シリーズ記事 新・広島市に地下鉄が実現していたら‥‥

ブログ主からのお願い
 
 この記事は他の記事とは異なり、事実と相違する歴史if世界をブログ主の思い付きで書いています。物語上外せないものは史実を一部取り入れていますが、後は完全にフィクション-作り話、創作-の世界です。言いたいことは山ほどあるとは思いますが、寛大な心を以て読んで頂ければ幸いです。ブログ主の暇つぶし記事にお付き合い頂ける方のみ、先に進んでください。

【前回までの話】
 75年2月前市長の急死に伴う広島市長選で、
3度目の挑戦で初当選したうえき市長は、争点にもなったHATSⅡ案の見直しに就任後、着手した。『広島市基幹公共交通検討会』を立ち上げ、新しい地下式鉄・軌道系公共交通の整備の方向性を打ち出す。引き継ぐ形で『広島市基幹公共交通導入検討会』を立ち上げたが、途中からナカタ元首相の思わぬ援護射撃もあり、国鉄可部線と広電各線を乗り入れさせる『HATSⅢ案』()を最終提言案としてまとめた。同案は77年春、『中国地方陸上交通審議会』で答申案となり、広島高速鉄道設立の準備、基本設計、付随する関連事業-広島駅、西広島駅再開発、地下街建設、路面電車の再活性化-の具体化に向けた種まきをした。78年春に、『路面電車活性化委員会』を立ち上げ、2回の会合で再活性策とスケジュールを決めた。その年に夏に、広島高速鉄道を設立させ、来年(79年)度の工事着手に備えた。就任直後の『昼行燈』の評価は過去の話となり、辣腕市長の評価に変わりつつあるうえき市長の野望は止まらない

【登場人物などの紹介】
うえき広島市長(モデル 荒木武元市長) 
 前市長の急死により、75年2月3度目の挑戦で初当選を果たした。無所属候補だったが、民社党の元県議で、三菱重工の労働組合が出身母体。選挙戦の地下鉄導入論議では、フル規格地下鉄のHATSⅡ案、広電の存続を前提とした公共交通整備などどの案にも組せず、反対意見が多かったHATSⅡ案のゼロベースからの見直しだけを主張した。当選後、
『広島市基幹公共交通検討会』を立ち上げ、議論の仕切り直しを始めた。その後立ち上げた『広島市基幹公共交通導入検討会』で的確な手段を講じ、HATSⅢ案を最終提言案にまとめた。広島駅再開発などの関連事業も同時に立ち上げ、地下鉄導入を契機に真の中国地方の中枢都市を目指すべく邁進している

広電大谷会長(広島商工会議所会頭兼務 モデル 大田前会長)
 
広電最高の出来物経営者として名を馳せ、78年に広電初の広島商工会議所会頭にも赴任した。うえき市長就任直後から、市長与党の一人だった。かねてより広島市規模ではフル規格地下鉄では、供給過剰になると警鐘を鳴らしていた。路面電車の取り巻く環境が、この数年で激変して戸惑いが隠せないでいる

ナカタ元首相(モデル 田中角栄元首相)
 広島選挙区選出の衆議院議員。コンピューター付きブルドーザーとの異名を取り、日本の政界にキングメーカーとして長らく君臨した。ラッキード事件で首相を退陣したが、自民党最大派閥のナカタ派の領袖として実質的な首相の任命権すら持っていた。お膝元の広島市では、芸州会なる政治団体を立ち上げ、国の予算編成において大蔵省主計局に対し、『芸州会要望書』を提出し、丸飲みさせるのが習慣となっていた。76年当時の会員数は、10万人を超え、広島の政財界の要人もこぞって加入していた

HATSⅢ案(モデル 旧西ドイツのシュタットバーンなど)
 広電の路面電車への愛着が強い多くの市民の反対の世論をバックに、HATSⅡ案の代替え案として浮上した。国鉄可部線を移設・複線・高架化させ路面電車規格に改め、広電各線とを片乗り入れさせる路面電車の地下鉄案。建設㌔数は僅か8.1㌔だが、深刻化する市北西部の交通渋滞も解消させ、広島都市圏全体の公共交通網全体も一気にリメイクするという役割も担っている。運輸省補助による建設する地下鉄線だが、車両は保有せずインフラ設備のみ保有し運営は一切乗り入れる国鉄と広電に一任する方針。79年着工し、85年頃の開業を目指している。地下鉄線部分の建設費は1,790億円(市負担411億円)。うえき市長が掲げる『広島百年の大計』の基幹事業

【歴史if世界その17】
広電本社の大谷会長の戸惑いと決意


画像1 東千田町にある広電本社の外観(画像 ウィキペディアより)

 78年11月、季節は秋から冬に向かう中、大谷会長は最上階の社長室である資料を目にやり佇んでいた。その資料は、『路面電車活性化委員会(以下 委員会)』がまとめた最終答申案だった。第2回委員会が6月に開催(新・広島市に地下鉄が実現していたら‥‥ 8)され、その後8月と10月に二度ほど開催され、最終答申案がまとまり地下鉄建設に先んじて、来年から手が付けられるものは着手することになった。この改良案が全て完成して、地下鉄線の乗り入れた暁には、現在の旅行速度12.0km/hが、22.0km/h程度となり、10km/h以上も向上する。本線&横川線が名義上は廃止(実際には地下新線としてリメイク)されるので、81年に20年分の営業補償金が250億円が支払われる。『路面電車走行空間改善改築事業』が創設され、車両更新に1/3の国からの補助が見込め、地下鉄開業後に想定する運用車両本数100編成を開発中の新型車両に置き換えても、200億円以上は余る。西広島停留所の地下移設の自社負担分を差し引いたとしても、180億円前後が余剰になる計算だった。当初廃止される3号線系統も、撤回され広電平和大通り西線(下記画像2参照 西広島駅~白神社間2.5㌔)が江波延伸線(江波~江波南間1.1㌔)と共に、85年までに開業することになり、広電としては慶事どころの騒ぎではなくなった。広電本線と同横川線が地下鉄東西、横川線に名義変更され路線㌔も18.8㌔から12.2㌔になるところが、15.8㌔になる。利用者数も現在の1日平均15.0万人から21.0万人と当初試算されたが、延伸計画の具体化で22.8万人(52%増)になると試算し直された。増収分の約20%は施設使用料として、広島高速鉄道に徴収されるが、得る対価を考えると微々たる負担でしかない。『何もかも上手くいき過ぎて逆に怖い』が正直な感想だ。大谷会長が理想とする姿のかなり上の姿が現実のものとなりそうなのだ。そう考えても不思議ではない。

 
画像2 平和大通り西線のルート図(画像 中国運輸局HPより)

 広電にとっては莫大な利益と明るい将来をもたらす話だが、5年前までの路面電車の社会全体のヒステリックなバッシングの記憶がまだ生々しいだけに、現実感が伴わない夢心地の中にいる心境なのだ。そして今一度『
路面電車再活性化委員会』の最終決定事項を見て、現実のものとして確認しようとした。

 
路面電車再活性化委員会』の最終決定事項
①電車優先信号の設置-79年度から順次設置。設置区間は、存続線の12.2㌔と新設線3.
           6㌔が対象

②停留所の統廃合-存続34停留所のうち18停留所を廃止。新たに8停留所を新設。9年よ
         
整備着手。80~81年度に新設する8停留所を完成させ、全停留
         成後、廃止停留所を建て壊す作業に入る。存続停留所は
82~83年度
         高規格改修工事を終わらせる

➂軌道のセンターリ-停留所の統廃合に合わせ、82~83年度に整備を行う。下記画像3の
 
ザベーション化  ように縁石設置の簡易型にするセンタポール化(広島県HP)も同様と
          
する。全区間が対象
④新型車両の導入-市から営業補償金が81年度に入るため、同年に近畿車輛に発注をかけ8
         2年度から4年計画で納車。内訳は、3連接車両(定員175人 車体長
         30.0㍍)-80編成、2
連接車両(定員120人 車体長21.0㍍
         )-20編成。総費用は68.4億円(国補助22.8億円、広電45.
         6億円)

⑤ダイヤ改正-85年度の地下鉄開業時より実施。25%の減便ダイヤを想定
⑥最高速度-85年度の地下鉄開業時より実施
 制緩和
⑦主要交差点の-当面の対象は全区間、地下鉄開通後の85年以降は、廃止区間に限り右折可
   
右折禁止   を復活させる。実施は79年度からとする
⑧3号線系統の存-3号線は迂回ルートになる地下鉄東西線経由とはせず、平和大通り西線
 
と皆実町線と (上記画像2参照)を建設して、存続。皆実町線と宇品線(皆実町6丁
 
宇品線移設   目~広島港)の移設は市道中広宇品線の進捗を見極め、宇品の県病院
         
~宇品海岸3丁目間は専用街路化する
⑨主要交差点の-国道2号線は行わない。市道霞庚午線と平和大通りの4交差点のみ東西道路
 交差化  のアンダークロス方式で実施
⑩最終旅行速度-地下鉄乗り入れ区間26.5km/h、広電市内線区間18.0km/
hま
        で高め、全体で22.0km/hとする

 『よくもここまでメニューを揃え、短期間で具体化させたものだ。ナカタ先生の威光の賜物だな』とナカタカクエイその人の政治力に脱帽した。この政治家の鶴の一声で、他の選定機種案の退かせ、そのために新たな制度-
『路面電車走行空間改善改築事業』-を創設させた。それどころか、犬猿の仲の建設省-軌道線管轄-、運輸省-鉄道線管轄-をこの件に関しては蜜月関係を築かせた。『殆ど、人知を超えた魔法の世界の話だな』と自嘲気味に笑った。ただ、5年前までの10年以上吹き荒れた逆風が、それ以上の風速の追い風になっているのは確かだった。行政と心中する覚悟で共に歩めば、未来永劫崇められる経営者として名が社史に残る。『結果を残したものこそ正義だ』との信念は彼を支えている大なる部分だが、その条件が知らぬ間に整ってきた。うえき市長が大田会長にのみ明かした関西以西の最大の中枢都市を目指す『広島大都市構想』は広電会長としてだけではなく、広島商工会議所会頭としても大いに賛同した。『もう戸惑う時期は過ぎ去り、この市長と二人三脚、いや運命共同体となり、地の果てまで走るしかない』と思った。来年2月の市長選では、自民党中央執行部もうえき市長を推薦するとの噂だ。出馬表明した時点で支持表明しなければ、と考えていた。何度見ても思うのが路面電車規格の地下鉄案であるHATSⅢ案の俊逸ぶりである。海外視察で、ブリュッセルや西ドイツ3都市でのそれを見た興奮は今も忘れない。あの姿こそ、路面電車が生き残る唯一無二ものだと確信した。大々的な新規路線整備ではなく、必要なところだけを新設し既存のインフラの手直しするだけで全体の大掛かりなお色直しが可能となる同案は、理に適っている。欧米人は本当に合理的なものを考えるものだ、と感心すると同時に、それを日本にいち早く導入しようとするうえき市長の先見性も中々のものだと思った。そもそもの話だが、広島市規模では、フル規格地下鉄は精々最大の公共交通需要路線である『広島駅~紙屋町~西広島駅』の移動軸ぐらいで後は、中量輸送機関が適切と考えていた。HATSⅢ案だとほぼ理想とする軌道中心の公共交通網が出来上がる。広電のため、いや広島市のためにもうえき市長を支え続けるしかない、と覚悟を決める大谷会長だった。


画像3 ドイツの都市エッセンの狭隘道路における簡易式センターリザベーション化の様子(画像 ユーチューブ動画撮影より)

【歴史if世界その18】
うえき市長、市長選2期目の出馬表明


画像4 広島市議会本会議の様子(画像 木戸つねやす市議HPより)

 78年12月、広島市役所の議会棟で、第5回市議会本会議が行われた。革新政党以外オール与党体制に様変わりした議会で、自民党会派の市議から来年2月の市長選への意気込みを即された。呼応するかのように、うえき市長は市長選の出馬表明を行った。最初の10分間は、これまでの地下鉄建設、路面電車の高速化への取り組みや付帯する広島駅、西広島駅の再開発の問題、地下鉄東西線と鯉城線が結節する紙屋町交差点の地下道or地下街構想などを振り返り、種まき期間は終わり今後5年以降で、芽となり花になると強調した。それを押し進めるためにも、79年からの4年間を担いたいとした。後半は、80年の政令指定都市昇格、昇格10周年を記念する国際大型スポーツイベントの誘致。誘致成功後は、関西以西の最強都市を目指した更なる都市改造を行い、民間の投資環境を整えたいと語った。当面の目標都市として福岡市を置き、5~10年以内に追いつき、その後差をつけたいとアドバルーンを打ち上げた。満場から割れんばかりの拍手が、うえき市長が言葉を切るごとに巻き起こった。時間にして20分程度だったが、野次どころか応援一色となり、高揚感に包まれた議会場はさながら総決起大会の様相を呈していた。政界のキングメーカーのナカタ元首相の絶大の支持と、1期目の任期の取り組みが高く評価されてのそれであった。今回の本会議では、特に地下鉄関連の議案は出されなかったが、質問に立った議員全員、地下鉄絡みの質問をした。市議サイドも来年4月の統一地方選挙を控え、必死である。さも自分の功績かの言動をして選挙戦を有利にしたい思惑がある。うえき市長も阿吽の呼吸で心得ており、あたかも議員の支援のお陰で実現したかの答弁をした。2月に市長選、4月に市議選があり『ウィンウィンの関係』を築きたいのはお互い様だった。こうして大興奮のうちに12月の市議会本会議は閉会した。


画像5 政治家の政治資金パーティーのイメージ (画像 自民党大塚たかしHPより)

 その年最後の市議会本会議終了から10日後の、12月下旬、市内のホテルで『うえき市長を励ます会』が開催された。保守系市議は言うに及ばず、広島市選挙区の県議、国会議員、そして広島経済界の主だった面々、そしてたけしも知事までこの会に参加した。2月の市長選の選挙資金パーティーだったが、同時にナカタ元首相への忠誠心を量る踏み絵でもあり、不参加だと疑われかねない。冒頭、あいさつに立ったうえき市長は、これまでの4年間の市政全般を総括し、協力に対し謝意を述べた。そして、今後の協力を要請した。50~70年代を原爆投下で抱えた負の遺産の清算期間だったとし、80年代は凄惨な過去とは惜別して、西日本の雄たる都市として飛躍する期間にする必要がある、と強調。対外的には、『国際平和文化都市』を標榜し国内ではこれから大いに発展するであろうアジア諸国の都市を牽引する真の中枢都市に広島市を成長させ、都市発展の果実は市民全員に分け与えたいとその胸の内を熱く語った。方法論として、すでに動き始めている地下鉄建設、広島駅、西広島駅の再開発、紙屋町交差点の地下街構想の具体化、本四架橋『今治~呉ルート』、山陽自動車道の早期開通、広島空港沖出し案、西部丘陵地区の開発解除の検討、などがあり国、県と協調しながら確実に進めたいと述べた。90年頃には、80年に昇格する政令指定都市の10周年を記念して大規模国際スポーツイベントの誘致を実現させて、遅れている都市インフラ整備を加速させたい、とした。その雄大な構想に会場にいる者は、改めてうえき市長の政治手腕に驚かされた。基幹公共交通の整備は、この市長の能力の一旦を見せたに過ぎず、『虫も殺せぬ顔をしたこの市長の能力はどれだけ天井知らずなのか?』、これが会場にいた者の共通の感想だった。会の途中で、ナカタ元首相がビデオ映像にて挨拶をする一コマがあった。映像内で、ナカタ元首相は『うえき市長は、広島市の発展には欠かせない得難い人物だ。皆で盛り立てて彼の意に反さないように』と力強く語り、次回市長選は全力で支援するとのお墨付きを与えた。この時点でうえき市長の再選は99.9%決まったと言っても過言ではなかった。

その10へ続く
 
お手数ですが、ワンクリックお願いします

難病(特定疾患) - 病気ブログ村 広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧