IMG_20181224_005215

昨日は勝村道場15周年 グランドスラム10周年パーティーでした。

本当にたくさんの人が集まってくれて、嬉しいことがたくさんあって、書きたいことがたくさんあります。

DSC_0935

ただ、全然写真撮ってないし、いっぺんに書けないんで、写真集り次第で小出しに書いていきます。

一番強く思ったのは、今いる人もたくさん来て昔の人も離れてったけどこうやって笑顔で集まれたのが最高だなと。


けっこう俺の中では所英男に人生観を変えられたところがあるんです。

身近な存在だからこそすんなり受け入れられたというか、、、出会ってそんなに立たない頃だったかなー仲良くなって活躍をすぐそばで見てた頃だったかな、「あ、俺はこいつに敵わないな」って思ったんです。とても素直に。

所英男の凄いとこは自分が意図してなくても、普通じゃ届かないところにいる1万人を喜ばせることができるんです。テレビだったり会場だったり。

俺もそうなりたいって一瞬思ったんだけど、俺にはできなかった。

悔しいとか嫉妬とかじゃなくてね。それは英男だから余計に思ったのかもなんだけど。

人にはそれぞれ役割があるんだって気付かされたんだよね。

逆に英男からしたら苦手なんだけど、俺にできることがあるんだって。

何かって言うと、俺は目の前にいる深く関われる人たちを笑顔にすることができるんだって。

1万人を笑顔にすることはできないんだよ。

でも100人を笑顔にさせることができる。

当時の道場の仲間だったり飲み仲間だったり施設の子どもたちだったり、すぐ近くで関われる人たちを喜ばすこと笑わせることが俺は得意なんじゃないかなって。

うん。

それでいいやって思ったの。英男みたいな人もいれば俺みたいな人もいて、そんな二人が仲良いんだからいいじゃんって。

それでさ、昨日みんなの前で話してて繋がったんだよ。

笑顔を伝染させたいって言ったじゃん。

俺から笑顔をもらった人は、あなたも周りをを笑顔にさせてくださいって。

俺が笑顔にさせた100人が、さらに100人を笑顔にしてほしいな。

そしたらさ、1万人笑顔になるじゃん。

ほら俺にもできるじゃんって。


なんかさ、懐かしい人が嬉しそうに笑ってるの見て、この人の笑顔見たら見た人も笑うんだろうなって思ったの。

そしたら俺からの笑顔100人が更に笑顔100人育てたら1万人じゃんって。

そんなことを改めて考えさせてくれた、俺の仲間たちに本当にありがとうございました!

DSC_0927



PS. 俺が選挙に出て俺の友達100人が100人に「勝村に投票して」ってお願いしたら、1万票集るから市議会議員になれんじゃね!?

とも思いました。