東大和市狭山緑地雑木林の会 公式ブログ

里山の環境保全活動に励むボランティアの活動記録!

私たちは、里山の環境保全のために活動しているボランティア団体です。
関東平野に浮かぶ緑の小島、狭山丘陵南面の「東大和市立狭山緑地」で、
土日を中心に、月に4回ほど活動しています。
草刈り、間伐、植樹のほか、小鳥の巣箱をかけたり、冬には炭焼きもします。
あなたもいっしょに、明るい雑木林で心地よい汗を流しませんか?

入会・見学は、いつでも歓迎。
入会費・年会費とも無料です。
くわしくは、下記までメールをください。
yamakohan312★gmail.com(★を@に変えてください。)

日本列島に強烈な風雨をもたらした台風14、15号。
被害に遭われた九州地方や静岡県の方々、心よりお見舞い申し上げます。

関東では甚大な被害こそなかったものの、緑地の園路は水浸しに。
51,雨水対策、松尾R
48,雨水対策、中野R
溝を掘って、園路の水はけをうながします。

そして下草刈りもいよいよ最終日。
98,下草手狩り、野澤、岩田、山田R
65,下草機械刈り、杉本R
この時期、気が立っているハチに注意しながら慎重に作業します。

こちらは熱心な薪割りおぢさんたち。
17,薪割り、南R
30,機械薪割り、町田R
28,薪スイス積み、岩田、南R
これらの薪は、冬の炭焼きようではありませぬ。
実は11月に一大プロジェクトを予定しており、その準備なのです。
どんな計画かは、いずれ明らかに。乞うご期待!

そして前回も紹介したツリバナですが、
79,ツリバナR
今回は光の加減もあって、見事にピントが合いました!
熟した実の赤い色が、秋の到来を告げております。


さあ、あなたも、
狭山緑地で秋を感じてみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。


見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmail.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。


緑地での作業はちょっと苦手かも、という方も大歓迎。
記録写真、SNS、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただけるとうれしいです。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=T、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金、
および東大和市社会福祉協議会の助成を受けています。

ようやく夏が終わったと思ったら、早くもハッピーハロウィーン💛
06,ハロウインカボチャ、吉岡生産R
さすらいのスミヤキスト・Y岡師が育てたカボチャがお目見えです。
20,本日の花、会員合作R
そしてこちらは、華道さとやま流家元の作品。

めっきり気温も下がったので、作業もサクサク進みます。94,下草手刈りチームR
56,下草機械刈り、岸R
下草刈りも、そろそろ仕上げの段階。
でもまだ、緑地の草花たちは元気いっぱいであります。
63,ツリバナR
65,ヒヨドリジョウゴR
86,ナンテンハギR
上からツリバナ、ヒヨドリジョウゴ、ナンテンハギ。
そういえば前回、アレチヌスビトハギをナンテンハギとして紹介してしまいました。
謹んで訂正を申し上げます・・・

暑さ寒さも彼岸まで。狭山緑地にはひんやりと心地よい風が戻ってきています。
29,緑地にイラッシャイ!R
「緑地の妖精」が、来園者をお待ちしていますよ!


さあ、あなたも、
ひんやり心地よい雑木林でで深呼吸してみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。


見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmail.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。


緑地での作業はちょっと苦手かも、という方も大歓迎。
記録写真、SNS、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただけるとうれしいです。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=T、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金、
および東大和市社会福祉協議会の助成を受けています。

残暑は続いていますが、朝晩はついフトンをたぐり寄せてしまう今日この頃。
07,やっと涼しくなりましたR

さわやかな日陰で、林内作業も進みます。
間伐した竹林を、さらに整備してキレイに。
56,伐採竹後処理R
93,下草刈り、勝田R
機械による下草刈りは、まだまだ暑苦しそう。

さてこの日は、コナラ材の薪を乾燥・蓄積する新機軸の実験が開始されました。
21,薪、スイス積み、岩田R
以前ご紹介した「スイス積み」を、本格的にどんぐり小屋前に作成。
薪ストーブ組のI田リーダーの指導で薪を積んでいきます。
(以前「スウェーデン積み」と表記しましたが、間違いであります(汗))18,薪割り、町田R
s-IMG_6157
薪を割っては積み上げ、みるみるうちにこんな高さに。

そして草花も、秋の気配を漂わせはじめました。
117,ナンテンハギR
s-IMG_6152
ナンテンハギアレチヌスビトハギにヤマホトトギス。
s-IMG_6162
緑地の中を、さわやかな風が吹き抜ける季節になりましたよ。


さあ、あなたも、
狭山緑地で「小さい秋」を見つけてみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。


見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmail.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。


緑地での作業はちょっと苦手かも、という方も大歓迎。
記録写真、SNS、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただけるとうれしいです。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=T/Y、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金、
および東大和市社会福祉協議会の助成を受けています。

前週8/28の活動日は雨だったため、作業は中止。
この日は暑気払いを予定していたのに、残念無念!
そういえば、コロナ以来3年も宴会をしておりませぬ(泣)

そうこうするうちに季節は移り、緑地には秋の彩りが。
29,シロヨメナR
85,ノダケR
78,ワレモコウR
順番にシロヨメナ、ノダケ、ワレモコウとセンニンソウ。

気温が下がって動きやすくなり、作業にも力が入ります。
38,薪材作り、竹島R
45,薪割り、浅倉、岸R
機械を使って、せっせと薪作り。
101,下草、嶋田R
例によって下草刈りにも励みます。

そして秋といえばキノコですね。
67,ノウタケ(キノコ)R92,キツネノハナガサR
ノウタケにキツネノハナガサ。
しかし今年は要注意のキノコが登場しています。69,カエンダケ(猛毒)R
カエンタケ! 
食べれば命にかかわり、触れるだけでも皮膚炎を起こす超・毒キノコ。
緑地内に複数箇所発生していて、「要注意」の看板が立てられています。
緑地散策の際は、くれぐれもご注意を!


さあ、あなたも、
狭山緑地で秋の気配を感じてみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。


見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmail.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。


緑地での作業はちょっと苦手かも、という方も大歓迎。
記録写真、SNS、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただけるとうれしいです。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=T、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金、
および東大和市社会福祉協議会の助成を受けています。

刈っても刈っても生えてくる下草。
44,下草機械刈り、杉本R
78,下草手刈り、休憩R
じゃあ刈らなきゃいいじゃん! とお思いかもしれませんが、
多様な植物や生きものが暮らすためには必要な作業なのです。

さてこちらでは、人間さまが歩くための園路を整備。
15,チップ播き、曽我、喜多山R
28,園路補修、松尾、小嶋、中野R
木製チップを敷き詰めて、歩きやすくしております。
チップは緑地内の間伐材などから作っていますよ。

60,ソダサク作り、北村、竹島、高増R
こちらも間伐材の枯れ枝を利用したソダ柵作り。
緑地の中に、無駄なものなどありませぬ。

07,コムラサキシキブR
真夏の炎天下にはふさわしくない(?)爽やかなコムラサキシキブの花。
会員たちの活動を、そっと見守っております。


さあ、あなたも、
真夏の林で爽やかに深呼吸してみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。


見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmail.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。


緑地での作業はちょっと苦手かも、という方も大歓迎。
記録写真、SNS、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただけるとうれしいです。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=T、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金、
および東大和市社会福祉協議会の助成を受けています。

このページのトップヘ