2013年10月22日

ブランディンヌーン嚢胞の経過3

 最近このブログのアクセス解析を見てみると、検索ワードのトップが「ブランディンヌーン嚢胞」であった。

 きっと、ブランディンヌーン嚢胞に悩まされている方々は多数いるが、これまで経験した方々が少なく手術や経過の情報がほとんどなく、このブログが結構な情報源として活用されているのではと想像される。

 ここは経験者として、もっている情報をすべてさらけ出し、少しでもブランディンヌーン嚢胞に悩んでいる方々のためになればと思い経過3を記載する。

これまでの経過は以下の通り。
↓手術の様子
http://blog.livedoor.jp/zukku_hake/archives/51529581.html
↓ブランディンヌーン嚢胞の経過1
http://blog.livedoor.jp/zukku_hake/archives/51634424.html
↓ブランディンヌーン嚢胞の経過2
http://blog.livedoor.jp/zukku_hake/archives/51646548.html


そして追加情報は以下の通り。

・再発の有無について
 当方は手術から3年半以上が経ちましたが、幸運なことに再発はしておりません。

・舌の感覚について
 手術の痕跡ももうありませんが、やはり手術前とは舌の感覚が変わったような気がします。ただし、今となっては現在の舌の感覚に慣れてしまい、なんら違和感はありません。

・舌の形について
 物理的な面では若干短くなったような気もしますがほとんど変わりは無いと思います。周りから見ても普通の舌です。強いて挙げれば、舌の先っちょから1cmぐらい内側部分に小さいしこりが残ったような気がします。これが今後どのような影響があるかはわかりません。3年ぐらいこのままで何ら支障はないのでおそらく今後も問題ないと思われます。

・味覚について
 味覚にはなんら変化はないと思います。もしかしたら手術前よりも落ちているのかもしれませんが、今となっては現在の状態に慣れてしまっています。安心してください、おいしいものはおいしく感ぜられます。

・対策として
 ブランディンヌーン嚢胞が発生した場合には、早目に医師に相談することをお勧めします。放っておいた場合、嚢胞を破ってはまたでき、破ってはまたできを繰り返すうちに、どんどん嚢胞の大きさが大きくなると医師より聞きました。
 また、ブランディンヌーン嚢胞は手術をしても再発することが多いそうなので、手術を決断された場合も一度で完全に除去できるよう腕の立つ医師に依頼することをお勧めします。ちなみに私の場合は近所の歯科医に通っておりましたが、そこではブランディンヌーン嚢胞切除の手術はできないということで口腔外科医を紹介していただきました。


 
ブランディンヌーン嚢胞で困っている方で質問等ありましたらコメント欄にご記入ください。可能な範囲で回答いたします。

2013年10月14日

ブログ継続

ブログも一度立ち止まると、なかなか再度始めるのに気力が要る。

Facebookやtwitterが拡大したことにより、それまで続けていたブログ投稿をほったらかしてしまう人も多いのではないだろうか。ちょっとしたことを書いたり、周りの人とのつながりを楽しむには、Facebookやtwitterの方が便利で手軽であるから、それらを目的にしている場合はHPやブログは不向きなのだろう。Facebookと同じ内容をブログに上げてもなんだかなという感じだし。

それじゃあブログは今後廃れて、いずれなくなってしまうのであろうかと考えてみた。

いや、でもHP作成に関する知識のない人がある程度専門性の高い記事の投稿を、誰にでも見てもらえる状態で継続的に望む場合には、ブログは使い勝手がよく、今後もまだ存続していくのではと思った。

自分の考えるそれぞれのフォーマットの向き不向きは以下のとおり。


専門性の高い記事          手軽な記事
←                          →
HP    ブログ     Facebook       twitter


しかし、今後Facebookなどが進化して全くの新しいサービスが生まれたり、それらとは全く別の未知のとんでもないサービスが出てきたら、もちろんすぐに廃れてしまうでしょう。

2012年10月14日

ラーメン屋の理不尽な制度

今日、高田馬場のラーメン屋に入ると
『大盛り無料、店員にお申し付けください』
という主旨の貼り紙があった。

腹がへっていたので、店員に大盛りをお願いした直後、
さきほどの貼り紙とは別の場所に『大盛りで麺を食べ残した場合は罰金100円いただきます』
という主旨の貼り紙を見つけた。

その時は何も思わなかったが、出されたラーメンがまずく、とてもじゃないが全て食べたくないと感じた時にこの制度の理不尽さに気付いた。

店側としては『無料で大盛りサービスしてあげてるんだから、途中でおなかいっぱいなったとか言って残さないで』ということで、『残したら罰金100円制度』を設けているのであろうが、まずくて食えたもんじゃない場合、客には何の非がないにもかかわらず、ラーメンがまずいがために100円を支払わされてしまう。

店側もこのことをぜひとも認識すべきだ。そして、大盛りの際は追加料金をとってもいいので、残したら罰金制度は即刻廃止すべきだと思う。


2012年10月12日

きゃりーぱみゅぱみゅのすごさ

 先日、テレビでたまたまきゃりーぱみゅぱみゅがトーク番組に出ているのを見た。

 彼女は料理はせず、台所をほとんど使うことがない旨の話をした後、
「シンクの下の棚には洋服を入れている」という旨の発言をしていた。トーク相手達は、「おかしい」「ありえない」といった反応をしていた。

 が、俺は彼女が常識にとらわれずに自分に合った台所の使い方を考え出している点が素晴らしいと感じた。
 台所は料理をするところという固定観念がある人には浮かぶはずもないアイデアだと思う。
zukku_hake at 00:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)TV 

2012年09月30日

これから求められるのはカツオのような人材なのではないか

 今日、たまたまサザエさんを見ながら考えていたこと。

 これから求められる人材とは、タラオでもワカメでもマスオでもサザエでもなく、カツオのような人間なのではないか。
 問題を発見し、即座に解決方法を提案し、実行する。
 いい子いい子して、言われた通りものごとを行い、波平に褒められる人間よりも、たとえ古い人間(波平)に怒鳴られようとも、型破りに考え、型破りに行動に移していける人材が求められており、社会は育てていくべきだと思う。

 と、思ってキーワードで検索したら、同じことを考えている人がいた。
http://d.hatena.ne.jp/harry-y/20111110/1320878105
zukku_hake at 19:22|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)TV 

2012年03月20日

人とモノのサイクル

 仕事が忙しくて精神的かつ身体的に余裕がない状態の時に、身の回りの家電製品などの調子も悪くなる傾向がある。

 昨年度末は、忙しくて職場に泊ったり、休みの日も出勤したりしていた時期に、家のパソコンの調子が悪くなったことがあった。
 今年も、バイクのエンジンの調子がダメになったり、電動歯ブラシが動かなくなったり、蛍光灯が切れたりと、精神的に余裕がない時に色々なことが重なる。

 何か因果関係があるのだろうか。ただ、寒い時期から暖かくなってきた時にこういうことが起こりやすいのだろうか。定かでない。

2012年01月05日

メロディー検索

 最近、新しい音楽を聴いて「これはいいですね」と思うことがめっきりなくなってきていましたが、正月にたまたまTVで日産のCMで流れていた曲を聴いて素晴らしいと思い、ネットで誰のなんという曲かを調べて、i-tunesで探して購入しました。

アーティスト:Dazzled Kid
曲:Glow
映像:http://dazzledkid.com/en/home


 あまり有名ではないようで情報が足りないですがオランダの人のようです。今後注目していきたいです。

 しかし「日産のCMで流れている曲」という情報だけで、誰の何という曲かというのがすぐにわかるというのは改めていい時代になったと思います。

 以前、友達の車に乗っている時に、ラジオから流れてくる日本人の曲がいいなと思ったけれどもアーティスト名や曲名が紹介されなかったため、曲の歌詞の一部だけを憶えておいてそれを基に検索をしましたが、さすがにそれだけでは探しあてることができませんでした。あと一歩でした。


 憶えているメロディーの一部を口ずさむだけでネット上で曲が検索できる時代にいずれなるでしょう。
 しかし、その場合、音痴の人はメロディー検索ができないということになりますね。音の高低を識別することおよび発声することは、検索する上では字を書くことと同じ能力になるのかもしれない。重要度には雲泥の差はあるでしょうが。
zukku_hake at 00:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)音楽 

2011年12月30日

THE MANZAI 2011

 遅ればせながらTHE MANZAI 2011を見た。
 http://www.themanzai.com/

 お笑いに関して偉そうにものをいえるような立場にはないですが、自分がつけた順位は以下の通り。

・グループ1回戦
1位  ナイツ
2位  テンダラー
3位    Hi-Hi
4位  パンクブーブー
5位  磁石
6位  銀シャリ
7位  千鳥
8位  スリムクラブ
9位  ウーマンラッシュアワー
10位 ハマカーン
11位 アルコアンドピース
12位 エルシャラカーニ
13位 博多華丸大吉
14位 学天即
15位 チキチキジョニー
16位 囲碁将棋

 テンダラーの必殺仕事人の部分は一番腹抱えて笑いました。
 磁石のボケ方が好きですね。
 Hi-Hiは面白さというよりも、何か勢いが感じられました。
 銀シャリのツッコミは天才的だと思います。
 ウーマンラッシュアワーは面白いですね。古くからの漫才スタイルが好きな人はあまり評価しないかもしれませんが。
 チキチキジョニーでネタに出す人物が、最近の人すぎて知らない人が多かった。

・決勝
1位 パンクブーブー
2位 ナイツ
3位 千鳥
4位 Hi-Hi

 最後のナイツのネタは大変好きでしたが、腫れものに触るような話題を好まない人はその時点で引いてしまう部分があるかと思いました。笑い飯のチンポジと同じあやまちだったのではと思います。やはり、そのあたりも気にしてニュートラルなネタ作りをしなければ1番をとるのは難しいのかなと勝手に思っています。パンクブーブーはいくつネタをやっても安定感がありますね。
 でも視聴者がナイツを選んでいたのは意外でした。

2011年12月28日

有給休暇

 師走である。忙しい、忙しいという話をよく耳にする。

 師走に限った話ではないが、どんなに忙しくても月に一度は平日に休暇をとり、平日の街を見た方がいいと思う。そこには明らかに土日とは違う世界が広がっている。そこには必ず新しい発見がある。

 平日に一度も休みを取らない皆勤賞の優等生よりも、定期的に休みをとり平日の街を知っている人の方がはるかに素晴らしい発想ができると思う。


2011年12月21日

シュレーディンガーの猫

 なんか表題の猫のエピソードってなんだっけと気になって調べたら、さまざまなところで種々色々語られていた。

 こんな話が本気で考えられているのか?
 と思ったが、実際のところは理解するために都合のいい解釈論であり、理論ではない。と、いうところであると理解。量子力学の実態の理解しがたさを皮肉的に示しているものと理解。



 光や音が波だというところがいまだ理解できない。波ってなんだ。


counter20080227〜
Profile
Recent Comments