ヒルトン小田原リゾート&スパが、ブラッセリー「フローラ」にて、「イタリアン&ストロベリー ランチブッフェ」を提供中だ。
「イタリアン&ストロベリー ランチブッフェ」のテーマは、“イタリア料理など存在しない”と言われるほど地域により食の特徴が異なるイタリアの食の旅を楽しんもらうこと。イタリア各地の料理を、月替わりで提供していく。
3 月はミラノ、ベネチア、トリノなど北イタリアの料理が登場。薄くのばした仔牛肉をパルメザンチーズを混ぜた衣をつけてカラッと揚げたミラノ風カツレツ、サ フランの黄色が美しいミラノ風リゾット、ロンバルディア州の郷土料理でマンマの味と言われ愛されている牛煮込み、マスタードとバルサミコ酢で仕上げた牛肉 のカルパッチョなどがラインナップしている。
4 月はフィレンツェ、ボローニャ、ローマなど中部イタリアの料理がお目見え。鶏レバーペーストのクロスティーニ、サラミ、ハムをはじめとした肉料理、おなじ みボロネーゼ、タリアテッレやトルテリーニなどの日替わりパスタ、生クリームの濃厚なソースが決め手のカルボナーラなどを提供する。

祇園辻利が祇園本店と京都駅八条口店で「さくらそふと」の販売を開始。本店は抹茶焼きショコラ、八条口店は練乳抹茶ソースと、違った味わいの「さくらそふと」を提供中だ。
祇園本店限定「さくらそふと(焼きショコラ)」(700円、税込)はさくらの風味豊かなさくらソフトクリームに、濃厚抹茶の焼きショコラと、ふわふわ抹茶クリームをトッピング。さくらと抹茶のコンビネーションが楽しい。
八条口店限定「さくらそふと(練乳抹茶ソース)」(520円、税込) はさくらソフトクリームに、練乳抹茶ソースで濃厚な抹茶の風味をプラス。こちらはピンクとグリーンのコントラストが華やかな逸品だ。

「TIRPSE」(ティルプス)がランチを休止し、1年限定でスタートした「KIRIKO NAKAMURA」(キリコ ナカムラ)。「TIRPSE」でパティシエを務めていた中村樹里子氏が、レストランという空間で出来立てのデザートを6皿からなるコース仕立てで提供して いるデザート・テイスティング・レストランだ。
中村氏をパティシエの道にひきこんだ、フランス菓子の鮮烈な味わいに初めて出会ったときの「感動」。その気持ちを、甘さの強弱や温度差を使いリズム感のある6皿のデザートコースに昇華した。

メニューは季節を感じるフルーツを使用し、素材の風味とパティシエールの経験を掛け合わせた、6皿のオリジナルデザートコース(3,780 円)をベースに、日本酒ペアリングコース、ティーペアリングコースも用意されている。

↑このページのトップヘ