カテゴリー記事 月間ブログ解

【解析その1】
6月の人気ブログ記事ランキング
6月も駄ブログにアクセスして頂き、有難うございます


画像1 6月のブログ記事アクセス1位の記事

解析データ1 『6月1~30日人気記事ランキング』
     記事タイトル       記事分類      更新日   PV数
1位 サッカー専用スタジアム   広島都市開発系    6/03   1,902
   問題の現在地 5
2位 集客施設としてのマツダ   広島都市開発系    6/12   1,625
   スタジアム
3位 広島の道路の話題 4    広島都市開発系    6/04    989
4位 広島市19年度補正予算   広島都市開発系    6/10    878
   案を発表
5位 広島市の市民意識とは? 1 広島都市開発系    6/05    792
6位 ブログ記事更新について   告知など       6/18    709
7位 広島西飛行場跡地の話題 3 広島都市開発系    5/30    691
8位 近況について色々と 153 闘病記系       6/11    626
9位 エディオン広島本店リニ   広島都市開発系    6/24    570
   ュアールオープン
10位 広島市の外国人観光客過去 広島都市開発系    6/16    521
    最多更新

【論評】
 今月は通常通り、広島都市開発系記事が上位にずらりと並んだ。1位は超安定(笑)の
サッカー専用スタジアム問題の現在地 5』で、相も変わらないネット内の人気の高さを示した。湯崎知事、松井市長、深山会頭の3者でサッカースタジアム建設の基本合意がなされたことを書いた。中央公園広場案の建設決定と事実上の事業化のゴーサインがその主旨だった。2度目のスタジアム建設論議(13年~)から約6年、最初の議論(03年~)から16年が経過していた。建設最適地決定の遅れの要因は、①市と県の財政難 ②旧市民球場跡地への感傷的な固執 ➂有力候補地の地元の根強い反対 ④市民の無関心 ⑤行政のリーダーシップの欠如 だと推察する。紆余曲折があり難産だったが、最終決定した以上は、24年春の開場を目指し万全を尽くしてほしいものだ。5位の『広島市の市民意識とは? 1』は、少し目線を変えて書いてみた。ブログ主も絶えず、注意を払っているのだが考察系ブログの場合、ややもすると独りよがりと言うか暴走して、牽強附会-道理に合わないことを、自分に都合のよいように無理にこじつけること-に陥りやすい。直近の広島市民の世論動向を『平成30年度(2018年度)広島市市民意識調査報告書』(広島市HP)から、探ってみた。究極の暇つぶし記事である。市民世論動向に忖度する気持ちはさらさらないが、知っておいても損はないと思い書いた。あまり世論動向からかい離したことを得意顔で語っても、おバカ丸出しで恥じる気持ちもある。それがなくなったら人として終わりでもあるので、やはり把握して方が良いかも知れない。


画像2 サッカースタジアム建設の基本合意を行い、記者会見に臨む(右から)深山会頭、松井市長、湯崎知事の3人

 6位の『ブログ記事更新について』は、今年に入りブログ記事更新のモチベーションが極端に落ち始めていたことを書いた。理由は色々とあるが、SNSサイト全体の非生産ぶり-労力の割には結果が伴わない-や(記事投稿だけに)自己満足している自分とサイト都合に支配され始めていることへの嫌悪感だった。幽体離脱した自分が、ブログ記事更新に躍起になっている自分を笑っている、こんなネガティブイメージすら持った。『何をくだらないことにマジになっているんだ?』である。気持ちが少し持ち直したので、心機一転ほどではないが再び書き始めた次第だ。全体の傾向だと、前回の記事でも書いたが、訪問者数の減少は再びにほんブログ村のリンク貼りをすることで、増加に転じた。しかし、アクセス数自体が年初よりも20%程度下がったままで元には戻っていない。じっくりと読めばいつも書いていることは変わらないし、スキル自体も決して高くはない。クオリティを問われると厳しいところだ。まあ2年前の水準に毛が生えたぐらいなので、ちょうどいいと言えばそれまでだ。別にブログを収益化している訳でもないので、基本的にはどちらでも良かったりする。収益化していれば看過できない問題かも知れないが・・・。否定も肯定もしない感じだろうか?

【解析その2】
6月の全体的な傾向と個別記事の論評

解析データ2 『6月のブログ記事の傾向』
 合計アクセス(PV)数 31,092PV 
 日計平均アクセス
(PV)数 1,036PV(前月比69.3%)
  最高日計アクセス(PV)数 6月04日 1,453PV
  最低
日計アクセス(PV)数 6月15日 771PV

 総訪問者数 19,524人 
 日計平均訪問者数 651人(前月比101.6%)
 平均閲覧ページ数 1.59 
  最高日計訪問者数 6月04日 869人
  最低日計訪問者数 6月08日 497人


画像2 6月の日計アクセス数の推移

 前の解析でも触れたが、アクセス数(PV)は実はかなり下がっている。ところが訪問者自体は先月よりも若干上がっている。理由としては、記事文末にリンク貼りをしている『にほんブログ村』の存在がある。一時期-3月後半PV数、訪問者数ともに謎の減少傾向を示した。『もしかしたら・・・』と思い、物は試しと考え再度貼り付けると、訪問者は回復した。カテゴリーは特定疾患と広島市情報だけだが、これ経由で当ブログに訪れる人たちが意外にも多かったのである。これは毎回、コピペして貼り付けているだけだが、ある時期から面倒に感じてやめた。理由は特にないが、敢えて求めればあまり必要性を感じなかったことがある。これは勘違いだったようだ(笑)。訪問者数は回復したが、PV数は回復していない。訪問者1人当りの閲覧ページ数が2ページ以下の1.59。ある程度PV数があるブログの平均閲覧ページ数が不明なので何とも言えないが、ブログサイトによりカウント方法の仕様が異なるので判断がつきかねる。都合よく解釈すると、ブログTOPのURLをブックマークして、当日更新記事の更新を確認して、最新記事が関心があるものであればそのままの状態で、閲覧して『はい、サヨナラ』。関心がなければ、それすらしない。この時は、ブログ記事単位ではカウントされず、ブログTOPページもしくはヤフー及び、グーグル検索ページのみのカウントとなる。ブログ記事単位でのカウントの場合は、ブログタイトルのクリックが何番目であっても必要になる。

 平均閲覧ページ数を向上させるには、その日の記事の関連過去記事を現在のような記事文頭にリンクするのではなく、必要に応じて文中にさせるのが一番有効だろう。露骨な誘導手法かも知れないが、それをしないのは、必要性を感じないこともあるがPV数を貪欲に稼ぐ気持ちが薄いからだろう。収益ブログでないことが最大の理由かも知れない。収益ブログであれば、ブログ主もそうなっていると思う。7月以降の当ブログの課題は、①丁寧な記事作成 ②時期的にタイムリーな記事は欠かさず投稿 ➂戒めとして、牽強附会-道理に合わないことを、自分に都合のよいように無理にこじつけること-にならないように注意する ④無理かも知れないが(笑)、投稿記事内容の構成のバランスに留意する ⑤その時期の気分もあるが、書きたい記事を思うに任せ書く といったところだろうか? いつも思うことだが、結局ブログは管理人の自己満足の世界でしかないので良し悪しの問題と割り切っている。最近は『このブログはこうあるべきだ』とか、『こんな理想のブログにしたい(近づけたい)』などはなくなりつつある。正直、こればかりを追求しては疲れるし。やる気満々と言うよりは多少は脱力感を持たせた方が、続くだろうし結果的に良い記事が書けそうな気がしなくもない。既に7月に突入したが、今月はこんな気持ちでブログ記事を書いている。一時期は、週6日の7本更新、最近では週6日の6本更新だったが、当面を週5日の5本更新で書く予定だ。

お手数ですが、ワンクリックお願いします

難病(特定疾患) - 病気ブログ村 
広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧