本記事は、開発版で出る都度、追記する形で時系列順でバージョンアップ内容を紹介していますが、項目順に新たに編集しなおしたものも用意しました。
初めてバージョン1.4の内容を知りたい方は、『バージョン1.4 まとめ』の方が分かり易くなっておりますので、そちらをご覧下さい。
注意 本内容は、バージョン 1.4 の開発版(Snapshot)のものです。正式版では異なる場合があります。

開発版の為、重大なバグが存在する場合があります。試す場合は、必ずバックアップを取り、自己責任でお願いいたします。

全ての内容を記載している訳ではありません。マルチ関係や、細かなバグ修正などはスルーしていることが多いのでご了承下さい。

アップデートまとめ記事は、正式版が出るまで、この記事にて随時追記していきます。
8月11日 バージョン12w32a
8月24日 バージョン12w34a編集後記 を追記
8月30日 バージョン12w34b (一部a) を追記
9月7日 バージョン12w36a編集後記 を追記
9月13日 バージョン12w37a を追記
9月21日 バージョン12w38a を追記
9月27日 バージョン12w39a を追記
10月5日 バージョン12w40a を追記
10月12日 バージョン12w41a/b を追記
10月18日 バージョン12w42a を追記

12w32a NPC村人の仕様が変更
村人のゾンビ化
ゾンビとスケルトンの武装化
コマンドブロックが追加
チートコマンドの追加
ビーコンブロック(仮称)の追加
暗視ポーションが追加
自然のオークの巨木に横向きの原木が使われるようになった
鉄ゴーレムがスライムを攻撃するようになった
12w33a (欠番)
12w34a
アイテムフレームの追加
植木鉢の追加
石壁の追加
階段の角が繋がるようになった
地図の仕様が変更
作物と食糧等の追加
皮の装備とオオカミの首輪を染められるようになった
モブがポータルを行き来できるようになった
トラップドアが上側に設置可能になったのと、木のスイッチの追加
透明化ポーションが追加
その他
12w34b(一部a)
経験値トラップで経験値が貯まりづらくなった
ボタンのレシピの変更
地図で壁に貼ってあるものがマーキング
火のついた矢でTNTを点火させることが出来るようになった
透明化の際に、装備は丸見えで、その際にモブに見つかる
その他
12w35a (欠番)
12w36a 新ボス「ウィザー」
新モブ「スケルトン・ウィザー」
新ブロックと新アイテム
サドル豚がアップグレード
動物の繁殖アイテムが変更
その他
12w37a セーブデータの再構築機能追加
スーパーフラットがカスタマイズ可能になりました。
パンプキンパイが追加
その他
12w38a 新モブ「コウモリ」
新モブ「魔女」
原木の設置の方法の変更
その他
12w39a
光源に関するさまざまな変更
その他
12w40a
お知らせ
湿地帯に魔女の小屋が建ちスライムがスポーンするようになった
スーパーフラットがいろいろ変更
操作方法の変更
その他
12w41a/b
修繕・名前変更ツールの鉄床の追加
その他
12w42aNEW 鉄床の仕様変更
レッドストーンリピーターに追加機能
その他
編集後記
画像転載について

本記事は下記のサイトを参考にさせて頂いております。
Minecraft Wiki - Version history/Development versions
Minecraft Japan Wiki
○○のメモ帳
まいんくらふとにっき

12w32a

NPC村人の仕様が変更


今まで何をしても怒らなかったNPC村人が、殴ると怒るようになりました(プンプン的なパーティクルが表示されます)。
怒ると、売買に悪影響を及ぼすようなのですが、筆者が確認したところ、いまいちどう悪影響したのか分かりませんでした。


また、売買で一部仕組みが変わったようで、既存のが消えることが無くなり(取引できない場合はある)、追加されるのに加えて、既存の価格などが変わるようになりました。 また、変更を知らせるパーティクルがエメラルド色のになりました(今までのも表示されているのはバグかな?)。


村人のゾンビ化


ゾンビに咬まれた(ダメージを受けた)NPC村人は、ゾンビ化するようになりました。
感染率は難易度によって違うようですが、ハードの場合は100%感染するようです。


ちなみに、子供のNPC村人が咬まれた場合は、子供のゾンビになります。
すごくかわいいですが、めっちゃ早く動く上に、太陽光に耐性を持っているらしいです。

なお、この村人ゾンビは、自然にもスポーンするみたいです。通常のゾンビとどう違うかは不明です。


元に戻すことも可能で、弱化のスプラッシュポーションを投げた上で、金リンゴ(安い方)で右クリックすると、スクリーンショットのように赤い@パーティクルが生じます。 この状態で数分待つと、元に戻ります(100%かは不明)。なお、金リンゴは無くなりません。


ゾンビとスケルトンの武装化


稀にゾンビとスケルトンは防具を装備するようになりました。
また武器もゾンビは剣やなぜかスコップを装備したり、スケルトンは弓にエンチャントを付けたりしています。


なお、これらの武装モンスターが登場する確率は、難易度によって異なるようで、ハードになるほど高くなるようです。


コマンドブロックが追加


1.3で追加されたアドベンチャーモード専用の仕掛けを作るためのブロックが追加されました。これはレッドストーン動力を伝えると、予め登録しておいたチートコマンドが実行される機能を持ちます。


プレイヤー名の部分は @p で最寄、@r でランダム、@a で全員にできます。

なお、現在の所、クリエイティブインベントリにも登録されていないので、チートコマンドで取り寄せる必要があります。(アイテムID 137)


チートコマンドの追加

コマンドブロックの誕生に伴い、下記のチートコマンドが追加されました。

難易度の変更
/difficulty 難易度
難易度は 0 のピースフルから、3 のハードまで数値で指定します。

リスポーン座標の変更
/spawnpoint プレイヤー名 X座標 Y座標 Z座標

天候の変更
/weather 天気 (長さ)
天気は clear で晴れ、rain で雨、thunder で豪雨です。
長さはその天候の続く時間(秒)です。省略可能です。

ゲームルールの変更
/gamerule ルール 有効/無効
まず有効は true、無効は false です。
ルールは次の通り(keepInventory以外はデフォルトでtrue)
・doFireTick 火が延焼する
・mobGriefing クリーパーの爆発でブロックが壊れる
・keepInventory 死亡時にアイテムが失われない(デフォルト false)
・doMobSpawning モブがスポーンする
・doMobLoot モブを倒した時にアイテムをドロップする
・doTileDrops ブロックを壊した時にアイテムをドロップする


ビーコンブロック(仮称)の追加

筆者が最初はベーコンブロックだと勘違いした謎ブロックのビーコンブロック(仮称)が追加されました。まだ名前は決まっておらず、テクスチャも仮のようです。


このように高価なブロックでピラミッドを作って(張りぼて不可)最上段に設置すると使えるようになります。


右クリックすると、このような画面が開き、効果を選ぶことができます。
ピラミッドの段数によって使える効果は異なり、5段のみ回復+左側の選択一つの二種類を選ぶことができます。
エメラルドから鉄のいずれかを中央の欄に置き、チェックボタンを押すと、その効果が発動します。


カウントダウンされますが、このピラミッドの近くにいると、自動的にカウントダウンは元に戻り、永遠にその効果が適用されたままとなります。
なお、続く範囲は、ピラミッドの高さによります(最少16メートル、最大40メートル)。

ピラミッドの素材、および中央欄のアイテムの種類によって、何が変わるのかは現在の所不明です。

ちなみに、英語Wikiを読むに、ビーコンブロックを設置するとビームが上空に伸びるみたいなんですけど、なぜか筆者の環境では再現できませんでした。


暗視ポーションが追加


夜やタイマツを1本も設置していない洞窟内でも、まるで昼間のようにくっきり見ることができる暗視ポーションが追加されました。


ちなみに、効果が切れた状態ではこんな画面です。


屋外もこんなにはっきり見ることができます。

クリエイティブモードのみの追加で、現段階ではまだ醸造することはできません。


自然のオークの巨木に横向きの原木が使われるようになった


1.3で正式版間近でまさかの追加要素さった横向きの原木でしたが、1.3では人工的に設置されるもの以外は、従来通り縦向きのままでした。
今回、自然に生成されるオークの巨木の枝も、横向きになり、より自然になりました。
<バージョン1.3.2の方に前倒しという形で実装されました>


鉄ゴーレムがスライムを攻撃するようになった


今まではゾンビのみを攻撃してきた鉄ゴーレムが、スライムも攻撃対象に加えました。 これは、もしかしてスライムがNPC村人を襲うというフラグでしょうか?



12w34a  <8月24日追記>

アイテムフレームの追加


絵画と同じ要領で、壁などにアイテムやブロックをを貼り付ける事ができるようになりました。インテリアや、倉庫などのアイテム整理に役立りますね。

使い方はまずアイテムフレームを作ります。レシピは絵画の紙部分を牛革変えたものです。これを一度、設置して、そこにアイテムやブロックを右クリックすると張り付きます。
手持ちのアイテムは無くなりますが、アイテムフレームを壊すと、一緒にドロップします。右クリックで表示を回転させることもできます。


ブロックはこんな感じに半分突き出たようになります。


また、特殊なアイテムとして、コンパスはスポーン位置を指し、地図は見える状態で張り付き、時計は現在の時刻を指すようになっています。


植木鉢の追加


室内に観葉植物として花や苗を植える人も多いかと思いますが、今までは土ブロックなど、その植物固有の設置ブロックが必要で、トラップドア(ハッチ)で囲むなどの工夫が必要でした。
それが、植木鉢の登場によって、(不自然だけど)自然に配置することができるようになりました。

レシピはバケツのレンガ版です。一度設置して、それに植えるものを持って、右クリックで植えることができます。

植木鉢に入れられるのは、種類を問わず、花、苗、キノコ、サボテン、シダ、枯れ木です。
雑草、ネザーウォート、サトウキビ、ツタ(つる)は設置できません。
苗は成長のスペースがあっても、木に成長することはありません。また、サボテンちゃんも並べて設置可能で、当たってもダメージを受けません。キノコも明るさによる設置制限はありません。


石壁の追加


柵のような薄い壁が追加されました。現在の所、丸石と苔石の2種類のみです。レシピは柵の丸石(苔石)版です。

設置すると、柵と同じ要領で自動的に繋がります。
少し膨らんでいる部分がありますが、角、末端、上に何か乗っている場合は、自動的に膨らみます。

柵と同じく、1.5の高さがあるみたいでジャンプで超えることはできません。


階段の角が繋がるようになった


階段を並べることで、角が自然に繋がるようになりました。このように上3/4版と、上1/4版ができます。
(分かり易いようにスクリーンショットでは角になる部分の木材の色を変えています)


ちなみに、こんな感じに並べると、二つの階段で囲まなくても角を変更することができます。

※この項目テスト中とのことなので、将来的に変更になる可能性があります。


地図の仕様が変更

地図の仕様が大きく変わりました。


まず、今までは作業台で作った場所で直ぐに地図が生成されていましたが、地図を持って右クリックするまで、地図が描かれないようになりました。

今まで同じ地図を作る場合は、複数持って駆け巡らなくてはなりませんでしたが、簡単に地図を複製することができるようになりました。
クラフティングに、作成済みの地図と空白の地図を並べて作ると、2枚の作成済みの地図が作れます。


今まで地図を作った場所が、地図の中心になっていましたが、1.4から地図の表示域は予め決まっているようになりました。つまり、せっかく地図を作ったのに、端っこというケースもありえます。逆に、隣の地図を作る際に、重複を考える必要がなくなりました。
また、現在表示範囲内の地図にいない場合、○マークでその方角を指すようになりました。


地図の尺度が変わりました。スクリーンショットのように、地図を紙で囲むと新たな地図を作ることができます。この場合、地図の尺度が小さくなり、より広範囲を表示することができるようになります。


尺度は5段階あり、地図左上の数値の右側が尺度(0~4)となります。ちなみに上2枚も同じ場所のもので、最も詳細の地図の場合、ほとんど動かずに地図が全て描かれます。


作物と食糧等の追加


なんと作物として、ニンジンとジャガイモが追加されました。
これらは種が無く、ニンジン、ジャガイモをそのまま耕した土に植えることで増やすことができます。例によって骨粉にて、即取れる状態にすることができます。また、ゾンビが稀にドロップするようです。


ジャガイモは耕したものを取る時に稀に毒ジャガイモをドロップします。例によって食べるとお腹いたくなります。
ジャガイモは焼いてベイクドポテトを作ることもできます。美味しいですよね。
あと、ニンジンは金塊で囲むことで、黄金ニンジンにすることも可能です。これはポーション製造に使うみたいです。
これら追加された全ての作物等はすべて食べることができます。


皮の装備とオオカミの首輪を染められるようになった


クラフティングにて、布の装備と染料を並べることで、布の装備の色を変えることができるようになりました。スクリーンショットのように、最大8つの染料を混ぜ合わせることが出来るので、かなりの種類の色にすることができます。

染めた装備は、大釜にて右クリックすることで、元の色に洗い落とすことができます。その際に、水が1/3ほど減ります。



今まで混ざってしまうと、せっかく名前を付けても見分けるのが不可能だったオオカミの首輪を染めることができるようになりました。
染められるのは、手懐けているオオカミのみで、染料を持って右クリックすると、その色になります。前述の皮の装備と違って、色の種類は染料の数のみと限られています。


モブがポータルを行き来できるようになった



1.3でゾンビピッグマンがネザーから通常世界に来るようになりましたが、全てのモブが通常世界とネザーを行き来できるようになりました。
ポータルに近づくと自動的に吸い込まれます。

ちなみに、ガストもこのポータルを通過できるか試してみました。結果↓の通り


ジ・エンドにも連れて行くことができますが、ジ・エンドから通常世界へは連れてこれないみたいです。


トラップドアが上側に設置可能になったのと、木のスイッチの追加


トラップドアが今まではブロックの下側にしか付けられませんでしたが、ブロックの上側に付けることが出来るようになりました。
両方とも上側に付いていますが、閉じた際は下側に付けているのと同じみたいになります。
設置はハーフブロックのようにブロックの上側にカーソルを合わせます。



今までボタンは石のボタンしかありませんでしたが、木製のボタンが追加されました。
矢が当たると、それに反応します。レシピは現在不明です(石ボタンと同じのは、棒ができてしまいます)


透明化ポーションが追加


透明化のポーションが追加されました。飲むと装備も含めて自分の体が綺麗さっぱりに消えます。但し持ち物は見えたままです。

この状態では、モンスターに近づいてもこちらに気付かずに攻撃してきません。但し、こちらから殴ると、向こうも第六感を働かせて攻撃してきます。


ちなみに、スプラッシュポーションも用意されていて、投げるとモブを消すことができます。オオカミに試したら、首輪だけ残りましたが、たぶんこれはバグでしょうね。
なお、筆者未確認ですが、マルチの場合は名前欄も消えるみたいです。


その他

炎の延焼範囲が難易度によって異なるようになりました。具体的にはハードの場合は消えにくく、より広範囲まで燃え尽くすようになります。

ビーコンブロックはバグが多い為か、一度クリエイティブモードのインベントリから削除されました。ちなみに、12w32aで私の環境でレーザービームが出なかった現象ですが、表示されるようになりました(「モブがポータルを行き来できるようになった」のスクリーンショット参照)。

まだ出現しないようですが、新ボスが追加されました。名前はまだ未公開ですが、ファイル名は「ウィザー(Wither)」とのこと。なお、この要素は攻略性が高いと思うので、ボスの画像やネタバレに繋がる情報については、この記事では紹介しません。

ビデオ設定に、フルスクリーンとVsync使用が追加されました。

デバッグ機能が、F3+Hキーで詳細な項目が加わるみたいなのですが、良くわかりません。

村人で取引内容が変更されるパーティクルがエメラルド色ののみになりました。



12w34b (一部a)  <8月30日追記>

8月30日の週はスナップショットはお休みです。
この記事は24日にアップされたものの忙しくてその時に追記できなかった 12w34b の内容と、12w34aの追記です。

経験値トラップで経験値が貯まりづらくなった


ついに、経験値トラップにもメスが入りました。
何がどう変わったのか完全には分からないのですが、従来のトラップ(筆者が試したところ、落下型もピストン圧縮型も)では、あまり経験値が入らなくなってしまいました。
スポーンブロックから発生するモブから、数匹に一匹しか経験値を落とさないので、スポーンブロックが原因かも知れません。

経験値トラップは、トラップタワーより建築が楽ですが、これから作る場合は、1.4で対策が取られた時用に、きっちり作らずに、改造しやすい感じに作った方がいいかも知れません。
 (いつのバージョンからか分からないのですが、元に戻りました。<10月18日追記>


ボタンのレシピの変更

12w34aで木のボタンが追加されましたが、クラフティングが出来ませんでした。
今回、レシピが追加され、木材1つで木のボタンが1つ出来るようになりました。
これに伴い、石のレシピの方も変更され、石1つで石のボタンが1つ出来るようになりました。


地図で壁に貼ってあるものがマーキング


これは12w34aで既に実装されていたみたいですが、地図をアイテムフレームにて壁に貼ってあると、それと同じ尺度の地図で見た場合、その地点が緑色の印でマーキングされるようになりました。
あと、12w34b から地図の名前が 連番/尺度 ではなく単に #連番 になりました。


火のついた矢でTNTを点火させることが出来るようになった


フレイム属性の付いた弓で撃ったものや、途中にマグマなどを通過した、火のついた矢がTNTに突き刺さると、TNTが点火するようになりました。


透明化の際に、装備は丸見えで、その際にモブに見つかる


12w34bではなく、12w34aの記事を書く際に筆者がミスっていたのかも知れませんが、透明化ポーションを飲んでも、装備は残ったままのようです。
ちなみに、この不自然な風景は、モンスターにとっても不自然に見えるらしく、装備を来ていると、モンスターがこちらを攻撃してきます。


その他

・ディスペンサーからファイヤーチャージが発射された際、今までは無音だったのが、発射音が追加されました。

・鎧のテクスチャが少し変更になったようなのですが、筆者にはいまいちどこが変わったか分かりません。

・ゾンビとスケルトンがアイテムを拾い、またそれを装備するようになったみたいですが、筆者は確認することができませんでした。



12w36a  <9月7日追記>

新ボス「ウィザー」

先のアップデート内容でお知らせした新ボス、名前はウィザーと呼ぶようです。

エンダードラゴンと違い、召喚することができるみたいです。ネタバレの為に、詳しい内容はここには書きませんが、新しく追加された絵画にそのヒントがあるみたいです。


新モブ「スケルトン・ウィザー」


新ボス「ウィザー」の名前を関するスケルトン、「スケルトン・ウィザー」が追加されました。ネザーにスポーンするみたいです。

通常のスケルトンに比べて、一回り大きく、そして弓ではなくて剣を持っています。 あと、この普通のスケルトンも卵で孵化させたものではなく、自然にいたものです。


新ブロックと新アイテム

・ネザースター


・ビーコンブロック

私がベーコンブロックと呼んでいた名称未定のブロックは、正式にビーコンブロックとなり、さらにレシピも追加されました。前述の新アイテムのネザースターを使うようです。

・頭ブロック

一応、装飾ブロック扱いなのですが、スケルトン、ウィザースケルトン、ゾンビ、クリーパー、そしてスティーブの頭のブロックが追加されました。
普通にブロックのように設置可能な上に、看板のように斜め向きにもすることができます。


このブロック、カボチャ同様に被ることもできます。ただ、現在のところ、視界が変になるということはありません。

なお、頭ブロックはモンスターを倒した時に稀にドロップするようです(同じモブか、それならスティーブはどこからか、などは現在のところ不明)。

・ニンジン棒(Carrot on a Stick)
次項参照


サドル豚がアップグレード


今まで豚にサドルを付けて乗ることが出来ましたが。今回はそれをコントロールすることができるようになりました。
釣竿とニンジンを合わせることで、新アイテム、ニンジン棒(Carrot on a Stick)を作り、それによって進路を調整します。

最初は遅く、徐々に早く走るようになります。プレイヤーは何も操作せずに、常に棒を向けている方向に走り続けます。ジャンプは出来ませんが、ハーフブロックと階段は登ってくれます。

また、サドルが付いている豚を〇〇した後、サドルをドロップするようになりました。


動物の繁殖アイテムが変更


今まで、牛、羊、豚、ニワトリ、すべて小麦で繁殖していました。
今回から、豚はニンジンで、ニワトリは種(種類を問わず)で増殖するようになりました。
牛及び、羊は従来通りです。


その他

・ニンジンとジャガイモが村やジャングルで採れるようになったようですが、筆者が確認したところ、村はすぐに見つかりましたが、ジャングルでは見つかりませんでした。

・前回書いたゾンビとスケルトンがプレイヤーの遺品を拾う仕様ですが、倒した際に常にそれらをドロップするようになったようです。

・染料の色の乗り方について若干変更があった模様です。

・ゾンビとゾンビピッグマンのテクスチャファイルの仕様が変更されたようです。

・バグ修正



12w37a  <9月13日追記>

セーブデータの再構築機能追加


セーブデータをコピーしたり、同じデータでゲームモードを変更することが出来るようになりました。
ただし、チートがオフの場合、をオンにすることはできないようです(逆は可)


スーパーフラットがカスタマイズ可能になった



今まで、岩盤まで非常に薄かったスーパーフラットの世界が自由に変更することができるようになりました。
現在のところ Add Layer と Edit Layer はまだ未動作ですが、予め準備されているものもあり、それを変更することも可能です。


パンプキンパイが追加

私がチーズだと思っていたのはパンプキンパイでした。
久しぶりの加工食品で、カボチャ、卵、砂糖から作れます。スタック可能で、満腹量はゲージ4つ分です。


その他


・少し前のバージョンでモンスターはダメージを受ける高さから飛び降りにくくなっていましたが、たまに高い段差を飛び降りるようになりました。特にハードの場合はかなり大胆になった模様です。

・12w37aで登場した豚に乗れる新機能ですが、さらに磨きがかかり、1段の段差を軽々ジャンプすることができるようになりました。

・ボタンを押した際にレッドストーン回路に動力が伝わっている時間が延びました。具体的にどの程度伸びたか詳細は不明ですが、筆者の体感的に、1.5倍くらいになった気がします。

・チートコマンドにインベントリの中身を空白にする /clear が追加されました。

・幾つかのテクスチャの変更。複数だったニンジン画像が1本になったり、特に染めていない状態の皮装備など。

・新ボスのウィザーの微調整や、その他バグ修正。



12w38a  <9月21日追記>

新モブ「コウモリ」


新モブとしてコウモリが追加されました。洞窟などでスポーンするようです。コウモリは動物と同じように、襲ってきません(こちらが攻撃しても)。天井などにぶら下がっており、プレイヤーが近づくと飛んでいきます。


新モブ「魔女」


NPC村人によく似た魔女が追加されました。現在はまだ自然スポーンはしないようです。
彼女は、ポーションを投げて攻撃したり、回復、防御ポーションを自分に使うなどする厄介な敵です。
倒すと主に、ポーション作りに関係するものをドロップするみたいです。


原木の設置の方法の変更


原木の配置方法が変わりました。ブロックの上または下にカーソルを合わせると原木は常に縦方向、ブロックの横にカーソルを合わせると常に横方向に設置されます。今まで、意図しない方向に設置されてしまい、ア゛ア゛ア゛ア゛ーーーと叫んでいた人には朗報ですね。
ちなみに、ピストンは従来と同じです。


その他


・ビーコンブロックのテクスチャの変更と、ビームの描写が変更になりました。ビームはくるくる回っています。

・クリエイティブモードでは、ネザーポータルをくぐった瞬間、即ネザーにワープするようになりました。

・多くの効果音が差し替わったり、レベルアップ時の効果音が追加されました。

・山岳バイオームの地下に、シルバーフィッシュが孵るブロックが自動生成されるようになりました。これは怖い。

・コマンドブロックの命令が追加されました。



12w39a  <9月27日追記>

光源に関するさまざまな変更

結構バグが多かった光源についにメスが入ったようで、多くの変更が行われました。
バグがどの程度修正されているか、まだ未確認ですが、変更点について載せておきます。


まず、階段とハーフブロックが正しく光を透過するようになりました。
壁の中に照明を仕込んだり、いろいろ面白いことが出来そうですね。



ピストンが光を透過しなくなりました。このように閉じると完全に光を遮断します。

面白い現象に、ほんの少しだけ隙間を空けると、少しだけ明るくなります。



最後にみんな大好きかまどですが、火を付けた際に、前のみ明るくなるようになりました。


その他

・効果音がいくつか追加されました。

・魔女の修正や、バグ修正など



12w40a  <10月5日追記>

お知らせ

正式版のリリース日が10月24日に決まりました。

ただ残念な事に 12w39a で追加された光源の変更は、大きなバグが取れなかったようで、バージョン1.5 へ先送りになりました。


湿地帯に魔女の小屋が建ちスライムがスポーンするようになった


湿地帯に人工物として、沼の小屋が建つようになりました。
魔女がスポーンするようになるようですが、筆者は確認が取れませんでした。


また、湿地帯バイオームに普通の高さでもスライムがスポーンするようになりました。


スーパーフラットがいろいろ変更


コード欄を編集することで、様々な建物や地形を加えることができるようになりました。
例えば、廃坑 mineshaft、遺跡 stronghold、湖 lake などと表記するとそれらが作られます。


実際は地面の高さを高くして使いますが、現在と同じ土3ブロックで使うとこんな感じに。


また、プリセットとして、レッドストーン回路の実験用の「Redstone Ready」が追加されました。52層の砂岩で埋もれています。


今まで動作していなかったレイヤーの追加、変更は無くなってしまいました。一時的なのかは不明です。


操作方法の変更


今までドアやボタンは左クリックでも動作していましたが、フェンスゲートと同様に、今後は全て右クリックでしか動作しなくなります。


アイテムにカーソルを合わせて、数字キーの1~9を押すと、アイテムスロットのその番号に対応する場所(左から1、2、3)に移動します。


その他

・かなりバグの修正が行われた模様です。飼い馴らした狼が待ての状態に関わらずワープしてくるバグも修正されました。

・火の延焼するスピードが遅くなりました。

・ビーコンブロックのテクスチャも再度変更。

・普通のクラフターには関係ないですけど、アドベンチャーモードなどのワールド開発者は既存のアイテムなどの名前を自由に変更可能になりました。



12w41a/b  <10月12日追記>

修繕・名前変更ツールの鉄床の追加


鉄床(かなとこ、anvil)が追加されました。 これは、今まで修理できなかったエンチャントツールを修繕、さらには改造するための道具です。


具体的には、二つのエンチャントされたツール(同種、同素材)や防具のエンチャントの内容をミックスさせます。つまり自由にエンチャントされたもの組み合わせを作ることができます。
但し、種類によっては複数同時に付かないものもあります。

また、エンチャントされたもの+非エンチャントで、耐久度だけを元に戻すことが出来るようになりました。これで、幸運とかシルクタッチ、矢打ち放題のなんだっけ、かが使いたい放題ですね。

さらに、面白いのが、ツールの名前を変えることができます。日本語直接入力は受け付けませんが、コピー&ペーストには対応しているので、日本語表示も可能です。


ただ、良い事尽くめではなく、修繕や名前変更に、結構な経験値を要します。さらに、この鉄床、制作素材がお高いにも関わらず、耐久があり、複数回使うと壊れてしまいいます。

その他、ちょっと面白い性質に、砂と同じように重力によって下に落ちます。さらに落ちる高さによって下のモブはダメージを受けます。ちなみに、プレイヤーもダメージを受け、それで死んだ際のメッセージも用意されているとのことです。


その他

・動物の増殖で、子供が生まれた際に経験値が得られるようになりました。

・蜘蛛が歩く際に、効果音が加わりました。結構可愛い。

・デバッグ画面で、デフォルトでグラフ非表示になり、Shift+F3時にグラフ表示になりました。また、向いている方向に従来の数字に加えて、英語表記も追加されました。

・ビーコンの表示の変更が行われました。

・レベルアップの効果音が5上がる毎になるようになりました。







12w42a  <10月18日追記>

鉄床の仕様変更


まず、レシピが変更になり、鉄ブロック3つ分が鉄インゴットにさし替わりました。かなりお安くなりましたね。

そして、耐久度の修理は、そのツールそのものではなく、材料をセットするだけでも出来るようになりました。例えば、ダイヤのツルハシの場合は、ダイヤモンドをセットします。

また、必要な経験値量が結構減らされました。


レッドストーンリピーターに追加機能


レッドストーンリピーターに機能が追加されました。
横側からレッドストーンリピーターを介して動力が入った場合、入力の状態に関わらず出力は、その状態に固定されます。いわゆるメモリ的な機能が実装されました。


今までこの機能を実現するには、一部屋分くらいの回路や、数個のピストンをうまく組み合わせる必要があったのですが、これからはかなり楽になりそうです。私の語力ではうまく伝えられませんが、かなり革命的な機能追加です。

なお、既存の回路への影響は-よほど変な回路でない限り-問題はないと思われます。


その他

・コウモリが、感圧版やトリップワイヤーフックを感知させなくなりました。



編集後記

12w34a <8月24日追記>
1.4の2回目のスナップショットにて編集後記を書かせてもらいます。
正直、最初のスナップショットは非常に興味深い内容ながら、興奮するほどの内容ではありませんでした。

12w34aは公開前に開発者がスクリーンショットをアップしていたのですが、もうコレを見て思いました。神アップデート確定と。

アイテムフレームや植木鉢など、今まで無くて代替的なアイデアを絞るも歯痒いものでしたが、ついにそれらが解消されそうです。
また、石壁の追加も建築に大きなインパクトを与えるのではないかと思います。柵より重い感じにできますし、逆に柱や街燈として使えば、細くて軽い感じにできます。ぜひ他の素材の壁もほしいですね。
これらは、たった3つの要素の追加ですが、使えるバリエーションはほんと多彩になりそうですね。

地図も思いがけない仕様の変更でした。コピーできるのが地味に凄く嬉しいです。アイテムフレームで壁にくっつけられるので良いインテリアパーツとして利用できそうです。

オオカミの首輪の色が変えられるのも嬉しいですね。私は未だに名前を付けていないことを思い出してしまいました。ちなみに、最初、首輪を色のカラーと誤訳して、オオカミの毛を染められるのかと思ったのは内緒です。

あと、意外な追加だったのが、ニンジンとジャガイモの追加ですね。これは既存の肉と合わせて、カレーを作るフラグじゃないですか? いや、タマネギの無いカレーはカレーとは認めません。ちなみに、私はカレーには豚と牛の両方の肉を入れる派なのですが、友達に話したら変人扱いされました。解せぬ。


12w36a <9月6日追記>
公式アナウンス曰く、次回アップデートはハロウィーン(10月末日)辺りの予定で、それはとても怖い内容になるみたいです。
私にとって最高に怖いのは、過去のセーブデータが使えなくなることですね。あとゴキブリも怖いですが。

生首の事を除けば、恐らく新ボスのことを言っているのでしょうね。まだ私は戦ってはいないのですが、姿は拝見させて頂きました。うん、私の腕では倒せる気がしません。
それと新ボスの黒いスケルトンも、見るからに強そうですね。というか、ネザーにスケルトンが湧くし、輪を乱さなければ結構平和だったネザーが地獄のように・・・

ポジティブな要素としては、サドル豚はなかなか面白いアップデートですね。マルチだったら、コースを作ってレースとかすると面白いかも知れませんね。あと自動で結構早い速度で走るので、道さえ作ってしまえば、トロッコの代替にもなりそうです。
頭ブロックはなかなか使い勝手が難しそうですが、個人的に近く作りたいと思っていたものに使えるので、歓迎だったりします。

画像転載について

このブログ記事内のスクリーンショットについては、特に記述が無い場合、自由に転載して頂いて結構です。転載の際には、出典元としてこの記事またはブログトップページへのリンクもしくは、URLの表記をお願い致します。