S14B1442


【写真:(C)ZST事務局】



5月25日『ZST.41』でZST初参戦をはたし、佐々木誠を相手に見事一本勝利を飾った久保輝彦。2月22日『ZST.44』では、山田崇太郎との対戦が決定しており、早くもウェルター級次期挑戦者決定戦を闘う。寝技の実力者・山田と相対する、その意気込みとは!?




【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部ZST CHALLENGE開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──いま、お仕事が終わったばかりなんですか?

久保 ああ、もう終わってちょうど家に着いたところなんですよ。こっち(長野)は雪が降ってるので、帰るのが少し遅くなっちゃいました。 

──長野は寒そうですねえ。ちなみに、どのような仕事を?

久保 今日、ちょうど自分の仕事は休みだったんですよ。なので、知り合いのところでお手伝いをしてました。お手伝いといっても、牛を引っ張ったりだったんですけど。

──牛を引っ張る!? 酪農業ってことですか?

久保 酪農といえば酪農なのかなあ。業者のところに行って、牛の爪切りをやってもらうために、自分がそこまで牛を引っ張って連れて行ったりするだけなんですけどね。

──へえー!

久保 こっちは田舎なんで(笑)。

──いやいや、勉強になりました。ところで、5月25日『ZST.41』は久保選手にとってZST初参戦となった試合でしたが、一本勝ちの鮮烈なデビュー戦でした。

久保 いやあ、自分もあんなふうに一本獲れるとは思ってなかったんで。でも、佐々木選手の腕がへんな方向に曲がってしまったんで、「まずいことしちゃったのかなあ……」みたいな。なんか、いままで聞いたことないような音がしちゃったんで。

──へんな手応えだったというか。

久保 勝つには勝ったんですけど……。でも、デビュー戦で勝てたということに関しては、初めてZSTに出られた大会だったし、よかったのかなと思ってます。

──「一本獲れると思ってなかった」という発言がありましたが、そもそも試合前はどういう作戦を立てていたんですか?

久保 本当は打撃で倒したかったんですよ。でも、最近は寝技で勝ってるパターンのほうが多くなってきちゃってて。

──ストライカーと思いきや、久保選手の戦績を見ると、けっこう一本勝ちが多いですもんね。

久保 最初の頃は打撃で勝つことも何回かあったんですけど、ボクのファイトスタイルが相手に知られちゃってるんですかね? だから最近は組みにいっちゃうという感じで。このあいだの佐々木選手との試合も、最初はローキックでちょっと打撃を入れていこうかなと思ってたんですけど、向こうが組んできたのでそのまま投げて、グラウンドになっちゃって。

──そのへんは、いい駆け引きができてるというか。

久保 いやー、よくわからないです(笑)。試合になると、最近はもう自然のままに任せる感じで、慌てずに見極めようと心がけてるんですけどね。若いころはガツガツ勢いで行ってたんですけど、年齢が上がってくると、自分が落ち着いてないと、体力のある若い子とは闘えないというか。

──年の功というか、そんな感じですなんですかね(笑)。

久保 そうですね。まあでも、関節で一本獲れて、とりあえず安心かなあという気持ちです。

──そして、2月22日『ZST.44』では、早くもZST2戦目になるわけですが、いきなり「ウェルター級次期挑戦者決定戦」という試合になりました!

久保 ZSTの皆さんとか、お客さんとかも自分のことをあんまり知らないままそういう試合になっちゃって。

──確かに、急に注目度が高まります。単純にどうですか? タイトルマッチが見えているいまの状況というのは。

久保 まあ試合なんで、普段どおりの感覚です。あんまり考えずに、ただ勝つことを考えようという。それでタイトルマッチの挑戦権が得られるんだったら、うれしいなあぐらいで。

──ちなみに、現ウェルター級チャンピオンの濱岸正幸選手にはどんな印象がありますか?

久保 試合自体は見たことがないんですけど、なんかのダイジェストの映像で伊藤有起選手とタイトルマッチを闘ってる試合を見たかぎりでは、打ち合いになっても応戦してくる感じなのかなあって。

──ほう。その試合の前哨戦として山田崇太郎選手との試合があるわけですが、山田選手についての印象はどうですか?

久保 うーん、やっぱり寝技がめちゃくちゃ強いという印象です。身体も凄く強そうですし。でも、山田選手の試合もちょっと見たことがないんですよね。

──前にも「ほかの選手の試合映像は見ない」と言ってましたもんね。それは何かポリシーがあるんですか?

久保 そんな大それたものではないんですけど、見るとどうしても「こういうパターンでくるんじゃないか」とか、勝手に思い込んじゃう部分があるもので。試合になると、実際は違う展開になることのほうが多いじゃないですか。そういう先入観みたいなのを入れないようにしたいなって。

──イメージをインプットするよりも、そのとき感じたことを出したい、と。

久保 そのほうが自分はやりやすいですね。

──あらためて、山田選手との試合の意気込みをお願いします!

久保 そうですね。せっかくいただいたチャンスなので、ぜひ勝って、ZSTファンの方々にも自分のことを知ってもらえたらいいなって。もちろん、その先のチャンピオンシップにも挑戦して、勝ちたいと思ってます! ……でも、山田選手との試合は、あんま寝技でやりたくないというのが本音です(小声で)。

──ハハハハハ!

久保 自分も寝技ができないほうではないんで、もちろん楽しみたいという気持ちもあるんですけど。寝技の実績が凄い選手なので、どんだけ寝技が強いのか、ちょっと怖い気もあって。

──絶賛寝技警戒中というわけですね。

久保 でも、自分の十字とかがどれだけ通用するか、試してみたいかなーというのもあるんですよね。そういうのも、自分が感じた本番のフィーリングで決めたいと思います。



久保輝彦(選手が所属する【禅道会諏訪松本支部】の情報はコチラ

久保輝彦(禅道会諏訪松本支部)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カードはコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ