今日は貴方に病気についての話です。貴方にふさわしい病気があると言ったら驚くでしょうか。ふさわしい病気…?何それと思った方もいるでしょうね。一体「ふさわしい病気」なんてものあるのでしょうか。それがあるのです。それは貴方の生きざまが、貴方の罹る病気を決定するのです。

 人間は生きて来たように死んでゆく…という言葉がありますね。これは穏やかな人は穏やかに死に、疑い深い人は不安や疑心暗鬼のうちに死んで行くという意味です。これは健康面でも同じです。健康的な生活を送れば将来不安のない健康生活が送れますし、反対に遊び放題で無軌道な生活をすれば、将来それに見合った病気がちな生活になりますよと言う事です。つまり

       将来の健康は今の生活で決まる

という事です。とくに若い世代は要注意です。見てくれを気にして不自然な生活を続ける人が多い。すると30才以降に必ず体調を狂わせます。たとえば最近は30代でガンに罹った女性の話などを結構耳にしますが、それもこれまでの無理な生活の結果そうなったと考えてよさそうです。また贅沢三昧に生きて来た人は循環器病になり易く、勝手放題に生きて来た人は依存症になりやすい。長い間体を冷やし続けた人は将来不定愁訴を訴えるようになります。これらの症状は起こるべくして起きたわけですから、病気はその人の生き様を示していると言うわけです。


adver_title_1