封入体筋炎患者闘病記

 封入体筋炎患者のヒロです。病歴は2019年で満11年、12年目に入りました。在宅勤務の仕事とリハビリの日々を送り、細やかながらも家族3人で暮らしています。ブログ記事は闘病記と広島地元ネタ、社会保障などの時事ネタ中心です。希少疾患の封入体筋炎の周知が目的です。関心があれば、ツイッターなどでご紹介していただければ幸いです。疾患関係で直コメントが苦手の方は、ツイッターのダイレクトメールを利用してください。封入体筋炎の闘病史は各進行段階の症状や生活障害、必要な社会保障制度等をまとめています。良ければ参考にしてください。最新の封入体筋炎の状況は『近況について色々と』、取り組んでいるリハビリについては『2019年春~夏 筋疾患(封入体筋炎)リハビリ』にて素人の体感目線で書いています。モバイル版で読みにくい場合は、PC版に転換してからお読みください。

2017年06月

 カテゴリー記事 障害者全般

 今日は一部障害者に対して批判的な記事を書くが、私自身封入体筋炎患者で発症5年目の2012年2月に身体機能障害5級、2013年夏に
は同障害3級となった中途障害者だ。一般常識は健常者同然と自負している。時代の変化に伴い、一部障害者の過度の権利の押しつけに苦々しい想いを抱いている側の人間でもある。2012年度の約1年間、障害者能力開発校に通い、障害者なるものをつぶさに観察もした経験がある。非常識なモンスター障害者みたいな人間も実際にいた(これ本当だよ)。その時の経験も踏まえ、この記事を書きたい。
………………………………………………………………………………………………………………………
車いす客に階段はわせる 6月
29日中国新聞30面より
奄美空港 バニラ・エア搭乗時


 鹿児島県奄美大島の奄美空港で5日、格安航空会社(LCC)のバニラ・エアを利用者した車いすの障害者の男性が階段式タラップ1段ずつ、腕ではって上らされていたことが28日、分かった。奄美空港に車いすで昇降できる設備がなく、社員らから「歩けない人は乗れない」などと迫られたためで、同社は男性に謝罪した。


画像1 6月29日中国新聞30面より

 男性は大阪府豊中市のバリアフリー研究所代表木島英登さん(44)。半身不随で。旅行で奄美大島に向かうため関西空港からの往復便に乗っていた。取材に応じ「(過去には)回りにも搭乗拒否された人が複数いた。歩けないことを理由
に乗れないのは差別だ」と同社の対応を批判した。木島さんは3日、関空の搭乗カウンターで、バニラ・エア社員から奄美空港の状況の説明を受け、一緒に行く友人に手伝ってもらうとして搭乗。到着時には友人が車いすごとに持ち上げてタラップを下りた。5日の往路でも同時にいすを持ち上げようとすると、同社が業務委託している空港職員が制止。「(往路で)担いで下りたのは会社の規定に反している」と指摘し、「同行者が手伝い、自力で昇降できるならいい」と話したといい、木島さんはタラップに座るような姿勢で17段上った。対応を疑問視した木島さんが国土交通省などに事情を説明した。同社が運行する国内線と国際線で昇降施設がないのは奄美空港だけだった。多くの航空会社でではスタッフらが乗客の身体を抱えて機内に案内するが、バニラ・エアではタラップから転落する危険性があるとして、認めていなかった。同社の松原玲人人事・総務部長は「ご不快を与え、深くお詫びする」と謝罪、奄美空港で14日からアシストストレッチャー(座椅子型担架)を使い、29日から電動式の階段昇降機を導入する。木島さんは「対応が早く、改善できたのはよかった」と話した。 
………………………………………………………………………………………………………………………
1 バニラ・エア社木島さんの何れに非があるのか?


動画1 
腕で這い上がった車椅子男性に謝罪 バニラ・エア(17/06/28)

 今回の事件、どの報道を見ても乗車拒否された哀れな障害者と不誠実な対応をした航空会社の構図で報道している。真相は果たしてそうなのか?少々、疑問に感じたので深掘りしてみる。

◎バニラ・エア社の非
 これは、障害者差別解消法(内閣府HP)に抵触(強制力なし)するのでバニラ・エア社の対応は差別行為と断定されても言い訳が出来ない。ところがである。この法律、同時に付帯事項もある。それは事業者の経済的な重い負担を強いる場合は、出来ない理由説明と別の方法の提案など当事者間の話し合いを行うとしている。今回のケースに当てはめれば、往路での友人の車いす持ち上げ行為の制止が具体的な差別行為だと考えられる。車いすのタラップでの持ち上げ行為が安全ではない、とした社内規定ははっきり言うが古い。バニラ・エア社のタラップを見たが傾斜は想像以上に緩やかだ。私が住む広島市西区にJR新井口駅がある。この駅は、一部ホームにはエレベーター設置こそされているが
未だに完全バリアフリー化されていない。アルパークとは反対側(山側)から改札に行く場合、ビルの高さ2.5階程度、傾斜60度の階段昇降が必要となる。階段手前にインターホンが設置され、車いすの障害者だと駅職員がこの階段を担いでくれる。この合理的配慮が、安全面で問題視されたなど聞いたことがない。その点でもバニラ・エア社の非は明らかだ。

◎木島さんの非
 あまりにもこの方の情報がなかったので、公式サイトを参考にさせてもらった。Travel for All  関連記事だけ読み、全ては把握していないが、全体の印象として「障害者ⅴs健常者(航空会社)」の図式が成立している。正直驚いたのは、今から15年以上も前から、「現場レベルでの対応が出来るはず」の信念から事前連絡を一切してこなかったそうだ。今でこそ、障害者差別解消法が施行され合理的配慮が義務化されている。この当時は、面と向かって差別表現こそされないが、今よりは至る所で間接差別が残っていたはず。航空会社が、いきなり行って完全拒否を貫き通した場合のリスクは考えなかったのだろうか?それからもう1つ。欠けている視点で、理不尽な理由で断られる側の後味の悪さも残るだろうが、同時に断る側の後味の悪さも残ることだ。明らかに(視覚的に)障害者然としている人に、安全面を理由に断るのも仕事とはいえ、断る側も勇気がいる。だからこそ、事前連絡してお互いが嫌な思いをしない配慮が障害者側にも必要だ。断る側も車いす障害者を、目の敵にして断っているのではない。そうした相手の気持ちを思いやる心が少し不足している。私が健常者であればここまでは書かない(書けない)。語弊はあるが、同族で1年間ではあるが様々な障害者を身近に見てきたからこそ、強く言える。

 うんちくが長くなったが、断られることが分かりきっていたので今回も事前連絡はしなかった、と別記事インタビューで答えている。 ~
【バニラ・エア車椅子対応問題】~(キャリコネニュース) 障害者差別解消法があるとはいえ社会全体に、広く知れ渡っているとは言い難い。木島さん側の非は、事前連絡を怠ったことだ。ある意図を内にひた隠し今回の挙に出たのであれば別だが、その本音部分は判断つきかねる。話が逸れるが、私が2012年度(2012年4月~2013年3月)、障害者能力開発校に通校したことは既に書いた。私が賑やか好きもあり月一でクラスの飲み会の幹事して、予約を居酒屋に入れていた。その際には、エレベーター、多目的トイレ、店内段差の有無。車いす通路幅は確保されているのか?その辺の確認は完ぺきに行っていた。1回のメンバーが平均15名以上。車いすの障害者は必ず3~4人はいたので、そうしていた。あれから5年近く経過したが、受け入れることが法律上当たり前でも実際の体制がそうなっていないことも多い。現実的な対応を思えば、自然とそうなる。とある鉄道会社の社長さんのブログによると、事前連絡した場合、その空港を運用する航空局の運用管理に連絡して、ゲート変更してもらうなんてことは当たり前のように行っているとの事だ。長年航空の現場で働いてきた人の言葉だけに、妙な説得力があると思うのは私だけだろうか? ただ、バニラ・エア社の場合、事前連絡しても 「介助者がいても自立歩行できないなら搭乗できない」と断りを入れていたようだ。バニラ・エア社の非は明らかで弁解の余地はない。 ~バニラ・エアに事前連絡したが乗れなかった車いす女性~(まなナビ)

2 確証はないが、行き着いた疑問や違和感
「差別者狩り」的な手法は悪手かも


画像2 鹿児島県奄美市にある奄美空港の様子(ユーチューブ画面撮影より)

 今回の事件の主役の木島さんは、色々な活動をされている。ある意味、車いす障害者のカリスマ的な存在でもある。そのこと自体、私などがとやかく言う筋合いではない。私自身はそういった活動にまるで興味がなく、進行性の疾患で残された時間も障害固定の方よりも遥かに少ない。守るべきは障害者の権利などではなく家族と私自身だと思っている。置かれた状況で、やるべきことが変わるのは当然だ。前以て言っておくがこれからの話は別に差別でもなく、5年前に障害者能力開発校に通校して感じた感想である。誤解しないで聞いてほしい。車いす障害者は身体障害者に属する。身体障害者でも視覚・聴覚障害者同様に別枠扱いなところがある。学校に来る求人も特筆事項で「求める障害者-身体障害者(車いすの方は除く)」が多かったと記憶している。これには理由として、自動車通勤が前提となるので社員用駐車スペースがなかったり、事務所内の大幅なレイアウト変更(車いす通路の確保)、多目的トイレの新設が難しい、などがある。これは2012年当時の話なので、2016年障害者差別解消法施行前。多大な経済的な負担も伴うので、合理的配慮の適用外になっているかも知れない。学校に求人が来ると生徒が群がる。しかし、この特筆事項を見て、悲しそうにしていた彼らの表情が今も記憶に残っている。

 車いす障害者の共通した特徴として、自己顕示欲の強さと攻撃的な性格がある。偉そうに言う私もその傾向があるがあくまでも常識の範疇。彼らはこれを余裕で超えていた。特に二十歳前障害の場合、顕著に出ていた。人格形成は、幼少期や思春期の環境によるところが大きい。車いす障害者であることが大きく影響している、と勝手に推察した。なぜ車いすでそうなるのか?疑問に感じたがある結論に行き着いた。それは「目線の高さ」である。別記事で、私が検査入院した時に疾患特定のために筋生検をしたことを書いた。筋肉組織摘出部位は左足太もも裏だった。術後、3~4日間の車いす生活を余儀なくされた。そこで感じたのは目線の低さによる周囲の圧迫感だった。私は身長が180㌢と大柄なほうだ。車いすに座るとほぼ半減する。見るもの全てに上から目線で、見下ろされている錯覚に陥る。これでは絶対に屈折思考になる。障害者であることも併せれば、負の人格形成の大きな要因となる。自己顕示欲の強さと攻撃的な性格は、それに対しての反動だろう。素人で専門家ではないので、断定は禁物だが感想としてはそう思った。聞けば、木島さんも高校時代クラブ(ラグビー)の練習中の怪我(脊椎損傷)により半身不随となったらしい。事件後の対応や公式HPの過去記事を読むと、窺った見方だが自己顕示欲・功名心の強さを感じるのだ。障害者能力開発校で接した車いす障害者と、その点では一致している。

 私が同じ立場なら、事前連絡して腹に据えかねる断り文句を受けた場合のみ、バニラ・エア本社に苦情を言うだけで済ませる。ましてや顔、実名まで晒してマスコミの取材などに応じない。マスコミに取り上げられる騒動を起こす理由が分らない。まるで敵の大将首を打ち取ったかの騒ぎようだ。気分は「差別者狩り」そのものでかっての魔女狩りを彷彿させる。こんな手法、健常者はおろか同族とされる障害者の大半も支持しない。理由らしきものは、何となくは察しているが、当ブログではあえて突っ込まないとする。世間の注目を集めるような騒動を起こし、問題提起をして強引に解決を迫るこの手法、単視眼的で当面の解決策としては有効だと思うが、「真の共生社会の実現」というマクロの視点では悪手とも思えるのだ。その悪手の理由を次項目で考える。

3 障害者の権利の主張
真の共生社会実現の障害は一部の障害者(だと思う)


動画2 障害のある人の雇用~「共生社会おかやま」の実現を目指して~


 
まず懸念するのは、「障害者=クレイマー予備軍」のイメージの定着である。障害者の社会進出が進んだとはいえ、まだまだ限定的で相互理解が深まっているとは言い難いのが現状だ。今回の事件で権利の要求一辺倒で、圧力集団のイメージが定着することを恐れる。確かに社会的弱者の階層に属する人間が、立場を利用して強者に法で認められた権利を主張すればその言い分はほぼ通るだろう。その主張方法を誤ると、健常者側のわだかまりとして蓄積されていくことを忘れてはいけない。数でいえば、全人口の6%程度。健常者は残り94%、圧倒的に少数派なのだ。一見、ホームにも思える社会だが実はアウェーだと思ったほうが良い。よく、障害者の権利等を議論する際に欧米の先進事例を引用する。決して悪くはないのだが、権利の行使が合理的に認め社会全体で容認されているかの国々と、そこまで割り切れない日本と同列視することは無理がある。絶対的に欠けている視点で、権利の保障や尊厳が守られる=同時に応分の厳しさ・責任も求められる」。日本の議論のそれは、いいとこ取りに終始している印象が強い。

 今から20年近く前、ドイツのフランクフルトに出張する機会が何度かがあった。ドイツは日本と異なり地方都市の公共交通機関がよく整備されている。そこで、Uバーン(シュタットバーン 地下鉄)に乗車した時に杖歩行している障害者を発見した。車内の状況は座席は満杯で立ち客も少しいた。そこで座っていた私は当然のように席を譲ろうとした。しかし、本人は少し怒り気味に拒否した。そんな反応をされ私も「何だよ、こいつ」と思った。降車後、同行していたドイツ人女性スタッフに注意された。「本人が助けを求めていないのに、勝手な判断で助ける行為は彼らの尊厳を傷つけるので駄目です」と。日本的常識にどっぷり浸かっていた私は、驚いたがその合理的思考法に納得もした。その論理を現状日本の障害者に求めるのは無理だ。障害に関わることへの配慮はあって然るべきだが、障害とは無関係の部分も障害者ということで甘やかされている。その面の厳しさを求めるべき健常者側も、返り血を浴びることを恐れ、腫物に触るかのような扱いしかしない。権利の主張は、法で認められているからするのではなく、付随する義務等を消化して、それを周囲が認めた場合に行うのが常道と考える。これは障害の有無関係なくそう思う。著名な障害者や各種障害者団体、人権意識の高い方々の権利の主張には、権利に付随する健常者同様に求められる厳しさの議論が欠落している、と思うのだ。求められる側は、内心「別に今の時代だから差別心はないけど、面倒くさい連中だな」と思うに違いない。

 障害者側の権利主張は、著名な方々が様々な機会を通してされている。それ自体悪いことではなく、正当なものであればいいと思う。多くの障害者の支持を背景があってのことだろう。しかし、障害者全体の総意かと聞かれると、あえて否としたい。弱き者が強き者をくじく構図は単純明快で分かりやすく世間の喝さいも浴びる。それはあくまでも表面的なことで、それ以上に批判的な意見も多いことを自覚するべきだ。健常者の本音は、「今の時代、こんなことまで差別扱いにされるのか。まるで差別者狩りだ。たまったものじゃない。面倒くさい世の中になったものだ」と知るべきだろう。これはブログ主の健常者時代の感覚を思い出し書いている。そして今回の木島さんの騒動(主張方法)は、真の共生社会実現に向けた問題提起などでは決してなく、あくまでも自己都合に立脚した行動だと感じた。たまたま、車いす障害者都合と自己都合と合致しただけのことだ。

 ブログ主個人の見解は、障害者が無理して大声で権利を一方通行で主張するのではなく、相互理解を深めた上で状況に応じて権利を主張して、浸透させる。自然体で時間をかけて熟成させていくのが回り道だが結果的には早道となる、である。その論からすると、「障害者=クレイマー予備軍」のネガティブイメージを増長、定着させる木島さんの行動は、障害者歴5年の中途障害者の私からすれば、迷惑そのものでしかない。誤った方法で権利のみを主張する障害者が増えると、かえって真の共生社会実現が遠くなると思うのだ。こうした問題に敏感なマスコミを利用してのやり方は、今後は控えてほしいと思う次第だ。あまり度が過ぎると、信奉者の障害者のみならず健常者からの支持を失うだろうし、拭い難いネガティブイメージが定着して障害者全体の不利益となる。仮に障害者全体の利益を考えて活動されているのであれば、障害者の地位向上の阻害要因である経済的な自立(就労問題)を促す活動をされたほうが、有意義だと思ったりもした。まあこの辺は個人の考え方で、私がとやかく言うことではないかも知れない。


 



お手数ですが、ワンクリックお願いします



難病(特定疾患) - 病気ブログ村

広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前回記事 西飛行場跡地利用計画素案まとまる

 広島西飛行場跡地
(広島市西区 約47㌶)の利用計画が広島県と市で検討され今年の3月にほぼまとまった。順調に進めば20年度末には完成する。その流れを受けて、その周囲の民間開発機運が高まりつつある。現状と今後を新聞記事を通して考察したい。まずは中国新聞記事紹介と先日オープンしたマリホ水族館の様子から。 
………………………………………………………………………………………………………
飛行場跡 にぎわい創出 6月10日中国新聞9面より
広島市西区観音 開発計画や高速3号線追い風

 県営広島西飛行場があった広島市西区の観音エリアで、商業施設や飲食店の新設が相次ぎ、新たな賑わいが生まれつつある。広島高速3号線の全面開通で交通が便利になった上、飛行場跡地の利用計画が固まり、一帯の活性化は見込まれているためだ。地元に商業施設や住民は期待を高めている。



画像1 6月10日中国新聞9面より

集客力向上に力
 「面白そうなら年間パスポートを買ってみようかな」。5月下旬、商業施設「広島マリーナホップ」を訪れた安佐南区のパート女性(47)は、6月24日のオープンに向けて準備が進む水族館「マリホ水族館」の前で、夫と話し合った。水族館は、約6,000平方㍍の平屋に、瀬戸内海や渓流を再現した水槽を展示する。運営会社のマリーナホッププロパティ(中区)によると、前売りの年間パスポートは既に7,000枚を超えた。同施設は、2005年にアウトレットモールとして開業した。経営不振で12年に同社が運営を引き継いでから、子供連れで楽しめる施設を目指していた。水族館の開業で、集客力を高めたい考えだ。近隣では、新店のオープンも相次ぐ。ホームセンターを展開するDCMダイキ(松山市)は昨年12月大型店「観音新町店」を出店した。5月29日は回転ずし店「くら寿司 広島南観音店」も開業した。14年の広島高速3号線の全面開通以降、交通の便が良くなり、人口も増える傾向にあるため、ビジネス機会がひろがっている。さらに活性化の一因となっているのが、広島西飛行場跡地家計画の進展だ。県は今年3月、飛行場跡地に、企業の研究開発拠点などの誘致や、野球場や多目的スポーツ広場の整備を進める計画を発表した。南側には、魚介類や農産品を集めた市場、飲食店、ホテルなどの誘致を想定。最短で20年度末の完成を目指す。広島ダイヤモンドホテル高曲幸雄担当支配人(46)は「スポーツの試合で遠征するチームの宿泊を受け入れたい」と、今後の賑わいに期待を寄せる。

分譲好調
 菱重プロパティーズ(西区)などは昨年10月、南観音6丁目で15階建てマンション分譲を始めた。今年12月の入居開始に向けて59戸のうち7割が成約し、「販売は好調」と担当者。これまで飛行場の騒音への懸念と、航空法による建物の高さ制限から高層マンションはそう多くなかったが、開発の機運が高まる。「それでも飛行場が稼働していた頃の活気には遠く及ばない」と、南観音学区の橋川徹会長(79)は指摘する。飛行場の廃港に加え、三菱重工業広島製作所で15年に一部工場が閉鎖するなどした影響で、多くの飲食店や商店が閉店に追い込まれたという。「地域の賑わいがもっと戻ってほしい」と望んでいる。
………………………………………………………………………………………………………
1 マリホ水族館 6月24日オープン
その概要紹介


画像2 マリホ水族館オープンセレモニーの様子(ユーチューブ画面撮影より)


画像3 6月24日マリホ水族館オープン当日の様子
(ユーチューブ画面撮影より)


動画1 マリホ水族館、広島・マリーナホップにオープン!お得な年間パスも(広島ニュース食べタインジャーより)


画像4 広島マリーナホップ全体施設図(公式HPより引用)



画像5 マリホ水族館フロアマップ(公式HPより引用)

◎営業時間
 4~10月 10:00~20
:00 11~3月 10:00~17:00
 休館日 マリーナホップの休館日に準じる 詳しくはマリーナホップオペレーションセンター
(082-503-5500)へ

◎ご利用料金

 大人(18歳以上)900円 小中高生(6~17歳)500円 幼児(3歳以上)300
 円 シニア(65歳以上)800円
◎目玉イベント

ナイトアクアリム 開催時間17:00~
 毎日17時より水族館内が「夜の水族館」に変身。照明を落とし、水族館全体が幻想的な空間
 へ様変わり。昼間は少し違った大人の雰囲気を演出

・ラグーンダイブ
 開催時間 平日13
:30~ 16:00~ 土日祝 11:00~ 13:30~ 16
 :00~
 まるでサンゴ礁の海を切り取ったようなラグーン水槽。この水槽には様々な魚たちが生活。
 そんな魚たちの生態をダイバーがパフォーマンスと共に紹介。


2 民間の投資機運を高めている広島西飛行場跡地利用計画

 今回のマリホ水族館のオープンや新聞記事にあるダイキ、くら寿司の同地区出店、高層マンション分譲など民間投資誘因をしているのが、今年3月に正式にまとめ上げた ~
広島西飛行場跡地利用計画~(広島県・広島市HP) である。


画像6 広島西飛行場跡地利用計画の概要 詳細は下記参照(広島県・市HPより)
拡大図画像(要拡大)

跡地利用計画の詳細
【導入機能 広域防災 約17㌶】最上段
 公共整備方式で行政が整備。
 災害時の消防拠点、輸送拠点として広域防災に資する施設とする。
 導入施設-広島ヘリポート(約11㌶) 緊急消防援助隊等用地(約6㌶)
【新たな産業(雇用) 約18㌶】上から二段目
 民間が土地を購入し、民間が整備する。
 
 都心に近く(紙屋町交差点より直線距離で約5㌔)、広域的なアクセス性に優れている同跡
 地特性を生かして、民間事業者開発により雇用を創出。県と市の産業基盤強化に大きく寄与
 する施設を導入する。
 導入施設-イノベーション型産業施設 本社機能を有する事務所 工場 物流施設等
【スポーツ・レクレーション 約7㌶】上から三段目
 
公共整備方式で行政が整備。
 多くの県・市民が利用可能なスポーツ施設の整備。多目的スポーツ広場を先行整備。その後、
 野球場を整備する。
 導入施設-多目的スポーツ広場 野球場 管理棟等
【新たな産業(にぎわい) 約5㌶】上から四段目
 
民間が土地を一括して購入又は一括して賃貸借(定期借地) し、民間が整備する。陸揚げスロープ
 は公共整備。
 美しい瀬戸内海をロケーションに持つ同跡地特性を最大限に生かして、
民間事業者開発により
 区域より人を呼び込み、にぎわい性・交流を創出。

 導入施設-職業・ものづくり体験パビリオン 海山の幸マルシェ・フードコート 水陸両用機
 ・水陸バスの運航拠点 リゾートホテル等
【関連インフラ整備】
 基幹道路整備-県道南観音観音線の4車線化 基幹道路の補完道路の整備-災害等緊急時にお
 ける交通機能の確保のための道路ネットワークの必要から河川側道路を整備。その他の道路の
 整備状況を踏まえ、整備時期を検討 区画道路の整備-
【新たな産業(雇用)】の区画道路整
 備は民間が行う 南進道路道路整備-基幹道路(
南観音観音線)~スポーツ・レクレーシ
 ョン】
【新たな産業(にぎわい)】へのアクセス確保、地区全体の円滑な交通処理のため新
 設。


整備スケジュール
【跡地活用に係る手続き】
 2017年度-
事業予定者の募集・選定 土地の引き渡し
【公共施設整備】
 2017年度~ 都市インフラ整備
(設計・工事) 2018年度~ 導入施設(スポーツ施設
 )の整備 (設計・工事)
【民間事業者による開発】
 2017年度~ 開発手続き、造成・施設整備 ※順次開業 2017年度~関係者による協
 議

 最短で2020年度末(2021年3月頃)の完成予定とのことだ。遅くとも2022~23年頃には開発終了となるだろう。現時点(2017年6月末)では、
事業予定者の募集・選定と関連インフラ整備を行っている段階だ。この跡地利用計画が目に見える形で現出すれば、空港通りの南観音地区に農地の高層マンション建設が今以上に増え、市道霞庚午線や広島南道路沿線に商業施設や飲食店の出店も加速するだろう。行政によるインフラ投資が計画区域の民の投資を誘い出し、その進捗により計画区域周辺にも及ぶ-この好循環をもたらせている。金利ゼロ施策の今だからこそ、大きなチャンスともいえる。観音新町や南観音地区は、他のデルタの島の舟入地区や吉島地区と比べ都心より遠隔地かつ記事にもあるが、航空法の縛りを受け投資機運が低かった。一定に都市インフラ投資が進み、跡地利用計画も本格軌道に乗りつつある。今後も目が離せないエリアの1つである。

 ただ、懸念材料も少しある。それは公共交通が貧弱なことだ。現在観音新町地区のバス路線を有しているのは広島電鉄のみ。 ~バス路線マップ~(広島市中心部エリア 広電HP) 3・8号線の2路線だが8号線は日祝は運休(笑)と笑うしかない現状。跡地利用計画の進捗を鑑みながら、8号線の日曜運行をお願いしたい。それから、広島バスの28号線(広島バスHP)が商工センターのLECT(レクト)までルート変更となった。この28号線を、更に伸ばして太田川大橋を渡り観音新町地区への乗り入れを果たしたら、広電8号線よりも良好なアクセスになるだろう。自動車利用の階層相手だけで構わない、と言うのであればそれも1つの考えだが、浅く広く集客を狙うのであれば、交通弱者対策も必要だ。


3 広島都市圏のウォーターフロント開発論
後発組だが、そのメリットもまた大きい
 


画像7 
整備された宇品海岸プロムナードの様子(広島の街と音楽と・・・より

 現在広島都市圏で、ウォーターフロント開発されている地区は広島観音マリーナ(ウキペディア)と
広島港(宇品地区)みなとの賑わいづくり事業プロムナード整備(広島県HP)ぐらいである。開館・開所が1997年と首都圏の東京、横浜、千葉や関西圏の大阪、神戸、そして名古屋。さらには福岡、北九州の各都市よりも周回遅れの感がある。遅れの理由は様々だが、ウォーターフロント開発が注目を浴び始めていた1980年代に、開発可能な工場・貨物駅跡地、人口造成地がなかったこと。そして、当時運輸省の肝入り国策だったメッセ・コンベンションシティ構想を出島埋め立て予定地に求めていたので、造成待ち(1996年着工~)だったことなどが大きい。よくありがちなバブル期に過大な需要見通しに基づき適当な事業スキームをつくり、低稼働率⇒大赤字施設化⇒運営第3セクター破綻⇒財政難の行政が尻ぬぐい のパターンがウォターフロント開発に関しては回避された。仮にアジア大会(1994年開催)まで出島地区に当時予定されていた規模3万平方㍍クラスの展示場が完成していれば、供給過大で低稼働率に喘ぎ、広島地下街開発や広島高速交通同様に赤字第3セクターになっていただろう。秋葉市政時代に着工目前でストップがかかった時の規模は1万5千平方㍍。その後スタジアム検討論議では、2/3規模の9千2百平方㍍となった。

  
画像8 1987年時点での広島ポートルネッサンス21計画内のメッセ・コンベンション構想
全体図 拡大画像(要拡大)
  


画像9 2010年時点の宇品・出島地区全体整備図 拡大画像(要拡大)
画像8・9 共に 
広島港宇品・出島地区基本構想検討会第1回検討会資料 より

 現実の需要見通しにに基づき、実態に促したもの建設できるメリットは決してバカにならない。少子高齢化、人口減を考えると身の丈の合わない施設は必要ない。観音町地区については、先の項目の西飛行場跡地利用計画が中心となり進み、遅くとも2020年代前半には完成する。問題は、宇品・出島地区、特に現在埋め立て進行中の出島地区が今後の広島都市圏ウォーターフロント開発の鍵を握っている。画像7と8はその利用計画だが、1987年と2010年の時代背景の相違が反映されている。興味のある方は、画像8下のリンクページを読まれるといいだろう。広島港の考察記事ではないので、港湾機能については割愛する。財政難で遅々として進んでいない。造成終了待ちの事情を差し引いても、遅いと言わざる負えない。それを尻目に県が主体となり、~
宇品・出島地区賑わい創出事業~(広島県HP)で2010年より、波止場公園から広島みなと公園一帯までを整備した。より具体的な整備構想は、2017年10~12月に出される宇品・出島地区 基本構想(案)まで待たなければならないが、画像8に沿った内容になると思われる。

 現在出島地区の第3~5工区(
計86.5㌶)埋め立てが鋭意進んでいる。元宇品地区に面した側は、大規模港湾緑地と遊歩道中心となっている。一定間隔でにぎわい施設らしきものが配置されいるが、行政の財政負担が大きい支出を伴うものにはならないだろう。最低限の都市インフラ整備を行い、民間投資が行いやすい環境整備をするだけで十分だ。港湾緑地の公園は都市公園ではないので都市公園法の縛りがない。そう大胆な規制緩和の考えものなので、これで十分だ。今年2月の記事で、広島港の港湾計画改定作業で地元物流業者も別の問題では、顔を真っ赤にして大反対していたがこちらでは逆提案(ゴルフ場や海釣り公園)するなど協力的だ(爆)。話が逸れるが、画像8下リンクページP20に道路上にピンクの線が描かれ、ところどころに電停マークと終点らしき場所にターミナル施設と記載されている。広電宇品線を延伸するのかも知れない。いっそのこと、軌道施設する道路を専用街路化してこの区間のみ疑似LRTにするのも悪くない。

 広島はウォーターフロント開発が進んでいる諸都市と異なりこの地区と都心地区の距離が遠く、拡大都心の延長の整備が難しい。どうしても都市型リーゾトや郊外要素などを加味した内容になる。公共交通中心の移動よりも自動車中心の移動に。西飛行場跡地利用計画と出島地区造成・各施設完成後、この地区のみで半日以上遊べる。その帰り道、近場の大規模商業施設で買い物をするパターンが成立する。東京で20代と30代の前半を過ごして、広島の余暇施設に物足りなさを感じていたので、現在の流れは歓迎したい。ではこの2地区以外の開発の必要性は然程感じない。広島市はウォターフロント開発よりもリバーフロント中心の街だと考えるからだ。それもよりも、軌道に乗りつつある現行計画を粛々と進めてほしい。



お手数ですが、ワンクリックお願いします




難病(特定疾患) - 病気ブログ村

広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前回記事 最近思うことをつぶやく 3  
カテゴリー記事 近況について色々と

 久々のプレイベート記事だが前半は訪問カットの事を書きタイトルの話題で後半は22日他界された小林麻央さんについて書いた前日記事を通して思う闘病生活について少し触れる。

1 3カ月ぶり2度目の訪問カット



画像1 身体障害者・高齢者の訪問カットイメージ画像(ユーチューブ画面撮影より)

 うっかりしていて記事にするのを忘れていた。6月17日の土曜日に約3カ月ぶりに訪問カットを頼んだ。前回記事でも書いたが、昨年まで1か月半に1度のペースでアルパーク東棟の1,000円カットの店舗に通っていたが、椅子からの立ち上がりが難しくなった。これは昨年の冬場特有の筋硬直現象が原因で、恐らくだが今はその高さであれば、かろうじて立ち上がれるだろうが何れは出来なくなるので思い切って訪問カットにお願いすることにしたのだ。カットは基本、自身の小遣いの範囲でするので毎月5,000円もカットだけで消えるのはさすがに勿体ないないと思い、3カ月に一度に変更。その代り、揃えてすきを入れるだけの従来のやり方を改め、スポーツ刈りにすることにした。3月のカットでは、横と後ろを3㍉。前髪と上を1.5~2.0センチ程度にした。こんな短髪中学生以来で見た人間全てに笑われた(爆)。訪問カット初体験の印象は、調子に乗り切り過ぎたこと。これぐらいなら家族でも出来るだろ?、と思ったりもした。3カ月に1度とはいえ、やはり5,000円近い出費は馬鹿らしい。元来ケチな私はついそう思う。で、今回は少しリーズナブルなところにお願いした。

 出張理・美容「ひまわり」(公式HP)である。カットだけで2,200円。それプラス出張料金が加算されるので、トータルで3,200円との事だった。早速仕事が終わった18時以降に連絡。当初は前回の例もあり10日~2週間後を想定していた。しかし、翌日や来週でも可能と言われ少しだけ驚いた。「じゃあ、明日で」と簡単に返事。一旦は電話を切る。約15分後、担当の理容師から連絡が入り「明日の午前9時半なら伺えます」となり、深く考えず即決。親族以外の訪問者の来訪決定に、家内が忙しくなる。「こいつも大変だなぁ~」と余裕をこいていたら、よく考えたらカットする場所は私の仕事部屋。30分かけて掃除と整理整頓をする羽目となった(笑)そして翌日理容師さんがやって来た。約束時間の午前9時半よりも数分早く我が家に到着。今回は30代半ばと思しき恰幅の良い女性だった。電動ベット横の場所を指定して、大きめサイズのシート敷く。その上に愛用のクッションつきの椅子を置く。電動ベットを程々の高さに調整して準備完了。今回のリクエストは、横と後ろは前回同様に3㍉程度に刈る。前髪が6~7㌢程度まで伸びているので、2㌢カット(長さ4~5㌢)である。ついでに眉毛も揃えてもらう。

 ここの理容師さんは全てヘルパー免許を持っているそうだ。この女性理容師さん、お姉さんが骨(?)の疾患で障害者らしい。話を色々としたがやけに障害者への造詣が深い。この方、普段は病院や施設など専門なのだが、この日に限りキャンセルが入り、予定に穴が開いたとのことだった。通常であれば、午前や午後はこちら中心に回り、個人宅へは夕方以降だと言っていた。準備も手馴れていて仕事が早い。聞いた話だと、重度障害者の利用者もいるらしく寝たきりの客の場合別途料金がかかる。私はまだまだそこまでには至っていない。大体15~20分でカット終了。大きな手鏡で、全方面から仕上がり具合を確認。まずまずの出来で悪くない。料金もリーズなブルで、理容師さんの腕も標準以上。今後もこの業者に頼むことにした。長い付き合いになりそうだ。次は3か月後の9月中旬以降を予定している。

 
動画1 
介護訪問美容の現場

2 闘病生活と家族

 

動画2 
麻央さん最期の言葉「愛してる」 海老蔵さん会見 3(17/06/23)

 前回記事ではあまり自身の闘病生活については少し控えめに書いた(つもり)。その中で父親と母親の役割の違いに少し触れた。子どもは、生誕時~小学校高学年辺りまでは母親の役割のほうが大きく、小学校高学年~高校卒業までだと父親の役割が俄然増す。前者の時期の父親は、単なる給料配達人で自動ATM。後者の時期での反抗期もあり母親は、語弊はあるが単なる家政婦(飯・風呂・金)でしかないと思う。綺麗な言葉で飾るのは簡単だが、空々しく感じて失笑してしまう。この時期に必要な存在を欠くと、メンタル的に多少歪な構造になる。ひとり親家庭の子どもを見るにつれそう感じてしまう。欠く側の代役も限界が当然ある。海老蔵さんの「僕は代わりになれないけど~」の発言は、子育ての実情を十分踏まえた上でのものだろう。5歳と4歳ではなおさらだ。麻央さんが息を引き取っても離れなかったそうだ。聞いているだけで胸が詰まる。つい息子の幼稚園時代を思い出した。海老蔵さんの家庭だと、双方の祖母が代役を務めるしかないと思う。死別によりそんな状況になった方には、本当に同情申し上げるしかない。
ここから私の話に置き換える。私が持病の封入体筋炎発症が40.5歳で息子は小学校2年生だった。この筋疾患は、別に短期間で生命予後が侵される危険はない。25~30年の長い期間でゆっくりと進行して、身体を動かす自由を奪われ、他の疾患を併発しそれ理由で虫のように死ぬ。


動画3 
感動CM初登校の日「ママの想い」

 簡単に死のフレーズを使うことに違和感を感じるかも知れないが、日常生活の中で死を連想させる世界で生きているから抵抗が少ない。私も麻央さん同様に自分の生き様を家族-特に子どもに見せつけ、他界後もその記憶の中で生き続けたい意識が強い。これは、生命予後不良の疾患患者特有のメンタルだ。ブログ開設もその流れの1つ。自分の窮状を知ってほしい、疾患の事を周知したい、闘病の記録を形として残したい、こんな気持ちが入り乱れる。話を戻す。
記憶の中で生き続けたい意識について。その頑張る姿を見せつけ、生きた証を植え付ける。その姿を間近に見た子どもは、健全な精神を構築し宿す。で、息子は現在高校2年生で思春期真っ盛り。私が障害者となり、前職を退行したのが2012年初頭。息子はこの時小学校5年生。時期的に父親の存在が必要となり始める頃。進行性の難病とはいえ父親が何もせず家でぶらぶらしている状況と、在宅仕事ではあるが就労して出来る範囲で頑張っている状況。どちらが思春期の子どもの精神的な成長を与え続けるのか?一目瞭然だ。私が身体機能障害3級でやや軽めの重度障害者でありながら、無理を重ね就労している理由はこれがある。高校卒業を一つの目安にする予定だったが、出来るところまでやるつもりだ。貯蓄も当初目標をクリアしたので、働く必要性はなくなりつつある。ただやめるとやることがなくなる。これも理由かもしれない(笑)。意地悪く考察すると、家族のため万難を排して頑張っている自分が好きなのだろうと思ったりする(爆)

 ただ、私が単身者であればとっくに就労をやめて、実家に戻り障害年金だけで生活していたかも知れない。それを思うと家族の存在の大きさを改めて感じる。自身の家族の有無がこうも変えるのだから。闘病生活のエネルギーの供給先は家族。次は自身の誇りだ。前日記事でも書いたが、闘病生活は自身の努力ではどうにもならない現実に由来する弱い心と、でも負けたくないと思い強くありたい願う心との葛藤だ。健康体の人たちはあれこれと言う。「頑張れ!」「凄い、普通は中々出来ない」「その姿に感心する」「ご主人が大変なのに明るい家庭」など耳障りの良い言葉を並べる。有難いと思う反面、これが自分の現実世界で逃れられない宿命でもある。別に偉くも何ともない。別に「どうして自分だけこんな病気に~」や「こんな世の中間違っている」的な歪んだ屈折思考はさすがにないが、綺麗な言葉ばかりで飾られると同時に反発心も生まれる。この点、前日記事の小林麻央さんのように愛や勇気、力を多くの人たちに与え続ける人徳者にはなれない、と思う。ただ、家内や息子の家族の前では、麻央さんとは少し違う形の人徳者であり続けたい気持ちはある。またそうなるために日々実践している。結局これが私流の闘病生活なのだろうと納得している。患者により理想は様々ではないだろうか?今後15年以上続くであろう闘病生活を語ってみた。

 


お手数ですが、ワンクリックお願いします


難病(特定疾患) - 病気ブログ村

広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前回記事 難病でも頑張っている人たち 3 小林麻央さん
シリーズ記事 
難病でも頑張っている人たち


 フリーアナウンサーで歌舞伎役者の市川海老蔵のの妻の小林麻央(享年34歳)さんが、この世を去った。あまりにも早すぎる死だが、約3年間の闘病生活を通じて彼女から「命とは何か?」「前向きに生きる重要性」などを学んだ人は数知れない。私もその多くの中の一人だった。今日はその辺について考えたい。 
……………………………………………………………………………………………………………………… 
小林麻央さん死去 ブログに闘病の日々
素直な言葉に共感 6月24日中国新聞31面より


 普通の女の子が人を励ます存在に。乳がんで闘病中だったフリーアナウンサー小林麻央さんが、34歳の若さで逝った。梨園の妻となり、子宝にも恵まれ、まさに幸せの絶頂期にがんが発覚。心身の苦しみにさいなまれる中、「力強く人生を歩んだ女性でありたい」と始めた闘病ブログは多くの人に感動を与えた。


画像1 6月24日中国新聞31面より

 麻央さんの名前が広く知られるきっかけとなったのは上智大学在学中に出演した明石家さんまさん司会のバラエティー「恋のから騒ぎ」だった。たちまち人気者となった麻央さんは出演者の最前列で、さんまさんのギャグや突っ込みを笑顔で応えていた。2003年から情報番組「めざましどうようび」のお天気キャスターに就任。当時番組で共演していた江上剛さんは「芸能人芸能人した女性ではなく、気遣いの出来る、本当にピュアという言葉がぴったりな女の子でした」と振り返る。その後、報道番組「NEWS ZERO」でキャスターとして活躍。同番組内での対談を機に歌舞伎役者の市川海老蔵さんと交際し、10年に結婚。翌11年に長女麗禾(れいか)ちゃん、13年に長男勧玄(還元)ちゃんが誕生した。だが、順調そのものだった人生を病が襲う。14年に乳がんと診断され、入退院を繰り返しながら闘病を続けた。続く⇒
小林麻央さん死去 ブログに闘病の日々

………………………………………………………………………………………………………………………
「愛している」と旅立ち 海老蔵さん
 
 歌舞伎俳優市川海老蔵さんの記者会見での一問一答は次の通り。下記に会見動画あり
会見冒頭
-市川海老蔵氏
 昨日、妻真央が旅立ちました。不思議な話だが、息を引き取る瞬間、愛していると言って旅だっ
 た。
-質問者
 自宅で看取れたことは良かったですか?
-市川海老蔵氏
 お母様もお父様もお姉様、子供たちもずっと側にいられて、すごく良かった。父を病院で亡くし
 たが、病院の時と違う。家族と一緒にいられた。

-質問者

 海老蔵さんにとってどんな存在でしたか?
-市川海老蔵氏
 出来ればずっと一緒にいて、私の方が先に逝って、私が役者として成長する過程を見守ってもら
 いたかった。
-質問者
 奥さんから学んだことをどう伝えていきますか?
-市川海老蔵氏
 自分が治って多くの人の救いになる存在になれるように一生懸命闘病した。ブログを始め、同じ
 病の人や苦しんでいる人と悲しみや喜びを分かち合う妻の姿は、人でないというか、凄い人だ
 なと。教わったことは愛なんだろうと思う。
-質問者
 託されたことは?
-市川海老蔵氏
 子どもたちはまだ5歳と4歳だから、母親の存在が非常に重要なってくるのに失った。僕は代わり
 になれないけど、出来る限りのことはやっていく。
-質問者
 どんな奥さんでしたか?
-市川海老蔵氏
 自分を変えた奥さんなんじゃないでしょうか。


動画1 最期に「愛してる」妻・麻央さん死去 市川海老蔵さんが会見(2017年6月23日)
……………………………………………………………………………………………………………………
関連中国新聞記事 闘病記 癒しの力 ブログで公開がん患者に普及
6月24日中国新聞29面より



画像2 6月24日中国新聞29面より
………………………………………………………………………………………………………………………
1 肉体は滅んでも人々の心の中で生き続ける麻央さん
人は自分の余命を知った時、生きた証を残したくなる

 疾患の種類関係なく、人は自分の余命を知り命の期限を知った時点で生きてきた証、痕跡を残したくなる。老若男女問わずそうである。病に抗う強い気持ちを持ち続け、生への執着を追求していく。その一方で、それを諦めざる負えない状況に追い込まれた時、例え肉体は滅んでも生前自分と深く関わった人たちの心の中で、永遠に生き続けたい、そんな矛盾が同居する。精神的に強くありたい、と願いつつも心を折れそうな状況が患者の意思に関係なく、次から次へと起きる。自分の能力・努力の範疇を超え己の無力感を感じる場面が多々ある。自身の限界、人間自体の限界、現代医学の限界、3つの限界が大きく立ちはだかる。心が折れそうになり、いっそ別の精神世界の住人にでもなり楽になりたい衝動に駆られる。本能・感情の趣くまま流れようとすると、理性・知性、そして闘病生活を支えてくれている人たちの存在が、急ブレーキをかける。闘病生活と他人は簡単にいうが、いうほど容易いものではない。早さの差はあれど、日々命と向き合い、健康体の人間が窺い知れない世界で自問自答を繰り返す。心が折れそうになる弱い自分と、病に負けたくない強くありたい自分が闘い続ける。これが闘病生活の本質だ。麻央さんも立場や性差はあれど、こんな感じで闘い続けてきたと自身の闘病生活を重ね合わせそう思った。

 私は闘病ブログを主催している割に、他の方の闘病ブログはリンク貼りしている方のものしか読んでいない。関心は当然あるのだが、億劫な気持ちが先走りあまり足が向かないのである。理由はよく分からない。麻央さんの公式ブログ「KOKORO」については、応援する気持ちと自身の闘病生活の何らかのプラスになればと思い、
時折、読んでいた。共感できることが色々とあった。見た目との優しさに覆い隠された内面の強さに対して尊敬もしていた。疾患関係なく闘病生活を送り闘病ブログを書いている人たちは星の数ほどいる。皆が皆、真央さんのように強い気持ちを持ち続けている人ばかりではない。差し障りはあるが、生命予後が保証されているにも関わらず、屈折しまくって読むに堪えない人も中にはいる。反面教師にして「こいつ何が不満なんだ。ああはなりたくないな」と思ったりもする。闘病生活のもう1つの肝として、如何に屈折しないで、真っすぐな心を持ち続け、ものの見方もそれを保てるのかがある。これって簡単そうでかなり難しい。というのは、生命予後不良の病を発症すると、頭の中の大半がそれが占めてしまう。自己責任外の降ってわいた突然の不幸に、被害者意識は嫌が応にも高まるからだ。「どうして自分だけが‥‥」である。そして残された時間が短ければ、その思いは倍加する。


動画2【小林麻央さん】がん公表後初のテレビ出演【海老蔵への思いと夫婦の絆を語る】

2 闘病生活はかくありたい
麻央さんが残した無形財産

 小林麻央さんはまだ34歳の若さでこの世を去った。人生80年時代に早すぎる死である。ブログを通して彼女の闘病生活を見ると、被害者意識からくる屈折したところがまるで感じない。まずはその点に感心した。屈折してあれこれと悩む暇が
あれば、前を向き強く生き続けたいとの意思を感じた。人間の真価は、人生が順風満帆の時よりも反対に窮地に陥った時にこそ問われると考える。進行ステージ後半の乳がん発覚。現実を受け入れるのにどれだけ辛苦を伴ったのか、想像するに余りある。まだ子供は当時1~3歳。1歳は自力で立ち上がり歩行し始め、そろそろ離乳食に。3歳だとそろそろオムツを卒業する年齢だ。この時期の子供はお母さんが絶対に必要だ。家庭を持っている方はお分かりだと思うが、父親は母親の完全な代役にはなりきれない。限界がある。父親の存在が本当に必要となるのは、思春期以降だ。就学前の子供に限ると母親との関係は特別である。ステージ後半のがんと知った時、まずそれが脳裏によぎったと思う(ブログ主想像)。そして梨園の妻としての役割を果たせるのか?この不安もきっとあっただろう。そして自身の生命予後への不安。多くの不安を抱えながらの闘病生活だったと思う。胸中を察するに、こうした複雑な思いを抱きながらも微塵も感じさせることなく同病患者のみならず、多くの人たちに勇気と力を与え続けた麻央さんは素晴らしい。

 私も封入体筋炎という生命予後がほぼ保障されていない病と闘っている。それはそれで大変ではあるが、見方を変えれば25~30年程度の時間の余裕がある。現実を受け入れ、立ち直る時間もあるし、ある時期までは動けるので死への準備も可能だ。その点はマシだ。発見が遅れたがんや
ALS(筋萎縮性側索硬化症)などは、あっという間に進行して深刻な事態となる。人間は経験したことがない急激な変化-しかも悪い方に傾いた時は的確な対応が難しい。経験値がない事も大きな理由だが、どこかしら認めたくない気持ちも残り、変化についていけないのだ。以前記事で取り上げたFC岐阜前社長の恩田聖敬(さとし)さんや今回の小林麻央さんは、その点見事だった。私は完全に受け入れるまで、この2人よりも恵まれた状況でありながら半年近く要した。その点私は凡人である。英国BBC放送が麻央さんを2016年、世界の人々に感動や影響を与えた「100人の女性」に選出した。これは凄い事である。夫の海老蔵さんが、会見で「人ではない~」(中国新聞記事引用)と評したが、これは神がかったとの意味だろう。私個人の見解は、乳がんという病には表向きは勝てなかったかも知れないが多くの人たちに勇気と力を与え続け、死してなお人々の心の中で生き続ける、この点では成功した。裏的な見方だが病に勝ったともいえる。海老蔵さんやお子さん、その他の家族など彼女の闘病生活をよく知る人たちに愛という無形の財産を残した。

 海老蔵さんの会見で目頭が熱くなったのは、今際の際(いまのきわ)の「愛している」発言だ。麻央さんの海老蔵さんへの純粋な気持ちが滲みでている。そして、彼女の人生がこの言葉に凝縮されている、と思った。確かに太く短い人生ではあるが現世への未練を億尾にも出さず、最愛の人に謝意を述べた言葉を発してこの世を去る。その最後も見事としかいいようがない。自分がその立場になった時に同じ立ち居振る舞いが出来るのか?いや、出来ないだろう。私も封入体筋炎の直接・間接理由で15年後を目途にほぼ確実に死ぬだろう。個人の能力や努力を超えた世界の話で如何ともし難い現実だ。抗うだけ抗う予定だが、過去の患者が経てきた道を歩みながらそうなる筈。気持ちは気持ち、現実は現実、と命がかかわることでも割り切れる自分に自己嫌悪するしかない。ただ、真央さんのブログを通して学んだことは、絶望に近い状況下でも出来ることが絶対にあること。そして、その生き様を通じて周囲の今後の人生に反映させることができること。それらの人々の心の中で生き続けることができること。この3点である。発症初期から、漠然と感じていたことが確信に変わった。今は麻央さんに感謝の気持ちを持ちつつも、ご冥福をお祈りしたい。そして海老蔵さんは大変だと思うが、頑張ってほしい。


動画2 小林麻央と市川海老蔵のラブラブ秘蔵映像!母親も梨園の妻として歓迎





お手数ですが、ワンクリックお願いします




難病(特定疾患) - 病気ブログ村

広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

前回記事 アストラムライン新白島駅効果
カテゴリー記事 広島の都市交通


 今日は久々にアストラムラインの話題を届けする。別の都市交通-特に鉄軌道系の記事で触れることはあっても専用記事になると、約1年ぶりである。その鉄軌道系記事で、費用対効果が低い事業の象徴(都心部区間)として批判はするが、事実なので仕方がない。別に広島市人口が150万人を超え、市債残高が現在の半分以下で、将来の人口減がなければ少々建設コストが嵩んでも批判はしない。むしろ一度導入したシステムだ。単発路線では意味がなく、ネットワーク化してこそ効果が上がる、と思う。しかし残念ながら、市債残高は2017年度末で約1兆2千億円(臨時財政対策債込む)に達し、119万人を超える人口も少子化の進行で、2060年人口は93.3万人。社会保障費は天助知らずで、高い高齢化率で現役世代は減り、税収は確実に減り続ける。簡単な算数の問題だ。そんなアストラムラインの話題が中国新聞に掲載されていたので取り上げる。

………………………………………………………………………………………………………………………
アストラムライン連続6万人突破 1日乗客数16年度最多
債務超過は17年度解消へ 6月22日中国新聞27面より

 広島高速交通(広島市安佐南区)が運行するアストラムラインの1日平均乗降客数は2016年度、6万3,312人(前年比4.2%増)で過去最高となった。15年3月に新白島駅(中区)開業くかが続き、2年連続で6万人を超えた。16年度決算は5年連続の黒字(単年度)で、17年度決算で13年ぶりに債務超過を解消できる見込みとなった。


画像1 6月22日中国新聞27面より

 21日中区であった株主総会で報告された。通勤、通学などで定期利用は1日平均で7.8%増。JR山陽本線と乗り換えられる新白島駅開業の好影響が続く。同駅の1日平均の乗降客は1万940人と前年度比27.6%増。全22駅の中で本通駅、県庁前駅に続いて3番目に多かった。定期外の利用者は1日平均で前年度から0.4%の微増だった。25年ぶりにセ・リーグを制覇した広島東洋カープの優勝パレードで臨時便を運行。「Vセール」も利用増につながった。同社の16年度決算は当期純利益が3億9500万円。累積損失100億6,200万円となった。資本金が100億円のため、経営改善計画より1年早く債務超過を解消できるは見通しと言う。
市からの借入金は309億4,100万円。同社は「新白島駅の利用はまだ増えている。引き続き安心安全、定時性の確保に努めたい」としている。株主総会では今月13日、軌道上に広島自動車道の高架架橋からコンクリ-ト片が落下した事故についての報告もあった。


画像2 画像1拡大画像

…………………
………………………………………………………………………………………………
……
1 現状は好調に推移しているアストラムライン利用者 


画像3 新白島駅付近で地下区間から高架への遷移区間を走行中のアストラムライン(ユーチューブ画面撮影より)

-1⃣ アストラムライン1日平均利用者推移 
 【アストラムラインのご利用状況及び収支状況)より
 ◎1994年度-4.4万人 ◎2000年度-5.3万人 ◎2005年度-4.9万人 ◎
 2010年度-5.1万人 ◎2014年度-5.5万人 ◎2015年度-6.1万人 ◎2
 016年度-6.3万人 
※2015年3月新白島駅開業

-2⃣ 広島電鉄市内軌道線・市内バス1日平均利用者数(2015年度統計)
 
2016年度広島市統計書より
 ◎広電市内軌道線2013~15年度 10.6万人 ◎市内バス(主要11社 2015年度
 )17.3万人 
-3⃣ JR各駅から都心(紙・八地区)鉄軌道系移動手段
 広電は新たな公共交通の体系づくり、アストラムラインは時刻表より
 ◎広島駅 広電市内軌道線利用 
 広島駅-紙屋町東間 2.1㌔ 目安所要時間-14分 運賃-160円(8月1日より180
 円に)
 ◎新白島駅 アストラムライン利用
 新白島駅-本通間 目安所要時間-4分 運賃-190円


 まずはうんちくを語る前に、気になるデータを引っ張り出してみた。実はブログ主は、新白島駅開業-JR山陽本線とアストラムラインの結節により、広島駅までJR利用、乗り換えで広電市内軌道線・バスで紙屋町・八丁堀に向かう利用者に与える影響が大きいと思っていた。案に相違して、広電市内軌道線の2015年度利用者は前年並みの10.6万人。バスも17.3万人で、然程の影響はでなかったようだ(-2⃣参照)。次に影響が大きいと思われた横川駅だが、これも1日平均利用者が1.7万人と横ばいもしくは微増で、ほぼ影響なしだった。広島市内での公共交通利用が、新白島駅開業で微増加したとしか説明のしようがない。2011~12年頃、当時の広電越智前社長が新白島駅誕生に危機感を抱き、駅前大橋線の地下線案に異様に固執したのは一体何だったのか?、と思ってしまった。アストラムラインの割高運賃と駅間移動距離が敬遠されているのか、は定かではないが現時点では、ほぼ影響なしと言える。今後は8月1日より広電の運賃改定が控え、アストラムラインとの運賃格差が縮まる。そして新白島駅の存在がより市民に周知されると、定時制の高さ(-3⃣参照)を評価されじわりじわりとアストラムライン利用にシフトすることも可能性としてはある。

 福岡市営地下鉄七隈線が開業当初(2004年)、1日平均利用予測11.1万人に対して4.8万人(43.2%)と大苦戦した。大苦戦理由は、天神南駅の位置や西鉄バスとのし烈な競合などが挙げられた。しかし、2015年度に7.8万人。定時性の高さが評価されバスから七隈線へのシフトが進んでいる。2020年にはJR博多駅に乗り入れるので、更に利用者は増え続けるだろうと思われる。広島市の新白島駅開業効果によるアストラムラインの利用者増が、その例に倣い増え続けるかと言われれば、後1~2年で頭打ちになると予測する(既存区間での話)。本通止りで延伸計画は一応あるにはあるが、白神社(平和大通り)まで。しかも万が一、実現するとしても2030年代後半以降で20年近くも先の話。増加するとすれば、広電の運賃値上げによるシフト分と、新白島駅関係なく沿線開発の進展によるものでそう絶対数は多くないだろう。今の増加ペースを長期維持するには、沿線の大幅人口増、デルタ外(郊外)から都心部への移動需要を増やさないと難しい。そう簡単な話ではない。2020年前後まで微増を続け、その後しばらくは1日平均利用者数6.5万人を境に、微増微減の繰り返しで推移する筈だ。これが永続可能なのか、次項目で検証したい。

2 高齢化の進展と本格的な人口減で利用者は減少に転ずる
西風新都線開業効果も限定的なものとなる



画像4 社人研の人口予測に基づいた広島市人口将来予測(広島市HPより)

-4⃣ 広島市の2010~60年人口推計
「世界に誇れる『まち』広島」人口ビジョン(案) 広島市HPより
◎2010年-117.4万人 ◎2015年-118.8万人 ◎2020年-118.6万人
◎2030年-115.3万人 ◎2040年-109.3万人 ◎2050年-102.0万人
◎2060年-93.3万人
-5⃣ 市内主要交通定期割合
 広電、広島バスは平成28年度広島市統計書より広島高速交通は公式HPより
 ◎広
島電鉄(市内軌道線)21.0%、◎広島電鉄(市内線バス)24.3% ◎広島バス12
 .8% ◎広島高速交通(アストラムライン)52.7% 
 
-4⃣は国立社会保障・人口問題研究所(以下社人研)の将来人口予測に基づいた広島市の予測値だ。合計特殊出生率が低めの設定なので、実際には2060年人口は100万人程度と思われる。しかし、減少幅が多少改善されるだけの話で、高齢化、人口減の局面は変わらない。高齢化率(65歳人口比率)は30%台半ば~後半で推移する。沿線の人口減がまず考えられる。そして、高齢化による生産者人口(19~64歳人口)減少がさらに追い打ちをかける。-5⃣を見て頂きたい。アストラムラインは他の交通機関よりも定期比率が高い。通勤・通学に特化した路線なのだ。首都圏の郊外ニュータウン鉄道に近い形だ。日中もそれなりに利用されている路線とは言い難い。沿線の高齢化や少子化が進めば、さほど利用されないことを意味する。地方都市の場合、公共交通利用は通勤・通学が多い。他の移動目的-買い物・趣味・通院などはもっぱら自動車利用が大半である。


画像5 アストラムライン沿線の安川流域団地群の立地図 高齢化率-紫30~39%、黄色20~29%、緑19%以下(広島市HPより) 拡大図

 
画像6 アストラムライン西風新都線建設予定地の団地群の立地図 
高齢化率-紫30~39%、黄色20~29%、緑19%以下(広島市HPより) 拡大図

 上記画像5と6は既存のアストラムラインの沿線団地群と建設予定の西風新都線沿線の団地群の立地図だ。現時点で高齢化率が市の平均値よりも高い団地群が多い。人口減少局面に本格突入する2030年代以降、黄色の団地群が紫に変わり、緑色の団地も黄色となる。沿線人口も都心回帰や空家化して人口減、居残った人たちも高齢者で通勤しない人たち。沿線の高校・大学も少子化で通学需要も確実に減る。それでも増え続ける観光客を取り込めるのであれば、問題はないがそれも叶わない。既存区間については、長期的には利用者が増える要素は皆無で、減る要素いくらでもあるといえる。数少ない増える要素に2030年代初頭の西風新都線開業がある。 ~
アストラムライン延伸事業の整備プログラム(案)~広島市HP 


画像7 2030年代初頭に開業が予定されるアストラムライン西風新都線ルート図(広島市HP) 

 新白島駅開業と西風新都線開業による利用者大幅増が、現在経営再建中の広島高速交通の切り札だ。西風新都線区間の利用者は、予測だと1日平均1.5万人を見込んでいる。都心部区間もなく、競合するであろう西風新都エリアの広電バスとの戦いで劣勢を強いられることが予測される中、無謀な利用予測だ。
西風新都エリアの広電バス路線の旅行速度は、22.7~31.5km/h。現行アストラムラインの30km/hと比べてもバスとは思えない速達性を誇る。沿線エリアに1.5万人の公共交通利用のポテンシャルがあると予測しているだけの話で、西風新都線が実際に利用される数はまた別だ。ブログ主は、実際にはこの半分以下になると断言する。ひとまず、市の予測を続けると1.5万人利用のうち、0.3万人が既存線と新線の通し利用になるとの事だ。2/3の相互利用の原則を用いると、利用者が予測の半分だと、通し利用も0.2万人になる。西風新都線開業後の広島高速交通の利用予測を簡単にまとめてみる。

-6⃣ 2030年代初頭(西風新都線開業後の)広島高速交通1日平均利用者予測
 ◎広島高速交通の予測値 
今 後 の 経 営 展 開-経営改善計画- (P7 広島高速交通HP)
 ・既存区間 7.0万人(新白島駅開業効果など1.0万人増、収入確保策0.5万人増、延伸波
 及効果0.3万人増) ・延伸区間1万人増 計8.0万人
 ◎ブログ主の予測値
 ・既存区間 6.4万人(既存区間のみかし6.2万人、延伸波及効果0.2万人増)・延伸区間
 0.5万人増 計6.9万人

になると思う。西風新都線に限れば、広島高速交通の経営状態を鑑みて公設民営上下分離方式が採用される公算が高い。この方式は
公設民営の考え方に基き、行政(国・広島市)が「軌道整備事業者」として軌道整備及び車両の購入を行い、第3セクタ-会社(広島高速交通)や民間会社が軌道運送事業者」として車両の運行を行うもので、双方の役割分担が明確となる。運営側も減価償却費が発生せず利用者増が図られ、運営を委託する行政側も効率的な運営が出来る双方のメリットがある。都市交通先進地域の欧州では当たり前のシステムだが、近年、日本でも富山市の富山地方鉄道の軌道線環状化で用いられた手法で、今後主流になる。

3 広島高速交通の将来

 
画像8 広島高速交通の市への各借入金返済とキャッシュフロ-の推移 拡大図(要拡大)

 広島高速交通の経営状態をみてみる。そもそも広島高速交通がここまでの経営難に陥った理由は、甘い需要見通し-1日平均7.2万人で事業スキームを構築。実績値は4.4万人(61.1%)。建設時の広島
市(平均金利4.7%)・日本政策投資銀行(平均金利4.8%)高金利時代の借入金(減価償却費用)が経営を圧迫(営業収益の約45%)。バブル期に計画され、その後破綻した多くの第3セクターの王道を地でいく会社だった。それでも開業後、利用者が伸び続けていたが、広島高速道路4号線開通、乗り合いバスの規制緩和によるバスの反撃を受け再び利用者減となる。そして、2002年度には債務超過となり、運営資金にも事欠く状況になった。経営改善対策で返済先の一本化(広島市のみ)の一環で、日本政策投資銀行へ一括繰上償還 (約205億円)を果たした。2003年度より205億円無利子単年度貸付を開始。毎年5億円減額しながら、11年間貸し付け(2013年度は155億円)。2014年度以降は155億円を2017年度まで貸し付けている。年度末に市へ返還ため、民間金融機関から一時的(1週間)に借入を受けている。記事には、借入金の総額は、309億4,100万円と出ていたが、内訳は有利子の長期借入金猶予分-159億円、単年度無利子借入金-155億円の総計から、長期借入金5億円を返済した金額だろう(上記リンクP5参照)。

 広島市への長・短期借入金返済期間は55年後の2072年まで及ぶ(画像8参照)。車両更新期(2017~29年度)は返済額を1
/年程度として、その後5~9億円/年程度に増額。長期借入金は2050年、短期借入金は2072年まで返済し続ける壮大な返済計画だ。この自称安全運行の返済計画は、西風新都線開業後の広島高速交通利用者-約8.0万人確保があればこそだ。先の項目で述べたように、この利用者は絶対に確保できないといえる。画像8のグラフでいうと長期借入金返済を増額する辺り(2030年代前半~)から、予定金額返済が厳しくなり減額処置。市の単年度無利子貸し付けも減額して続行。2072年完済予定が30年延長(2100年辺り)、市は、苦しい財政状況の中全力支援の姿勢を堅持するが、議会や市民その姿勢を疑問視する声が強まる。それに抗しれなくなった市は重大な決断をする、みたいな流れになると予測。

 ブログ主は、理想的な展開としてこう思う。広島高速交通が建設費を負担こそしない西風新都線延伸は行わない。その建設原資を、デルタ内準基幹公共交通である広電市内軌道線やバスの高度・LRT・BRT化に振り分ける。西風新都方面については、広島都市圏最高の旅行速度を誇るバス路線を基幹バス化。具体的には、デルタ内ルートの城南通りのバスレーン化とPTPS設置(公共車両優先信号)、拡張が予定される広島駅南口広場バスターミナルまで乗り入れ。連接バス(18㍍、定員130人)を導入して疑似BRT化。この最低限の投資で、現状の西風新都線(単線)の輸送力、利便性や速達性も上回る。この疑似BRTで対応が難しくなった場合のみ、(複線)西風新都線を検討する。これで十分。取り残された感がある広島高速交通については、現行のまま利用者増策を図り人口減が本格化する2030~2040年代まで、現在の形を継続。市への短・長期借入金は批判を受けない程度に返済を続ける。ある時期が来たら、市は広島高速交通が保有するインフラ設備を特例市債を発行して数百億円で引き取る。その後、市以外の広島高速交通の株(49%)を買い取り一旦、市営化して清算(これでインフラ売却益は市に)。売却益を特例市債の返済に充て、残れば設備更新費に回す。身奇麗した後、旧広島高速交通の運営権を民間交通事業者(広電及びJR西日本)に委託する。まあこれは意見の一つだと思い、こんな考えもあるよで聞き流してほしい。また何か大きな話題があれば取り上げたい。

 

お手数ですが、ワンクリックお願いします



難病(特定疾患) - 病気ブログ村

広島(市)情報ブログランキング参加用リンク一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ