kawamura

【写真:(C)ZST事務局】


2014年5月の試合を最後にリングから遠ざかっていた川村謙が帰ってくる。復帰戦ながら仲が良い上田貴央を相手に2年ぶりの勝利を奪えるか。そして、休養期間中に新たな趣味にも開眼したらしく、それがどう試合に影響するのか気になるところ。今回の川村は入場からも目が離せない!

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──早速お話を伺いますが、今年の正月はどのように過ごされましたか?

川村 正月は気分転換でタイにぷらっと行ってました。どうせジムは休みだし、実家に帰る必要もないし、東京にいてもやることがないのでついカッとなってポチっと飛行機のチケットを取って行きましたね。

──なぜカッとなるのか(笑)、さすがIT社長。タイでは完全なオフだったんでしょうか。

川村 半々ですね。ガッツリ2部練、3部練やりにいくわけじゃないですけど、いつも行くムエタイのジムでちょこっとやらせてもらった感じです。

──では前回の試合についてですが・・・。

川村 あぁいつやりましたっけ、前回。忘れちゃいましたよ、結構やってないと思うのでね。

──2014年5月の伊達和貴戦が最後になりますね。

川村 そんな試合ありましたね、しょっぱい試合した記憶があります。つらすぎて記憶から忘れ去ってましたよ。寝技も極まりそうだったんですけど、逃げるのがうまくて極めきれずにいらだちがあったり悔やまれる内容でしたね。まぁ、もう格闘技の話はいいじゃないですか。

──ハハハ、しかし格闘技の話を。残念ながら2014年は1分1敗で勝ち星にも恵まれませんでした。

川村 去年は2試合しかしていないんでね、初戦はバンタム級で試合だったけどコンディションがしんどくなって、2試合目はフェザー級に戻して一発やったっていう感じなのでいろいろ試して階級を戻したってことでいろいろ試して良かったですけどね。

──今年初戦は上田貴央選手が相手になりましたが、実は仲が良いそうですね。

川村 ゲリラ豪雨でジムが大変だった時に出稽古させてもらったんですよ。そこでスパーもしたし、会場で会っても話すので仲良いですよ。

──試合が決まってから話はしましたか?

川村 もう、すぐ本人に電話しましたよ。「なに受けとんねん」と(笑)。そもそも階級が違うのに「なんでや!」って。こっちはフェザー級で誰とでもやるということを伝えて相手が誰になるのか待っていたんですけど、向こうはバンタム級でやっているから断ると思ったんですけどね。

──スパーリングをしたときの印象というのは?

川村 あまりスパーでは本気を出すタイプではないというか、わざと一本取らせてくれるみたいなタイプだったのでよくわからない部分のほうが多かったですね。ちゃんとうまいこと試合のペースを持っていけるか心配です。

──では今年の目標を教えてください。

川村 そうですねー目標ですか・・・KOで勝ってリングの上からプロポーズでもしますよ。

──それは大変大事な目標ですね!

川村 ただね・・・相手がおらんのですよ。誰にしたらいいのかっていうところからですよね。

──なんのこっちゃ(笑)。じゃあチャンピオンにするというのは? タイトルマッチをやりましょう、と。宣戦布告のプロポーズを。

川村 そもそもチャンピオンって誰ですか(笑)? 勝ってない人間が挑戦してもさっぶいだけじゃないですか! もうちょい練習してからだったらわかるんですけどね。そういう意味では今年は結果と、できれば内容も伴って挑戦状を叩きつけられるような試合がしたいなと。

──なるほど。プライベートな部分というのはやはりプロポーズ相手を見つけること?

川村 いやぁ、ハナエっていう歌手のおっかけが楽しくてしょうがないんですよ。サイン会も握手会もツーショット写真会も全部行きましたからね。大阪のミニライヴに行こうとも思ったんですけど、帰りの飛行機がなかったのでやめました。・・・これはもう結婚できませんわ!

──それは急に火がついたんでしょうか?

川村 ネットで見つけて声にハマって曲を聴いてみたいな感じで。CDを1枚買ったら握手券1枚とか、AKBファンの気持ちがわかりました。いまや自宅に同じCDがたくさんありますよ(笑)。

──ちなみに入場曲も期待していいですか?。

川村 していいんですかね? 最近、人生半分生きたから好きにしようと思ってちょっと開き直ってきました(笑)。お客さんの苦笑いしている顔が楽しみですよ! それが自分の中でのピークなので、曲が流れれば満足かなっていう。試合はおまけみたいなもので。

──それは新しいキャッチフレーズができそうですね。

川村 あとは僕がそのキャラクターをしっかり作り込めれば良いんですけどね。「川村、気が狂ったぞ! なにがあったんだ!」っていう感じでやってやりますよ!“アイドル追っかけサムライ”みたいな感じですよね。・・・それはキモイなー!!

──ハハハ、では勝ち星を重ねつつキャラの固定も大事になりますね。

川村 そろそろ勝ったほうがいいんですかね? ・・・はい、じゃあ勝ちますわ。たまには勝って、来てくれた人たちに勝ったぞって言える試合を。いつも来てくれた人に言われるんですよね。「また来ようか」みたいなことを。だから「まさか勝つとは!」って良い意味でびっくりさせようかなって思います!


川村謙選手が所属する【リバーサルジム東京スタンドアウト】の情報はコチラ

川村謙(リバーサルジム東京スタンドアウト)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ