運の体力

おいらって異常なんじゃないかい。とてつもなく体力があることが判ったのさ。 自分でも驚いてるんだあ。「ありえなあい」なあんてね。やっぱ陰陽師だからかな。ヘッヘッヘッヘ、人生楽しくなっちゃった。ヌッヒッヒッヒ。

んなことはどうでもいいんだが、今日伊勢会の会員になったチヒロちゃんにはTOMで鑑定したんだが、「これからわたくし、明治神宮に行くつもりなんです」「おお、そうかい、じゃあおじさんが北参道の入り口まで送ってあげるわ」「なんかこんなところに神社があるなんて感じじゃないですね」「と思うだろう、ところがそこを右折した途端、ガラッと神の園が現れるんだよ、ほ〜ら」「わあ、ほんとだあ」

弟子の方のチヒロちゃんはロングヘアーなんだが、今日のチヒロちゃんはショートカットなんだ。 二人とも、体力絶倫陰陽師のおいらと縁ができたということは、人生アップ、間違いなしさ。ビンビンさあ。

明日は、千晶ちゃんに特訓講座だなあ、張り切るぞ〜、ビンビンと。
 

運の座頭市

おいらほら、いまは右目は重度の網膜剥離明けだし、左目はおおげさな白内障なもんだから歩いていても、人の顔がよく見えないのよね。パソコンの文字もやっとこさなんだ。今日は袋小路のお引越しでさあ、成城から代々木へのもの運びの段取りで忙しかったんだわ。一段落して帰ろうと成城の駅に向かって歩いていた訳よ。いつもはひっそりした西口に行くのに、どういう訳か今日はなあんか南口へ向かっちゃったんだ。純喫茶「ソレイユ」の前あたりで「先生、先生」って声が聞こえる訳さ。ふと目の前を見つめると、なんと20年前からの会員のM社長じゃないの。一代で巨財を稼いだすごい人で、成城御殿に住んでるんだ。「いやあ、驚いたあ、不思議な間合いだなあ」「先生こそ、どうしてここ歩いてるの」「いやあ、袋小路の引っ越しでさあ、その帰りさ」「ほんとこの2−3日前から先生に電話しようと思ってたとこなんですよ」「なあんか痩せたねえ」「体を壊してしまってねえ、おまけに手術の下手な医者に出会ってしまってね」とか立ち話で30分も経っていた。 

しかし運命というか天ちゃんの遊びというか、「どうしてよりによってあの道をあの時間に、今日に限って歩こうと思ったのか」そしてM社長が、あんな時間に、よりによってあそこを歩いていたのか。それで出会ってしまったんだよね。一寸先の未来はわからないもんだよね。まさか会うとは、だもね。人生「それを狙って」やることよりも、「どういう訳かそうしてしまった」というタッチの方がチャンスに出会えるのかもね。

目下おいらは21世紀の座頭市のように、はっきり見えない道歩きをしているんだが、案外気が疲れないね。悪くないわ、これって。さあ、はっきりした夢でも見るかあ。
 

運の初伝

今日は8月最後の中伝講座をやったんだわ。認定師範の優等生を相手にね。鑑定のチェックポイント、干支の捉え方、方位の決め方なんかをはじめ、頭の整理をした訳さ。終わってからTOMで茶話会もしたんだ。秋からの活躍
場もやってくるんだあ。

いよいよ、今週末から新初伝講座が始まるんだ。この時期からやると、ちょうど年内に師範になれるんだよ。この学問どこかいいかっつうと、人が好きになれるのよね、それからすべての間がよくなるんだ、だから不用なストレスがなくなるんだわ。天ちゃんと一体になれるんだよ〜。21世紀は陰陽五行の時代だからね、和の時代だね。

四柱推命学を教えてる人は結構いるんだが、ほとんどが性格とか先天運しか語れなてないし、後天運もいい加減だし、なんてったって陰陽五行の学理がわからないままなんだよね。ウッホン、伊勢流陰陽五行学だけなんだ、世界でね、今んとこ。威張りに威張って寝ようっと。実力のない奴ほど威張るってかあ。しみましぇ〜ん。

 
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
  • ライブドアブログ