ZSTオフィシャルサイト

2013年08月

“柔術弁護士”堀鉄平インタビュー

hori1

【写真:(C)ZST事務局】


9月23日『ZST.37』に参戦する堀鉄平。普段はアウトサイダーを主戦場に闘っているが、今回ZSTに参戦するにあたっては、並々ならぬ思いがあるようだ。“因縁の相手”平信一に対して、堀が抱いている思いとは? 闘う弁護士の意気込みを聞け!


【開催】2013年9月23日(祝・月)
【大会】ZST.37
【時間】
開場15:00 SWAT!バウト15:10開始〜/本戦17:00開始
【会場】ディファ有明



──堀選手、この度はよろしくお願いします!

 あ、さっきは電話取れなくてスミマセンでした。別の電話に出てたんですよ。仕事の電話なんですけど。

──堀選手は弁護士をなさっているということで、それ系のお電話だったんですか?

 そうです、そうです。でも、弁護士といっても、皆さんもお仕事されてると思うので、そんな大げさなことではないとは思うんですけどね。

──ちなみに、先生のご専門は?

 専門というか、企業から依頼を受けて債権回収とか、そういうのがけっこう得意分野です。

──債権回収! 今をときめく半沢直樹みたいですね。

 ま、まあ、そういう感じですかね(笑)。あとは、個人のご相談でも、離婚とか相続とか交通事故とかを扱うこともあります。

──格闘技を始められたのは、その弁護士になった後だったんですか?

 ちょうど司法試験に受かってから始めたというか……。司法試験に受かると、その後、2年ぐらい研修があるんですけど、その間に始めたんですよ。もともとPRIDEとかを観て「格闘技、やりたいな」とは思ってたんですけど、司法試験の勉強もしてたんで、受かったらやろうかなと思っていて。

──ちなみに、PRIDEはどの時期から?

 ボクは桜庭和志vsホイス・グレイシーとか、その辺りですね。ちょうど受験生時代にスポーツ新聞に記事が踊るように載っていたので、食い入るように見ていて。もう「グレイシー、凄い!」という感じだったので、最初はブラジアン柔術から習い始めました。

──じゃあ、ファンとしても格闘家としても、けっこう古株になってきてますね。

 やる側としては、もう10年ぐらいですかね。もともと総合をやろうとして柔術からスタートしたんですけど、柔術がおもしろくて、5年ぐらい柔術ばっかりやっていて。で、途中からアウトサイダーに上がらないかという話があったので、そこから総合をやっています。

──そのアウトサイダーを主戦場としている堀選手ですが、先生はいわゆる“アウトサイダー”ではないですよね?

 まあ、“アウトサイダー”がどういう定義かによるとは思うんですけど、一応、自分の中では、そういうアウトサイダーな人たちの壁になる役割なんじゃないかというか。ボクをぶん殴ってやっつけたいと思っている人たちに、「そんな簡単じゃないよ」というのを知らしめたい感じですね。

──PRIDEでいうところのゲーリー・グッドリッジ! でもまた、今回はなぜZSTのリングに? 小耳に挟んだ情報では、先生自身が平選手を指名されたとうかがいましたが。

 平選手って、6月にアウトサイダーで伊澤寿人選手と闘って、なんか平選手がアッサリ勝ってたんですよ。で、伊澤選手というのはアウトサイダーのチャンピオンで、戦友でもありますし、ボク自身は引き分けてる選手なんですよね。なので、仇討ちじゃないですけど、倒したい相手だなって。

──ただ、その平選手は「アウトサイダーの選手とは、もうやりたくない」と言っていて……。

 なんか、そんなインタビューがZSTのHPに書かれてましたよね。でも、ボクから言わせてもらうと、平選手ってそんなに強いと思ってないんで。

──おっと、それはどういう……?

 ZSTの選手ってすごいレベルの差が激しいなと思っていて、小谷直之選手とか山田哲也選手とか、今回出る藤原敬典選手とか、あのへんって超トップクラスで、他の団体に出ても活躍できるし、むしろ海外のメジャー団体に上がってもやっていけると思うんですよね。でも、平選手はそうじゃないし、アウトサイダーの選手に対して「ZSTに上がるのは早い」とか言ってるけど、ZSTの中でもそんなトップクラスじゃないじゃんって!(一気にぶちまけて)。

hori2

【写真:(C)ZST事務局】


──……その答弁の流暢さ、絶対に先生とは法廷でお会いしたくないです!

 (無視して)ボク、山田選手とかはもう一回はやりたくはないですよ(11年7月17日『BATTLE HAZARD 05』』で対戦)。でも、平選手はそんな大口叩くような選手じゃないでしょって。伊澤選手もあの試合では負けましたけど、10回闘って10回負けるという感じじゃないですよね。10回闘っもフィフティ・フィフティとか、そのぐらいだと思ってますから。

──今回は、それを改めて証明してやりたいということですか。

 そうですね。だからけっこうおもしろい試合になるとは思いますよ。

──ちなみに、平選手は今回も「投げ」を目標にしているようですが。

 いや、そんなことやってもおもしろくないし、投げたって「だからどうしたの?」って感じですよ。べつに投げても観客が喜ぶわけでもないし、勝手にやってればって。なんだったらボクが投げてやるよ! と。

──せ、先生、どんどんエスカレートしています……。

 ああ、スミマセン。さっきの電話が機嫌が悪くなるような内容だったんで、そのせいで余計に加速しちゃってますけど。まあ、インタビューとしては、このくらいの方がちょうどよかったんじゃないですか?(笑)。

──お気遣いありがとうございます(笑)。ところで、ZSTに上がるということに対しては、どんな思いがありますか?

 うーん、まあアウェーだなという感じはしていますね。お客さんもボクのことを知ってる人がいるわけじゃないし、ZSTルールは初めてなので。

──状況的にはあまりよくはないですよね。

 でも、ボクが平選手とやりたいということで「アウトサイダーに来い」と言っても、それは伊澤選手に勝っている手前、失礼な話なので。なので、一応ボクが頭を下げてやってもらっているという立場ではあるんですけどね。

──なるほど。おもしろい構図です。では、最後に意気込みをお願いできますか?

 あのー、ボクが投げるんで、投げられないように気をつけとけよ、と。そう書いておいてください!


堀鉄平選手が所属する【スポーツジムマーシャルアーツ】の情報はコチラ

9/23「ZST.37」【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」【SWAT!バウト】対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“ムラタク”村田卓実インタビュー

murata1

【写真:(C)ZST事務局】


今年4月の『ZST.35』では、房野哲也を相手に判定勝利を収めている村田卓実。その試合を受けて、9月23日『ZST.37』では、ZSTバンタム級チャンピオン藤原敬典との対戦が決定した。RINGSルールでの対戦でタイトルマッチではないものの、大一番を迎える村田の意気込みとは!? また、格闘技が好きすぎる奥さまとの新婚生活にも迫った。


【開催】2013年9月23日(祝・月)
【大会】ZST.37
【時間】
開場15:00 SWAT!バウト15:10開始〜/本戦17:00開始
【会場】ディファ有明



──昨年9月にご結婚されたようですが、新婚生活はいかがですか?

村田 新婚というか、もう、結婚する前から半年ぐらい一緒に住んでたんで、あんまり新婚感はないですねえ。しかも、そのもっと前はボクが彼女の家に入り浸るような生活をしてたので。

──じゃあ、結婚後もそんなに生活スタイルも変わらずという。

村田 まあ、奥さんがもともと格闘技が好きな人だったんで、「適当に頑張ってね」って感じというか。でも、ボクが出ない大会でも、DEEPとかパンクラスとかもしょっちゅう観に行ってるんですよ、彼女。ボクがセコンドに付くことになったりしたら、「チケット買うからお願いしといて」とか言われたり。

──けっこう熱い奥さまですね。

村田 それとか、ボクが「この大会、観に行くんだけど」って言ったら、「確かに、今回はいいカードだから私も観に行く」って感じで一緒に観戦したり。理解があるといえば、よき理解者なんですけど。

──もう、格闘技が中心の生活なんですね。

村田 うーん、やっぱりそうなんですかね。例えば最近は、「今度の相手はヤバいよ」って言われましたけど。

──ハハハハハ! 奥さん、おもしろいですね。当然、今回も会場に?

村田 たぶん来るんじゃないですか? よくわからないですけど。ボクも、試合が迫るとそれどころじゃないので。でも、見てる前でケガとかはしたくないなとは思いますけどね。

──確かにそれは心配になるでしょうね。その奥さんの情報どおり、9月23日『ZST.37』での対戦相手は藤原敬典というヤバい相手になりました。

村田 まあ、チャンピオンということもありますし、やっぱりDREAMまで上がった選手だというのも気になってますよ。そこに出られる選手というのは、相当な実力がないといけないと思うんで。

──DREAMでは、村田選手の義理のお兄さんでもある今成正和選手も、藤原選手にはけっこう苦しめられてましたからね。

村田 今成さんも、試合中に殴られてちょっと飛んだりしたって言ってたんで。まあ、「大丈夫だよ、殴られなきゃ」って言ってましたけど。

──そこが一番難しいんじゃないですか(笑)。でも、オファー来たときはどう思いました?

村田 前回、房野(哲也)選手と試合して、房野選手はチャンピオンとのタイトルマッチにまでいった人じゃないですか。その選手にボクが勝てたので、「またZSTに呼んでもらえるかなあ」と思って出られる準備はしてたんですけど、今回の対戦カードを見て、房野選手との試合をきちんと評価してもらえたんだなと思って嬉しかったですね。

murata2

【写真:(C)ZST事務局】


──ただ、タイトルマッチじゃないですけど、そこはどうなんでしょう?

村田 でも、タイトルマッチは5分5ラウンドですよね? 5分5ラウンドはちょっと難しいんじゃないですかねえ……。

──そんな弱気な!

村田 それに、チャンピオンに勝てば、チャンピオンと同じぐらいの価値はあると思うんですけど……そうでもないんですかね?

──いや、どうなんでしょうねえ。やっぱりタイトルはあったほうが箔が付きますしね。

村田 動画のインタビューでそう言っちゃったんですけど、あとで考えたらそうでもないかもな……ってボクも思ったりして。

──あ、やっぱ気づいちゃいました(笑)。

村田 まあでも正直に言うと、今回も試合前はカンペキに準備して勝つつもりでやっているので、タイトルマッチとなると、また再戦しないといけないじゃないですか。そこで、また改めてタイトルマッチで闘いたいとは、今は思ってないですね。

──それだけ今回の試合に全力投球したいというか。

村田 そうですね。チャンピオンと闘えるという機会はそうあるもんじゃないので、まずやるしかないと。……でも、(藤原選手は)タイに行ったんでしたっけ?

──ああ、たしか、そう言われてましたね。
村田 ふーん。タイにまで行った人に勝てたらうれしいだろうなあ。

──努力を水の泡にしてやりたいですか。

村田 でも、こんなこと言ったら怒りますかね? 怒るか……(ブツブツ)。でもまあ、こっちだってもちろん日本で練習しているんで、とにかく勝ちたいなあ。

──わかりました。では、ナイスゲームを期待させていただきます!

村田 ありがとうございます!


村田卓実選手が所属する【和術慧舟會東京道場】の情報はコチラ

9/23「ZST.37」【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」【SWAT!バウト】対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“プチ暴言スーパールーキー”浜松ヤマトインタビュー

hamamatsu1

【写真:(C)ZST事務局】


7月14日『ZST.36』内田龍介戦では、フロントチョークで見事な一本勝利を飾った浜松ヤマト。ZST本戦デビュー後、初の白星となり、本人もホッとした模様。9月23日『ZST.37』では、20歳の浜松よりも若い檜山勇斗との対戦が決定しているが、その試合に挑む浜松の思いとは?


【開催】2013年9月23日(祝・月)
【大会】ZST.37
【時間】
開場15:00 SWAT!バウト15:10開始〜/本戦17:00開始
【会場】ディファ有明



──7月14日『ZST.36』内田龍介戦は、1ラウンドでの一本勝ちでした。これは、だいぶ満足いく結果だったんじゃないですか?

浜松 満足いくというか、嬉しかったですね。デビュー戦(12年11月23日『ZST.33』高山洋貴戦)とは真逆というか、デビュー戦は相手のやりたいことを全部やられちゃったんですけど、前回の試合は自分のやりたいことが全部できたんで、よかったなって。

──一本も狙ってたんですか?

浜松 いや、特には。まあ、いければ狙おうかなとは思ってたので、いい感じでチャンスが来たのかなと思いました。でも、本戦のリングに慣れたのかどうかはわからないですけど、緊張はしなかったのもよかったなと思って。デビュー戦はかなり緊張したので(苦笑)。

──さぞ、周りの反応も上々だったんでしょうね。

浜松 そうですね。中には、オレが負けるかもしれないと思っていた人もいたみたいですけど、その予想通りにならなくてよかったです。とりあえず本戦で1勝できたのでホッとしたというか、2回連続では負けらんないんで。

──試合後は、普通に練習を?

浜松 はい。ケガもなかったですし、普通に練習を再開しました。

──ちなみに、格闘技以外の部分で、ちゃんと夏は満喫しました?

浜松 そっちも、ちゃんと遊びましたね。海に行ったりとか。あと、自分、ヒップホップとかが好きなんで、イベントに行ったりして。

──またまた、それはオシャレじゃないですか。

浜松 いや、そんなことないです(照)。でも、アクティブはアクティブで、出かけるのが好きなんですよ。特に夏が大好きなので、どんどん外に出ていきたいって感じで。日焼けもしたいんで、自然光で焼いてやろうみたいな。

──では、その日焼けした姿を9月23日『ZST.37』で披露していただくことになるわけですが、その大会では、檜山勇斗選手との対戦が決定しています。

浜松 先日、試合に向けた動画インタビューを撮ったんですけど、その前は檜山選手のこと、誰だか知らなくて。でも前回、デビュー戦だったのに試合がなくなってたんですね。あとは、自分の一個下だなって。

──前回の内田選手は37歳で、今回の檜山選手は19歳と、対戦相手の年齢幅が広いですね。

浜松 でも、年下のほうが余計に負けられないですよ。ここで負けてられないなって感じです。

──その檜山選手ですが、どんな印象がありますか?

浜松 印象というか、寝技がうまいというのは聞いているんですけど。自分も寝技は練習してますけど、まだまだ満足いくレベルじゃないんで。

hamamatsu2

【写真:(C)ZST事務局】


──こういう試合前というのは、尊敬する大塚隆史選手から、アドバイスをいただくこともあるんですか?

浜松 特別に「こういう作戦で」というのはないですけど、普段の練習の中では「もっとこうした方がいい」という意見をもらったりはしますね。デビュー戦のときはセコンドについてもらったりしてますし。

──やっぱりセコンドにいたほうが安心というか。

浜松 どっちなんですかねえ。うーん、どっちもどっちかもしれないですけど……、いや、やっぱりいてくれたほうが気合いが入りますね。

──でも、大塚選手って、怖くないんですか……?

浜松 いや、怖くないです。って言うか、皆に言われますよ、それ(笑)。でも、ホントにいい人で、練習とかに対しては凄く真剣で、めちゃめちゃストイックなので本当に尊敬してます。

──ちなみに、浜松選手は中学生の頃からAACCで練習されてるそうですが、大塚選手との付き合いは?

浜松 自分、練習し始めて6年目なんですけど、もう当時から一緒に練習させていただいてますね。ジムの帰りとかにメシに連れてってくれたりしますし、おごってくれたりもしますし。大塚さん観てると、やっぱりボクももっと勝ちを積み重ねて、上にいきたいと思いますしね。

──なるほど。やはり、今回の試合でも止まっていられない、と。

浜松 そうですね。勝つことが前提で、今回も相手が何もできないような勝ち方がしたいです。

──でも、勝ちを積み重ねて、どんなところを目指したい、と?

浜松 いやー……、そこは、とりあえず勝って勝って、発言権が出てきたら言いたいなって。

──あ、そこの返しはビッグマウスな師匠とは対照的で(笑)。

浜松 ハハハハ。そうかもしれないです(笑)。


浜松ヤマト選手が所属する【AACC】の情報はコチラ

9/23「ZST.37」【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」【SWAT!バウト】対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“暴走柔術”平信一インタビュー

taira2

【写真:(C)ZST事務局】


7月14日『ZST.36』高橋悟戦は、2ラウンド0分22秒でTKO勝利という結果ながら、「まったく納得できていない」という平信一。インタビュー中も、かなり落ち込んでいる様子だったが、その反省を踏まえ、次に対戦する堀鉄平戦はどのような試合を見せてくれるのか。相手が現役の弁護士ということもあり、そこには並々ならぬ意気込みがあるようだ。


【開催】2013年9月23日(祝・月)
【大会】ZST.37
【時間】
開場15:00 SWAT!バウト15:10開始〜/本戦17:00開始
【会場】ディファ有明



──毎試合好例、投げを宣言していた平選手ですが、『ZST.36』の高橋悟戦はいかがでしたか?

 あの試合は、何もできなかったと反省をしています……。

──え、でも一瞬、投げたように見えたシーンがあったような……?

 いや、あれは投げてないですね。まったく投げてないです。前回の試合も不合格です。何もできなかった、何もしなかったのが反省点というか。高橋選手どころか、自分もコントロールできなかったです。

──それは調子が悪かったとかですか?

 いや、調子はいいんですけどね。なんですかね。すべてが反省です。いま、相当落ち込んでいます。なので、あの試合はもうなかったことにしました(アッサリ)。

──そ、それはまた、大胆な気持ちの切り替え方ですね。

 記憶から消しました。もう、次のことを考えるだけです。でも、あの試合はあんまり興奮できてなかったのがいけなかったのかもなあって。血圧が上がっていなかったというか。

──なるほど。でも、血圧は自分で調整できませんもんね。

 そうですねえ。そのコントロールは難しいですね。相手次第になってしまうので。相手に挑発されないと上がらないなあという気がします。

──じゃあ、平選手から噛み付いていけばいいんじゃないですか? そしたら相手は当然怒るでしょうし。

 あ、そうかもしれない……。じゃあ、今度は噛み付いてみます!

──そんな中、次の対戦相手は堀鉄平選手に決定しています。堀選手は弁護士の仕事もされているようですね。

 らしいですね。だから「超頭いい vs 超頭悪い」対決になりますね。

──え、平選手って、超頭悪いんですか(笑)。あまりお勉強はできなかったとか?

 勉強はしなかったですねえ。勉強は好きじゃなかった。

──その中でも、あえて言うなら、好きな科目は?

 あえて言うなら、数学ですかね。

──おお、計算ができる男なわけですね。

 でも、文系が超苦手なんですよ。英語とか国語とかが苦手で、話す科目が苦手なんですよね。

taira1

【写真:(C)ZST事務局】


──その点、弁護士というと、おしゃべりの達人という感じもしますよね。

 だから、正反対です。でも、まあ、ボクとしては頭いい人のほうが闘いやすいんですけど。

──それはまたどうして?

 相手が考えてくれればくれるほど、こっちは何も考えないんで、動きを読ませないというか。自分、試合中は何も考えてないですからね! だから対戦相手としては、わりとやりやすいタイプなのかなって。

──あと、堀選手はアウトサイダーの常連ファイターという面もありますが。

 いやー、もうアウトサイダーとは闘いたくないですねえ。なんか、「もういいだろ」って思っているんですけど。

──それは、飽きちゃったってことですか?

 いや、アウトサイダーは(ZSTで試合するのは)まだ早いですよ。もっと練習して来いという感じというか。100年早いと思いますね。

──おお! カッコいいですねえ。じゃあ、やっぱり次の試合も一撃必殺の投げで倒したい感じですか。

 もう投げしか目指してないです。もう次、投げられなかったら、投げを引退しようかなって思っているんで。そのぐらい本気で投げにいこうと思ってます。ホントにそろそろ投げないとね。でも、弁護士を投げたらみんな納得してくれるかなって。史上初、弁護士投げです。

──確かに、弁護士が投げられる姿は見たことありません!

 あと、今回は血圧もちゃんと上がってるんですよ。なんか、相手のほうから闘いたいと言ってきたらしいんで。なので、完全に血圧上がってる状態ですね。

──それはベストコンディションですね。

 なので、この血圧上がりっ放しの状態をずっと維持して、9月のリングでぶつけたいと思います!


平信一選手が所属する【綱島柔術】の情報はコチラ

9/23「ZST.37」【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」【SWAT!バウト】対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“トレンディMMA”檜山勇斗インタビュー

hiyama1

【写真:(C)ZST事務局】


7月14日『ZST.36』で本戦デビューをはたすはずだった檜山勇斗。対戦相手の突然の欠場により、なんと試合が流れてしまう事態に……。そういうわけで、9月23日『ZST.37』浜松ヤマト戦が、いよいよ本当のデビューとなる檜山だが、試合への意気込みとは? また、本インタビューで、檜山の苦手なものが発覚。それはいったい!?


【開催】2013年9月23日(祝・月)
【大会】ZST.37
【時間】
開場15:00 SWAT!バウト15:10開始〜/本戦17:00開始
【会場】ディファ有明



──今年は、大学生活初めての夏休みなんですよね?

檜山 あ、そうですね。けっこう長いんですよ、夏休み。8月の頭から9月の終わりまであるので、丸々2ヵ月間というか。

──うわー、うらやましいです! 何をして過ごしているんですか?

檜山 いやー、練習以外は何もやってないんですよね。自分、バイトとかもまだしてないんで。

──じゃあ、練習漬けの毎日というわけですか。

檜山 いや、「漬け」っていうか、他に何にもやってないだけです(笑)。あんまり遊びにも出かけてないですし。出不精ってわけじゃないんですけど、自分から誘わないタイプなので、出かける用事がないというか。

──もったいないですよ。誰かデートにでも誘ってみたらいいんじゃないですか?

檜山 それが、自分、ぜんぜんモテないんですよ。

──またまたあ。運動神経がよくて、マスクもいいのに、モテないわけないじゃないですか。

檜山 い、いやいや。でも自分、体育科なんで、けっこう運動神経がいいの友だちが周りに多いんですよ。だから、自分なんてまだまだなんですよねえ。

──そんなこと言ってたら、夏休みが終わっちゃいますよ!

檜山 (聞かずに)でも、今年の夏は暑くて、練習がけっこう大変なんですよ。道場内は特に暑いので。

──今年は猛暑ですからね。

檜山 だから、みんな練習に来るには来るんですけど、クラクラになりながらやってますからね。自分も試合に向けて練習していますけど、そんな状態です。

──なるほど。その試合についてですが、まず、前回大会では林田(一城)選手の突然の欠場で、試合が流れてしまいました。

檜山 そうでした。林田選手が出られないと聞いたのは試合前日の夜だったんで、ホントにギリギリだったんですけど……、なんですかね、聞いたときは「えー……」って感じで。

──そんなわけで、ZST本戦デビューが、まさかのマイクパフォーマンスだったという。

檜山 ハハハハ……。でも、マイク緊張しましたよ!(苦笑)。ホント、急に言われて、何をしゃべったらいいかわからなかったから、もう緊張しまくりで。多分、試合だったら緊張しなかったと思うんですけど。

hiyama2

【写真:(C)ZST事務局】


──そして、9月23日『ZST.37』では、満を持して試合ができるという感じだと思うんですが、その相手が浜松ヤマト選手に決まりました。

檜山 浜松選手は前回の大会で内田龍介選手と対戦していて、その時に試合を観させてもらったんですよね。試合は打撃でいくと思ってたんですけど、思った以上に寝技が強くて。だから、今回も寝技で勝負になるのかなあって。

──浜松選手はフロントチョークで一本勝ちしてましたからね。

檜山 あそこまで寝技ができると思ってなかったんで、これはけっこう厳しいかもしれないなと思って練習してますね。作戦じゃないですけど、「こんな感じでいこうかな」みたいな、やんわりした流れは一応考えているというか。

──じゃあ、次回こそはデビューできるように、準備は万端というわけですね。

檜山 そうですね。目標はきちんとデビューすることというか(笑)。

──では、最後に試合への意気込みを聞かせていただけますか?

檜山 はい。今回こそ初参戦なので、一本もKOもどっちも狙って闘いたいと思います!

──でも、一本かKOで勝ったら、またマイクを持つ可能性が高いと思いますけど(笑)。

檜山 うわー、それは……。絶対、緊張してどもっちゃうんで、マズいですね……。

──こっそり、マイク対策も含めて練習を。

檜山 そうですね。そっちも練習しておきます(笑)。


檜山勇斗選手が所属する【パラエストラ川崎】の情報はコチラ

9/23「ZST.37」【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」【SWAT!バウト】対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“ZSTの剛腕”藤原敬典インタビュー

fujiwara1

【写真:(C)ZST事務局】


7月14日『ZST.36』で金物屋の秀から勝利を奪った藤原敬典。藤原自身、ひさびさの勝利となったが、自慢の豪腕炸裂! ……というわけにはいかず、試合は判定決着に。その試合を本人はどう振り返るのか。また、9月23日『ZST.37』ではベテラン村田卓実との対戦が決定している。その意気込みを聞いてみた。


【開催】2013年9月23日(祝・月)
【大会】ZST.37
【時間】
開場15:00 SWAT!バウト15:10開始〜/本戦17:00開始
【会場】ディファ有明



──まず、前回の『ZST.36』金物屋の秀戦から振り返りたいんですが、ひさびさの勝利の味はいかがでしたか?

藤原 うーん……と、勝ちはしたんですけど、やっぱりマイクを持って言いたいこと言えなかったんで。結果は、やっぱり自分の思うような結果ではなかったですねえ。

──試合前に、「マイクを持っていろんな鬱憤をぶちまけたい」と言ってましたもんね。

藤原 まあ、映像を観てないのでなんとも言えないんですけど、手数が少なかったかなあって思いますし。相手を抑えることもできたし、試合の展開は自分が思うような展開にできたんですけど、そこまでできてるんだったら、もうちょっと攻められたんじゃないかなって。それはボクも思うし、試合を観てたお客さんもそう思ってたんじゃないかなあ、と。

──藤原選手の試合は、KO決着を期待しているお客さんも多いというか。でも、ケガから復帰した試合という面ではどうですか?

藤原 そうですねえ。やってみて感覚を確かめることになったんですけど、ぜんぜん普通に動きはよかったですし、試合後に故障が出るとかもなかったので、そのへんはまあ、よかった点ではありますね。

fujiwara2

【写真:(C)ZST事務局】


──じゃあ、あえて言うなら“助走”ができたというか。

藤原 そういうことになっちゃいますねえ(苦笑)。強いて言えば、このところ全然勝ててなくて、ここで一勝、しかも修斗の選手に勝てたというのはうれしかったといえば、うれしかったです。……でも、終わってみると、やっぱりダメだなって落ち込んでます。

──いまいちスッキリしない、と。試合中、ケガがなかったということは、練習はその後、普通に?

藤原 あ、そう、試合のあと、タイに9日間ぐらい行ってたんですよ。7月の末から8月のあたまにかけて。練習を仲間と一緒にしに行ったんですけど。

──ほう。なぜまたタイに?

藤原 ボクらが行ったのはプーケットにあるジムだったんですけど、けっこう各国から外国人ファイターが集まってきてるジムで、タイでの合宿ってムエタイだと思われがちですけど、総合、レスリング、柔術とか、丸一日いろんな練習ができたんですよね。

──タイにそんな拠点があるんですね。

藤原 ボクもそんなに詳しくは知らなかったんですけど、行ってみると、アジア系もいたり、ブラジル人やアメリカ人もいるし、アラスカから来たファイターもいましたよ。

──うわー、総合格闘技の世界的な広がりを感じますね。

藤原 なので、けっこういい練習ができました。そのタイでの練習も暑かったですけど、でも日本の暑さはつらいですねえ(苦笑)。帰ってきたら、凄く暑くてたまらないというか。

──やっぱり。この暑さだと、思うように練習はできませんか?

藤原 いや、厳しいです。このあいだ練習をしてたら、熱中症みたいな感じになっちゃって。まあ、一瞬だったんですぐに回復しましたけど。熱中症ってどういうものかわからないし、練習してたらますます気づかないんですよねえ。だから、気をつけながらやってはいますけど。

──『ZST.37』は9月後半なので、ちょっと暑さが落ち着いた時期になりますが、今度の対戦相手は村田卓実選手です。

藤原 村田選手は……寝技? 寝技っていうか、このあいだのカブキ選手(房野哲也)との試合を観てたりしたら、村田選手がずっと上を取ってたんで、「うまいなあ」と思いましたけど。ただ、ボクはそういう展開にはしないので。

──倒されないように、うまく闘う、と。しかし、お客さんも次こそはKOを期待しているでしょうね。

藤原 そうですね。ボク自身も、よく言われますもん(苦笑)。だからボクもわかっているんですけど。でも、どのくらいKOしてないんだろう……。

──じゃあ、やはり次こそは。

藤原 そこを「次こそは、次こそは」と言ってばかりじゃしょうがないので、本当に今回はなんとかしたいですね。ホント、次こそはマイクを握って叫びたいと思います!


9/23「ZST.37」【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」【SWAT!バウト】対戦カード試合順はコチラ

9/23「ZST.37」ディファ有明大会開催概要はコチラ

ZST ch情報 〜7/14「ZST.36」オープニング映像

7月14日(日)ディファ有明で行われました「ZST.36」オープニング映像をアップしました。

【ZST.36オープニング映像】
http://www.youtube.com/watch?v=aVzRxhpIUG4&feature=c4-overview-vl&list=PLBAF17193396AB71B



7月14日「ZST.36」ディファ有明大会の放送は、GAORA sprots「バトルエンターテインメントZST」で放送されます。
選手ゲストは、勝村周一朗(リバーサルジム横浜グランドスラム)選手と田沼良介(グランドスラムKREW)選手です。

katsumura


【バトルエンターテインメントZST 】
「ZST.36」7.14ディファ有明
• 9月15日(日) 22:00 〜 24:00
• 9月27日(金) 17:30 〜 19:30

詳しい番組情報はコチラへ

GAORA視聴に関する詳しいお問い合わせは、
http://www.gaora.co.jp/まで

8/18 SWAT!51 公式記録

8月18日(日)ゴールドジムサウス東京アネックスで行われました「SWAT!51」公式記録をお知らせします。


【公式記録】

第9試合/SWAT!ルール/フェザー級シングルマッチ(5分2R)
△樋沼 朝光(RIKI GYM)
vs
△金井塚 信之(リバーサルジム東京スタンドアウト)
(2R5分00秒 ドロー)

第8試合/SWAT!ルール/バンタム級シングルマッチ(5分2R)
△山田 聖王(Team DATE)
vs
△鷲山 亨(禅道会横浜総本部)
(2R5分00秒 ドロー)

第7試合/SWAT!ルール/フェザー級シングルマッチ(5分2R)
○平田 真徳(ALLIANCE)
vs
×鈴木 陽(総合格闘技move)
(2R3分35秒 TKO)※レフェリーストップ

第6試合/SWAT!ルール/バンタム級シングルマッチ(5分2R)
○谷川 啓(骨法烏合会矢野卓見道場)
vs
×守屋 雅史(SUBMIT御殿場)
(1R2分17秒 三角絞め)

第5試合/SWAT! GT-Fルール/ウェルター級シングルマッチ(5分2R)
△小島 一朗(OFC)
vs
△浅野 誉也(AACC)
(2R5分00秒 ドロー)

第4試合/SWAT!ルール GT-Fルール/63kg以下契約(5分2R)
○伊達 和貴(Team DATE)
vs
×田場 マサオ(COOL CHAMP-DAM FIGHT JAPAN)
(2R5分00秒 三角絞め)

第3試合/SWAT! GT-Fルール/57kg以下契約(5分2R)
△長谷部 悠(リバーサルジム新宿 Me,We)
vs
△沖田 勝弘(ハイブリッドレスリング山田道場)
(2R5分00秒 ドロー)

第2試合/SWAT! GT-Fルール/ライト級シングルマッチ(5分2R)
×中根 高歩(和術慧舟會GODS)
vs
○忽那 弘靖(パラエストラ愛媛)
(1R1分16秒 アンクルホールド)

第1試合/SWAT! GT-Fルール/バンタム級シングルマッチ(5分2R)
○伊達 聡(Team DATE)
vs
×岩手山 彰也(パラエストラ東京)
(1R3分36秒 アームロック)

8/18 アマ大会「PRE STAGE 67」大会結果

8月18日(日)ゴールドジムサウス東京アネックスで行われました、アマチュア大会「PRE STAGE 67」大会結果をお知らせします。

prestage67

【写真:(C)ZST事務局】


【GT-F(グラップリング)・ライト級トーナメント】
優勝  清治 和保(OFC)
準優勝 垣ヶ原 雄基(綱島柔術)

【ベストファイト賞】
鈴木 亮喬(総合格闘技CROW FOREST)
vs
斉藤 宏行(T-BLOOD)

【ベストテクニック賞】
長谷川 卓也(ブライトネス)

【最短一本賞】
佐々木 洋(マルワジム横浜)


次回大会は、
10月20日(日)に「PRE STAGE 68」を西調布アリーナで行います。打撃有りトーナメントはバンタム級(60kg以下)、グラップリングトーナメントはウェルター級(75kg以下)で行われます。
その他ワンマッチ、アマリンルールでも募集を開始しております。

また、
12月22日(日)に「PRE STAGE 69」をゴールドジムサウス東京アネックスで行います。打撃有りトーナメントはフェザー級(65kg以下)、グラップリングトーナメントはフライ級(55kg以下)で行われます。
その他ワンマッチ、アマリンルールでも募集を開始しております。

ぜひご参加ください。

8/18 SWAT!51 計量結果

明日8月18日(日)ゴールドジムサウス東京アネックスで行われる「SWAT!51」の計量がリバーサルジム東京スタンドアウトで行われました。計量結果は下記の通りです。

【計量結果】

第9試合/SWAT!ルール/フェザー級シングルマッチ(5分2R)
樋沼 朝光(RIKI GYM)64.1kg
vs
金井塚 信之(リバーサルジム東京スタンドアウト)63.7kg

第8試合/SWAT!ルール/バンタム級シングルマッチ(5分2R)
山田 聖王(Team DATE) 59.0kg
vs
鷲山 亨(禅道会横浜総本部) 59.3kg

第7試合/SWAT!ルール/フェザー級シングルマッチ(5分2R)
平田 真徳(ALLIANCE) 64.9kg
vs
鈴木 陽(総合格闘技move) 64.6kg

第6試合/SWAT!ルール/バンタム級シングルマッチ(5分2R)
谷川 啓(骨法烏合会矢野卓見道場) 59.7kg
vs
守屋 雅史(SUBMIT御殿場) 59.2kg

第5試合/SWAT! GT-Fルール/ウェルター級シングルマッチ(5分2R)
小島 一朗(OFC) 74.7kg
vs
浅野 誉也(AACC) 74.6kg

第4試合/SWAT!ルール GT-Fルール/63kg以下契約(5分2R)
伊達 和貴(Team DATE) 62.1kg
vs
田場 マサオ(COOL CHAMP-DAM FIGHT JAPAN) ※当日計量

第3試合/SWAT! GT-Fルール/57kg以下契約(5分2R)
長谷部 悠(リバーサルジム新宿 Me,We) 55.9kg
vs
沖田 勝弘(ハイブリッドレスリング山田道場) 55.7kg

第2試合/SWAT! GT-Fルール/ライト級シングルマッチ(5分2R)
中根 高歩(和術慧舟會GODS) 68.8kg
vs
忽那 弘靖(パラエストラ愛媛) ※当日計量

第1試合/SWAT! GT-Fルール/バンタム級シングルマッチ(5分2R)
伊達 聡(Team DATE) 58.2kg
vs
岩手山 彰也(パラエストラ東京) 56.2kg

※選手の怪我などにより、対戦カードの変更がある場合がございます。予めご了承下さい


8月18日(日) ゴールドジムサウス東京アネックスで行われます「SWAT!51」当日券情報です。

【当日券】
(15時00分より販売開始)
当日SRS席5,500円
当日A席3,500円
当日立見券2,500円

【タイトル】
 〜FIGHTING NETWORK ZST〜 「SWAT!51」

【日 時】
 2013年8月18日 (日) 開場15:30/開始16:00

【会 場】
 ゴールドジムサウス東京アネックス 
 (〒143-0023 東京都大田区山王2-4-1大森駅前ビル7F :03-5718-3939/最寄り駅 JR京浜東北線:大森駅)

大きな地図で見る

【主 催】
 ZST事務局/株式会社ZSTインターナショナル

【特別協賛】
 ISAMI/株式会社イサミ

【協  賛】
 ゴールドジム株式会社スィンクフィットネス
 株式会社MSA

【お問合せ】
 ZST事務局:03-5357-8195
 www.zst.jp/info@zst.jp







ZSTナンバーシリーズ大会情報


ZSTセカンドステージ
"SWAT!"シリーズ大会情報


ZSTアマチュア大会開催&応募情報


ZSTオフィシャルジム 公式サイト