この花を知っていますか? わかる人は、かなりのマニアです。
139,ムラサキニガナR
答えはムラサキニガナ。
狭山緑地の特色ある植物のひとつです。

さてこの日は、下草刈りに使う刈払い機の講習会を実施しました。
38,講習中、松尾R
講師は、経験豊富で正規の講習も受けているM尾師匠。
刈払い機は便利ですが、事故が怖い動力機。
使わない人も含めて、正しい知識を再確認することが事故を防ぎます。

講習後はそれぞれのフィールドで作業開始。82,薪割り、黒川、沢田R
薪割りの翁たち。
74,下草刈りR
植物を見分けて下草刈り。
77,チップ運搬R
歩きやすくするために木製チップを園路に撒いたり、
107,ソダサク作りR
こちらでは枯れ枝を活用したソダ柵作り。
145,ソダサクチーム、吉岡、北村、高増R
「はぁ~やれやれ」ひと休みするソダ柵職人たちを見守るのはオカトラノオ。
153,オカトラノオ 咲き始めR
なぜいっせいに同じ方向を向いて咲くのかナゾ。
どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください!


さあ、あなたも、
狭山緑地のナゾに挑戦してみませんか?
見学・飛び入り&入会希望の方、絶賛募集中です。


見学や活動体験をご希望の方は、下記アドレスにメールをお願いします。
yamakohan312★gmail.com (★を@に変えてください)

または活動日の9時30分に直接狭山緑地においでいただき、
緑の腕章を付けた人(会員)にお声がけください。


緑地での作業はちょっと苦手かも、という方も大歓迎。
記録写真、SNS、会報の編集、森でアートしたい、などなど、
いろいろな形で当会にご協力いただけるとうれしいです。

しかも! 当会は入会費・年会費とも無料。
ご連絡をお待ちしています!

(写真=T、文=Y)


★当会の活動は、公益社団法人国土緑化機構「緑の募金」公募事業、
公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金、
および東大和市社会福祉協議会の助成を受けています。