maxresdefault

 1990年、古い屋敷で共同生活を始めた3人の大学生たち。彼らはその名前を知ると現れるという邪悪な超自然的存在「バイ・バイ・マン」に取り憑かれてしまい…。

 ロバート・デイモン・シュネックの短編小説を映画化した『バイ・バイ・マン(The Bye Bye Man)』の映像クリップが公開されました。ちょっと『フッテージ』に似てるという感想もありますね。監督は『ギャング・オブ・ホラー』のステーシー・タイトルです。