okubo

【写真:(C)ZST事務局】


2月22日『ZST.44』では所属ジムの代表、鈴木廣二とタッグを結成し、房野哲也&柏崎剛と対戦する大久保謙吾。初のタッグ戦、しかも自分と縁のある3選手と同じリングに上がることについて、いまどんな心境なのか話を聞いてみた。


【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



――今回、大久保選手は初のタッグマッチとなりますね。

大久保 一言で表せばビックリです。なんとなく、自分がやるとは思ってなかったので(笑)。

――タッグマッチという試合形式自体は会場で観たことあると思いますが、どんな印象をお持ちですか?

大久保 利点としては、インターバルがないぶん、5回とはいえタッチができるので、そこで休憩はできるのかな、と(笑)。でも、どっちかが一人脱落したら、残りの時間は一人に負担が掛かりますし、場合によっては10分以上、1vs2で戦うことになるっていう(苦笑)。それを考えると、観るぶんにはゲーム感覚で楽しいですけど、やるぶんにはキツイところもあるかなって思います。

――ちなみにタッグマッチといえばプロレスの印象が強い試合形式ですが、大久保選手はプロレスをご覧になったことは?

大久保 けっこう好きですよ、いまでも『ワールドプロレスリング』は観ますし。もともと、獣神サンダー・ライガー選手が好きで、ゲームの『ファイヤープロレスリング』でも使用していて(笑)。なので、タッグを自分がやるという部分では驚きましたけど、試合形式自体はZSTやプロレス含めて見慣れてはいるのかな、と。まあ、あとは今回、パートナーも昔から知っている人間なので。

――今回は所属されているMSD護心道の鈴木代表と組まれるわけですが、そこはやり易さがある、と?

大久保 そうですね。もし他のジムの選手と組んだ場合、なかなか一緒に練習するのも難しいと思うんですが、自分たちは同じチームですし、そもそも付き合い自体もけっこう長いので。もう、中学の頃から知ってますから。

――そんな古くからの付き合いなんですか?

大久保 はい、20年来の付き合いです(笑)。代表の鈴木は中学の1年先輩なんですよ。もともと同じ柔道部だったんですけど。で、鈴木がジムを開くことになり、自分も声を掛けてもらって。そこからコッチも本格的に総合をやるようになったんですけど。27のときだったので、もう7〜8年前ですかね。

――お二人にはそんな長い歴史があったんですね。では、気心の知れた関係というか。

大久保 ホント、いいパートナーというか、気を遣わなくていい相手ですね。もちろん、先輩なんですけど、練習以外ではナアナアの関係かも知れないです。コッチがプライベートのことをぶちまけて、当たれるような人というか(笑)。そういう部分含めて、人間としてしっかりしてる人なので尊敬してます。

――では、今回の対戦相手の印象も教えてもらいたいんですが、大久保選手は前戦にあたる昨年の8月31日『ZST.42』で、柏崎選手と対戦されてるんですよね。

大久保 そうですね。オールマイティで動きのいい選手ですよね。その試合のときはキレイに一本決められちゃったんですけど、また次の試合で対戦できるという意味では、いい機会をもらったなって思います。こんなに早くやるとは思わなかったというか、勢いのある選手ですし、「もう、やることもないのかな」くらいに思っていたので。

――房野選手についてもいかがですか?

大久保 年齢でいうと自分の一つ上になるんですかね。自分がSWAT!に出るようになってすぐの頃、トーナメントで一度対戦してるんですよ。そのときは三角で自分が落とされました(苦笑)。それ以降は、会場で会うとけっこう話すようになって。房野選手も、まさか7年経ってまた試合をやると思わなかったですね。パワーもあって、寝技だけじゃなく打撃も強いので、危険な部分が多いと思います。

――房野選手にお話を聞いたら、大久保選手に対して同じようなことをおっしゃってましたよ。「パワーもあるし、あの打撃は怖いからやめてほしい」と(笑)。

大久保 いやいや、房野選手ほどじゃないですよ(苦笑)。打たれ強くて倒れない選手だと思うので、なかなか攻略は難しいと思います。

――お話を伺ってると、今回の試合は味方も対戦相手も、大久保選手と関わりのあった選手ばかりというか。

大久保 ああ、確かににそうですね。なんだか、やり易いのか、やりにくいのかよくわからないですけど(苦笑)。

――では、最後にお客さんにどんな試合を見せたいか、意気込みをお願いします。

大久保 やっぱり、みんなそうだと思いますけど、まずは大会で一番印象に残る試合をやるということですね。あとは相手が名のある選手なので、ここでインパクトのある勝ち方をすれば、ジムや自分の名前も知ってもらえるというか。ジムの宣伝になるように頑張りたいと思います(笑)。


大久保謙吾選手が所属する【MSD護心道】の情報はコチラ

大久保謙吾(MSD護心道)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ