運のメルカン

とにかくこの頃は、午後3時19分頃から午後5時32分頃までの間は目玉が痛くてどうにもならないんだ。それ以外の時間は問題ないんだが。そんな中、今日はメールで18の人生の数々のドラマに対する、おいらなりの責任ある答えというか提言をしまくってた訳なの。一つだけやたら難しいのがあったんで、明日に回した。

おいらはほらアランドロンや滝沢秀明みたいに、いつまでも美男子だべさ。こ年になってもビンビンだも〜ん。どうしてかっつうと、誰かのために神様をやれてるからなのさ。おいらの声を聴くだけで生きる元気が出てくれる人が居るからなんだわ。不思議な感じなんだが、おいらって別に特殊ない医術や技術を発揮してる訳じゃないんだ、単なる陰陽師なだけなのさ。「言霊」の威力だけはすごいけどね。その人が心から喜ぶ姿を見るだけで満足できtrしまうおいら、これでいいのかね。医者って少しは治療はできるんだろうが、健康法ってのは知らないね。何せ西洋医学は対処療法の知識しかないからね。カラオケと同じで、なあんも人間勉強してないのが医者になってる時代だもね。

動画は明日つくろうっと。
寝るjわ。音楽なしで。


 

運の明日

明日か、遅くても明後日までには通信教育動画を作成送付するんだ。月謝いただいているからね。

さあ、仕事にみれんを持たないで、あっさりと寝ようっと、今日も。

眼玉のみ疲れた今日であった。
八海山と一ノ蔵、飲み比べだあ。
 

運のやりとり

今朝は富山県から会員のK社長が雨の中を伊勢会サロンまで来てくれたんだ。みっちり1時間半、久しぶりの話し合いをした。なあんか昔からおいらと波長が合うんだわ。最後は冗談話で「よお、君、宝くじを当てるいい方法はないかね」「そうですねえ、じゃあ結果運がグローイングポイントとウエアリーポイントの日で、しかも干支が酉、亥、丑の日に買ってみたらいいかも」と、これまた冗談半分で答えた。伊勢会の年運、月運、日運はかなり的確なんだ。

「ではまた」と別れて、いったん家へ戻ろうとしたら、道路でフランス人らしき母娘が「こまったなあ」ってな顔で、通りかかったおいらを呼び止めるんだ。「ビュヌ、ジェヌー,なんだかんだ・・・・」英語じゃない。さっぱりわからん。スマホを取り出して、指をさす。どうやら原宿の竹下通りに行きたいらしいことが判った。へたくそな英語で答えたが、伝わらない風だ。go streight on とかnext stopは通じたようだ。仕方ないから代々木駅まで送ってやったのさ。なあんか、ものすごい感謝の表情を向けてくれていた。なしてあんなに大げさなんかねえ。

すぐさま、新宿へ出て、師範のリョーちゃんとデートしに行ったんだ。「ひっさしぶりだねえ」「先生、わたしの運勢、今大局運の変わり目で、しかも今年シンギュラーポイントなの、どうしたらいいか教えてえ」一流外資に勤めるバリバリのキャリアだ。 「はあい、転職活動開始だあ」「でも〜」「ここは勇気を振るってドラマをやってごらん。予想外にいい運びになるはずだ」ってなことを言って、帰り際に元気が出るようにブチュッまではいかんけど、ギューッとしてあげたんだ。いやほんと、元気づけるためさ、ほんとほんと。下心は見えないようにした積りさあ。 へへへへ。

今日の雨は上から下へまっすぐ降ってくれたんで、いい気分だった。神宮も生き生きしてる。こんばんは、甘酒のんでから八海山の氷入りで寝ようっと。 
 



 
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
  • ライブドアブログ