maxresdefault

 ロサンゼルス大地震のあとに起きた悪夢的な混乱とは! フライング・ロータス名義で活動するミュージシャン、スティーヴン・エリソンの初監督作『クソ(Kuso)』の予告編が公開されました。サンダンス映画祭で上映された際には、あまりにも不快な映像の連続に途中退出者が続出し、「史上最も気持ち悪い映画」との記事が出たとか。なんせ、三池崇史をフェイバリット監督のひとりに挙げ、駕籠真太郎のイラストをアルバムのジャケに起用する人ですからね。音楽はエイフェックス・ツインと『サイレントヒル』シリーズで知られる山岡晃。 【史上最も気持ち悪い映画!フライング・ロータス初監督作『クソ』の最新予告編】の続きを読む