takayama

【写真:(C)ZST事務局】



今回がZST本戦初出場となる、ただいま就活中の現役大学生ファイター・高山洋貴。このSWAT!をわずか3戦で“飛び級”してきた新星が迎える相手は、“暴走柔術”平信一。「平なら勝てる」と、ちょっぴり上から目線の高山が、本戦デビュー前の心境、そして“就職戦線異状あり”な現実に関して、赤裸々に吐露する。


【開催】2012年5月27日(日)
【大会】BATTLE GENESIS vol.10
【時間】開場15:00
第1部 : SWAT!バウト開始15:10〜
第2部 : BATTLE GENESIS vol.10本戦開始 17:00開始〜
【会場】ディファ有明


――3月のSWAT!では松崎哲也選手に見事なKO勝利を収めましたが、試合を振り返っていかがですか?

高山 う〜ん、自分的には特に……って感じですね。ガードが下がっちゃったり、悪いところも結構あったんで。

――あ、そうなんですか?

高山 本当はもっと試合を組み立てていきたかったんですよ。でも、ちょっとムキになっちゃって。あんまり打ち合いはしたくなかったんですけどね。

――でも、打ち合いにいったことが、結果的に短期決着に繋がったというか(笑)

高山 まあ、良くも悪くもそうですかね(笑)

――そういえば高山選手はアマチュア大会でもKO勝ちしてましたよね?

高山 そうですね。自分、打撃には結構自信があって。やっぱり、一本とかで決めてもあんまりスカッとしないんですよ。それに観てる人も一撃で終わる方が盛り上がると思うので。

――勝ち方にこだわりがあるんですね。そのあたり、誰か影響を受けたファイターとかいますか?

高山 自分、高谷裕之選手が大好きなんですよ! 凄く憧れてて。

――“喧嘩番長”のスタイルがお気に入り、と。ちなみに高山選手も元チーマーだったりするんですか?

高山 いや、別にそういうわけじゃないです(笑)

――失礼しました(笑)。さて、今回はZST本戦へ初出場となりますが、何か思うところはありますか?

高山 やっぱり会場は同じでも、SWAT!に比べて本戦はお客さんの入りも多いですし、演出面も照明とか入場曲があって雰囲気が違うので、そのあたりで緊張しなきゃ大丈夫かなって思ってます。

――本戦はSWAT!で3戦を経ての出場となりますね。

高山 はい、「本戦に出して下さい」ってこちらからもお願いして。まあ、松崎選手を倒せばSWAT!に相手はいないなって思っていましたし。

――今回は“暴走柔術”の異名を持つ平信一選手との対戦ですが、どんな印象を持ってますか?

高山 まあ、勝手に暴走しててくれって感じですよね(笑)

――余裕が感じられますね〜。なんでも、高山選手は「平選手なら勝てそうだから試合したい」とコメントされてたとか?

高山 はい。普通に負ける気がしないんで。まあ、「頑張って練習して下さい」って感じですね。

――どんな試合展開を予想していますか?

高山 多分、暴走してくると思うんですけど、その暴走を止めながら、出来れば一本を狙っていきたいなと思います。あとはパウンドもありですし。やっぱり、自分的にも今回はしっかり勝たなきゃいけないなと思うんですよね、チャンスというか。自分はSWAT!の経験が全然無いのに本戦に上がって、ここで負けちゃったら周りからも「お前はまだSWAT!でやってろ」みたいに見られちゃうと思うんで。

――確かに高山選手は本戦に出場するのが早いですよね。

高山 そうですね。平選手はSWAT!で10戦くらい、松崎選手も7〜8戦してから本戦に上がってると思うんですけど、僕はせっかくいい勢いで来てるんで、これを止めないようにしたいです。

――今回の試合に当たって、何か練習で重点を置いたところは?

高山 特には無いですね、今までどおりの練習で。

――高山選手はしんわトータルコンバット所属ですが、そもそも入ったきっかけというと?

高山 僕、もともとその前に半年くらい、キックボクシングのジムに通ってたんですよ。趣味程度だったんで、試合にも出たことなかったんですけど。そうしたら友達に「総合やろうよ」って誘われて、なんとなく入った感じですね。

――同じジムには山田哲也選手をはじめ、ZSTで活躍してる選手も多く所属してます。

高山 それなのに自分、入った頃はみんなのことは全然知らなかったんですけど(笑)。

――そもそも格闘技のファンではない?

高山 そうですね、キックまでは格闘技経験も全然無くて、運動自体が小中学校の頃に野球をやってたくらいだったんで。

――それを考えるとスピード出世というか。

高山 まあ、環境に恵まれてるというか、今はいい練習をさせてもらってると思います。

――本戦デビューにあたって、今後ファイターとしての目標はありますか?

高山 とりあえず、まず本戦で一勝して、その後はライト級でもフェザー級でもどっちでもいいんで、今の勢力図をグチャグチャにしたいですね。若さと勢いで。

takayama23

【写真:(C)ZST事務局】


――今は大学生なんですよね?

高山 はい、4年で就活中なんですけど。

――ちなみに就活の方の戦績は?

高山 いや、もう全然やってないんですよ、「将来、どうしようかな?」って(笑)。格闘技を本気でやろうかなってい山 う思いもありつつ、大学も行かせてもらったし、就職もしないといけないのかなとも思いつつ。夢を追うか現実を見るか……。

――そこは是非、“闘うフリーター”として活躍して頂いて(笑)

高山 ハハハ! まあ、親からは「ふざけんな!」って言われてるんですけど(笑)。この鬱憤もリングにぶつけたいと思います!


5/27「BATTLE GENESIS vol.10」【前田日明】インタビューはコチラ

5/27「BATTLE GENESIS vol.10」【本戦】計量結果はコチラ

5/27「BATTLE GENESIS vol.10」【SWAT!バウト】計量結果はコチラ

5/27「BATTLE GENESIS vol.10」ディファ有明大会【当日券情報】はコチラ

5/27「BATTLE GENESIS vol.10」対戦カード発表会見【動画】の様子はコチラ

5/27「BATTLE GENESIS vol.10」出場選手【動画】個別インタビューの様子はコチラ