WCSシーズン1で使用した構築を書きます。

445-f

ガブリアス@こだわりスカーフ
性格 意地っ張り
技構成 地震 岩雪崩 毒突き 逆鱗
実数値 183-200(252)-115-×-106(4)-154(252)
上から雪崩で怯ませてもらうのが仕事。
毒突きは一回しか撃ったことがなかった。
逆鱗は相手のガブをワンキル出来たりするので割りと使える。

785

カプ・コケコ@命の珠
性格 臆病
技構成 放電 マジカルシャイン 10万ボルト 守る
実数値 145-×-105-147(252)-96(4)-200(252)
ガブの横で放電してもらう。
雪崩と放電の3割でまひるみを狙い、強引に不利対面をひっくり返したりする。

105-a

ガラガラA@太い骨
性格 慎重
技構成 フレアドライブ シャドーボーン 滅びの歌 守る
実数値 165(236)-112(92)-131(4)-×-132(156)-68(20)
横にも縦にも相性補完に優れる。
http://yakkun.com/sm/theory/n70
の調整をそのまま使った。
無補正珠テテフのフィールド込サイキネ確定耐え。
とりあえず滅びの歌を入れているがベール破壊やジジーロンへの打点になるかわらわりなどでも良いと思う。

130-f

ギャラドス@水Z
性格 陽気
技構成 滝登り 氷の牙 竜の舞 守る
実数値 171(4)-177(252)-99-*-120-146(252)
威嚇撒きを兼ねた積みアタッカー。
ガラガラとの横の補完に優れる。
一舞でコケコに縛られるのを嫌っての最速だが、そこまで活きる機会がなかった。
火力不足を感じたので意地の方が良さげかもしれない。
サブウェポンはガブマンダへの打点になる氷の牙を選択した。

797

テッカグヤ@オボン
性格 意地っ張り
技構成 ヘビーボンバー 地震 ワイドガード 守る
実数値 202(236)-168(252)-123-×-124(20)-81
物理アタッカーとして採用したテッカグヤ。
ワイドガードはあまり警戒されず、ガブへの吹雪やガラガラへの雪崩や地震を防ぐ事ができる。
また、ダウンロード対策としてD>Bとなっている。

793

ウツロイド@気合いの襷
性格 臆病
技構成 ヘドロ爆弾 パワージェム トリックルーム 守る
実数値 185(4)-×-67-179(252)-151-170(252)
カプ・レヒレに対しての打点やペリゴルの追い風をトリルで返したりしたいポケモンだった。
選出率がやや低めだと感じた。


基本選出は
ガブコケコ+ギャラガラ
ガブカグヤ+ギャラガラ
カグヤウツロイド+ギャラガラ

コケコ(テテフ)ライチュウに対しては
ガラカグヤ+ギャラガブ(ウツロイド)
ペリッパーゴルダックに対しては
コケコウツロイド+ガラギャラ(カグヤ)


構築の欠点として
トリトドン、ベトベトンA、ギガイアスが入った構築に弱く、スイッチトリルへの対応が自身のプレイング含め甘いと感じた。

最高レートは192820170116_000724_686
(この試合で負けて28吸われた)

確認した最高順位は77位(1月15日21:30時点)
Screenshot_20170115-235144

プレイングや構築にかなりの欠陥があったのにまさか瞬間とはいえWCSで1930近くまで行けるとは思わなかった。

シーズン2はバンクが解禁されると思うのでシングルをやりたいですね。

追記
QRレンタルチームが解禁されたのでURL貼っときます。
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4530-4DD3