def39663.JPG

レイヤー効果のブレンド条件を使って、美肌効果を出すことができる。

右側の写真のように解像度の低い写真の場合、肌がブツブツ状態になっていることがよくある。アンシャープマスクをかけて補正しても良いが、ブレンド条件をうまく使い肌のみぼかすことができる方法がある。

(1)背景をCtrl+Jでコピーしたレイヤー1をつくる。
(2)背景とレイヤー1の中間に、新規塗りつぶしレイヤーを黒でべた塗り1をつくる。
(3)レイヤー1にフィルターのぼかし(表面)を半径3、しきい値10をかける。
(4)レイヤー1のレイヤー効果からブレンド条件にて、左図の赤矢印のように黒のスライダを右側に寄せる。
(5)画面上に黒の模様ができるので肌にかからない程度でスライダを止める。
(6)同様に白のスライダも必要に応じて左に寄せる。
(7)べた塗り1を不可視にすれば出来上がる。

以上のようにブレンド条件とは写真の暗い部分や明るい部分を透明化することができるので、下の写真とブレンド出来るわけである。