マインクラフトてんやわんや開拓記

箱庭ゲームのマインクラフトMinecraft)のてんわやんわな日常生活や、街や開発や建築、探検などの日記を中心に、攻略やチップ、テクニックなんかも紹介しています。

レッドストーン回路

ジ・エンドの浮遊島に駅を作る

前回、時の最果てから精神と時の部屋のある浮遊島まで線路を伸ばしました。今回は、その浮遊島の中に駅を作ります。


現状、神殿から適当に階段を下ろしているだけなので、これを撤去


本当は高い水晶を使いたくなかったのですが、他に合う素材もなかったので、泣く泣く設置。まぁ、ネザーで頑張って水晶掘り出します。


柵や照明を設置。最初はハリボテとなる島の中は見えないようにする予定だったのですが、まぁ、これはこれでいいかなと、オープンにしました。


さくっと回路を作成。とある理由から今回はかなりシンプルな機構。


プラットフォームを作って完成。
左側は照明の関係で設けたスペースなので特に意味はありません。ちょっとした展望台的なものです。

スクリーンショットを縮小してしまう関係で見えづらいですが、トリップワイヤーを音符ブロックジュークボックスの間に通しています。つまり、トロッコを降りて進むとレッドストーン回路が通電し、トロッコが無人状態で自動出発します。

これは、時の最果てがジ・エンドの入り口なので、トロッコが一方通行になり、ここに貯まらないように、乗客が降りたらトロッコだけが戻る仕組みとなっています。前回、過剰にブースターレールを設置したのは、その為です。

南々工業地帯にサトウキビ収穫機を作る

だいぶ昔、南々工業地帯に自動回収型の小麦畑とネザーウォート畑を作りました。今回はサトウキビの自動回収機構を作りたいと思います。
なぜサトウキビかというと昔、本の大量生産時に一度作ったことがある為です。


場所はここにします。


既にクリエイティブモードで一部機構を試作済みなので、それに習って作成中。


回路を作ります。わりと回路は小さく抑えようと思っているので、ちょっと大変です。


ホッパーのテスト。なんと回路が干渉してうまく動作しないという不具合を発見しました。試作していたとしてもテストは重要ですね。


基本機構です。ピストンで成長したサトウキビを圧し折る、わりとどこにでもある装置です。


2階建てにして1区画が完成。1区画につき20個の装置(ピストン)があります。


これと同じのを4区画作ります。


外装を作ります。梁はサトウキビをイメージした堅焼き粘土です。
もうちょい高くても良かったかなと思うものの、数十基のピストン同時作動で、ちょっとPCが辛そうなので、いいとしましょう。


回路をすべての区画に這わせて、内装を整えて完成。


合計80ピストンで自動的に下のチェストに貯まります。
ちなみにボタンが見えていますが、これは手動用で、逆面にレバーもあり、そのレバーがオンの時には、朝と夜、つまり10分間隔で自動的にピストンが作動します。
昔作った際は5分間隔だったのですが、ちょっと短いと感じたので。

南々工業地区に小麦タワーを作る

とりあえず、私の世界で産業革命を起こすきっかけになった、小麦収穫装置を作ります。


どの区画に作ってもいいのですが、思い切って中央あたりにしてみました。


装置はクリエイティブモードでいくつか試作しました。16×16は広いようで結構狭くて、いろいろ制約が出てしまいました。
ちなみに、この工業地帯全体にいえますが、大量生産で高効率を目指しますが、最高効率は重視していません。強いて言えば、見た目やギミックの面白さを重視します。

最初はボタンを押せば、すべて麦が収穫され、自動的に水流で流れて、その場で回収できる装置を作ったのですが、いろいろ問題があって、没に。


結局、スクリーンショットのような装置で、収穫だけして、回収はプレイヤーが行うことにしました。どうせ種を植え直す必要があるので、まぁいいでしょう。


実験


大成功。
1層で、2スタックとちょっと収穫可能です。



これをとりあえず4階建てにしました。ボタン一つですべて収穫できます。
増設するか分かりませんが、とりあえずPCが重くなってきたので、ここで打ち止めにします。


それにしても、スクリーンショットではただのビルですね。
他の建物を建てた際にこのビルもいろいろ外装を弄ってみたいと思います。

砂採取所に駅を作る


南大陸の砂採取所。東大陸との地下トンネルの出入り口です。
最初、この場所の次につくる場所が比較的近いため、ここには駅を作る予定がありませんでした。
ただ、駅の造形が頭に浮かんでしまったので、急遽駅を作ることになりました。

最も駅の間隔が狭い場所はもっと他にもあるからいいよね。少なくとも山手線のように、次の駅が見えてる、みたいにはなっていませんし。


少し整地します。


以前、ここの近くの拠点を作ったときと同様に、羊毛を使ったテント型の駅にします。


ちなみに、まだ作る先が未定ですが、新たな一路線設けておきました。


作った後に気付いたのですが、スイッチがとても押しにくい。


ちょっと殺風景ですが、次期バージョンで追加されるものを設置する予定です。
ビーコンブロックでも頭ブロックでもないよ。





作っている最中に、モンスターが湧かないよう天井にハーフブロックを敷いているトンネルに、トロッコだけが進んでしまうという事故が起きました。それ以降、トンネルを閉鎖して作業を行いました。

地上と浮遊島を結ぶ翠玉


深い森の奥ある浮遊島


大きく空いた輪


その真下にある池



ここにエメラルドを投げ入れると


なんということでしょう。浮遊島から水が流れてきました。



滝登りで浮遊島に行くことができるようになりました。


荘厳な神殿(建築予定)の麓の聖なる池(暫定)からの流れた神秘の水(仮)でした。




という茶番は置いておいて、以前、同じように浮遊庭園とエレベーターを作って結びましたが、今回はそれの人力版です。私は滝上りが得意ではないので、結構ヘビーですが、まぁ、頻繁に訪れる場所ではないのでいいでしょう。


ちなみに仕組みは、地上の池の下に木の感圧板を敷きます。この上にエメラルドがお布施されるとレッドストーン回路がオンになります。


回路は付近の山の中を通り、山の頂上付近まで上ります。


分かりづらいですけど、そこからバージョン1.3で登場したトリップワイヤー・フックで浮遊島の方に、動力を伝えています。
浮遊大陸をわざわざ自分で作った理由ですが、この動力を伝える為に、水平の高度が必要だったためです。


動力が伝われば、もう分かりますね。池の縁をピストンで縮めて、水を流すようにします。



なお、エメラルドは5分で消失するので、滝は5分で流れなくなります。



10月9日追記

コメントで質問が多かった、ワイヤーで動力を伝える方法ですが、このようにレッドストーンでボートの下のピストンを持ち上げ、ワイヤーがボートに反応して、浮遊島の方のトリップワイヤーフックに動力が伝わるような仕組みです。
プロフィール
【名前】
てんやわんや街長 (ちょうちょう)

【マイクラ暦】
2011年5月~ (PC版)

【メール】
zombiepigmanblog@gmail.com

【ツイッター】
@ZombiePigmanNow


サバイバルモード、バニラ(MOD未使用、デフォルトテクスチャ)、チート無し でプレイしています。
そのほかゲームのスタイルやコンセプト、ブログ運営等についてはこちらをご覧下さい。

基本的にブログは平日毎日更新しています。
コメント返信はちょっと遅れて土日とかになる事が最近は多いです。
ピックアップ記事
【これまでの開拓まとめ】
1~100 / ~200 / ~300 / ~400 / ~500 / ~600 / ~700 / ~800 / ~900 / ~1000

【ミニテクニック関係】
開発 1 / 2
作業 1 / 2
採掘 1

【レッドストーン回路関係】
回路解説 1 / 2 / 3 / 4 / 5

【その他】
バックアップ方法
破損データ修復方法

エイプリルフール ネタ(2012年) / 1周年記念 / 100万アクセス記念 / 200万 / 250万 / 500万 / 1000万 / 2周年
記事検索
最新コメント
Twitter
メッセージ

名前
メール
本文
その他
当サイトの、建築、アイディア、駄洒落、そのほか参考になるものがあれば、ご自由に使ってください。

ブログ、動画等での紹介はご自由にして頂いて構いません。連絡いただければ、喜んで見に行かせて頂きます。

当サイト掲載の画像は、特に断りが無い場合は、ご自由に転載して頂いても構いません。
 
QRコード
rssRSS
  • ライブドアブログ