ota

【写真:(C)ZST事務局】


2月22日『ZST.44』で樋沼朝光と対戦するベテランファイター、太田洋平。全日本プロレスをこよなく愛し、昨年からZSTを主戦場とするフェザー級随一の長身ファイターが、久々のパウンドありルールでの試合に向けて、その意気込みを語ってくれた。


【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



――まず前戦にあたる、昨年の11月23日『ZST.43』での馬場高広戦を振り返っていかがですか? 結果は1R1分44秒、ヒールホールドで見事に一本勝ちを収めました。

太田 あの時はすぐにグラウンドの展開に持っていけたので、自分のペースで試合を進められたと思います。これまでに本戦で一本勝ちしたことがなかったですし、2014年の有終の美を飾れたという意味でも快心の勝利だったと思います。

――馬場選手とは試合後などにお話はされましたか? お互いに全日本プロレスファンということでしたが(笑)。

太田 ハハハ(笑)。いや、バックステージで挨拶ぐらいでしたね。ホントはゆっくりプロレストークもしたかったんですけど、残念ながらそこまでは至らず(笑)。

――全日本好きという部分では、キャッチフレーズの“四天王グラップリング”のとおり、闘魂三銃士よりも四天王がお好きなわけですか?

太田 もちろん、四天王も好きなんですけど、一番ってなると超世代軍の高い壁になってたジャンボ鶴田選手ですね。もっと遡れば、天龍源一郎選手との“鶴龍タッグ”や谷津嘉章との“五輪コンビ”も、幼いながらに記憶に残ってます。ボクの中では憧れであり、ヒーローでしたね。

――そういえば天龍源一郎選手が引退を発表されましたね。

太田 11月の両国国技館ですよね、それは行きたいです! ウチの兄貴が天龍ファンだったので、一緒に足を運べればと思います。

――太田選手はプロレスを通っているという部分では、試合で魅せる意識が自然と身についたところはありますか?

太田 たしかにプロレスって、勝敗と同時にお客さんとの勝負っていう側面が強いですよね。そういう部分でボクはまだちょっと、そこを強く意識するほどの余裕はないのかな、と(苦笑)。でも、単純に一本取りにいく姿勢とか、お客さんが喜ぶような試合をしないとっていう心構えは持ってます。

――今回は樋沼選手と対戦することになりましたが、率直な印象は?

太田 自分の後輩の雅哉が樋沼選手にKO負けしてるんですよね。これまでに樋沼選手の試合は何度か観たことがあります。印象としては凄くタフでアグレッシブだな、と。絶対に引かないというか、気の強い選手だと思います。

――パッと見も迫力ありますよね(笑)。

太田 そうですね、街で会ったら絶対に目を会わせないです(苦笑)。まあ、肝の据わったストライカーという感じですね。

――今回、リングスルールということで、久々のパウンドありに臨むことについては?

太田 最後にパウンドありでやったのは、2012年1月の修斗の後楽園大会が最後だと思うので、今回は3年ぶりですかね。やっぱり、どうしてもグラウンドで下から攻めるときのリスクは大きくなると思うんですけど、逆にグラウンドで上を取ってしまえば、パウンドを使いながら関節も取りやすくなると思うので、極めるチャンスも増えるのかな、と。まあ、自分もキャリアは長いですし、その大半はパウンドありでやってきているので、対応という部分では大丈夫だと思ってます。

――では、最後に2015年の目標をお願いします。

太田 自分、試合前日の2月21日が誕生日なんですよね。36になるんですけど、もう格闘家としてはいい年なので、一戦一戦が勝負になってくると思うんですよ。そういう中で去年からZSTに上がらせてもらって、GT-Fを抜かすと、SWAT!含めて2勝2分という成績を残せているので、このまま勢いを加速させていきたいな、と。

――なるほど。

太田 樋沼選手みたいなバリバリのストライカータイプに勝てれば、これから上のほうに食い込んでいくという自信に繋がると思いますし。着実に戦績を残していって、できれば今年はタイトルマッチに絡めていければと思います。


太田洋平選手が所属する【Brightness】の情報はコチラ

太田洋平(Brightness)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ