前回記事 京都アニメーション放火事件
カテゴリー記事 時事考察 その他


今日の話題 8月3日朝日新聞デジタルから引用

表現の不自由展、中止に実行委が抗議『戦後最大の検閲』


 愛知県内で開かれている国際芸術祭※注1あいちトリエンナーレ2019』で、3日、企画展『表現の不自由展・その後』の中止が発表された。企画展の実行委員会メンバーが3日に発表した抗議文は以下の通り。

『あいちトリエンナーレ2019』の一方的中止に抗議する

 あいちトリエンナーレ2019実行委員会会長の大村秀章知事と津田大介芸術監督が、『表現の不自由展・その後』を本日8月3日で展示中止と発表したことに対して、私たち『表現の不自由展・その後』実行委員会一同は強く反対し、抗議します。本展は、でジャーナリストである津田大介芸術監督が2015年に私たちが開催した『表現の不自由展』を見て、あいちトリエンナーレ2019でぜひ『その後』したいという意欲的な呼びかけに共感し、企画・キュレーションを担ってきました。今回、電話などでの攻撃やハラスメントがあり、トリエンナーレ事務局が苦悩されたことに、私たちも心を痛め、ともに打開策を模索してきました。しかし、開始からわずか3日で中止するとは到底信じられません。16組の参加作家のみなさん、そして企画趣旨に理解を示してくださる観客のみなさんに対する責任を、どのように考えての判断なのでしょうか。

 今回の中止決定は、私たちに向けて一方的に通告されたものです。疑義があれば誠実に協議して解決を図るという契約書の趣旨にも反する行為です。何より、圧力によって人々の目の前から消された表現を集めて現代日本の表現の不自由状況を考えるという企画を、その主催者が自ら弾圧するということは、歴史的暴挙と言わざるを得ません。戦後日本最大の検閲事件となるでしょう。私たちは、あくまで本展を会期末まで継続することを強く希望します。一方的な中止決定に対しては、法的対抗手段も検討していることを申し添えます。

2019年8月3日

※注1 あいちトリエンナーレ』
 3年に1度、愛知県内で開かれる国内最大規模の国際芸術祭。4回目の今回は、名古屋市と
 豊田市を会場に8月1日〜10月14日の75日間、国内外90組以上のアーティストが参
 加し、現代美術展のほか映画や演劇、コンサートなどがある。今回のテーマは『情の時代』
 。芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏は『感情や情報をコントロールする技を身
 につけることが本来のアートではないか』との問題意識を持っている。

関連記事1 津田大介氏『変更含め検討』 表現の不自由展、抗議殺到
関連記事2 少女像展示『中止を』 河村市長が知事に申し入れへ

【考察その1】
表現の自由を優先すべきか?それとも日本人の多数の感情に配慮すべきなのか?


動画1 『あいちトリエンナーレ2019』 解説 津田大介  Oil in Lifeより

 言論の自由や表現の自由などは、日本国憲法で保障された当然の権利だが基本、その精神は尊重されるべきだと思うが、権利の行使に当たってはそれをすることにより不快に感じるであろう反対層への配慮があって然るべきだと考える。この権利を正義の御旗と言わんばかりに、真正面から掲げ『恐れ入れ!』では、理解を得るばかりか反感を買うだけになる。『〇〇の自由』とは、その意味合いでは100%の自由ではなく、反対勢力や主催者と共催者、そして社会的影響への配慮が欠かせない。それをすることで自由度が制限を受けるのは当然だ。自由を勘違いしている人が意外と多いが、自由は責任、権利には義務が付帯するものだ。この場合の責任及び義務とは、各方面の配慮だとブログ主はそう考える。この種の話を始めると、机上の論の匂いが濃厚で声高に『100%の自由』を求める左巻きな人たちと、現実的な対応の範囲で自由を主張するその他大勢の人たちとの千年問答が始まるのは必至だが、『もう少し世間の空気を読めよ』と思うブログ主などは、後者を熱烈に支持してしまう。彼らが主張する100%の自由など、この世の中のどこにも存在しないとさえ考える。人間の影響力が大きくなるほど各方面のしがらみが増えてしまい、その自由度は下がる。などと一般人のブログ主はそう考えるのだが、一部の極端な左右の主張を掲げるそれは、身勝手と言うか責任と義務をした上で行使されないので、その主張が心に響かないどころか、嫌悪感すら抱いてしまう。挙句の果てには『差別だ』『憲法違反だ』『日本の民主主義は死んだ』などと被害者面して声高に自身が主張し信じて疑わない正義を振りかざす。非は、認めない側ではなく主張する側にあると思うのが彼らには理解されない。無駄に頭でっかちで、少数階層故の主張の精鋭化が目立つ、との印象を強く持つ。この辺のことは、憲法や法律などの原理主義ではなく、解釈や適用の範囲の問題で抽象的な表現だと肌感覚の常識だとも思ったりする。肌感覚の常識とは、生まれ育った家庭環境や学校卒業後の社会経験から醸成されるもので、何とも言えない。この基本的な考えをしっかりと抑えた上で話を進めたい。


画像1 
『あいちトリエンナーレ2019』で問題視された従軍慰安婦少女像ならぬ『平和の少女』(画像 産経新聞より)

 
『あいちトリエンナーレ2019』の一部作品の展示中止になった理由は、従軍慰安婦少女像の展示(上記画像1参照)である。少女像は韓国人彫刻家夫妻が手がけた『平和の少女像』で、憲法9条をテーマにした俳句など、美術館から撤去されるなどした作品とともに展示されている。そもそも、『あいちトリエンナーレ2019』とは、3年に1度、愛知県内で開かれる国内最大規模の国際芸術祭だ。実行委員会は県や名古屋市、経済団体などで構成され、大村氏(愛知県知事)が会長、河村氏(名古屋市長)は会長代行を務める。開催事業費は県、名古屋市などが負担、国の補助金も支出されている。公的要素が強いものだということを最初に述べておきたい。で、この展示内容に関する反響は凄まじく、開幕した今月1日だけで抗議は電話200件、メール500件。事務局の電話はパンクした。2日朝には知事が例に挙げたファクスが届いた。事務局は抗議電話に対しては意見を聴く姿勢で、職員も増強したが、電話やメールは県庁にも寄せられた。対応に忙殺され、芸術祭の運営そのものに支障を来しかねないところまで追い込まれた。テロ予告や脅迫の電話などもあり、撤去しなければガソリン携行缶を持ってお邪魔するというファクスもあったらしい。今回の展示内容は、『表現の不自由展・その後』(公式HP)のタイトルでもお分かりのように、今まで美術館で展示を拒否された作品を集めたものが圧倒的に多く、本来であれば会長を務める大村知事が『あいちトリエンナーレ2019』に相応しい内容か否かの判断を事前に下すべきだった。内容の本質ではなく、開催することで社会に与える影響力を鑑みる必要があったのではなかろうか? 本人弁だと『行政が展覧会の中身にコミットするのは控えなければならず、芸術祭じゃなくなる』との判断が働き、展示を許可した。予想を遥かに超えた反応に驚き、一部作品の展示中止を円滑の運営のため決断せざる負えなかった。会長代行を務める河村市長は、2日、会場の愛知芸術文化センター(名古屋市東区)を訪れた後、報道陣の取材に応じ、少女像の展示について『どう考えても日本人の心を踏みにじるものだ。即刻中止していただきたい』と話し、大村知事宛てに展示中止を含めた適切な対応を求める抗議文を提出した。当然の対応だと考える。日韓請求権協定を無視して日本企業の資産を没収する判決まで出した『徴用工問題』で、日韓が激しく対立して、反韓意識が高揚している時節柄、国民世論を刺激すればどうなるのか?分かろうというものだが・・・。

【考察その2】
これって日本人としてどうなのだろうか?


動画2 『表現の不自由展・その後』の中止について会見する芸術監督の津田大介氏

 今回、芸術監督の津田大介氏が2015年に開催した『表現の不自由展』を見て、『あいちトリエンナーレ2019』でぜひ『その後』をしたいという意欲的な呼びかけに共感し、企画・キュレーションを担ってきた。純粋な芸術展示というよりは、芸術の名を借りた政治デモンストレーションに映るのはブログ主だけではあるまい。今回の展示中止に追い込まれた背景にはそれがある。本来、政治と宗教、スポーツ、芸術などは一括りで語るものではなく分離されなければならない。従軍慰安婦少女像を模した『平和の少女』も十分政治メッセージを強く感じるものだが、それ以上にブログ主が作者の意図を量りかね、違和感、いや不快感を覚えたものに昭和天皇の写真を燃やしたかのような映像がある。 ~『表現の不自由展・その後』~ の大浦信行氏の作品『遠近を抱えて』で、『富山の美術 '86』で出展されたもので、展覧会終了後県会議員による県議会での批判がマスコミに報道され、右翼団体や神社関係者から作品とその図録の非公開もしくは処分が求められ、93年に県は、作品と図録の保有が管理運営上の問題になるとして、作品の売却と図録残部の焼却処分を決定した。作品公開を求めた作家と市民らが住民訴訟を提起し、一審で一部勝訴したものの、控訴審で敗訴し、上告が棄却された。あいちトリエンナーレ2019の企画展『表現の不自由展・その後』にて、大浦の『遠近を抱えて PartⅡ(4点)』が出展された。作品の中には富山県立近代美術館による自分の作品の焼却を彷彿させるシーンがあるが、昭和天皇の御真影が焼かれるように見えるため、観客からは不快などと批判が殺到したいわくつきの作品だった。同じ企画展には慰安婦像嶋田美子氏による昭和天皇の肖像を大浦と同じ趣旨で加工した作品も出展されたため抗議や脅迫が殺到していた。『昭和天皇を焼き殺すイメージ』を意図した作品でないとしても、そんな出展者の意図を見た側が理解するのは到底不可能だ。視覚での印象をそのまま意図として受けとめるのが一般的だろう。この作品を見て、日本人の90%以上は濃淡の差はあれど不快感を覚える筈だ。表現の自由の暴走としか言いようがない。


動画3 『表現の不自由展・その後』の中止について会見する愛知県の大村秀章知事

 そもそもの問題として、作品に昭和天皇を持ち出すこと自体が、ある種の政治メッセージ-戦争責任や戦前の軍国主義の象徴-を奥底に隠し持っている、と疑われても仕方がない。不敬などと時代錯誤な言葉を使うつもりは毛頭ないが、一介の芸術の範疇を超えていると思うのだ。芸術、表現の自由の免罪符さえ得れば、何をしても許されるのか?百歩譲って、芸術に政治的メッセージを込めることを可とした場合でも、その表現方法は選ぶべきだ。先の考察で抑えるべきポイントして指摘した『影響を与えるであろう各方面への配慮』という責任と義務の履行をおざなりにしている、と責められても反論の余地はないだろう。ブログ主は従軍慰安婦少女像ならぬ『平和の少女』よりもこちらの方が、癇に障った。さらに問題なのは、民間施設で公的資金の補助なしで開催するのは表現の自由が保障されている日本であれば何の支障もない。まあ賛同する人は少ないと思うが・・・。企画展の実行委員会メンバーが法的手段の辞さずと強気の態度を崩していないようだが、世の中の大多数の人たちが不快感を示し、政治メッセージの色濃いものを出展しておいて何が芸術なのか? 自分たちの常識と世間一般の常識とのかい離についてどのような認識を持っているのか、お聞きしたいぐらいだ。頭の中だけで捉える理想の姿だけが独り歩きして、現実世界を一切見ようとしない左巻き思想の人特有の弊害が如実に現れている。これは、8月6日に原爆ドーム周辺で拡声器を使い、安倍首相に抗議活動をしている方々にも同じことが言える。あれは、広島市民の99.9%の人間が不快感を持ち眺めている。規制する条例案を広島市は検討しているが、言論の自由の抑圧などと捉える広島市民はほぼ皆無である。話を戻すが、今回の騒動のおかげで『あいちトリエンナーレ2019』(公式HP)が全国的に周知され、集客効果も高まり興行的には成功するかも知れない。

お手数ですが、ワンクリックお願いします

難病(特定疾患) - 病気ブログ村 
広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧