シーズン2(シングル)で使用した構築を書きます。

serperior

ジャローダ@きあいのタスキ
性格 臆病
実数値 150-×-115-127-116-181
技構成 リーフストーム めざめるパワー(岩) 蛇睨み 挑発
だいたい初手に投げる。
リフスト撃ってるだけでゲームが終わることも稀にありました。
めざパはリザYガモス意識の岩。マンダへの削りにもなる。

gengar-mega

ゲンガー@ゲンガナイト
性格 臆病
実数値 135-×-101-222-115-200
技構成 祟り目 ヘドロ爆弾 催眠術 身代わり
メガ枠エース
ORAS時代と比べてガルーラがほぼ出てこなくなったので気合玉を採用する必要が無くなりました。

excadrill

ドリュウズ@とつげきチョッキ
性格 陽気
実数値 187-175-80-×-96-154
技構成 地震 アイアンヘッド 岩石封じ 角ドリル
ジャロの引き先や受け思考のパーティに役割が持てる。
調整は適当に拾ってきた。

clefable

ピクシー@アッキのみ
性格 図太い
実数値 201-×-137-115-110-82
技構成 ムーンフォース 小さくなる 月の光 瞑想
パルシェンを起点に縮んでいく枠。
1600-1800台では強引に勝ちを拾ってくれたがシーズン終盤ではあまり選出しなかった。

glalie

オニゴーリ@たべのこし
性格 臆病
実数値 177-×105-101-106-145
技構成 絶対零度 フリーズドライ 守る 身代わり
麻痺った相手を起点にしてクソゲー展開したい枠。
ウエポンはワンチャンの零度と広い範囲のフリドラを選択。Aアップがデメリットでしかなかったのでドランやガルドに撃てる地震が欲しくなる時があった。
ピクシー同様シーズン終盤では選出出来なかった。

n663

ファイアロー@飛行Z
性格 陽気
実数値 153-133-92×-89-195
技構成 フレアドライブ ブレイブバード 挑発 剣の舞
迷走枠。
この枠はギャラマンダヤミラミカイリューなどを試したがハッサムが重いのとゲンガーとの同時選出を重視してこいつになりました。
投入したのがシーズンの最後の方だったのもあり活躍したことは無かった。


Screenshot_20170320-203613

最高レートは2002

選出パターンはジャロ+ゲンガー@1
困ったらドリュウズ
きつい並びはアシレーヌ+グロスみたいなやつ
1900台あたりからよく見かけた気がします。
来シーズン以降は強い人の構築を積極的にパクって行きたいですね。

おまけ
20170320_011449_841
同じTNベクターの方とマッチングしました。
ベクターさん対戦ありがとうございました。
(ドリル2回と素催眠外して負けた)