あれから一週間過ぎてリョウは退院しました。その後は自宅療養です。腰は異常はなかったものの痛みは残っているようです。取り敢えず一安心と思っていたら、神様は安息は許してくれないのですね。次のトラブルが起こりました。一週間して昼間、ヨネから突然電話が掛かってきました。

   お父さんが転んで立てないんだョ。今から病院に連れて行くから…

と言うものでした。「エー、また何か起こったの?」。その時は仕事中だったので実家には戻れません。取り敢えず夕方にもう一度電話する事にし、夕方また電話すると「お父さん、左手首の骨が折れているんだって。だから入院したよ」とのことです。内心「またかァ…」と思いながら、「そう」とあくまで平静を装う自分。

 翌日病院に行くと、医師から「全治2か月ですね」と言われました。そして「退院しても自宅生活はムリでしょうから、どこか他の施設で療養して下さい」とのご宣託。確かに退院してもヨネ一人ではリョウの看病はできません。出来るだけ長く入院して貰いたい…。それが本音です。そこで「どの程度、ここに入院できるんでしょうか」と恐る恐る聞いてみました。すると「そうですねぇ。手首だけなので一週間ってところですね」との事でした。

 そうか。一週間か。またまた忙しい毎日になりそうです。



骨折





にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ  にほんブログ村 介護ブログへ  にほんブログ村