東大和市狭山緑地雑木林の会 公式ブログ

里山の環境保全活動に励むボランティアの活動記録!

私たちは、里山の環境保全のために活動しているボランティア団体です。
関東平野に浮かぶ緑の小島、狭山丘陵南面の「東大和市立狭山緑地」で、
土日を中心に、月に4回ほど活動しています。
草刈り、間伐、植樹のほか、小鳥の巣箱をかけたり、冬には炭焼きもします。
あなたもいっしょに、明るい雑木林で心地よい汗を流しませんか?

入会・見学は、いつでも歓迎。
入会費・年会費とも無料です。
くわしくは、下記までメールをください。
yamakohan312★gmail.com(★を@に変えてください。)

梅雨のさなか、活動日にはきっちりお日様が味方してくれました。
t_IMG_4794

「ウッス、では一発いてこましますか」
草刈機準備
どちらも身長180センチ超、迫力の草刈り隊が出動します。
下草刈り作業
鎌で手刈りのチームは黙々とヤブの中へ。

土木工事組は、雨で崩れた園路や柵を補修します。
19、散策路補修R
杭打ち作業
どや! ワイらの仕事はカンペキやで!(今週はなぜか関西弁)
70、薪割り、朝倉R
薪割りおじさんも、地味に活躍中。

で、苦労した下草刈りの成果はといいますと、
t_IMG_4797
ヤマユリなど貴重な植物が残された明るい斜面。
来月には花の香りで満たされますよ!


晴れマーク


さあ、あなたも、3密とは無縁の狭山緑地で花と緑を楽しみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。

2020年度活動計画

見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmai.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。
(※集合場所が郷土博物館から管理事務所に変更になりました)

緑地での作業はちょっと苦手かも、という方も大歓迎。
記録写真、SNS、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただけるとうれしいです。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=K/T/Y、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
および公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金の助成を受けています。


雑木林の会宛てに、素敵なお便りが届きました。
02、竹島作品R
・・・バックの竹すだれも含め、当会きってのアーティスト・T島アニキの作品です。

今年の狭山緑地は、イチヤクソウの当たり年。イチヤクソウ
森の土中の菌がなければ暮らせない、ラン科植物のはかない命。
家の庭では決して育つことはありません。
とるのは写真だけにしてくださいね。

さてさて小雨の降る中、メインの作業は下草刈りです。下草刈り(手刈り)
下草刈り(機械)
林内作業中は、熱中症対策のためマスクは外しています。
他にも、雨水対策やチップ用の薪割りなど、作業は盛りだくさん。排水路掘り
薪割り

・・・次第に雨脚が強くなってきたので、この日はお昼で解散。
梅雨時のヒロイン、オカトラノオに見送られて、皆は家路につきました、とさ。オカトラノオ

(写真=K/T、文=Y)



さあ、あなたも、
雨露にしっとり潤った緑地を散策してみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。


見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmai.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。
(※集合場所が郷土博物館から管理事務所に変更になりました)

緑地での作業はちょっと苦手かも、という方も大歓迎。
記録写真撮影、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただけるとうれしいです。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!




★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
および公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金の助成を受けています。

さてさて、コロナ緊急事態宣言解除を受け、
ようやく活動再開!と相成りました。

t_IMG_4776
われらがどんぐり小屋に、3か月ぶりに会旗がへんぽんとひるがえります。

この日は市・環境課のS課長がご挨拶にいらっしゃいましたよ。
そのうえ差し入れまで頂いてしまいました。あざ~っす!
下村環境課課長からの差し入れ


待ちに待った活動に、会員25人が集まりました。
07、全体朝礼R
ソーシャル・ディスタンスを保ちつつ屋外でミーティング。
13、コロナ予防心得R
感染防止対策はしっかりと!

で、何ごともまずは現状把握から。
3か月間訪れなかった緑地の状況を、じっくり見分することからスタート。
緑地の現状把握
草刈り機のメンテナンス
動力機も念入りにメンテナンスします。

そして、季節の花がお出迎え。
サイハイラン
23、ギンリョウソウ開花R
t_IMG_4777
上からサイハイラン、ギンリョウソウ、ムラサキシキブ。

さらに自粛中も粛々と看板作りに精を出した成果物を披露。
浅倉さん作成のレトロな看板
ナイスなドヤ顔、あざ~っす!
次回も期待しています!


さあ、あなたも、
自粛生活でなまった体を動かしに狭山緑地に来ませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。


見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmai.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。
(※集合場所が郷土博物館から管理事務所に変更になりました)

緑地での作業はちょっと苦手かも、という場合でも、
記録写真撮影、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただける方を歓迎します。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=K/T/Y、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
および公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金の助成を受けています。

3月頃より、日本中、というより世界中で、
コロナで明けコロナで暮れる毎日が続いています。

当会も活動休止しておりましたが、緊急事態宣言の解除を受け、
感染防止対策を万全にして、6月6日(土)より活動を再開いたします!

3、4、5月とお休みしている間、緑地は早春から初夏へと季節を進めています。
以下、この春の緑地の様子をダイジェストでお届け!

まずは、緑地の春と言えばまずこの花。
20200315カタクリ
20200315シュンラン
カタクリにシュンラン。
そしてイチリンソウ・ニリンソウ兄弟。
20200412イチリンソウ
20200321ニリンソウ

きれいどころのアオイスミレにキンラン、ギンラン。
04アオイスミレDSC02306_R
26キンランDSC02404_R
28、ギンラン

樹木系ではヤブデマリ、コバノガマズミ、ヒメコウゾ。
10、ヤブデマリ

26コバノガマズミDSC02405_R
26ヒメコウゾDSC02389_R

今年はひときわ見事に咲き乱れたヤマツツジ。
50、ヤマツツジ

そして、この花が咲くと梅雨も間近と感じるエゴノキ。
エゴノキDSC02545_R

・・・まだまだ見て頂きたい写真はたくさんありますが、
続きは狭山緑地で現物をご覧くださいますよう。




さあ、長かった自粛生活明けに、
狭山緑地で思い切り深呼吸してみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。
※見学の際は、必ずマスクをご持参ください。
また手指消毒ほか感染防止対策について会員の指示に従ってください。

2020年度活動計画

見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmai.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。
(※集合場所が郷土博物館から管理事務所に変更になりました)

緑地での作業はちょっと苦手かも、という場合でも、
記録写真撮影、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただける方を歓迎します。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=N/T/Y、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
および公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金の助成を受けています。


狭山緑地へいらっしゃるには・・・

★公共交通機関ご利用の場合
 西武多摩湖線:武蔵大和駅からちょこバス(内回り)で八幡神社バス停まで約7分
 多摩モノレール:上北台駅からちょこバス(外回り)で八幡神社バス停まで約6分
 西武バス:イオンモール行き 八幡神社バス停を下車して徒歩10分程度
 都営バス:青梅車庫行きで八幡神社バス停を下車して徒歩10分程度

★お車をご利用の場合
 八幡通り沿いに駐車場があります。
 駐車場の利用時間:
  
4月から9月は、午前9時から午後5時15分
  10月から3月は、午前9時から4時15分

狭山緑地_どんぐり小屋案内図001

管理事務所(通称どんぐり小屋)は、
八幡通りをはさんで駐車場の向かい側、
湖畔周遊道路沿いに建つ緑色の建物です。
・・・どうぞお気を付けてお越しください!

このページのトップヘ