yamada

【写真:(C)ZST事務局】


8月31日『ZST.42』川和誠戦では、裸絞めで一本勝利を飾った山田崇太郎。大会前には「チャンピオンにでもなろうかな」という発言もあったが、2月22日『ZST.44』では、ウェルター級次期挑戦者決定戦として久保輝彦と闘うことが決定。はたしてその意気込みとは? また、日本ケトルベルクラブ代表としての山田にも迫った。


【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──よく聞かれる質問かもですが、日本ケトルベルクラブ代表の山田選手がケトルベルに目覚めたきっかけはなんだったんですか?

山田 きっかけですか? ええっと、海外と交流する中で、ケトルベルが流行ってたのが一番のきっかけですよね。とくに、格闘技の選手がトレーニングにケトルベルを多く取り入れてるみたいなのがあったので、そういうことから興味を持ちはじめて。

──とはいえ、トレーニング器具ってさまざまな種類があるわけですよね。

山田 でも、ケトルベルはいろいろと理にかなっていたんですよ。それに、BJペンがケトルベルでトレーニングしてたりしたのもあったんですよね。ボクがケトルベルを知ったのは2003年とか2004年とかそのあたりだったと思うんですけど、そういうのが影響して興味を持ちました。

──実際、ケトルベルの普及には成功してるんですか?

山田 ケトルベル自体はどんどん広まっていて、ボクもいくつかジムに行かせてもらったりしてるんですけど、KIDさんのジムとか、金原(正徳)さんのジムとかで教えさせてもらったりもしてますね。

──さすが代表です! ところで、山田選手といえば、前回のZST参戦時のインタビューで「チャンピオンにでもなろうかな」みたいな発言がありました。実際、2月22日『ZST.44』での試合は、ウェルター級次期挑戦者決定戦になりましたね。

山田 とりあえず、「言っいおいてよかったなあ」という感じですよね。

──山田選手自身、以前はパンクラスを主戦場とされてましたが、あらためてZSTに上がる経緯というのはどういう感じだったんですか?

山田 率直に言うと、ケトルベルとかでもお世話になってるISAMIの磯毅寛社長が声をかけてくださったんです。ボク、その前は戦極というかSRCに参戦してたんですけど、団体そのものがなくなっちゃったじゃないですか。総合格闘技に関して宙ぶらりんな感じだったんですけど、そういう時に上原さんにお声をかけていただいてZSTに出る形になったという感じで。

──ZST参戦は2012年ぐらいからですよね?

山田 まあ、ZSTに参戦しているあいだにも、アブダビに行ったり海外に行ったりしてるんで、試合数はそんなに多くないかもしれないですね。

──その中で、タイトルマッチにたどり着いたというのは、スピード感がありますね。

山田 そうですかね? ただ、チャンピオンの濱岸正幸選手とは、SWAT!で対戦経験があるんですよ。

──SWAT!での対戦はドロー決着でした。ちなみに、そのときの濱岸選手の印象は?

山田 「同い年だなあ……」ぐらいですかねえ。印象といえばそのぐらいだったような。

──それだけ(笑)。

山田 あとは、そのときドローだったんで、まあちゃんと白黒つけたいかなという気持ちがあるぐらいですね。あとは、自分のことでいうと「体調悪かったなあ」ぐらいで。

──でも、あらためて決着をつけたいなという思いはあるわけですね。

山田 それはありますね。ベルトとかは関係なく、濱岸選手と単純に決着をつけたいというその思いはあります。決着というか、まあ勝ちたいだけなんですけど。

──『ZST.44』はその前哨戦という意味合いもありますが、対戦相手は久保輝彦選手に決定しています。

山田 久保選手に関しては、ボクはまだ試合映像は見てないですけど、戦績を見るかぎりKOが多いので、パンチはあるんだなって。青木(真也)くんとかに聞いても「一発がある」と言ってたんで。

──さすがの情報ネットワーク。そういう相手に対して、どういう試合をしたいと?

山田 それはもう、勝ちたいというだけです。というか、勝つんですけどね。きっちり攻めて、明確なかたちでKOか一本で勝ちたいと思ってます、という感じです。

──山田選手は、あまり明確な作戦とかは立てるタイプではないんですか?

山田 まあ、周りがそういう作戦を考えてくれたりもしますけど、作戦があっても明かさないですよね。もしくは、ウソつくかもしれないですし。

──正直なご返答ありがとうございます(笑)。やっぱり、今年の目標はベルトということになりそうですかね。

山田 そうですね、とりあえずベルトを獲るというのは決定事項です。なので、ベルトに向かう1年として、どうぞ応援よろしくお願いします。



山田崇太郎選手が所属する【総合格闘技津田沼道場】の情報はコチラ

山田崇太郎(総合格闘技津田沼道場)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カードはコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ