”ミスター乗り鉄”鉄進の旅路

 「乗って残そう日本の鉄道」のもと乗り鉄を中心に活動中

DSCF8952
 (写真)リゾートみのりに乗り鉄した 仙台にて
 
 秋田から羽越本線の普通列車に乗車した。途中、右手に日本海、左手に雪をかぶった鳥海山が見られた。酒田から陸羽西線を走る110系気動車を使った快速最上川に乗車した。酒田を出発したとき車窓に積雪はなかったが、新庄が近づくにつれて積雪が見られるようになった。古口で停車したがなかなか出発しなかった。すると運転手が新庄から新幹線や快速リゾートみのりに乗車する乗客を探しはじめた。どうやら古口で行き違いをする列車が遅れているみたいであった。おれはこの列車の次に快速リゾートみのりに乗車するつもりでいた。乗車できるか?心配であったが、10分遅れで到着してギリギリ乗車できた。快速リゾートみのりに乗車すると心地よいせいか寝てしまった。起きると鳴子♨であった。列車が県境を越えて宮城県に入ると積雪はすぐに見られなくなった。そして17時半ごろ仙台に到着した。すぐにチェックインした。夜は牛タンを食べた。

DSCF8949
 (写真)110系気動車の快速最上川 酒田にて

DSCF8945
 (写真)酒田に停車していた「きらきらうえつ」

DSCF8946
 (写真)E653系電車の特急いなほ 酒田にて

DSCF8950 (2)
 (写真)山形新幹線を走る広軌の701系5500番台電車 新庄にて

DSCF8956
 (写真)仙台市交通局東西線で夜景を見に行った 八木山動物公園にて

 夕飯を食べてからもう少し乗り鉄することにした。前回仙台を訪れたときは仙台市交通局東西線が開通した時であった。そのとき八木山動物公園を出て屋上の広場へ行って仙台の平野を眺めたのを思い出した。八木山動物公園へ行き広場へ行くと夜景を眺めることができた東北新幹線から見えたカラフルな塔も見られた。しかしその広場にいたのはおれひとりやった。ホテルに帰り明日に備えた。

DSCF8962
 (写真)八木山動物公園から見た夜景

DSCF8968
 (写真)八木山動物公園から見た夜景

 (取材日)2017年 3月11日

DSCF8887
 (写真)雪まみれで走る普通列車 秋田にて

 男鹿線から秋田へ戻り、この日の宿がある仙台へ向かうことにした。秋田から仙台はどうやって行くか?すごく悩んだ。青春18きっぷを使っているので普通列車を乗り継いでいくか?それとも由利高原鉄道を乗り鉄してから秋田新幹線で仙台へ行くか?悩んだ。お金をかけるか?かけへんか?やけどな。結局は普通列車で行くことにした。しか乗り鉄の日が近づくと由利高原鉄道にラッピング車両が登場した。やられたと思った。やっばり旅をするときはしたいことせなあかんと思ったわ。ちなみに羽後本荘に停車したとき、由利高原鉄道のホームに「エボルタ電池」のラッピング車両が見られた。

DSCF8944
 (写真)乗り鉄したかった由利高原鉄道 羽後本荘にて
 
DSCF8910
 (写真)リゾートしらかみ「橅(ぶな)」編成 秋田にて

DSCF8940 (2)
 (写真)秋田で停車中の秋田新幹線

 (取材日)2017年 3月11日

DSCF8917
 (写真)交流版蓄電池車のEV−E800系電車 秋田にて

 男鹿線に2017年3月から蓄電池車の運転が始まった。車両は2両編成であり、車両はJR九州のBEC819系電車に似ている。外観は男鹿寄りか赤色で秋田寄りが青色になっている。赤色の車両にパンタグラフと蓄電池が搭載されていて、青色の車両にはトイレが付いている。車両は片側3扉で手動の開閉ボタンが付いている。車内はロングシートで扉近くはアクリル板になっている。運転席の形はJR九州の817系電車に似ていて、モニターと運賃箱がせっちされている。また連結側には自動整理券発行機がある。

DSCF8923
 (写真)赤と青の編成になっている 男鹿にて

DSCF8930
 (写真)男鹿線のロゴマーク

 秋田を出発すると追分まで奥羽本線を追分まで走った。2面3線の追分を出るとしばらく奥羽本線を走り、左に分岐して単線非電化の男鹿線に入った。住宅やビニールハウスを見ながら走ってから木々の間を走った。右手に太陽光パネルが見えると住宅が増え2面2線の出戸浜に停車した。出戸浜を出ると右手に五洋電子の工場が見えた。1面1線の上二田を出ると雪で覆われた田畑やビニールハウスが見えた。住宅地でホームに雪が積もる1面2線の二田で列車の行き違いをした。二田を出ると左手に風力発電の大きな風車が見えた。1面1線の天王を出ると八郎潟調整池の水門を見て川を渡った。盛り土を下り左にカーブすると1面1線の船越に停車した。船越には駅員がいるので列車の扉はすべて開くようになっていた。船越を出ると右手に雪で覆われた寒風山が見えた。1面2線の脇本を出るとさっき見えた寒風山が近くに見えた。住宅が減り、列車は山間を左右にカーブしながら走った。トンネルを通過すると小高いところを走り、右手に毛無山が見えた。住宅が増えると1面1線の羽立に停車した。羽立を出ると坂を上り掘削区間を通過した。左手に工場や倉庫、右手に住宅地が見えると1面2線で構内踏切がある男鹿に着いた。男鹿には充電用の架線が設置されている。駅前には4ヵ国語でしゃべるなまはげの像があった。

DSCF8936
 (写真)交流版蓄電池車のEV−E800系電車の車内

DSCF8926
 (写真)男鹿駅前にあるなまはげの銅像

 (取材日)2017年 3月11日

DSCF8880
 (写真)秋田に到着した秋田新幹線こまち

 上大岡から列車を乗り継いで東京駅へ行った。この日のメインは特急サンライズだけではなかった。1ヶ月半くらい前、秋田新幹線20周年を記念して首都圏から大曲、秋田間のきっぷが50%引きで発売されるのを知った。常磐線の復旧区間を乗り鉄するのが目的であったので秋田から仙台までの行程をなんとか立てた。ただきっぷは列車が限定されていて朝のこまち1番、2番列車と最終列車とひとつまえのこまちという縛りがあった。昼間、東京で乗り鉄してから秋田新幹線に乗車して秋田に泊まる計画を立てた。おれは最終のひとつ前の秋田新幹線こまち33号のきっぷを手に入れた。秋田新幹線は2017年で開業20周年であり20年前の1997年はJR発足10周年であった。そのとき全国乗り放題きっぷが発売され、そのきっぷを使って秋田新幹線に乗車した。自由席は乗り放題であったが座席を確保するため特急料金を払い指定席を取ろうとしたら満席であったのでグリーン車に乗車した。思い出の列車である。

DSCF8882
 (写真)E6系新幹線のロングノーズ

 こまち33号は東京を19時20分に出発して秋田に23時02分に到着する列車であった。東京駅で夕飯を済ませ、飲み物を購入して出発のホームへ行った。東京駅は新幹線が多く発着する駅で新幹線が到着してから車内清掃をする。そのためか出発数分前になってやっと車内に入れた。車内に入ったら荷物の整理をしたいからせめて発車まで5分位の時間が欲しい。列車が出発してからだと危なく感じる。

DSCF8878
秋田新幹線のエンブレム

 おれは車内に入ると車窓が見られないのでほとんどブログの記事を作っていた。たまに現在地を地図を見たり、スピード測定をしていた。しかしトンネルが多くて電波が入らないところもあり諦めてまたブログの記事を作っていた。盛岡を出発すると秋田新幹線に入り、新幹線が進んでいくと車窓には雪が見られるようになった。昼間やったらええ景色やれな、と思いながら秋田へ向かった。大曲で列車の進行方向が逆になり後ろへ進んでいくようになった。そして4時間弱で秋田に着いた。車外へ出ると関西の朝くらいの寒さであった。秋田新幹線を撮り鉄してからホテルにチェックインした。 

DSCF8879
 (写真)この日は東日本大震災が発生した日の前日であった

 (取材日)2017年 3月10日

DSCF8866 (2)
 (写真)リベンジに成功した相鉄横浜ネイビーブルー 二俣川にて

 つくばエクスプレスを撮り鉄してから昨年、失敗で終わっていた相模鉄道の横浜ネイビーブルーの車両を撮り鉄することにした。東京上野ラインで品川へ行き、京急の2100系電車を使った快速特急に乗車した。列車は京急蒲田の手前から高架の高架を走る。おれは天気がよければ右手に富士山が見えるのを知っていたので右手を見ると日差しのせいでほとんどのカーテンが閉められていた。見れたかどうかはわからんな。相鉄横浜へ行くと横浜ネイビーブルーを使った急行列車がホームに停車していた。すぐに乗車して二俣川へ行った。車内は白が基調で連結側は濃いめの木目調になっていた。4人ボックスシートにはサイドもあるヘッドレストがあった。また相模本線の星川駅付近の高架が下り線だけ完成していた。二俣川で横浜ネイビーブルーを撮り鉄してから特急で湘南台へ行った。いずみ野線内の特急の停止駅はいずみ野中央だけであった。

DSCF8868
 (写真)前面シルバーの3000R形電車 上永谷にて 

 湘南台は小田急江ノ島線と横浜市ブルーラインとの乗換駅である。小田急に乗車して30000系電車のEXEαを撮り鉄しようと思ったが、あまり乗車しない横浜市ブルーラインに乗車することにした。平日は10:00〜16:00、土休日は9:30〜16:00で1時間に2本快速運転されている。しかし16時以降に乗車したので快速列車に乗車できなかった。2面4線の上永谷は地上駅であったので撮り鉄をするため下車した。横浜市ブルーラインは第三軌条方式なので架線はない。横浜市ブルーラインは地下鉄で暗く、景色も見られないので上大岡で京急に乗り換えた。 

DSCF8870
 (写真)前面水色の3000S形電車 上永谷にて

DSCF8872 (2)
 (写真)前面黒色の3000N形電車 上永谷にて

 (取材日)2017年 3月10日

DSCF8848 (2)
 (写真)つくばエクスプレス「梅つくば号」 

 富士急行へ乗り鉄に行くつもりにしていたので、クレヨンしんちゃんのラッピングトレインを諦めてどこで乗り鉄するか?考えてなかった。一応ノートに各鉄道会社の撮り鉄リストを作っていた。草加から近いところを探すとつくばエクスプレスがあったので撮り鉄することにした。草加から南越谷を経由して武蔵野線で南流山へ行きつくばエクスプレスに乗り換えた。つくばエクスプレスで撮り鉄したい列車は「TXチャギントントレイン」と「梅つくば号」、「TXフルーツトレイン」とあり、いずれの列車もホームページで運転時刻が発表されていた。南流山は地下駅なので撮り鉄しやすい場所であるのとターゲットが2本来るので高架駅の流山おおたかの森へ移動して撮り鉄をした。「TXフルーツトレイン」は待ち時間が長いためあきらめた。画像はいずれも流山おおたかの森にて撮り鉄したものである。

DSCF8850
 (写真)「梅つくば号」の側面のラッピング

DSCF8854
 (写真)秋葉原から守谷の直流区間を走る1000系電車

DSCF8857 (2)
 (写真)2000系電車の「TXチャギントントレイン」

DSCF8858
 (写真)「TXチャギントントレイン」の側面

DSCF8859
 (写真)秋葉原寄りは青色になっている「TXチャギントントレイン」

 (取材日)2017年 3月10日

DSCF8764
 (写真)スペーシア日光詣

 ひとつの駅に4時間もおったらいろんな列車が撮り鉄できたわ。今回は特急編で、画像はいずれも草加にて撮り鉄した。

DSCF8828
 (写真)紫のスペーシア

DSCF8843
 (写真)水色のスペーシア

DSCF8758
 (写真)上りの乗車率が高かった特急りょうもう

DSCF8766 (2)
 (写真)特急りょうもう普悠瑪(プユマ)號編成

DSCF8773
 (写真)300系電車の特急しもつけ

DSCF8749
 (写真)2017年4月に廃止される特急スカイツリートレイン 

 (取材日)2017年 3月10日

DSCF8813 (2)
 (写真)やっとの思いで撮り鉄できたクレヨンしんちゃんのラッピング列車ネネちゃん編成 草加にて

  50060系電車を使ったクレヨンしんちゃんのラッピングトレインは東武東京スカイツリーラインから東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線を走っている。各キャラクターが5色で走っているからすぐに撮り鉄できると思っていたが、なかなか撮り鉄できなかった。ダイヤを調べてみると東武久喜、南栗橋から東急中央林間まで急行で2時間半かかり、往復で5時間になる。10分毎に急行が来るから300分÷10分で30本の急行が走ってることになる。また全部撮り鉄するのに5時間かかる。初めからわかってたら4時間も粘らんかったな。結局、ネネちゃんとボーちゃんの編成しか撮り鉄できんかったな。

DSCF8836
 (写真)ボーちゃん編成 草加にて

DSCF8834
 (写真)オリジナルの50060系電車 草加にて

 (取材日)2017年 3月10日


DSCF8783
 (写真)突然、試運転でやって来た500系電車リバティ 草加にて

 今度は草加でクレヨンしんちゃんのラッピングトレインを狙うことにした。いつものように下りホームで撮り鉄をしていると朝のラッシュ時のためたくさんの列車を見た。すると上りの急行線ホームに営業運転前の特急リバティが入線した。おれ反対のホームにいたので撮り鉄を諦めていた。すると下りの急行線に列車が来る音がしたからカメラを構えると特急リバティがやって来たので慌てて撮り鉄をした。特急リバティはもう営業したんやな、と思うくらい見ることができたな。ちなみに下りの特急リバティは試乗会やったみたいやな。

DSCF8786
 (写真)この日は試乗会も行われていた 草加にて

DSCF8811
 (写真)合計3回見た運転開始前のリバティ 草加にて

 (取材日)2017年 3月10日


DSCF8728 (2)
 (写真)昭和30年代に走っていた試験塗装車 曳舟にて

 亀戸線には昭和30年代の標準色をした8000系電車が走っているが、今度は緑色に白いラインが入った昭和30年代の試験色が登場したので亀戸線に撮り鉄へ行った。亀戸線は短い路線で朝のラッシュ時には8000系電車2両編成が3本走っていた。東京はどの列車もひとであふれていると思っていたのでラッシュ時に2両編成で走っていたのに驚いた。 

DSCF8723 (2)
 (写真)昭和30年代の標準塗装車 曳舟にて

DSCF8721
 (写真)8000系電車 小村井にて

 (取材日)2017年 3月10日


このページのトップヘ