五十肩4月の月初めに五十肩らしい疼痛が現れた事を報告しました。その頃は関節の動き難さもなく、肩も比較的自由に動きました。ただ動きの限界に行くと「電撃痛」が走って力が抜ける…という具合でした。「まだ大丈夫だろう」とタカを括って、前回のブログにも書いた指圧点を押圧していました。ただあまり効果はなかったですね。何もしなくても時折、深部がビクビクと疼きます。要するに急性期の症状なのですね。

●発症して10日。ついに五十肩完成…!
 そこで何の気なしに可動範囲をチェックしてみましたら、腕の拳上(Fig.1とFig.2)や旋回(Fig.4)が出来ないんです。拳上は腕を水平にすると激痛が走ります。また前方に旋回しても激痛が走るようになりました。(写真は健側の腕でデモしてます)発症して10日目くらいです。ただ関節硬縮(関節がボンドで固められたようになる事)はまだ現れてないようです。しかしこのまま行けばこの状態で「関節硬縮」が起こって慢性期を迎える事は前回の経験で分かります。

   何とかせねば…。少々焦りました。

●経絡体操・裏の形を試す…
 自己指圧では急性期は乗り切れません。ストレッチが良いと言われてますが急性期の痛みにストレッチや運動はムリです。激痛が走りますから…。いろいろ調べてみましたがこれと言った情報はなかったですね。さてどうしようと思っているとき、ふと「経絡体操」をやってみようかと思いつきました。これは故・増永先生が考案された体操で経絡を意識しながら筋肉を伸ばすストレッチです。筋肉を伸ばす刺激で経絡にも刺激を与えるわけです。それなら全く同じ姿勢でもアイソメトリックのように力を加えれば筋肉が刺激され経絡にも同時に刺激が行くのではと最近考えていました。ストレッチ式はダメですがこれならば…。まだ完成したわけではないのですが、そんな事は言ってられない!

   やるか? やろう! そういう事になりました。

●劇的!進行を食い止める…。
 やり方は簡単でFig.1からFig.5までの動きでその限界点の手前、つまり痛くない所で腕を止めます。次にその腕を固定したままで息を胸一杯吸い込んで「背伸び」のような動作を3回するだけです。すると

  その瞬間、肩の可動範囲が広がりました。

 ただ急性期なので痛みそのものはあります。可動限界も半日くらいで元に戻ります。そこでこの体操(というよりは動作)を一日のうちで気が付いた時にマメに実行します。するとその都度可動限界が難なく広がるのです。この調子で乗り切れば関節硬縮はないかも知れない…。そう思いました。
 現在の状態ですが、今日で五十肩発症から1ヶ月になります。20日前には水平位にしか挙がらなかった腕は現在バンザイができます。また前方に旋回できなかった腕も改善されて今は反対の肩が掴めます。痛みそのものも1ヶ月過ぎて落ち着いてきたようで疼くような不快な痛みはありません。電撃痛も徐々に弱くなってきたようです。


★経絡体操に興味のある方はこちら…【書籍】
   http://www.zshiatsu.net/zshiatsu/books/detail/8.html