運の秋葉原

今日は秋葉原野田クリニックに行って、野田くーんに診察してもらったんだあ。彼はすごいのよね、毎日何時でも常に満員なのよねえ。儲けまくってる訳よ。ついでに「先生、ヒントくれないか」「なんですか」「おいらさあ、右腰と右脚と右足がジンジンと、もう2週間も痛くてさあ、まいるんだわ」「おそらく坐骨神経痛かも知れない。神経科か整形外科のいい医師を紹介してもいいよ」「よろしく頼むわ〜」って終わったんだ。そしたらさあ、なんとジュンコちゃんじゃないのよ。「伊勢先生、一緒のタイミングねえ」って声かけられたんだわ。彼女も野田くーんファンだったんだあ。もしおいらの脚がビッコでなかったら、彼女を待っててどこかで口説いてたかもなあ。だ〜かせ〜て♪ だ〜かせ〜て♪ 桃色〜♪ 吐息♪なあんてさ。

帰り道、愛人6号のクミちゃんから電話があって「近々、お茶会をするから、来てね」ってさ。うれしいなあ。シーバスちゃあん、一緒に吐息しようね、ネチョ、グリュッと。



運の大谷さん

あのさあ、42歳を過ぎた独身女性は、バツイチ男性とでないと結婚できないんじゃないかい。自分好みの顔の男性、言うこと聞いてくれる男性、お金持ちの男性、なんぞとは結ばれないね。条件のそろった男性は見な結婚してるからね。以前は、気に入った女性を追いかけて、口説き落としてつきあう、なあんて普通だったのに、今はそんなことするとストーカーだ、ストーカーだ、と怖がるもなあ。犯罪者だもな。

あそうそう、大谷翔平選手ってのはすごい人だね。先日師範の南天さんと一緒に彼の運を見てみると
2024年までの10年間の大局的な運気は決して良いものではなかったんだ。だからといって10年全部悪い訳ではないのさ。2020年までは相当苦労させられたはずなんだ、地獄を見たんだね。だが、2021年、2022年、2023年の3年間は非常によい年運なのさ。特に今年はいいねえ。だが、2024年は彼の人生が変わる可能性が高いんだわ。低迷運の大運の時はよい年運を選んで勝負するとうまく行くのさ。ま、やめとこ。

昨日は愛人のムクちゃんと一緒に隅田川渡り、水辺ラインの船で津軽三味線の山中信人さんの船上コンサートに行ってきたんだあ。大興奮さあ。おいらまだビッコだからヨロヨロ歩きでさ。

おい、きみ〜。シーバスちゃあん、早くやろうぜ、ジャンケンポン。


運のぼちぼち

「先生、通信講座は先生のあのいやらしい顔と声の動画よりも、このサブノートを送った方がいいですよ」ってミカリンちゃんから言われたんで、今さっき、師範のみんなにそれを送ったのさ。ま、確かにおいらってセクハラ大好き人間だもなあ、バレちゃってるんだね。目と目があった美しい女性や木や絵には頬ずりしたり、さわりまくるもなあ。肌触りが大事なんだよ。

それにしてもどうもおいらの運がぼちぼち大変化するんだわ。その気配が漂いはじめている。これまでのおいらは来年には死ぬんだ。そしてあの世かその世かどこかに行くんだね。ほら、おいらの内弟子として20年間そばにいた、伊勢あられさんが独立して「四季会」を発足させ、「運のファッション」というブログを書いてるんだが、そのアクセス数ってのかい、それがおいらと同じ数になってきていて、どんどん増えてるんだわ。ヤバいぜ、この調子じゃ抜かれるかも、彼女の大運はそういえば今年から抜群な吉運に入ってるもなあ。ついこの間までは全然すくなかったのに、急に伸びるんだもなあ、やっぱ運勢、運命はウソつかないんだね。ヤバいヤバい、怠けるのよさなきゃあ。ぼちぼち伊勢会は変化するんだねえ。おいら来年から顔を変えて、服装も着物に変えて、いろいろ戦略立てなきゃあ。

ま、しゃあないかあ、シーバスちゃあん、頬ずりしてから、どんどん進もうぜ。雪印と梅干とロースハムにしようね。

ISE Corporation ホームページ
「あなただけの運の機密文書」2023年版
著書 命 運 発売中
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

伊勢瑞祥

  • ライブドアブログ