カード


S10にて久しぶりのレート2000を達成した記念に書きます。


ゲンガー
ゲンガー@きあいのタスキ
性格 おくびょう
実数値 135-x-80-182(252)-96(4)-178(252)
技構成 ヘドロウェーブ/たたりめ/こごえるかぜ/さいみんじゅつ

催眠ゲンガーを使う上で邪魔となる
887778450248233815
がまとめて出禁になり積極的に上振れを狙えると思ったのでこいつから構築を組み始めた。

基本的には初手で出す。
730
の場合ヘドロウェーブを撃ち、食べ残しでなければ479wに引く。

880660094612
の場合凍える風を撃ち、そのあともう一発殴る。
(特に初手で出てくる880はラムを所持している可能性が高いのでうかつに催眠術を撃たず、凍える風後にヘドロウェーブで削りを入れて後続473の礫圏内に入れる。)
892-rgi212473
の場合479wに引く
006
の場合143に引く
143
の場合に引く

それ以外なら催眠術を撃ちます。

タスキなのでどうせダイマ切らないだろと思い、所持数も不足していたので飴を使わなかったが
ダイマする機会は意外とあった。
(例:初手のに対して催眠術を当て最速起きしなかった場合、ダイウォールを使いキョダイセンリツを撃たせない。など)
なのでダイマ飴はサボらずちゃんと使ったほうがいい。


Normal Sprite
カビゴン@とつげきチョッキ
性格 いじっぱり
実数値 235-178(252)-117(252)-x-130-51(4)
技構成 のしかかり/タネばくだん/ヒートスタンプ/じわれ
特殊ダイマエースである006と打ち合うことを役割としている。

前シーズンまでのチョッキ型は
ノーマル技/電技r鋼技or地面技or炎技を基本としていたが
778468130
がいなくなり鋼技と電技の需要が落ちたのでこれらを抜くことにした。
212598591
が環境にいるので炎技であるヒートスタンプはまず確定。
222-g748
らの陰キャポケモンを吹っ飛ばしたいじわれ
最後に技スぺが余ったのでタネばくだんを採用した。
195
の処理を早めることができ、が物理型であっても対処可能。
はラム剣舞が多かったのでその点に関してもいい仕事ができたかと。
(ただしワンパンはできない)
何よりまず読まれないのが強み。

ダイアタックの追加効果が地味に強く、ダイジェッターたちのSが下がるので後続の094の圏内に入れることができる。

パーティの中で一番ダイマを切る機会が多かったと思う。

rotomu
ロトム水@ゴツゴツメット
性格 ずぶとい
実数値 157(252)-x-174(252)-126(4)-127-81
技構成 ハイドロポンプ/ほうでん/ボルトチェンジ/おにび

094892-rgiの水流連打を誘発するので後投げして削りを入れる。
その後ボルチェンで対面操作するのが理想だった。


シーズン終盤はの方が多く活きる機会が少なかった。
またスカーフ蜻蛉で逆に対面操作をされてしまうこともあった。

どちらかといえば094に対して飛んでくる730のアクアジェットを受けて削り倒すシチュエーションの方が多かった。

回復実を持たせていない479wは耐久が心もとなく、扱いが難しかったです。


マンムー
マンムー@こだわりハチマキ
性格 いじっぱり
実数値 217(252)-200(252)-132-x-80-77(4)
技構成 じしん/つららおとし/こおりのつぶて/ばかぢから

有利対面から相手に負荷をできるだけかけたいので特化鉢巻で採用した。
591748をワンパンしたいのも背景にあった。
つららばりがいつも2回しか当ててくれなかったのでつらら落としにしたがこっちはこっちで命中不安がつきまとうのがネック。

努力値に関してだが陽気最速では火力が足りず、意地準速で使っていたがHAにすると珠ではない880のダイドラグーンがダイマ時に確3になるのでそちらで採用していた。

ただ、環境の730のSはインフレしており結局Sに振った方が良いのではないかとは思った。

ルチャブル
ルチャブル@ラムのみ
性格 いじっぱり
実数値 153-158(252)-85-x-75(4)-170(252)
技構成 ブレイブバード/インファイト/あなをほる/つるぎのまい

598143591195

を起点にしてダイマしたい枠。
技範囲の広さは事実なのだが、あまりにも火力が足りないのが欠点。
採用した当初は雷パンチを入れていたが、前述のとおり大して削れなかった。
初手スカーフ479hがボルチェンで裏に帰っていくことが多かったので処理できるように穴を掘るに変更した。

火力だけではなく耐久もかなり柔いのがさらに欠点。
正直ラムビルド892の方が楽に試合を運べたのではないかとシーズンが終わってから気づいた。



マタドガス
マタドガスG@たつじんのおび※かがくへんかガス
性格 ひかえめ
実数値 164(188)-x-140-150(252)-90-89(68)
技構成 ヘドロウェーブ/ワンダースチーム/かえんほうしゃ/10まんボルト


880892の両方に対面なら勝てて、をワンパンできるので採用した
ただし880892の取り巻きに対しては弱く、相手の後続に負荷をかけ辛いのが欠点。
730の弱点を突くことはできるがSのラインはインフレしているので普通に上からサイキネを撃たれたりする。

ダイマが切れてしまうとでんくちにごり押しされてしまうケースがありうるのもネック。

に関しても初手に出てこないだとか、裏に引かれて不利対面を作ってしまうことがあり、機能しなかった。
を倒せたとしてもセットで入っているに起点にされて敗北が確定してしまうので意味がない。

シーズンの序盤こそは880を狩りまくっていたが終盤ではあまり選出しなかった。

に対してはめっぽう強い点は良かった。


苦手なポケモン・並び




545
242823or

感想
運ゲに頼った感が強い構築ですが、久しぶりのレート2000という事と500戦近く戦ったのでやり切った
気持ちはあります。
そして何よりシーズン序盤に色々試している内にダイマ飴の在庫がなくなったのでしばらく自分の構築では潜れないです。

今後はダイマ飴をちまちま集めながらレンタルパでダブル潜りたいですね。

Screenshot_20201001-222127_Pokmon_HOME[1]