ZSTオフィシャルサイト

ZSTニュース

“横須賀MMAの星”山田哲也インタビュー

tetsuya

【写真:(C)ZST事務局】


昨年の契約以降、未だ「ONE FC」の舞台に上がれずにいる山田哲也がZSTに帰還する。“急遽試合決定”というニュースだっただけにコンディションに不安があるのかと思いきや、「準備は万端」と語る。この試合を試金石に海外へと羽ばたくことができるか!?

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──シンガポールの格闘技団体「ONE FC」と契約されたということですが、未だ試合が行われていませんが?

山田 去年の夏あたりから「ONE FC」での試合に向けて動き出しているんですけど、なかなか相手が決まらないんですよ。

──山田選手自身の準備は万端だけど、という感じで?

山田 そうですね。ずっと試合できる状態なんですけど、試合ができない期間が続いてしまいました。

──なるほど。そんな中で今回のZST参戦が急遽決まったわけですが、その経緯というのは?

山田 やはりいつ試合が決まるかわからない状況だったので、ZSTの上原代表と話をして試合をすることにしました。

──先ほどの話でも常に試合できる準備をしていたということですし、このタイミングで試合が決まっても問題はなかった、と。

山田 はい、なんの問題もないですね。

──昨年6月末の試合から今回の試合までだいぶ間が空きましたけど、試合勘に不安はありませんか?

山田 ここ2年ぐらいはだいたい8ヶ月ぐらい試合の間が空いちゃうこともあったので、なんとも思わないですね。

──なんなら空いた分だけ充実した練習ができたという感じで?

山田 そうですね。変わらず練習は続けてきていたので、いつでも試合にいけるような状態にはなってます。

──その前回の試合、伊澤寿人戦は見事なKO勝利でした。

山田 地元の横須賀での試合、しかもメインで戦うということで心臓がはちきれそうでした(笑)。

──そうなんですか? 戦極などビッグイベントも経験しているのに。やはり地元でメインというのは相当のプレッシャーでしたか?

山田 それはもう! 地元のいろんなところにポスターが貼ってあって、コレで負けたら本当にヤバイと言うくらいに追い込まれていたので勝ててよかったです。

──伊澤選手は一発もある選手ですからね。

山田 周りは簡単に勝ったみたいなことを言うんですけど、僕がタックルを仕掛けたときに出された右のアッパーが正直紙一重で。あれが当たってたらどうなっていたかわからない感じでした。

──今回対戦する上田厚志選手についてはどんな印象ですか?

山田 変則的な選手ですね。ZSTの選手っていうのは全体的に変則的な選手が多いので特に意識していたということはないですけど。

──上田選手は「まだ国内にいたのか!?」と、やりたくないなー感満点のコメントでした(笑)。

山田 いましたよ(笑)!

──とりあえず今回の試合を踏まえて、「ONE FC」での初戦を早く迎えたいですよね。

山田 そうですね、今年は「ONE FC」で2試合はしたいです。いまのところ特別戦いたいという選手はいないので与えられた試合を全力でやるだけです。



山田哲也選手が所属する【SHINWA MMA ACADEMY】の情報はコチラ

山田哲也(SHINWA MMA ACADEMY)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カードはコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ


“リアルアマプロレスラー”シバターインタビュー

しばた

【写真:(C)ZST事務局】


昨年の11月23日『ZST.43』で本戦初登場を果たした“リアルアマプロレスラー”シバター。最近はユーチューバーとしてメディアに取り上げられる機会も増えた異色すぎるファイターが、2月22日『ZST.44』ではTeam DATEの新鋭、伊達李和と対戦する。試合を直前に控え、今回も破天荒なシバター節が炸裂する!

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



――前戦にあたるNAKADAI戦では、雄叫びを上げながらヘッドロックを決めたり、最後にダウンを奪ったりと、初のZST本戦にして爪跡を残したというか。

シバター まあ、総合のリングは久々ということもあって、結果的には引き分けにはなったが、完全に俺の試合になってたな! 「リングにシバター在り、プロレス在り」っていうのを見せつけられたんじゃないか? もはや、俺の中ではアレは勝ったと思ってる!

――そのくらい手応えを感じている、と。

シバター 観客が受けたこのシバターの衝撃、かなり大きかったんじゃないか? まあ、go2sleep(※ゴートゥースリープ。肩に担ぎ上げた相手を前方に落とすと同時に、顔面にヒザを叩き込むプロレス技)を出せなかったのは残念だったが、それは次回に取っておこう。

――初めて体感したZST本戦の会場の雰囲気はいかがでしたか?

シバター まあ、これは格闘技の場合はしょうがないことなのかもしれないが、いわゆる“選手のお友だち”が多いような気がしたな。だから、友だちの試合では声を出して応援するが、それ以外のときは基本的におとなしい。だが、俺はそういう観客の心も掴んだわけだ。自分を知らないヤツに、自分の魅力を知らしめる。これはプロレスラーには必要不可欠なことだからな!

――そういういつもとは異なる舞台で戦うことに火がついたわけですか?

シバター そうだ! 総合のリングで戦うアウェー感、俺は好きだな。徐々に会場が自分の味方になっていくのは、正直気持ちいいからな!

――やりがいを感じる、と。さて、シバター選手はユーチューバーとしての活動でも知られていますが、最近はTBS系列の『新・情報7daysニュースキャスター』をはじめ、メディアで取り上げられる機会も増えていますよね。出演後の反響は大きいですか?

シバター まあ、街を歩けば声を掛けられるし、動画の視聴回数も増えてるし、いい宣伝にはなってるな。ただ、どこに行っても身バレするようになったぶん、やりづらさも出てきてはいるけどな……。

――具体的にどんな部分で?

シバター たとえば、彼女じゃない女と歩いてるときに勝手に写メを撮られて、ツイッターで「シバターが女と一緒にいた」みたいなことをつぶやかれたりするんだけど、それはルール違反だからな! あとでたいへんなことになるんだぞ!

――プライベートに踏み込みすぎないでほしい、と(笑)。

シバター そうだ、マナーは守れ! そういえば一度、「シバターさん、さっき○○新地にいました?」ってつぶやかれて、「オマエ、それは見つけても言っちゃいけないことだろう!」って思ったこともあったぞ! 

――それはキツイですね(笑)。

シバター まあ、それだけ俺が有名になったってことだろう。いまのZSTの選手で、俺と同じレベルの知名度のヤツはいないんじゃないか? そういう意味でZSTには俺という存在をありがたく思ってほしいな! ギャラをもっと上げてくれたっていいんだぞ?

――なるほど(笑)。タイムリーな話題としては、シバター選手のYou tubeのアカウントが一時的に削除されるという騒ぎもありましたよね。

シバター アレは俺も驚いたが、コッチの知名度の高さゆえか、スポニチでもニュースとして取り上げられてたからな。まあ、よくも悪くも有名になってしまった、と。だが、俺はこのまま我が道を行き、プロレスの凄さや恐ろしさを、全世界に広めていこうと思ってるからな!

――その高い志の一環として、今回の『ZST.44』にも参戦されるわけですが、対戦相手の伊達李和選手について何かご存知なことは?

シバター まーったくないな! でもまあ、過去に一度、伊達一門のヤツとは対戦経験があって(2013年6月9日『アウトサイダー』のvs伊達一輝)、結果は引き分けに終わってるんだが、その試合で俺はコブシの骨を折ってるんだ。そういう意味で伊達一門に思うところがないわけではないぞ。

――因縁がある、と。ちなみにTeam DATEの選手は入場パフォーマンスも見どころの一つですが、そのあたりについては?

シバター なんかいろいろやってるみたいだけど、俺に言わせれば、「どうせおまえら、そこらへんのスポーツセンターで練習してるんだろ?」っていうか、どこかでプロになりきれない、独り善がりみたいなものを感じるな。まあ、俺とリングで対角線上に立ったとき、試合で俺の動きを感じたときに愕然とするんじゃないか? 入場から試合まで、プロとは何かっていうのを見せつけてやる!

――では最後にお客さんへのメッセージをお願いします。

シバター そもそも、俺は総合とプロレスを区別してないんだ。多少ルールが違うだけで、戦いであることに変わりはないからな。どこのリングに立とうとも俺は俺であり、観客を最高に楽しませる。それを今回も約束しよう!


シバター選手が所属する【パンクラス P‘s LAB 横浜】の情報はコチラ

シバター(パンクラス P‘s LAB 横浜)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“沼津の一撃空手王”渡辺竜也インタビュー

watanabe

【写真:(C)ZST事務局】


2月22日『ZST.44』でTeam DATEの若頭、伊達聖王と対戦するハードパンチャー、渡辺竜也。しかし、昨年は持ち前の爆発力を発揮できず、4戦1勝3敗という不本意な結果を残すことに。2015年の戦い始めを前に、いま渡辺の胸に去来するものとは?

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



――まず、前戦にあたる昨年11月23日『ZST.43』のvs柏崎剛を振り返ってもらえますか?(結果は2R3分32秒、柏崎がフロントチョークで一本勝ち)。

渡辺 え〜と、それは反省っていうことですか?(苦笑)。

――反省というか、試合前に「次は正念場」という発言があったのと、キャリア初の連敗を喫したという部分で、率直にどういう気持ちなのかな、と。

渡辺 たしかに柏崎戦は試合前は意気込んでたんですけど、結局「前回と同じような戦いをしてしまったな」という感じですね。前はセコンドから試合後に厳しい声をもらうこともあったんですけど、今回は圧倒的に負けちゃったんで、周りも柏崎選手のことを讃えつつ、ボクのことはサラーっていう感じでしたね(苦笑)。

――なるほど(苦笑)。

渡辺 ボク、前まではなかなか負けなかったんですけどね。負けても相手に“逃げ勝ち”されたみたいなのが多かったですし、試合のなかで正直、「自分はどのくらい強いんだろうな」っていうのを探りながら戦ってたというか。でも、前々回の八田戦から連敗して(8月31日『ZST.42』、八田が腕ひしぎ十字固めで一本勝ち)、「ホントはオレって弱いんだな、こんなもんか」って思い知ったというか。

――自分の中で壁を感じている状態ですか?

渡辺 う〜ん、スランプとは言いたくないですけど……。なんていうか、“勝負”にいけないですよね。怖さってわけじゃないんですけど。

――いま、そういう状態の中で、「自分にはまだ伸びシロがある」という思いはありますか?

渡辺 それはあるんですけどね。いま、まだ自分はベースもできてないって言い方はアレですけど、もう伸びシロしかないと思ってるので。逆に言えばいままでがうまくいきすぎてたというか。まあ、伸びシロがあると思ってるからこそ、まだ格闘技を続けていこうって気持ちにもなるので。「これ以上、伸びないな」と思ったら辞めるでしょうし。

――自分への期待がモチベーションに繋がっている、と。いまは格闘技の難しさに直面している感じですかね?

渡辺 ああ、そうだと思います。簡単には勝てないというのも最近、重々わかってきましたし、やらなきゃいけないことも理解してるし。自分のできない部分しか見えてないというか。

――そして今回、伊達聖王選手と相まみえますが、相手の印象はいかがですか?

渡辺 ボク、ほかの選手に関して疎いので、まだ試合は観たことないんですけど、伊達シリーズのリーダー的存在ですよね?

――伊達シリーズ(笑)。たしかにTeam DATEでは一番ZSTへの参戦経験が多い選手ですね。

渡辺 周りからは打撃ができる選手って聞いてるので、自分のファイトスタイル的には戦いやすいというか、試合自体も盛り上がると思ってます。前に伊達シリーズの選手と戦ったときは倒しきれなかったので(伊達悟に判定勝ち)、「その選手をブチのめせなかったのにリーダーに勝てんのか?」っていう心配みたいなのもありますけどね。

――警戒はしている、と。

渡辺 もう寝技は八田選手とか一番上の技術を体感してるし、極められないっていう自信はあるので、打撃に集中していこうかなって感じです。

――渡辺選手が打撃で勝つ姿を待っているお客さんもいると思います。

渡辺 そうですね。まあ、ボクが一番、KOで勝つのを待ってはいるんですけど(苦笑)。ボクを知ってる人は「KOがある選手」っていうふうに見てくれてると思うので、ひさびさにKOで試合に勝って、「これが渡辺竜也だ」って思ってもらえるような姿を見せたいですね。やっぱり、勝たなきゃおもしろくないので。まあ、考えすぎても力みすぎてもしょうがないし、今回は“チャレンジ”を胸にがんばりたいと思います。

――イケイケだった頃に比べると、発言も少し謙虚ですね(笑)。

渡辺 はい、「オレ、なんでこんな謙虚になってんだ?」って自分でしゃべってて思っちゃうんですけど(笑)。まあ、この日だけはキャラを変えようかな、と。

――で、勝ったらまた以前の勢いのように戻る、と?

渡辺 そうですね! 勝ったらピノキオですから、鼻はどんどん伸びますよ(笑)。今年はこの試合をきっかけに、その鼻がヘシ折られないようにしていきたいですね。


渡辺竜也選手が所属する【MAX GYM】の情報はコチラ

渡辺竜也(RINGS/MAX GYM)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“進化する東洋の神秘”上田厚志インタビュー

uedaatsushi

【写真:(C)ZST事務局】


山田哲也の対戦相手として上田厚志の参戦が急遽決定! 強豪相手に「たまったもんじゃない!」とばかりに焦っている様子の上田だが、前回の試合では2年半ぶりの勝利を一本で飾っているだけにモチベーションは上り調子。2015年初戦、アップセットは成るか。

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──前回の試合では一本勝ちおめでとうございました!

上田厚 ありがとうございます。久しぶりに一本勝ちできたのでよかったですね。

──実に2年半ぶり(2012年1月、平信一戦以来)の勝利でしたよね。

上田厚 怪我も挟んじゃってましたからね。練習でも走り込みをしてスタミナをつけたっていう効果があったんじゃないかと思います。打撃面は今までどおり頑張ってて、前回はスタミナ面を主に練習してたのでうまく出せたんじゃないかと。

──今回もその点ではしっかり走りこみは出来ている?

上田厚 ちょっとサボりがちたったんですけど、急遽オファーが来たので練習をスタートさせてからは走っています。

──なにか特別な走りこみのメニューがあったりするんでしょうか。

上田厚 ただ走り込んでるだけなんですけど、今まではそれすらしてこなかったので1R終わったら息切れしていました。だけど前回の試合からはインターバルでだいぶ呼吸も整うようになりましたね。

──特別なものがないということは、とても長い距離を走っているとか?

上田厚 いやぁ普通の選手と同じなくらいか、それ以下です(笑)。

──ハハハ。しかしそうだったとして既に効果が出ているというのは走り甲斐がありそうですね。

上田厚 好きな部類の練習ではなかったので敬遠しがちでしたからね。格闘技が好きで練習をやっていたからスパーのほうが楽しいんですよ。

──なるほど。練習の効果も出た2014年を振り返って、上田選手にとってはどんな1年でしたか?

上田厚 終わり良ければすべて良しという感じです。その過程でもそんなに内容は悪くなかったと思うんですけど、実力を出しきれていなかった印象が多かったですよね。そういう意味では一本で勝てたのは良かったです。

──そして今年1発目の試合は山田哲也選手ということで、急遽決まった試合にしては強豪だなと(笑)。

上田厚 そうですね、まだこんなところでうろちょろしてたのかっていう(笑)。

──というのは?

上田厚 とっくのとうに海外で活躍する選手だと思ってましたから。タッグで何度か戦ったこともあるんですけど、すごく強くてそのうち海外で活躍できるだろうと思ってたんですけど、そういう意味で僕にとってはいい迷惑というか(笑)。

──ハハハ、なるほど。タッグでも戦ったということはその後親交もあったりするんですか?

上田厚 いえ、僕自身はまったくないんですけど、山田選手のお母さんが道場長(矢野卓見)のファンらしくて、会場で声をかけてもらっているみたいです。

──それは意外な繋がりですね! そんな山田選手を相手に迎えて、上田選手自身の今回の試合のテーマを教えてください。

上田厚 そうですね・・・1Rはスタミナがもつように頑張って、2Rはあわよくば一本を取りにいって、3Rにいったら諦めます(笑)。

──すでにメンタルで負けている気が・・・(笑)。しかし山田選手に勝ったりしたらマイクも楽しみにしています。

上田厚 そうですね、今は何も考えていないのでその時に考えてみます!

──今年の目標については?

上田厚 そっちも特にないので考えておきます(笑)。とにかく怪我なく今年1年もおくれればと。


上田厚志選手が所属する【骨法烏合会矢野卓見道場】の情報はコチラ

上田厚志(骨法烏合会矢野卓見道場)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ

2/22「ZST.44」当日券情報

ZST44poster


2月22日(日)ディファ有明で行われます「ZST.44」当日券情報です。
当日券は13時30分より販売を開始いたします。

【当 日 券】 (13時30分より販売開始)

  ・VIP席15,500円(最前列)※若干枚数
  ・SRS席10,500円(2,3列目)
  ・S席7,500円※若干枚数
  ・A席6,500円※追加増席6枚のみ販売

(※1歳よりチケットが必要となります)
(※会場内でのカメラ・ビデオカメラによる一切の撮影を禁止します)


(実施概要)

【タイトル】
 〜FIGHTING NETWORK ZST〜
 「ZST.44」

【日 時】
 2015年2月22日 (日) 
  開場 14時00分
   第1部14時10分 ZST CHALLENGE 137 開始〜
   第2部16時00分 ZST.44本戦開始〜 

【会 場】
 ディファ有明 
(〒135-0063 東京都江東区有明1-3-25:03-5500-3731)

大きな地図で見る

【主 催】
 ZST事務局/株式会社ZSTインターナショナル

【特別協賛】
 ISAMI/株式会社イサミ

【協  賛】
 ゴールドジム株式会社スィンクフィットネス
 東京レストランホールディングス株式会社
 株式会社しんわ
 有限会社テイク・アソシエ
 株式会社サークルKサンクス
 AVA株式会社ゲームオン
 株式会社MSA
 丸茂レディースクリニック

【お問合せ】
 ZST事務局:03-5357-8195
    www.zst.jp/ / info@zst.jp



2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“カマイシ・スピリット”久保慎太郎インタビュー

kubo1

【写真:(C)ZST事務局】


釜石“グラアカ”からの刺客、久保慎太郎がZST本戦に初登場!相手の渡部修斗にはVTJで一度敗れており、リベンジに燃えている。所属ジムも15周年を迎えるアニバーサリーイヤーに華を添えられるか。

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──念願の本戦デビューとなりますが、試合が決まった時の気持ちを教えてください。

久保 率直に嬉しいです。SWAT!(現ZST CHALLENGE)ですとヒザにサポーターをつけていたんですけど、それも外せるということでやっとプロになれたんだなという感じです。

──本戦ではやはり試合の印象も違いますか?

久保 そうですね。ひと段階レベルが上がった感じがします。

──今回はパウンド有りルールにも挑戦ということで、ZSTルールとはまた違った試合展開になりそうです。

久保 僕はやっぱりZSTルールよりもRINGSルールのほうが嬉しいです。寝ても殴りたい部分がありますね。

──相手は渡部修斗選手、2013年の「VTJ 2nd」以来の再戦になりますね。戦ってみての印象は?

久保 レスラーって感じでしたね、若干やりづらい(苦笑)。まぁ前回負けているのでなんにも言えないですけど。

──再戦ということでお互い手の内もわかっていると思いますし、展開も違ってくる気がします。

久保 そうですね。前回よりは良いパフォーマンスができるんじゃないかと。前回は怪我もしていて動けなかったんですが、手術もして前回よりは調子も良いと思います。

──ちなみに所属ジムの『グラアカMMA』が15周年を迎えるそうですね。

久保 はい、田舎でも格闘技を頑張れば東京の試合に出られるんだというモチベーションで盛り上がっています。

──記念イベントも3月に開催されると聞きました。

久保 ファッションブランドの「Mobstyles」さんとコラボして、BRAHMANさんと10 FEETさんのライブを釜石でやります。僕ら関係者はセキュリティだったりお手伝いをさせてもらって。BRAHMANさんは昔からライブの関係で顔見知りですし、釜石で音楽フェスをやるのは初めてのことだと思うのですごく楽しみです。

──イベント直前の試合ですし、負けられないですね!

久保 そうですね、前回負けているのでリベンジしたいです! 

──目の前の試合が控えていますが、今年の目標を教えてください。

久保 田舎ですしコンスタントに試合ができないところもあるんですけど、自分もプロになったばかりなのでチャンスがあって相手がいればどんどんやっていきたいです。こっちで仕事をしていますけど、仕事を変えようとも思わないし、こっちでも頑張れば東京で試合ができるんだぞっていう。代表がそういう人でその背中を見てやってきましたから。

──グラアカMMA・平野仁代表も久保選手に期待しているでしょうね。

久保 海外でもやっていたのですごいなと思って見てました。地方は選手が少ないですけど選ばれたからにはみっともない試合はできないです。


久保慎太郎選手が所属する【グラアカMMA】の情報はコチラ

久保慎太郎(グラアカMMA)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ

“スピードスター”上原佑介インタビュー

yusuki

【写真:(C)ZST事務局】


衝撃のアカペラ入場で注目度を一気に高めた上原佑介。ベテランの矢島雄一郎を相手にさぞシビアになっているかと思いきや、入場のことまで念入りに考えているという強心臓は相変わらずの様子だ。3連勝の勢いそのままにフライ級王座挑戦に向けてアピールできるか!?

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──今回もよろしくお願いします! 上原選手の携帯に電話すると待ち受け曲が80年代の歌謡曲なんですね(笑)。

上原 ええ、趣味は80年代ですから。

──それを踏まえて前回のアカペラ入場には度肝抜かれましたが、会場は盛り上がっていましたね!

上原 盛り上がると思ってなかったので、逆にびっくりですよ。

──なぜあの入場パフォーマンスをやろうという気になったんですか?

上原 そもそも今までの入場のがクチパクだと言われていたので他の人がやっていないことをと思って、入場の時にこんなことしたやつはいないだろーなっていうことでやってみました。

──肝心な試合についてですが、前回の伊達聡戦はドローでしたね。

上原 言うことないです、あまり振り返りたくもないです。

──なるほど。しかし2014年は3戦全勝で悪い結果ではなかったと思います。

上原 なんかやっと全部の技術を安定して出せるようになってきたっていう感じで。少し嬉しいですけど連勝というのは言われてみればそうだなぁぐらい。1つの試合として捉えていない感じなので。

──今回対戦する矢島雄一郎選手とは以前にも一度対戦経験がありますね。

上原 楽しみです。もちろん戦いなので怖さはありますけど楽しみですね。相手はキャリアもあるので自分がどのレベルになっているかワクワクです。

──やっぱり気になっちゃうのが入場についてなんですが、やはり今回もやってくれるんですか?

上原 1回やっちゃたから、またやんなきゃいけないみたいになってますよね。1回目が一番盛り上がるんですけど、やめてもそれはそれでちょっとね。やっぱりやんなきゃいけないですよねー(苦笑)。

──どの曲でというのは決めているんですか?

上原 アカペラだから曲はなんだっていいんですよ。当日の気分で変えていいわけなので、その時の気分にまかせます。

──アカペラ入場ってそんなこともできるんですね(笑)。では最後に今年の目標を。

上原 アストンマーチン、ですかね。

──あの「007」の主人公が乗っている高級車ですか? 上原選手、車も好きなんですか?

上原 そんなに興味ないけど好きですよ(笑)。なんか昔から好きで。もしくはランボルギーニ。まぁ格闘技で稼げたらいいなっていう裏返しですよ。格闘技に夢がない。若い子が頑張っても、才能があってもお金のために就職しちゃったり辞めちゃうのってもったいないじゃないですか。

──上原選手が後進のことまで考えていたとは! 少し感動です!

上原 ハハハ、自分のお金のためですよ、人のことはいいので。

──えー! なんだ、残念です。

上原 でも今回勝ったら、次は八田(亮)選手だと思っています。彼とは絶対おもしろい試合になりますから期待してください!


上原佑介選手が所属する【マルワジム横浜】の情報はコチラ

上原佑介(マルワジム横浜/team roial)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ


“ZSTの体操お兄さん”上田貴央インタビュー

takao

【写真:(C)ZST事務局】


2014年は本戦5大会連続出場とフルスロットルでZSTを盛り上げた上田貴央。しかも今回は一階級上のフェザー級で試合をするという。相手は既に親交があるという川村謙だが、更に深い友情が育まれるのか。4月からは自身が指導する体操クラスもスタート予定と波に乗っている上田を直撃!

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──前回の試合では一本勝ち、おめでとうございました! まずは試合の感想から教えてもらいたいのですが。

上田貴 試合が終わったらいつも対戦相手と仲良く話せるんですけど、野沢(零羽)選手は会場で最初に顔を合わせたときからめちゃめちゃフレンドリーでした(笑)。試合前からちょっと仲が良いみたいな感じになっちゃって、第一声から「次はタッグ組みましょう!」みたいな。

──ハハハ、戦って友情が生まれる前に、既に友情が生まれてしまっていたと。

上田貴 会場入りしたときの挨拶でそんなこと言われてしまって、「あれ? まだ戦ってない。終わったあとみたいになってるけど」って。入場する直前でも普通に話していましたね。

──もう上田選手のキャラがZST内で定着しているんでしょうね。

上田貴 ハハハ、たぶん警戒されていないんでしょうね。でも人によってはあまり評判が良くないところもあるかと。対戦相手と仲良くなるのは格闘技じゃないと思う人もいるし、僕自身は格闘技で仲良くなるのは良いことだと思っていますけどね。

──なるほど。上田選手の2014年を振り返りたいんですが、昨年は本戦5連戦とフル出場でしたが、疲労感はありませんか?

上田貴 そんなに若いわけでもないので出られる大会は全部出ようと。やれるうちに、出られるうちに出たいなっていうのはありました。

──身体のマネジメントも慣れているとか?

上田貴 そうですね、コンディショニングとか怪我を治す、疲れを抜くというのはZSTの中でも僕が一番うまいんじゃないかぐらいに思っています。まぁ、周りから見たらあまり激しい練習なり、そんなに大した練習をしてないからかもしれませんけど(笑)。

──しかも今回は1階級上のフェザー級での試合ということで驚きました。

上田貴 試合を打診されてOKは出したんですが、通用するテクニックもだいぶ減るだろうし、多分フェザー級だといろいろとシンドいと思うので次はいつもの階級に落とします。勢いや身体能力で通用するレベルじゃなくなってくると思うんです。同じ階級であれば無理やりできちゃうことも階級が上だとちゃんとした技術しか通用しないはず。僕の中でちゃんとした技術って相当少ないですから(笑)。みなさん気がついてないかもしれないですけど、体操選手がひとり紛れ込んでいるだけですからね!

──てっきり2階級同時制覇を狙っているのかと思いましたよ。

上田貴 いやー勘弁してくださいよ! でもフェザー級のベルトを獲った加藤(淳)選手が試合直後にバンタム級にも挑戦したいという言葉がありましたよね。加藤選手が階級を落としたらおもしろいかと思いましたけど、僕がフェザー級で試合してもちょっと相手にならないと思います。

──今回は川村謙選手が相手ということで印象を教えてください。

上田貴 実は川村さんとは既に仲良くさせてもらっているんです。

──えっ! そうなんですか?

上田貴 一緒に練習したこともありますし、Tシャツももらったり。お互い相手のことをよく知ってますしすごく良くしてくれます。「試合が決まったらよろしく。良い試合をしましょう」という感じで言ってくれました。

──そうだったんですね。新年一発目から厳しい試合になりそうですが、今年はどんな1年にしたいですか?

上田貴 ランク上位と絡めるだけの戦績もないので、チャンピオンもそうでし、次に挑戦される(柏崎)剛くんも僕のことは眼中にないと思いますから今年は勝ちを積み重ねて意識してもらえうように頑張ります!

──聞いたところによると4月からは新たにオープンするジムで体操の指導もされるそうですね。

上田貴 はい、体操は小学生やキッズの指導になります。まだ正式発表は出来ませんけどグラップリングのクラスもやる方向で話が進んでいるので、ここであまりふがいない結果を出しちゃうと影響が出ると思うのでつまらない試合にならないようにがんばります! 体操をやっていたらいろんなスポーツで強くなれるんだというのを証明できたら習いたいという人も増えると思うので。・・・なんて当たり障りないことを言ってばかりですが(笑)

──素晴らしいと思いますよ! 仲の良い渡部修斗選手もそんな上田選手を見て、話をしていろいろ刺激を受けているそうですし。

上田貴 そう! それなんですけど、実は今日も一緒に練習しましたけど、彼のインタビューで「上田さんにいろいろ教えてもらってます!」みたいなことを言ってくれてるみたいで、僕がものすごく上から言ってるキャラみたいな・・・そんな偉そうなこと言ってないですから(笑)!

──しかし、渡部選手も慕っているようですし2人の関係はおもしろいですね。

上田貴 まぁそうですね。今後もそこは押していってもいいのかなと。本当に仲良くやってますし、所属は違いますけど、もしかしたら同じ指導仲間になるかもしれないのでまたネタにしてもらえたら(笑)。


上田貴央選手が所属する【パラエストラTB】の情報はコチラ

上田貴央(パラエストラTB)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ


“ラスト風サムライ”川村謙インタビュー

kawamura

【写真:(C)ZST事務局】


2014年5月の試合を最後にリングから遠ざかっていた川村謙が帰ってくる。復帰戦ながら仲が良い上田貴央を相手に2年ぶりの勝利を奪えるか。そして、休養期間中に新たな趣味にも開眼したらしく、それがどう試合に影響するのか気になるところ。今回の川村は入場からも目が離せない!

【開催】2015年2月22日(日)
【大会】ZST.44
【時間】
開場14:00
第1部SWAT!バウト開始14:10 第2部本戦開始16:00
【会場】ディファ有明



──早速お話を伺いますが、今年の正月はどのように過ごされましたか?

川村 正月は気分転換でタイにぷらっと行ってました。どうせジムは休みだし、実家に帰る必要もないし、東京にいてもやることがないのでついカッとなってポチっと飛行機のチケットを取って行きましたね。

──なぜカッとなるのか(笑)、さすがIT社長。タイでは完全なオフだったんでしょうか。

川村 半々ですね。ガッツリ2部練、3部練やりにいくわけじゃないですけど、いつも行くムエタイのジムでちょこっとやらせてもらった感じです。

──では前回の試合についてですが・・・。

川村 あぁいつやりましたっけ、前回。忘れちゃいましたよ、結構やってないと思うのでね。

──2014年5月の伊達和貴戦が最後になりますね。

川村 そんな試合ありましたね、しょっぱい試合した記憶があります。つらすぎて記憶から忘れ去ってましたよ。寝技も極まりそうだったんですけど、逃げるのがうまくて極めきれずにいらだちがあったり悔やまれる内容でしたね。まぁ、もう格闘技の話はいいじゃないですか。

──ハハハ、しかし格闘技の話を。残念ながら2014年は1分1敗で勝ち星にも恵まれませんでした。

川村 去年は2試合しかしていないんでね、初戦はバンタム級で試合だったけどコンディションがしんどくなって、2試合目はフェザー級に戻して一発やったっていう感じなのでいろいろ試して階級を戻したってことでいろいろ試して良かったですけどね。

──今年初戦は上田貴央選手が相手になりましたが、実は仲が良いそうですね。

川村 ゲリラ豪雨でジムが大変だった時に出稽古させてもらったんですよ。そこでスパーもしたし、会場で会っても話すので仲良いですよ。

──試合が決まってから話はしましたか?

川村 もう、すぐ本人に電話しましたよ。「なに受けとんねん」と(笑)。そもそも階級が違うのに「なんでや!」って。こっちはフェザー級で誰とでもやるということを伝えて相手が誰になるのか待っていたんですけど、向こうはバンタム級でやっているから断ると思ったんですけどね。

──スパーリングをしたときの印象というのは?

川村 あまりスパーでは本気を出すタイプではないというか、わざと一本取らせてくれるみたいなタイプだったのでよくわからない部分のほうが多かったですね。ちゃんとうまいこと試合のペースを持っていけるか心配です。

──では今年の目標を教えてください。

川村 そうですねー目標ですか・・・KOで勝ってリングの上からプロポーズでもしますよ。

──それは大変大事な目標ですね!

川村 ただね・・・相手がおらんのですよ。誰にしたらいいのかっていうところからですよね。

──なんのこっちゃ(笑)。じゃあチャンピオンにするというのは? タイトルマッチをやりましょう、と。宣戦布告のプロポーズを。

川村 そもそもチャンピオンって誰ですか(笑)? 勝ってない人間が挑戦してもさっぶいだけじゃないですか! もうちょい練習してからだったらわかるんですけどね。そういう意味では今年は結果と、できれば内容も伴って挑戦状を叩きつけられるような試合がしたいなと。

──なるほど。プライベートな部分というのはやはりプロポーズ相手を見つけること?

川村 いやぁ、ハナエっていう歌手のおっかけが楽しくてしょうがないんですよ。サイン会も握手会もツーショット写真会も全部行きましたからね。大阪のミニライヴに行こうとも思ったんですけど、帰りの飛行機がなかったのでやめました。・・・これはもう結婚できませんわ!

──それは急に火がついたんでしょうか?

川村 ネットで見つけて声にハマって曲を聴いてみたいな感じで。CDを1枚買ったら握手券1枚とか、AKBファンの気持ちがわかりました。いまや自宅に同じCDがたくさんありますよ(笑)。

──ちなみに入場曲も期待していいですか?。

川村 していいんですかね? 最近、人生半分生きたから好きにしようと思ってちょっと開き直ってきました(笑)。お客さんの苦笑いしている顔が楽しみですよ! それが自分の中でのピークなので、曲が流れれば満足かなっていう。試合はおまけみたいなもので。

──それは新しいキャッチフレーズができそうですね。

川村 あとは僕がそのキャラクターをしっかり作り込めれば良いんですけどね。「川村、気が狂ったぞ! なにがあったんだ!」っていう感じでやってやりますよ!“アイドル追っかけサムライ”みたいな感じですよね。・・・それはキモイなー!!

──ハハハ、では勝ち星を重ねつつキャラの固定も大事になりますね。

川村 そろそろ勝ったほうがいいんですかね? ・・・はい、じゃあ勝ちますわ。たまには勝って、来てくれた人たちに勝ったぞって言える試合を。いつも来てくれた人に言われるんですよね。「また来ようか」みたいなことを。だから「まさか勝つとは!」って良い意味でびっくりさせようかなって思います!


川村謙選手が所属する【リバーサルジム東京スタンドアウト】の情報はコチラ

川村謙(リバーサルジム東京スタンドアウト)プロフィールはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」ディファ有明大会全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ

2/22「ZST CHALLENGE 137」試合順決定

ZST44poster


2月22日(日)ディファ有明で開催されます「ZST.44」の第一部として行われる「ZST CHALLENGE 137」全対戦カード試合順が決定しました。
前野辰一(グレイシーバッハ東京)が怪我のため欠場。代わりに、伊達礼(Team DATE)が、貫井義規(総合格闘技武門會)と戦います。


【 ZST CHALLENGE 137 /全対戦カード試合順(14時10分開始〜)】

第14試合/ZST CHALLENGE ルール/56.7kg以下契約(5分2R)
大藤 一星(蒼天塾)
vs
増田 僑(SHINWA MMA ACADEMY)

第13試合/ZST CHALLENGE ルール/65.8kg以下契約(5分2R)
伊達 和貴(Team DATE)
vs
小島 一朗(OFC)

第12試合/ZST CHALLENGE ルール/61.2kg以下契約(5分2R)
貫井 義規(総合格闘技武門會)
vs
伊達 礼(Team DATE)

第11試合/ZST CHALLENGE ルール/65.8kg以下契約(3分2R)
花輪 裕樹(RBアカデミー)
vs
石橋 源一郎(SHINWA MMA ACADEMY)

第10試合/ZST CHALLENGE ルール/56.7kg以下契約(3分2R)
二之宮 徳昭(X-ONE GYM 湘南)
vs
佐々木 洋(マルワジム横浜)

第9試合/ZST CHALLENGE ルール/56.7kg以下契約(3分2R)
飯盛 将大(和術慧舟會トイカツ道場)
vs
小柳津 康太(グランドスラムKREW)

第8試合/ZST CHALLENGE ルール/75.0kg以下契約(3分2R)
伊達 一輝(Team DATE)
vs
杉村 典亮(総合格闘技move)

第7試合/ZST CHALLENGE ルール/65.8kg以下契約(3分2R)
松本 大輔(IMNグラップリング)
vs
長谷川 卓也(Brightness)

第6試合/ZST CHALLENGE ルール/61.2kg以下契約(3分2R)
高橋 拓也(ストライプル取手)
vs
荒井 俊夫(HIDE’S KICK!)

第5試合/ZST CHALLENGE ルール/65.8kg以下契約(3分2R)
本田 壮一(SHOOTO GYM K’z FACTORY)
vs
盒供‥慧(パラエストラ綾瀬)

第4試合/ZST CHALLENGE ルール/93.0kg以下契約(3分2R)
阿部 慶介(キングダム聖蹟桜ヶ丘)
vs
浅井 一基(SONIC SQUAD)

第3試合/ZST CHALLENGE グラップリングルール/70.3kg以下契約(3分2R)
篠宮 敏久(綱島柔術)
vs
工藤 修久(禅道会小金井道場)

第2試合/ZST CHALLENGE グラップリングルール/52.0kg以下契約(3分2R)
浅倉 栞南(パラエストラ松戸)
vs
伊達 華(Team DATE)

第1試合/ZST CHALLENGE グラップリングルール/58.0kg以下契約(3分2R)
奈部 由香里(パラエストラ千葉)
vs
伊達 法(Team DATE)


※選手の怪我などにより、対戦カードの変更がある場合がございます。予めご了承下さい


2/22「ZST.44」ディファ有明大会【本戦】全対戦カード試合順はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会当日券情報はコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪テキスト≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会出場選手≪動画≫インタビューはコチラ

2/22「ZST.44」ディファ有明大会開催概要はコチラ







ZSTナンバーシリーズ大会情報


ZSTセカンドステージ
"SWAT!"シリーズ大会情報


ZSTアマチュア大会開催&応募情報


ZSTオフィシャルジム 公式サイト