tetsuya

【写真:(C)ZST事務局】


昨年の契約以降、未だ「ONE FC」の舞台に上がれずにいる山田哲也がZSTに帰還する。“急遽試合決定”というニュースだっただけにコンディションに不安があるのかと思いきや、「準備は万端」と語る。この試合を試金石に海外へと羽ばたくことができるか!?

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──シンガポールの格闘技団体「ONE FC」と契約されたということですが、未だ試合が行われていませんが?

山田 去年の夏あたりから「ONE FC」での試合に向けて動き出しているんですけど、なかなか相手が決まらないんですよ。

──山田選手自身の準備は万端だけど、という感じで?

山田 そうですね。ずっと試合できる状態なんですけど、試合ができない期間が続いてしまいました。

──なるほど。そんな中で今回のZST参戦が急遽決まったわけですが、その経緯というのは?

山田 やはりいつ試合が決まるかわからない状況だったので、ZSTの上原代表と話をして試合をすることにしました。

──先ほどの話でも常に試合できる準備をしていたということですし、このタイミングで試合が決まっても問題はなかった、と。

山田 はい、なんの問題もないですね。

──昨年6月末の試合から今回の試合までだいぶ間が空きましたけど、試合勘に不安はありませんか?

山田 ここ2年ぐらいはだいたい8ヶ月ぐらい試合の間が空いちゃうこともあったので、なんとも思わないですね。

──なんなら空いた分だけ充実した練習ができたという感じで?

山田 そうですね。変わらず練習は続けてきていたので、いつでも試合にいけるような状態にはなってます。

──その前回の試合、伊澤寿人戦は見事なKO勝利でした。

山田 地元の横須賀での試合、しかもメインで戦うということで心臓がはちきれそうでした(笑)。

──そうなんですか? 戦極などビッグイベントも経験しているのに。やはり地元でメインというのは相当のプレッシャーでしたか?

山田 それはもう! 地元のいろんなところにポスターが貼ってあって、コレで負けたら本当にヤバイと言うくらいに追い込まれていたので勝ててよかったです。

──伊澤選手は一発もある選手ですからね。

山田 周りは簡単に勝ったみたいなことを言うんですけど、僕がタックルを仕掛けたときに出された右のアッパーが正直紙一重で。あれが当たってたらどうなっていたかわからない感じでした。

──今回対戦する上田厚志選手についてはどんな印象ですか?

山田 変則的な選手ですね。ZSTの選手っていうのは全体的に変則的な選手が多いので特に意識していたということはないですけど。

──上田選手は「まだ国内にいたのか!?」と、やりたくないなー感満点のコメントでした(笑)。

山田 いましたよ(笑)!

──とりあえず今回の試合を踏まえて、「ONE FC」での初戦を早く迎えたいですよね。

山田 そうですね、今年は「ONE FC」で2試合はしたいです。いまのところ特別戦いたいという選手はいないので与えられた試合を全力でやるだけです。



山田哲也選手が所属する【SHINWA MMA ACADEMY】の情報はコチラ

山田哲也(SHINWA MMA ACADEMY)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カードはコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ