ラテン系エアロビクス ズンバとは




ズンバが生まれたのは13年前。
ズンバ創始者ビート・ペレスは地元コロンビアのダンス学校を卒業後、スポーツインストラクターとして働いていた。
ビートはある日、エアロビクス用の音楽テープを自宅に忘れてしまう。
仕方なく、自分の車に積んであったラテン音楽を集めたテープで教室を始めたところ、スタジオ内は今までにない盛り上がりとなった。

それまでのエアロビなどでは、単純なビート音楽とワンツー・ワンツーといった単調な掛け声のみであり、面白みに乏しい事に気が付いたビートさんは、それ以後エアロビクスを止めた。
以後は「踊りの伝道師」としての活動を軸に、ラテン音楽に様々なダンスを組み合わせた 新しいジャンルのラテン系エアロビクス「ズンバ」を練り上げ、その指導に専念するようになった。

単なるエアロビクスに上達してもディスコでは踊れるようにならないが、ズンバをマスターすればいくらでも格好良く踊れるようになる・・・・。

ズンバの体験者はその実用性の高さと、なによりその楽しさに気が付き、次第にその支持の輪は大きな広がりをみせるようになっていった。



2000年にビートは渡米し、マイアミのスポーツクラブで教えていたところ、地元で評判のインストラクターとの噂を聞きつけた同じコロンビア出身の起業家 アルベルト・パールマン氏と出会う。

ズンバのクラスはスタジオから参加者があふれるほどの人気ぶり。

その様子を見たアルベルトがズンバの事業化を即決した。

翌年20001年には、「ズンバ・フィットネス」を設立。
ズンバのビデオ映像を制作し、通販会社に売り込みを開始すると同時に、ズンバ専門インストラクターの養成プログラムの作成をはじめた。

今では世界32ヵ国で300万本のズンバDVDを売り上げ、インストラクターの数も8000人を数える。
2007年8月、カナダのトロントで開催された世界最大規模のフィットネス業界見本市
「カン・フィット・プロ」では、カナダ初上陸となったズンバを一足早く体験しようと、会場に200人以上のフィットネス業界関係者が集まり、ビート・ペレス直接の指示のもとに汗をかき、好評を博した。

日本においては、東京と大阪ですでに2回のインストラクター養成講座を成功させており、2008年初頭には、ズンバの創始者ビート・ペレスが直接来日する予定になっている。

その段階でインストラクターに正式な承認が下りれば、即座にクラスが開始できる段階にあるという。


ズンバ ZUMBA エクササイズ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
飲み水 安全 ウォーターサーバー