of Us Part II(ラスト・オブ・アスII)』のティーザー・トレーラー】の続きを読む

    BeyoneTheGates_Laurels1

     ビデオ・レンタル店を経営していた父親が失踪してから7ヶ月後、疎遠になっていた兄弟が再会する。店を片付けていた彼らは、悪夢の世界に通じる古いボードゲームを発見し、そのなかに父の魂が閉じ込められていることに気づくが…。

     80年代オマージュ・ホラー『ビヨンド・ザ・ゲーツ(Beyond the Gates)』のレトロCM風予告編が公開されました。監督はジャクソン・ステュアート。出演はグラハム・スキッパー、チェイス・ウィリアムソン、ブレア・グラント、バーバラ・クランプトンほか。最近のインディー・ホラー映画でよく見る顔ぶれですね。 【80年代オマージュ・ホラー『ビヨンド・ザ・ゲーツ』のレトロCM風予告編】の続きを読む

    • カテゴリ:
    68e9eee322640d83ca88484c4d0e20d0_original

     80年代SFホラー映画をイメージしたミュージック・ビデオ『ターボ・キラー』の短編映画化プロジェクトが始動! タイトルは『ブラッド・マシーンズ:ターボ・キラー供戞4篤張札拭Εぅマンとミュージシャンのカーペンター・ブリュットがクラウドファンディングで出資者を募ってます。 【80年代SFホラー映画をイメージしたMV『ターボ・キラー』の映画化プロジェクトが始動】の続きを読む

    THe-Mummy-610x966

     ユニバーサル・ピクチャーズのクラッシック・モンスター復活プロジェクト第1弾『ザ・マミー(The Mummy)』のポスター&ティーザー・トレーラーが公開されました。ミイラ男ではなくてミイラ女なんですね。

     同プロジェクトは、映画『スター・トレック』シリーズの脚本家・プロデューサーとして知られるアレックス・カーツマンとクリス・モーガンが主導しており、「古典的キャラクターとストーリーの繋がりを拡大・融合」を目指しているとのこと。第1弾『ザ・マミー』はアレックス・カーツマンが自らが監督してます。出演はトム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、ラッセル・クロウ、アナベル・ウォーリスほか。 【トム・クルーズ対ミイラ女!ユニバーサルのクラッシック・モンスター復活プロジェクト第1弾『ザ・マミー』のティーザー・トレーラー】の続きを読む

    the-autopsy-of-jane-doe-brian-cox-emile-hirsch

     父とともに検死官として働くオースチンは、死因不明の若い女性「ジェーン・ドー」の遺体を担当することになるが、彼女には恐ろしい秘密が隠されており…。

     トロント映画祭で上映されて話題を呼んだスーパーナチュラル・ホラー『オートプシー・オブ・ジェーン・ドー』の最新予告編が公開されました。監督は『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル。イアン・ゴールドバーグとリチャード・ナインが執筆した本作の脚本は、Deadline.comの「未だ製作されないベスト・ジャンル映画脚本」に選ばれたこともあるそうな。映画の評判もいいです。 【『トロール・ハンター』の監督最新作!死体解剖ホラー『オートプシー・オブ・ジェーン・ドー』最新予告編】の続きを読む

    BelkoHeader

     ある日、いつものように出社してきたベルコ・インダストリーズの社員たちは恐怖に震えることになる。彼らは会社が行う実験のためにモルモットにされ、互いに殺し合うか、自殺するように仕向けられたのだ!

    『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、そして『トロメオ&ジュリエット』のジェームズ・ガン脚本、『ウルフクリーク』シリーズのグレッグ・マクリーン監督による殺し合いホラー、『ベルコ・エクスペリメント(The Belko Experiment)』のレッドバンド・トレーラーが公開されました。会社版バトルロイヤルみたいな感じでしょうか? すでにトロント国際映画祭で上映されたみたいですね。アメリカでの劇場公開は来年3月17日より。
    【『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン脚本!殺し合いホラー『ベルコ・エクスペリメント』の予告編】の続きを読む

    cartoon-15

    『スクービー・ドゥー』『スヌーピー』『パワーパフガールズ』などのアニメにホラー映画の殺人鬼&モンスターが! スティーブ・ジェンクスさんの作品です。
    【ジェイソン、レクター博士、エイリアン!アニメの世界にホラー映画の殺人鬼&モンスターが!】の続きを読む

    1239029_pet

     動物保護施設で働く孤独な男セス。彼は偶然出会ったウェイトレスのホリーに執着するようになり、彼女を愛を得るために恐ろしい計画を実行に移す…。

     ストーカーによる女性監禁を描いたホラー映画『ペット(Pet)』の映像クリップが公開されました。イライジャ・ウッドは自らホラー映画専門のプロダクションを立ち上げてホラー映画を量産してますが、こちらは『ロード・オブ・ザ・リング』でウッドとともにホビットを演じたドミニク・モナハン主演作。監督はチェールズ・トレンス。北米では12月2日からオンデマンド配信されるようです。 【ドミニク・モナハン主演!ストーカーによる女性監禁ホラー『ペット』の映像クリップ】の続きを読む

    2009-1friday-the-13th-reboot

     2009年に発表されたリメイク版『13日の金曜日』のVHSテープ予告編です。もちろんファンメイドなんですが、なかなか良くできてる。一応、リメイク2作目の方は、来年の10月公開とアナウンスされてます。 【トラッキング・ノイズつき!リメイク版『13日の金曜日』のVHSテープ予告編】の続きを読む

    INCARNATE-FINALPoster-1

     他人の潜在意識に入り込むことのできるエクソシストが、9歳の少年に取り憑いた悪魔を追い払おうとするが…。

     ブラム・ハウス・ピクチャーズ&WWEが製作したエクソシスト・ホラー『インカーネイト(Incarnate)』の映像クリップです。天井から落ちてきます。

     主演は『アイ・フランケンシュタイン』のアーロン・エッカートとカタリーナ・サンディノ・モレノ。さらにWWE所属のレスラー、世界最強の男ことマーク・ヘンリーがカメオ出演するみたい。監督は『カリフォルニア・ダウン』のブラッド・ペイトンです。 【天井からボトリ!他人の潜在意識に潜り込むエクソシスト『インカーネイト』の映像クリップ】の続きを読む

    0cdd8145-s-2

     アダム・ウィンガード監督による『ブレア・ウッチ・プロジェクト』続編、『ブレア・ウィッチ』の新たなスチールが公開されました。12月1日(木・映画の日)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。オフィシャル・サイトはこちらです。

     1999年に6万ドルという超低予算で製作されながら、世界興行収入2億4,800万ドルという記録的な大ヒットをたたき出し、世界中で大ブームを巻き起こした伝説のホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』。17年ぶりにその“正統なる”続編が誕生した。

     監督は、『サプライズ』『ザ・ゲスト』などのサスペンス・スリラーで注目されているアダム・ウィンガード。Netflixが日本の大ヒットコミックを実写映画化するハリウッド版『デスノート(Death Note) 』の監督にも抜擢された、今最も期待を集める新鋭監督だ。

     オリジナルで感じた吐息がかかるほどの世にも恐ろしい臨場感はそのままに、ヘッドセットカメラやドローン、HDSLRなど現代の最新テクノロジーを使用し、映画史上最も恐ろしい物語をスクリーンに映し出す。

    『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』では、映画学科に所属する3人の大学生ヘザー、ジョシュ、マイクが、その土地に今なお残る伝説の魔女“ブレア・ウィッチ”をテーマにしたドキュメンタリー映画製作のため、メリーランド州ブラック・ヒルズの森に分け入った。だが3人はそのまま消息を絶ち、手掛かりが発見されないままやがて捜索は打ち切られる。しかし事件から1年後、彼らが撮影したものと思われるフィルムとビデオが森の中で発見されたのだ。本作『ブレア・ウィッチ』は事件の20年後、ヘザーの弟・ジェームズがYouTubeで姉らしき人物が映った映像を見つけるところから物語が始まる。そして仲間と共にあの「森」に踏み込むのだが・・・。

     ソーシャルメディア上の過度なプロモーションが当たり前の時代において、『ブレア・ウィッチ』はその企画そのものが暗号名を用いられるほど秘密裏に進められていった。何の作品だかわからないままオーディションにきた俳優たちには偽の台本を渡し審査が始まった。そして閉ざされたドアの向こう側に連れて行かれたキャストは、自分が『ブレア・ウィッチ』に出演する契約を結んだことをそこで初めて知るという完全なサプライズから全てがスタート。

    「『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』という伝説的な作品の続編を作り上げるにあたり、一番の課題は、過去17年間に公開されたホラー映画すべてに敬意を払いながら、それらをしのぐ映画を作り、かつ1999年のオリジナル版のようなリアル感を提供することだった。」と脚本のサイモン・バレットは語る。

     驚きこそが『ブレア・ウィッチ』の生命線で醍醐味。アダム・ウィンガード監督は本作での挑戦について「ホラー映画を観る楽しみの一つは、ドッキリ要素だ。僕は常に自分の映画にそれを盛り込んでいる。『ブレア・ウィッチ』での挑戦は、ファウンド・フッテージの中にそういったドッキリ要素を織り込むことだった。でもそれは、ファウンド・フッテージ作品においては人の視点がとても限られているから、とても難しいことなんだ。」と語る。

     行方不明となった姉ヘザーの捜索をするジェームズを演じたジェームズ・アレン・マキューンは「アダムは、時にあまりにもリアルすぎる環境を作り出すことによって、僕たちから誠実なリアクションを得ようとした。彼には、僕たちが信じられなければ、観客は起こっていることに恐怖心など抱かないことがわかっていた。つまり、僕たちはいつも本当に恐ろしい思いをしていたということなんだ」と語る。

     ドキュメンタリー映画を撮影する学生リサを演じるカリー・ヘルナンデスは「森は、日中はとても美しい場所で本当に魅力的だったわ。でも日が沈むと全く明かりのない、真っ暗闇になる。それが原始的な暗くて何も見えない恐怖を生み出すの。キャストとして、私たちはこの森の深淵にいて、確かに恐怖の瞬間を味わった。この映画は観るのと同様に、撮影するのも恐怖だったわ」と撮影時を思い起こした。

     本当の恐怖と驚きが満ち満ちている森の中で撮影されたからこそのリアリティ、そしてまるで登場人物の頭の中にいるかのような臨場感。

     今回解禁となった3枚の新場面写真。森に迷い込んだ彼女たちの凍りついた瞳の奥に映っているものが一体何なのか、あなたは間もなく知ることができるだろう。

     いよいよ明日12月1日、公開をむかえる本作。映画館であなたを待っているのは、今年最高の驚きと恐怖体験であることは間違いない。


    ブレア・ウィッチ:彼女たちは何を見た?1

    ブレア・ウィッチ:彼女たちは何を見た?2

    ブレア・ウィッチ:彼女たちは何を見た?3
    c 2016 Lions Gate Films Inc.  All Rights Reserved.






    このページのトップヘ