もし、ルアーをひとつしか投げちゃいけない。ローテーションは禁止。というルールだったら、迷わない。

IMG_6734

ミニシケイダー一択だ。


フローティングかシンキングかは、だいぶ悩むけど。悩んで悩んで、シンキングかなぁ。季節にもよるけれど。

でも、そんなレギュレーションの管釣りはないわけで、いろいろなルアーの選択肢がある。

っていうか、1個だけルアーを持ち込んでいい大会とかおもしろそうね。切れたらおしまい。ローテーション禁止。カラーすら変更できない。もしトーナメンターだったら何を投げるでしょうね。最初にスパートをかけれるルアーか、永遠に適度に釣れ続けるルアーか。




さておき、ミニシケイダーには前身となるオリジナルがある。実は、このルアーも評判が高い。

高かった、というべきか。90年代後半のバスブームに付随する形で発展した管釣り。当時は、なんだかんだできっちり釣りができれば釣れる。1.5gスプーンと2.5ポンドラインを使いこなせれば、それなりに釣れる時代だった。

逆にいうときちんと投げて巻くことができない人が当たり前にたくさんいた。

そんな中、レンタルタックルに何を用意すればいいか?

釣れなければならない。これは、もう絶対的な使命。

かといって、キャストからリトリーブまでスムーズに移行できるとも限らない。カウントダウン何それっていうか、プラグの方が楽しそう。という初心者にも釣れるルアー。釣れなければいけないルアー。

そんな背景で生まれた、のではなく、いろいろ模索した結果、とある人気の管釣りで選ばれたルアーがシケイダーらしい。

現代エリアフィッシングでは、ともすれば『大きい』と感じでしまうボリューム。

けれど、への字クランクと比べてみれば、長さも短い。十分、許容範囲に収まる。

「いや、いまどき、ふつうにトーナメンターが投げていますが?(ブログを拝見中のみなさま)」

で、ですよねー。

ミニだけじゃなくシケイダーもチューンして販売しているのがディスプラウト。

現役のトーナメンターがわざわざそこまでするんだから、きっといまでもたくさん釣れるはずってんで、買ったの。

1個だけ持っていたはずなんだけど、ほら、出番がないと思って、リップをカットして、アイを新設して、ウエイトを張っちゃったから。いらないと思った後にやっぱり欲しくなっちゃうのよね。切られたあとに「もしかして釣れるルアー」ってなったり。


IMG_7675

ほら、もはや面影がない。


ミニシケイダーじゃボリューム不足。

への字クランクの中でも、しっぽの振りがでかく、ワイドでアピールが強いモカロンがハマっている。

なら、シケイダーでもイケるはず。

IMG_7683

よしよし♪


シケイダーでこの反応なら、次はあのルアーを試さねば


 にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 釣具(個人)へ