goshindou

【写真:(C)ZST事務局】


2月22日『ZST.44』で自身が率いるMSD護心道所属の大久保謙吾とのコンビで、房野哲也&柏崎剛と対戦する鈴木廣二。今回は本戦デビュー、そして初めてのタッグマッチへの意気込みと共に、ちょっと意外なMSD護心道立ち上げの経緯についても語ってもらった。


【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



――鈴木選手は今回が正式な本戦デビューとなりますね。

鈴木 そうですね、念願の本戦出場です。昨年、本戦に出場予定だったウチの道場の選手が急遽欠場になり、対戦相手のかたや応援にいらっしゃった方に申し訳ないということで、私が代理出場させていただいたことがあったのですが、そのときは試合に対して全く余裕がなかったので、今回は万全の準備で臨みたいと思います。

――自身初となるタッグマッチについてはいかがですか?

鈴木 聞いたときは驚きました。でも、総合格闘技でこういう試合形式ができるのもZSTだけですし、ZSTらしい試合をしてみたいと思いました。

――対戦相手の印象は?

鈴木 房野選手はウチの大久保とも一戦交えたことがありますし、何度か試合は観させてもらってますけど、体幹がしっかりしていて組みが強い選手ですよね。まさにグラップラーという感じで。たしか、私と同年齢だったと思います。

――では柏崎選手は?

鈴木 柏崎選手も大久保と試合をしたのを間近で観ましたが、若さもあってか、非常に勢いがありますよね。今回は中年3人の中に一人若者が混ざるかたちというか(苦笑)。試合でどんな動きを見せてくるのか、警戒したいと思います。

――パートナーの大久保選手についてもお聞かせください。

鈴木 練習を共にするようになってから長いですし、気心も知れた仲なので安心感はありますね。私は彼の長所も短所も理解してるので、タッチのしどころもわかるというか。まあ、できれば自分以上に頑張ってもらいたいな、と(笑)。

――そもそもMSD護心道はどのような経緯で誕生し、ZSTに参戦することになったんでしょうか?

鈴木 もともと、私が以前に務めていた職場で、同僚たちと総合格闘技サークルとして活動していたんですね。最初は私ではないかたが代表をされていたんですが、徐々に人も増えてきて、正式に道場を開こうということになり、それからは私が代表としてやらせていただいています。

――サークルから発展したものだった、と。ちなみに格闘技にまつわる職場だったんですか?

鈴木 いや……。名前を出すのもアレなので、「夢と魔法の国」とお伝えすればわかっていただけるか、と(笑)。

――そんな世界的に有名な企業に格闘技サークルがあったわけですね(笑)。そこからどういう経緯でZSTに参加することに?

鈴木 大久保をはじめ、何人かの選手がPRE STAGE(ZSTのアマチュア大会)に出場させていただいて、そこから実績を残すことで本戦のリングにも上がるようになったかたちです。

――今回、MSD護心道コンビで勝てば、道場の名前を広めることにも繋がりますよね。

鈴木 そうですね。道場も今年の4月に移転するので、今回勝利を収めることで幸先いいスタートになれば(笑)。

――ちなみに鈴木選手は“硝子の腰を持つ男”というキャッチフレーズですが、これだけ自分の弱点を堂々と名乗る選手もいないのかな、と(笑)。

鈴木 ハハハ(笑)。もともと、3年前にヘルニアの手術をするほど、腰自体が悪くて。雨の日になると、腰が痛くなるくらいなので(笑)。それで知り合いに「もはや硝子の腰だな」と言われるようになったのが、そのキャッチフレーズを由来です。もちろん、格闘技は甘い世界ではないので、そこを攻められることは覚悟しています。

――今回、お客さんにはどんな試合を見せたいですか?

鈴木 本戦デビューにはなりますが、毎回試合ではプロの格闘家としての意識を持ってリングに上がってるつもりなので、それを体現するような動きができれば、と。試合を観ていただいたみなさんに、「ZSTっておもしろいな」、「リングに上がってた4人とも凄かったな」って感じてもらえるような試合をしたいと思います。


鈴木廣二選手が所属する【MSD護心道】の情報はコチラ

鈴木廣二(MSD護心道)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ