シリーズ記事 新・広島市に地下鉄が実現していたら‥‥

ブログ主からのお願い
 
 この記事は他の記事とは異なり、事実と相違する歴史if世界をブログ主の思い付きで書いています。物語上外せないものは史実を一部取り入れていますが、後は完全にフィクション-作り話、創作-の世界です。言いたいことは山ほどあるとは思いますが、寛大な心を以て読んで頂ければ幸いです。ブログ主の暇つぶし記事にお付き合い頂ける方のみ、先に進んでください。

【前回までの話】
 75年2月の広島市長選に3度目の挑戦で初当選したうえき市長は、争点にもなったHATSⅡ案の見直しに就任後、着手した。『広島市基幹公共交通検討会』を立ち上げ、新しい地下式鉄・軌道系公共交通の整備の方向性を打ち出した。引き継ぐ形で『広島市基幹公共交通導入検討会』を発足させた。4つの選定機種を議論のたたき台としたが、途中からナカタ元首相の思わぬ援護射撃もあり、路面電車規格の地下鉄案が賛同一色となった。その流れに乗り、国鉄可部線と広電各線を乗り入れさせる『HATSⅢ案』()を最終提言案とした。地元選出の政界のキングメーカーのナカタ元首相、所轄官庁の運輸省や建設省との折衝を重ね、欧州の先進都市の視察などを経て、同案を77年春、『中国地方陸上交通審議会』で答申案に仕立てた。その後、広島高速鉄道設立の準備、基本設計、付随する関連事業-広島駅、西広島駅再開発、地下街建設、路面電車の再活性化-の具体化に向けた種まきをし、準備を進めた。78年春に、『路面電車活性化委員会』の初会合があり、速達性向上に向けた処方箋が議論され、一定の方向性が打ち出された。~歴史if世界年表 

【登場人物などの紹介】
うえき広島市長(モデル 荒木武市長) 
 前市長の急死により、75年2月3度目の挑戦で初当選を果たした。無所属候補だったが、民社党の元県議で、三菱重工の労働組合が出身母体。選挙戦の地下鉄導入論議では、フル規格地下鉄のHATSⅡ案、広電の存続を前提とした公共交通整備などどの案にも組せず、反対意見が多かったHATSⅡ案のゼロベースからの見直しだけを主張した。当選後、
『広島市基幹公共交通検討会』を立ち上げ、議論の仕切り直しを始めた。その後立ち上げた『広島市基幹公共交通導入検討会』で的確な手段を講じ、HATSⅢ案を最終提言案にまとめた。広島駅再開発などの関連事業も同時に立ち上げ、地下鉄導入を契機に真の中国地方の中枢都市を目指すべく邁進している。『昼行燈のうえきさん』改め、『何でもできるうえきさん』になりつつある

HATSⅢ案(モデル 旧西ドイツのシュタットバーンなど)
 広電の路面電車への愛着が強い多くの市民の反対の世論をバックに、HATSⅡ案の代替え案として浮上した。国鉄可部線を移設・複線・高架化させ路面電車規格に改め、広電各線とを片乗り入れさせる路面電車の地下鉄案。建設㌔数は僅か8.1㌔だが、深刻化する市北西部の交通渋滞も解消させ、広島都市圏全体の公共交通網全体も一気にリメイクするという役割も担っている。運輸省補助による建設する地下鉄線だが、車両は保有せずインフラ設備のみ保有し運営は一切乗り入れる国鉄と広電に一任する方針。79年着工し、85年頃の開業を目指している。地下鉄線部分の建設費は1,790億円(市負担411億円)。うえき市長が掲げる『広島百年の大計』の基幹事業。


【歴史if世界その15】
第2回路面電車活性化委員会の開催


画像1 ボストンMBTA(マサチューセッツ港湾運輸公社)に86年納車された近畿車輛製LRV(画像 同社公式HPより)

 前回の開催から2カ月後の78年6月中旬、『第2回路面電車活性化委員会(以下 委員会)』が市役所内で開催された。今回の議題は前回持ち越した課題の対処法の検討状況の報告と新しい議題として、既存の軌道の建設される地下鉄線の接続をどうするのか?である。委員会冒頭に市から、広電に支払う営業補償金は、地下鉄東西・横川・鯉城3線の工事が始まるのが79年度からなので、80~81年頃になると報告された。市道霞庚午線の舟入南6丁目交差点(江波線交差)は同線の工事が終わる80年代半ば頃、平和大通りの小網町交差点(江波線交差)、白神社前交差点(宇品線交差)は鶴見橋の建て替える時期に合わせ、立体交差化する意向を明らかにした。国からは、国道2号線の舟入本町交差点(江波線交差)、広島市役所前交差(宇品線)、平野橋東交差(皆実町線)については、暗礁に乗り上げている西広島BP高架延伸が開通すれば、立体交差化する必要はなく、優先信号の設置で対応が出来るとした。広島市の2道路についても、立体交差が完成するまでの過渡期的な処置として、優先信号の設置をしては、との提案がされた。県警も事前に相談を受けており承認した。広電からは、停留所統廃合計画として、18の停留所を廃止、旧停留所の中間地点に新停留所を8ほど建設して、最終的に34停留所を24停留所にする草案が提出された。停留所サイズも(幅)1.8~2.0㍍×30~100㍍にすれば、入線に手間取り障害時間が無くなると報告がされた。この草案に反対意見はなく採択された。次に、広電市内軌道線と地下鉄に接続する部分の話に入った。コストが最もかかる話で、地下鉄建設に係る負担とすべきか、路面電車の活性化に係る負担、はたまた別途の方策を用いるべきか、議論が分かれるところだった。接続部は具体的には宇品線の紙屋町交差点、江波線の十日市交差点、白島線の八丁堀交差点、皆実町線の駅前大橋南詰交差点の4ヵ所である。広電にも応分の負担を求める声も出たが、道路交通渋滞緩和の観点から、地下鉄や路面電車の活性化とは切り離し、交差点の立体交差化事業としてすることが望ましいとの意見が大半を占めた。これにより、西広島停留所付近の地下移設のみ広電が応分の負担をすることに決まった。


画像2 簡易式リザベーション区間の広電宇品線広島港付近の軌道。センターではなく、軌道を片側(サイド)に寄せ、道路交通の影響を受けにくい構造にしている(画像 アンドビルド広島より)


画像3 立体交差化されているオランダ第3の都市デン・ハーグトラムの様子、この区間は、トラムの軌道だけアンダークロス化されている

 
新型車両については、今回の委員会にオブザーバーとして、近畿車輛の関係者が加わった。話によると、現在ボストンの路面電車地下線(グリーンライン=地下式LRT)の納車を想定する車両は、車体長22.0㍍クラスの2連接車両を想定してコンペ(83年)に臨むとしている。車体長30.0㍍クラスの3連接車両も開発も技術的には十分可能であると明言。仮に80編成単位での受注を受けても2~3年程度の工期さえあれば問題はない、価格は、2連接車両で6,000万円、3連接車両8,000万円程度になるとし、大量発注の場合10%程度の割引も可能と話した。今回は今後の大まかなスケジュールも決めた。

『第2回路面電車再活性化委員会』の決定事項
 1】今後のスケジュール
  ①電車優先信号の設置-79年度から順次設置。設置区間は、存続線の12.2㌔が対象
  ②停留所の統廃合-79年より整備着手。80~81年度に新設する8停留所を完成させ
           、全停留所完成後、廃止停留所を建て壊す作業に入る。存続停留所は
           82~83年度に高規格改修工事を終わらせる
  ➂軌道のセンターリ-停留所の統廃合に合わせ、82~83年度に整備を行う。上記画像
   ザベーション化  2のような縁石設置の簡易型にするセンタポール化も同様とする

  ④新型車両の導入-市から営業補償金が80~81年度に入るため、81~82年度に発注
           をかけ82~83年度から納車とし、3年程度で置き換える

  ⑤ダイヤ改正-新型車両の導入を2連接車両&3連接車両中心として一編成当たりの輸送効
         率を上げる。その過程で、減便ダイヤを実行し過密ダイヤを解消させる

  ⑥最高速度-50km/h以上の営業運転が可能な車両が完全に揃った時点で緩和する
   
緩和           
  ⑦主要交差点の-当面の対象は全区間、地下鉄開通後の85年以降は、廃止区間に限り右折可
   
右折禁止   を復活させる。実施は79年度からとする
      

 2】その他の決定事項
  ①地下鉄との接続部は、道路交通緩和の観点から立体交差化事業の一環として実施。十日市
   JCT(江波線-国道54号線)、紙屋町JCT(宇品線-国道54号線)、駅前大橋J
   CT(皆実町線-市道)、八丁堀JCT(白島線-市道)なので道路管理者が国の整備補
   助制度を活用し、主体性を持って整備に当たる 完成は85年頃。

 3回目以降委員会で、3号線系統(西広島~紙屋町~広島港)の存続、皆実町線と宇品線の市道中広宇品線への移設について議論することを取り決め散会した。方向としては、今すぐ着手可能なものは前倒しして実施する。地下鉄開業が85年頃なので、別に待つ必要はないとした。

【歴史if世界その16】
広島高速鉄道設立


画像1 地下鉄の複々線区間のイメージ。ベルギーの首都の首都ブリュッセルプレメトロの複々線の様子(画像 ユーチューブ動画撮影より)

 第2回委員会の翌月、地下鉄のインフラ設備を保有する『広島高速鉄道』が設立された。実地設計がほぼ終わり、来年度(79年度)の着工を控えた地下鉄線なども含めた
概要は以下の通り。

1 広島高速鉄道の概要
 ①事業内容:鉄道施設保有会社(第三種鉄道事業者)
  鉄道施設使用料(
乗り入れ後増収分の20%程度)の徴収、保有予定の売店、食堂などの
  施設使用料の徴収など

 ②鉄道運営事業:国鉄(東西線、横川線乗り入れ)及び広島電鉄(東西線、横川線、鯉城線
  乗り入れ)が取り行う
 ➂区間と構造: 計8.1㌔ 13駅
  東西線5.1㌔(地下3.9㌔、高架1.2㌔ 複々線) 横川線1.4㌔(地
下1.4㌔ 
       
複々線) 鯉城線1.6㌔(地下1.6㌔ 複線)
 ④資本(資本金100億円 株式総数20万株)の内訳
  広島市-51億円 10.2万株、広島県-20億円 4万株、日本政策投資銀行-10億円
  2万株 国鉄-10億円 2万株、広島電鉄-5億円 1万株 その他-4億円 4万株
 ⑤本社:広島市大手町1丁目

2 地下鉄線の概要
 詳細は、『新・広島市に地下鉄が実現していたら‥‥ 5』【歴史if世界その10】を参照
 補足説明:HATSⅢ案策定後(76年11月以降、新たに決まったもの、変更があったもの)
  ①運転系統(そのまま広電線のものを踏襲)
   1号線 新白島駅~(地下鉄鯉城線)~本通~(広電宇品線)~広島港
   2号線 
広島駅(地下鉄東西線)~紙屋町~西広島駅~(広電宮島線)宮島口
   5号線 広島駅~(地下鉄東西線)~駅前大橋JCT~(広電皆実町線)~広島港
   6号線 広島駅~
(地下鉄東西線)~紙屋町~十日市~(広電江波線)~江波
   8号線 横川駅~(地下鉄横川線)~十日市~(広電江波線)~江波南
   9号線 白島~(広電白島線)~八丁堀(地下鉄東西線)

   10号線 広島駅~(地下鉄東西線)~紙屋町~十日市~(地下鉄横川線)~横川駅
        ~(国鉄可部線)~可部駅
   3号線については
『第3回路面電車活性化委員会』にて、存続の議論をする

  ②建設費の負担割合の変更(国の補助率62%になったため)

   地下鉄東西・横川-約1,790億円(国負担1,110億円、※広島市負担411億
   ・鯉城線部分   、広島県負担269億円)

  ➂国鉄可部線(横川駅~可部駅)の概要
   市道長束八木線(梅林~三篠間 高架式)の
中央分離帯(幅7.0㍍)、国道54
   
号線三篠~横川駅間 地下式)に移設、可部~梅林間は既存のままとする。複線
   化、直流600V、軌間1,435㍉の広電路面電車の規格に改変。可部~三段峡間
   は現行のままとする。梅林~横川の旧線は廃止。全便広島市営地下鉄に乗り入れる
   。横川~可部間の駅のホームは幅2.5~3.0㍍×長さ65㍍(3連接車両の連結
   可)×高さ30㌢台。他の国鉄線とは独立させたネットワークとする。
運用車両は
   電規格同様の軌道線低床車両。朝のピーク時は3分毎(1時間当たり片方向
20本)
   の連結運転、日中は7.5分毎(1時間当たり片方向8本)の連結運転が本。工
   事着工は82年度とし、88年の開業を目指す


画像2 地下複々線区間の駅(地下停留所)のイメージ。ドイツの都市エッセンの複々線地下駅の様子
(画像 ユーチューブ動画撮影より)

 ナカタ元首相の口添えで、地下鉄整備の国庫補助率が通常の52%から、10%割り増しの62%となった。これにより、広島県の建設補助20%を15%に引き下げた。広島市の負担も501億円から411億円となり90億円減った。
『都市高速鉄道建設基金』の約300億円を差し引くと、111億円で、年平均18.5億円負担の軽微なものになった。ただ、付帯事業となる可部線の導入路である市道長束八木線の整備や広電各線と地下鉄を接続する市道部の立体交差化事業、広電、広電バス、広島交通に支払う営業補償金などもあるので、700~800億円程度の投資を余儀なくされることになる。広島高速鉄道の設立記念パーティーでグラスを傾け、うえき市長はこれまでの事を感慨にふけっていた。地下鉄導入を機に一気に、原爆投下の後始末で遅れに遅れていた中国地方の中枢都市に相応しい都市インフラ整備を加速させるので、少々の市債残高がかさむのは致し方がないと割り切っていた。事業そのものは黒字化が難しくとも、民間の投資環境を整備することで、法人税や固定資産税などの市税で回収できれば、市にとっても大きなプラスになるものと信じて疑っていない。その流れをさらに強め確実なものにするための秘策も心中にある。広電の系統番号を地下鉄開業も踏襲する理由は、利用者に馴染みが深いことがある。市民の広電支持はそれだけ強い。来年度(79年度)の市長選までの任期が残り7カ月ばかりとなり、1期目の前半でまいた種がそろそろ、芽が出し始め、その姿を市民に示す必要があった。付帯事業の目玉である広島駅と西広島駅の表(南)口広場の設計も79年度まで終わらせる目途が立ち、再開発ビルの再開発準備組合を設立も終わった。国道2号線西広島BP高架延伸は、反対が強く事業再開の目途が全く立っていないが、他の事業は順調そのもだった。60~80年代の高度・安定成長期において、公共事業は最大の都市活性化策で投資規模が大きいほどそのリターンも大きく、都市飛躍のきっかけになる。機を逃しては、徐々に水を空けられつつあった福岡市に永遠に追いつけない。どの歴代市長よりも働いた自信はある。来年の市長選は、どう考えても再選は確実だと思っている。あの秘策が、来年の市長選で公にすれば、さらに支持は広がり半永久政権、歴代最高市長の称号を獲得するのも夢ではない。それを実現するには、手綱を引き締め直し打てる手は打てる時にすべて打つ覚悟も必要だ、とした。設立記念パーティーも終わり、会場を後にしてもその事ばかり考えていた。辣腕市長の異名を取りつつあるうえき市長のこの秘策が、見事に失敗して20年後以降の広島市の大きな暗雲として立ちはだかることは、本人はおろか誰も知る由もなかった。

その9へ続く 

お手数ですが、ワンクリックお願いします

難病(特定疾患) - 病気ブログ村 広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧