2017年11月27日

ZST.58

ZST旗揚げ15周年大会、観戦させていただきました。

参加じゃなくてゴメンなさいね。


色々な試合内容で、4時間ちょっと、自分にはあっという間だった。


書きたいことがあるんですが上手く整理できず、
書いては消し書いては消しを繰り返しております。


田沼選手の数年ぶりの試合。

いやぁ、凄い。
凄かった。


セミファイナルの柏崎選手 対 清水俊一選手

柏崎選手の勝ちパターンに、あー、わかるわー、なんて思って見てた。
それでも清水選手の寝技の一発に最後まで期待をして観ていた。
会場の多くの人がそうだったんじゃないかな。

ここに至るまでも何度も書いては消しを繰り返している。
結局、これしか文が残っていない(笑)

参ったなー。


参った。

猫のことならすらすら書けるんだけどな。
image


今大会には猫、出てなかったもんな。  
Posted by zst_fujiwara at 00:52

2016年06月27日

プラレール

今日の話しはプラレールです。



パンフレットをゲット。

IMG_7123













タカラトミーから2016年6月30日に、、

『ディズニードリームレールウェイ
ミッキーマウス&フレンズ ミュージカルパレード貨車セット』

が発売されます。


タカラ素人の自分にはどこで息継ぎをしたら良いのかわからない。



IMG_7124











その商品が、こちら。

素晴らしい!!!

なんて楽しそうなオモチャなんだ!!



これをデザインしたのが何故か私の姉なのです。




姉はデザイナーでもなければ、
夢の国の方と強力なコネクションがある訳でもない。


ただひたすらにディズニーが好きな人、というだけ。




いきなりポコッとこうなったのかというと、そうではない。

とにかくマメに投稿をしている様子だった。



姉は昔から絵が上手かった。

物を作るのもセンスがあった。
っぽい。

ジャンルによっては姉の方が上手い。



と、商品化のことを直接、
人に自慢するのが恥ずかしかったのでブログで自慢です(笑)


是非とも、お店でちょいと手に取ってみて下さい。


http://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/new/1606.htm  
Posted by zst_fujiwara at 23:14

2016年04月18日

ZST.50

昨日新宿FACEにて行われたZST.50ですが、
判定2−1で敗れました。

3ラウンドに尻餅という記事もありますが、
後半は加藤選手が膝を狙っていて、3ラウンドのあの場面で、
膝を打ち出すのが見えたので回避のために後ろに倒れました。

見る角度によってはそう見えるのですね。。


後半にもっと強い気持ちを見せられなかったことが悔やまれます。
気持ちで前に行けば、技術は培ったものが出て来るはずです。
出ないものは身に付いていないだけのこと。


そして初めてのテイクダウン。
やれば出来るんですよ、やらないだけで。


応援してく下さった皆さん、
会場まで足を運んで頂いた方々、本当にありがとうございました。


応援してくれる方と会場で一緒に喜べないのが辛いです。
色々な考えが出ては変わってを繰り返しているので、怪我を治しながら整理できたらと思います。

昨日はありがとうございました。  
Posted by zst_fujiwara at 13:08

2016年03月27日

お知らせ!

先日「東京ヘッドライン」さんに取材していただきました!


格闘技を身近に感じて貰えるような切り口で、
そして格闘技の記事をバチッと取り扱ってくれる情報誌。
格闘技を盛り上げていきたい選手としてはとても嬉しいですね!


次の月曜日予定?
「格闘家イケメンファイル」にて登場!

http://www.tokyoheadline.com

ネットでも見られます!


ラック設置場所を確認してフリーペーパーをゲットしに行ってください!

https://www.tokyoheadline.com/racks/



出たらまたお知らせします〜
  
Posted by zst_fujiwara at 00:49

2016年01月20日

明けまして

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


本日はGSA練習

image



・自分の道場で強くなる
・同じ団体に出場している同階級の人間とは関わらない


そうやってずっとやってきました。
多分、最初はそれで強くなれました。

でもそれは強くなるチャンスを逃していました。
かなり早い段階で代表からはそれは割り切って練習したほうがいいと言われていました。

頑固なんでしょう。
我が道をいきました。

今思うと、会長や先輩などの言葉は正しかったと感じることが多々あります。

きっとそのとき言われた通りにやっていても、
飲み込めていない自分はあまり成長できなかったと思います。

同時に、それでも無理矢理にでもやっていれば、意味があったとも思います。


余談ですが、やはり飲み込めていないより、
自主的にやりたいと思ってやる練習は質が違います。
その状態にしてくれたのがメンタルコーチの柘植陽一郎さんでした。

誰かが自分のような状態に陥っていたら、その人が気付くことができるような会話ができたらいいな、と、思う。

その辺はまたそのうち。



まぁ、必要以上に仲良くはしません。

こけて怪我をすれば良いとさえ思っています!

image
2人は仲良しのようです。
  
Posted by zst_fujiwara at 23:41