mori

【写真:(C)ZST事務局】


昨年11月23日「ZST.43」で、フェザー級王座決定戦に破れた森興二がライト級で再起を図る。小谷直之、山田哲也らZSTのライト級トップ戦線に食い込むためには負けられない今回の試合。伊澤寿人とのストライカー対決を制して復活の狼煙は上げられるのか。


【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──前回のタイトルマッチは残念ながら敗れてしまいましたが、率直な気持ちを教えてください。

 あそこは勝たなければいけないところでしたね。1回僕のミスでなくなったベルトを取り返すチャンスだったんですけど、チャンスを棒に振ったなと反省しています。

──加藤淳選手は思った以上に戦いづらかった?

 もうちょっと前に来てくれるかと思ったんですけど……。手足が長いなっていうのは思いました。

──今回からもともとの階級であるライト級へ転向されるそうですね。

 こんなことを言ったら怒られてしまうんですけど、試合で動ける身体への調整ができなくなってきたので、理由はつらいというのが一番です。

──ではライト級に戻すことによって減量もだいぶラクになると?

 そうですね。

──森選手が戦っていたときとはライト級の顔ぶれも少し変わったように思いますが、気になる相手はいますか?

 そうですね……、軽い階級に比べるとライト級は層が薄いかなって感じがするので僕がそこで台風の目になれたらと思います。選手のなかでは山田哲也選手が特に強い選手なので気になる相手のひとりですかね。他の選手は以前のライト級トーナメントで一度戦った選手が多いので、顔を合わせてないのはそのへんぐらいじゃないですかね。

──そういう意味で今回の相手である伊澤寿人選手は初顔合わせの相手ですね。

 伊澤選手はストライカー系の選手だと思うので、打撃勝負になったら負けるわけにはいかないし、間違いなく勝てると思っています。でもまた加藤選手みたいに距離をとってきたりもするのかなと思ったりもするんですけど……。バックボーンも空手なんでしたっけ? だとしたら蹴り技があまり印象にないんですけど気になりますね。

──では最後に仕切り直しの試合へむけて意気込みを!

 去年の清算じゃないけど、まずは今年一発目の試合に勝ってガンガンやっていくよというのを見せられたら。チャンピオンの小谷(直之)選手も山田選手もライト級の選手がよそでがんばってるじゃないですか。だから帰ってきたら挑戦できる位置にいられるようにがんばります。


森興二選手が所属する【X−ONE GYM 湘南】の情報はコチラ

森興二(X−ONE GYM 湘南)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ