2006年03月05日

コラムを引っ越しました。

Columnを引っ越しました。

こちらです!→ http://blog.so-net.ne.jp/zumezume/

このページは近いうちに無くなりますので、
新しいブログの方の登録をお願いします!

引越し結構苦労しました。
せっかく頂いたコメントだけは引き継げませんでした。
すみません。。

いよいよもうじき3月です。
今年の3月は本番も多く、新年度へ向けての準備、確定申告、そして今年は4/16開催の笛の会の企画やらで忙しくなりそうです(汗)

3月と言えば年度末ということで転機の方も多いでしょう。
忙しくされている方も多いでしょう。
事故などが無いようにしたいものです。
僕は釣られませんよ。
いつもマイペースです!

最近やたらと自分がうるさくなっております。
とんでもない拘り屋だということが露呈してきました。
昔はこんなじゃなかったのにな(汗)
mixiの方にも居ますのでZUMEで検索してみてください!
少々アクの強い橋詰が発見できるかもしれません(汗)

  

Posted by zumezume at 15:20Comments(0)TrackBack(0)News 

2006年02月11日

人生初

01一月の終わりに人生初の新車を納車しました。
5月には家族も増える予定なのでちょっと大きい車にしました。黒い車はこれで3台目ですが、いつも夏になると黒にしたことを後悔します(汗)。そして汚れも目立ちます。でも磨けばピカピカになるのが魅力です。
今までの車は全て10万キロを走破し大往生させています(自慢)。前回の車も際どいですが、まだまだ直せば乗れそうでした。あれが廃車になるというのは勿体ない限り。

早速、実家へ帰ったりとか、遠方での仕事が多かったりで、10日間で1000キロを走ってしまいました。
一年におよそ25000キロ走りますが、毎日乗るわけではなく、交通手段は仕事によって電車と使い分けています。
それでも4年で10万キロを超える計算。( 昔で言う「一回り」か)
10年は乗るつもりです。10年後は25万キロ?
果たしてそんなに走れるのでしょうか?(汗)
なにはともあれ大事にしたいと思います。

  

Posted by zumezume at 17:42Comments(0)TrackBack(0)News 

2006年01月01日

謹賀新年

謹賀新年またまた大変ご無沙汰しております!あれよあれよと言う間に年が明けてしまいました。

皆様、あけましておめでとうございます。旧年中は色々お世話になりました。また当HPにご来訪頂きありがとうございます。
なかなか更新されない鈍間なHPですが、本年もよろしくお願い申し上げます!

さて、年末から恒例の橋詰実家へと帰省しております。今年は早くから大雪で、今回は車ではなく電車で、しかも一人で帰省する事になりました。最寄の駅が移転しており驚きました。そして、HP上での皆さんへの報告が遅くなってしまいましたが、斎藤(嫁様)が5月に出産を控えております。もうお腹のほうも結構大きくなりまして、元気に動いているのもよくわかります。性別はまだわかりません。今からとっても楽しみです!橋詰実家で雪の上を歩くのはちょっと危ないので、嫁様は斎藤実家へ帰しました。滋賀ではまだ一降りありそうです。
揺-YURA-としての仕事の方はとりあえず3月までで、7月位?からまたぼちぼちやり始めます。そうそう、今年はスイートポテトオカリナ合奏団のCDを発売します!3月にレコーディングです。関西、東京での発売記念コンサート等も予定しておりますので、楽しみにしていてください!そして4月16日には「笛の会」を開催します。橋詰、斎藤の生徒の皆さんはご参加のほどよろしくお願いします。

新年の誓い
今年は5月に家族も増えるし、料理を頑張ってやるようにします。
そしてダイエットに励みます!
仕事面ではソロでの動きを活発化するためにレパートリーの拡大、リコーダーでの可能性をもっと探ります。制作にも力を入れます。
HPは完全にほったらかしなので定期更新できるようにしたいなぁ(汗)


実家1実家2







画像:ー宅玄関前 ▲螢咼鵐阿らの展望

実家の雪景色です。これでもダイブ消えたようです。玄関までは細い道がつけてあります。△寮橘未妨える道は私道(と言うか奥まってるだけ)でホースが張り巡らせているのであまり雪が溜まらない仕掛けになっています。

  

Posted by zumezume at 16:48Comments(2)TrackBack(0)News 

2005年09月08日

グレートバスリコーダー

7f11e375.jpg
ついに待ちに待ったグレートバスリコーダー(C管、写真右)が店に届いたと言う連絡を受け、早速取りに行ってきました。

テナーリコーダーのオクターブ下です。早速組み立てて、ピッチと音量、替指の研究。そして主に低音Fから下のEDCを中心に鳴らしていかなければなりません。バスリコーダーではFまでしか鳴らないので、その下のEDCをこの楽器でいかに反応良く鳴らせるかで運命が決まります。というかこのEDCが反応良く鳴らなければ使い道がありませんので(汗)。
で今日から毎日短時間ずつ鳴らしをしていくのですが、まだ吹き込んでないにも関わらず結構気持ちよく鳴るのでこれは期待が膨らみます。通常C管では底穴を塞がないと鳴らない高いC#も鳴ります(使わんな)
 
それにしても大きいので一回片付けたら吹く機会が減りそうなので出しておくことにします。うち楽器は殆ど全部そうですが…。
ちなみに良く乾きます(汗)
 
  

Posted by zumezume at 00:42Comments(0)TrackBack(0)News 

2005年09月05日

オカリナフェスタ in 貝塚

9/4(日)は、オカリナフェスタ in 貝塚にゲスト出演させていただきました。
「ほの字の里」野外でのステージですので天気が心配されました。行きしな、高速道路走行中にフロントガラスにポツポツと雨が当たっていたので、音響屋さんが入られると言うこともあり、「今日は残念やけど中やろな」と言う話を二人でしておりました。
 
会場へ到着するとトップバッターの、おかりなふぁみりあの演奏が聴こえてくるではないですか!? 「おおおっ!」 野外でのステージを決行されたようです。音響屋さんも主催者側の意図を最初から理解されていたようで、何とかこのシチュエーションで開催させたいという意志がそのスタッフ4名から伝わってきました。(あちらもプロですので普通ではありえませんね) オカリナは多少濡れても大丈夫!問題はやはり音響機材(汗)。私たち「揺-YURA-」でのゲスト演奏はお昼過ぎからと言うことで、控室へ荷物を置いた後、少しの間参加されている方々の演奏を聴かせて頂きました。野外でのステージは、誰でも気軽に舞台へ上がれるようなそんな雰囲気があり、見ていても皆さん緊張でガチガチにならずに楽しそうに演奏されている感じがしました。そんな事とは裏腹に早々と雨が降ってきて、舞台は施設内のステージに移動です。機材等の移動とセッティングの復旧の為におよそ一時間半の中断のあと、若干のプログラム、タイムテーブルの変更を余儀なくされました。
 
私達のゲスト演奏も室内のステージとなりました。今回もギターの岡崎氏と共に新曲も含めた6曲。私生活を暴露?し始める齋藤のMCにドギマギしました(汗)女ってのは恐ろしい…。アンコールまで頂戴し、大汗を掻きながら(僕はいつも。共演者が大汗を掻いている姿は初めて見ました。うれしい)楽しく、激しく(?)演奏させていただきました。今回は新兵器のヘッドセットマイクを使用する予定でしたが、今日は音響屋さんがしっかりしていたのと室内の熱気と湿度のため諦めました(期待されていた方、すみません)。おそらく使用していたら滝のように流れる汗で潰れていたかもしれません(大汗) 何はともあれ、無事にフェスタの全プログラムが終了されました。
 
終演後私たちは温泉に入り、ゆったりさせて頂いてから、ふぁみりあ恒例の反省会?に突入です。私たちは最後まで楽しく一日を過ごさせていただきました。主催されたオカリナふぁみりあの皆さん、大変お疲れ様でした。終演後に、参加された皆さんが笑顔で帰られる姿を見て、このフェスタが成功したことを実感しました。何かを一から企画することは本当に大変な事です。ふぁみりあメンバー全員の強い意志とチームワークがあったからこそ実現できたのですね。南大阪でこのオカリナフェスタが2回目、3回目と根付いて行く事を期待しています。
  

Posted by zumezume at 17:00Comments(3)TrackBack(1)Report 

2005年09月01日

いよいよ9月

はぁぁぁ、9月になってしまいました。
7月の終わりにまとめたアイルランド、ロンドン紀行から怠ってしまいました。8月は一件も書いてないし、さっきガーデンミュージアムの投稿をして気付くという始末の悪さです(汗)。携帯サイト布教運動に励んでおりまして、宣伝だけしておいてなかなか更新もせず申し訳ありませんでした
さてこの8月は、まだ記憶にも新しい2回のガーデンミュージアムでの演奏と、上旬には税理士会での演奏(揺-YURA-とギター:岡崎泰正)もありました。お盆には滋賀の実家へ帰り、8/15(!)には姪っ子の誕生。姉が出産しました。可愛い女の子です。色んなところで言ってますが、僕の小さい頃の写真にそっくりなんです。血というのは恐ろしいものです。で、驚くべきことに、手の指が長い!これは橋詰家の血ではおそらくないので旦那様のほうでしょうか。今から将来どう活用させるか考えてます(笑) 
さぁ、9月は4日のオカリナフェスタ in 貝塚でのゲスト演奏に始まり(天気だけが心配です、晴れろ)、16日にはスイートポテトのチャペルコンサートシリーズその5があります。昼のチケットは早々と売切れてしまいましたが、夜のチケットはまだ少し空席があるようです。まだの方はお早めにチケットぴあまでお願いします。(結局宣伝かよ〜
 
追伸:海外旅行保険の件、決着がつきました!
満額です。おめでとうございます!ありがとうございます!
  

Posted by zumezume at 03:22Comments(0)TrackBack(0)Diary 

ガーデンミュージアム比叡

31283c75.JPG
8月13日、27日はガーデンミュージアム比叡で演奏してきました。
前回までは僕のソロワークでしたが、今回からは揺-YURA-で出演させていただいてます(ギター:井本忠伸)。13日は生憎天気がよくなく、シアターでの演奏となりましたが、27日は天気も良く、予定通り野外での演奏が実現できました。そして秘密兵器(!?)を使用しました。今度の貝塚での演奏でも、その秘密兵器を使用する予定ですので、その後またこちらで紹介させていただきますね。13日、27日ともに、たくさんのお客さんに集まって頂き、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。
  

Posted by zumezume at 02:37Comments(0)TrackBack(0)Report 

2005年07月28日

アイルランド〜ロンドン紀行 まとめ

アイルランドは特にドゥリンが素敵でした。天気が良かったせいもありますがロケーションが素晴らしい。もう少し、西側の北部(スライゴーとか)行けたらよかったです。ロンドンは全然時間が足りない。次回はイギリス郊外やスコットランドの方へも足を伸ばしたいです。食事はアイルランドもロンドンも美味しくありませんでした(笑)ちなみにアイルランドの魚類(サーモンは特に)美味しかったです。あとFish&Tipsもあんなにおいしいとは思いませんでした。魚も新鮮で芋も違います。ビール(スタウト)はギネス、マーフィーズ、ビーミッシュ全部飲みましたが、ギネスが好きかな。バルマーズというサイダー(アルコール入りりんご酢)は苦手。B&Bには結局泊まれず残念です。今回は一年越しの新婚旅行で、事故等色んなことがありましたが、とても楽しかったです。写真もビデオもたくさん取れたしいい想い出になりました。 次はどこに行くかな。。。

々匐機寄託手荷物費用:衣類、洗面具等、生活必需品の保証
賠償責任対物:レンタル携帯電話
B山卸塙塢福Д后璽張院璽垢慮両

と3点も保険会社にお世話になることになってしまいました(汗)

今回の旅行で学んだこと…
ヽこ偉更塋欷韻砲鷲ず入ること。
英語が話せてもトラブルには勝てないということ。
あまり綿密な計画を立てないこと。
  

Posted by zumezume at 03:08Comments(1)TrackBack(0)Travel journal 

2005年07月24日

ロンドン紀行 

30朝、地下鉄ピカデリー線、Earl's Court駅から空港へ向かう予定だったが、一向に電車が来ない。5〜10分おきって書いてあるのに30分は待たされた。ロンドンヒースロー空港はターミナルが4つあり、ターミナル間の移動が不便で遠い。KLMオランダ航空は空港の手前の駅Hatton crossからバスでターミナル4です。まぁ何とか予定の時間内に空港に着いて、アムステルダム行きの出発時間を見てみると、また一時間遅れ。アムステルダムで関空行きの乗り換えに間に合えばまぁ良しとしよう(慣)ゆっくり免税店を見たり食事を軽く済ませ出発。無事にアムステルダムへ到着し、ここでは嫁様の大好きなミッフィーグッズが免税店にあるらしいと聞いていたのだが出くわしませんでした。スキポール広いからなぁ。アムスの関空行きの出発ロビーではどこから湧いてきたのかジャパニーズが盛りだくさん。もみくちゃにされながら(汗)乗り込むと、行きの便では自分用のテレビモニターが付いていて映画、ゲーム、音楽が楽しめたのですごくありがたかったのだが、今回はありませんでした。その代わり私達の隣のシートが空席だったので、あまり疲れずに無事関空に帰国しました。別送品(追い返したスーツケース)の手続きを取り、後で郵送してもらうよう手配し、壊した携帯電話会社のカウンターで、殆ど使えなかった壊れた電話と充電器を返却し、車を預けていたので受け渡してもらい、湾岸線を突っ走り自宅に帰りました。どうやらスーツケースは成田に私たちよりも早く到着していたようで留守電が入っていました。翌日スーツケースが自宅に帰ってきました。壊されていました(涙)
32
28
 
 
 
 
 
 
 
 
写真
.咼奪哀戰
▲丱奪ンガム宮
3絞造
  

Posted by zumezume at 07:32Comments(0)TrackBack(0)Travel journal 

2005年07月21日

ロンドン紀行 

31今日が実質最終日。朝、最寄の地下鉄の駅に行くと何やら張り紙が…。どうやら3線がストのようです。最初に行く予定にしているポートベローマーケット(アンティークマーケット)への線は運行しており無事に行けました。このマーケットでアンティークのフルートでもあったら買おうと思っていたのですが。一軒一軒隅々まで探したわけではないのですが、見つけた楽器は、バイオリン(フィドル)、オーボエ、クラリネットくらい。オーボエとクラリネットはいずれもおそらく18世紀のものでBoxwood(柘植)製のものでした。程度は見た感じ悪そうでした(汗)。すごい値段で放り出されてました(高すぎ!)。あとティンホイッスルのアンティーク(というかガラクタ扱い)がありました。あまりにも汚いので買うのはやめました(ヘッドまでブリキのもの)。時計なんかは大人気ですごい人を集めていました。メーカーや年式に拘って探している人にはいいかもしれませんが、パッと見て気に入って買うにしては高すぎです。中には何故か日本人は更に20ポンドプラスしろという貼紙までありました。はぁ?  その後、大英博物館でミイラを楽しみ、コベントガーデンで大道芸とショッピングを楽しみ、ナショナルギャラリー、ビッグベン、ウェストミンスター寺院、バッキンガム宮と王道を行く。時間が足りなかったのは言うまでもありません(汗)。他にも行きたかった所は山ほどありましたが残念です。また来ますロンドン。しかしイギリスの物価は噂に違わず高すぎでした。明日は日本へ帰ります。 いい旅だったなぁ!!
  2629
 
 
 
 
 
 
 
27
 
写真
.ΕД好肇潺鵐好拭嫉院
大英博物館
B臚桟歐諭米阿ずにお金が貰えるというのは新手?)
で酳館の彫刻(アウロス)
  

Posted by zumezume at 23:41Comments(0)TrackBack(0)Travel journal 

2005年07月20日

ロンドン紀行 

21昨日ホテルのフロントに明朝ダブリン空港に行くから6時にタクシーを呼んでもらうよう手配すると、離陸時間を心配してか5時40分にしろと言われ猛烈に早起きすることになる。朝起きて準備しているとまだ五時半にもならないのに電話が。タクシーが着いたとのこと。慌てて荷物を持って降り、チェックアウトを済ませ乗り込んで空港へと向かいました。道は空いてました。しかし…、空港に着くとすごい人!すごい列!これはヤバイと思い、急いでカウンターに列ぶ。間に合うのか?(汗)ホテルの人の指示に従って早く出て良かったよ。幸いと思ったよりも並んだ列はスムーズに進み、間に合いましたが、さて今日はシャノン空港にあるスーツケースを日本へ送り返す手続きをしなければなりません。この日も色んな所をたらい回しにされ、あげく行き着いた先は二台並んだインターフォン。電話は繋がったためしがありません。仕方なしにTRYですがなかなか出てくれません。何回もしているとようやく繋がりました。シャノン空港にある荷物を日本へ…、途中で話を遮られなんか話してる、理解不能・・・(汗)・・・切られた。ということで、日頃から電話嫌いの僕はさっさと諦めてしまいました。ロンドンに着いてからいよいよ最後の手段です。バッゲージクレームのカウンターで面と向かって話すと、思いのほかスムーズに話はつきようやく日本へ送り返す手続きができました。これでひと安心。
そして地下鉄に乗りホテルへ。ZONE1内のホテルなのでカルネ(回数券)を買い、今日は、ビクトリア&アルバート博物館へリコーダーとフルートを見に行きました。ブレッサンのバスリコーダーにはふっとい象牙のリングが入ってました!感激です。ショーケースの中に入っていて、しかも押してる間しかつかない蛍光灯(しかも切れかけのパカパカ)はどうにかならないものか(怒)その後ダビデ像(でかさに驚き!)と記念撮影をしハロッズへで買い物。一番のお気に入りは地下の食品売場!品揃えと見せ方が完璧でした。うう食べたい!
 2223
 
 
 
 
 
 
 
 
写真
.魯蹈奪
P.I.Bressanのバスリコーダー
数々のフルート
 
  

Posted by zumezume at 15:27Comments(0)TrackBack(0)Travel journal 

2005年07月19日

アイルランド紀行 

1817最後のフルアイリッシュBFを食べ(汗)、今日はゴールウェイからダブリンへ移動です。初の電車です。「世界の車窓から」みたいです(笑)。長い電車にテーブルつきのシートに向かい合って座り、3時間揺られ到着しました。ダブリンヒューストン駅です。ここから宿までは結構あるので、CITY TOUR BUSの24時間乗り放題チケットを買い、それに乗って向かう。エニスやゴールウェイよりもはるかに都会。明日の早朝にロンドンに向かうのでダブリンでの宿は日本で予約しておきました。それはそうとイギリス英語意味わからんかったけど、バス=ボス、トゥダーイ=today??にもようやく慣れてきた。さて宿に着いたらFAXが。どうやらシャノン空港にスーツケースがあるらしい?シャノンはアイルランドでも正反対の場所だし、もう荷物持てませんからね(汗)。明日はダブリン空港でシャノン空港にある荷物を日本へ送り返す手続きです。ダブリンはかなり駆け足での観光です。まずは聖パトリック大聖堂。ヘンデルのメサイアが初演された聖堂です。クライストチャーチは地下室が有名。ダブリン城を横目にトリニティーカレッジ、そして国立博物館へ。買い物をしたりして、そこからツアーバスに乗り込み見所を眺めることにしました。2階建てオープンカ−バスでギネス工場を通過し、ほぼダブリン市街を一周回ってテンプルバー界隈で下車。ホテルへ戻ると、どうやら下にBARがあるらしくドンちゃん騒ぎですわ。参加する気力も無く爆睡。明日はいよいよロンドンです! 簡単すぎ!?

1920
 
 
 
 
 
 
 
写真
.瀬屮螢鷙圓の電車
∪札僖肇螢奪大聖堂
テンプルバー
ぅ瀬屮螢鵑猟並み
 
  

Posted by zumezume at 09:56Comments(0)TrackBack(1)Travel journal 

2005年07月18日

結婚記念日

 
今日は結婚一周年の記念日です。
共働きのくせに一年間殆ど家事もせず(大顰蹙?)、
楽をさせていただきました。感謝です(汗)。
これからは頑張るぞ!・・・ダイエット。
 
 
揺-YURA-のCD「SOUVENIR」も発売してから一年です。
うれしいことに、在庫も残りわずかです。(再版予定)
次作と自主公演も本格的に考えていきます。
 
 
多くの方々から結婚一周年のお祝いメールを頂戴いたしました。
本当にありがとうございます。
これからも仲良く、楽しくやっていきたいと思っています。
みなさま、これからも応援のほど、よろしくお願いします!
 
 
  

Posted by zumezume at 14:50Comments(0)TrackBack(0)Diary 

アイルランド紀行 

14朝からまたヘビーなフルアイリッシュBFを平らげて、今日はアラン諸島のイニシュモア島へ行きます。生憎朝から雨でフェリーの運航が不安。フェリー乗り場行きのバスは運行していたので大丈夫なのだろう。待っていた2階建てバス!初めてなので2階の一番前に座り待機。走り出したら、雨のせいで窓が曇って見えない(汗)。しかも木の枝がバチバチフロントガラスに当たり、こんなに怖いものはなかった。無事到着しフェリーに乗り込み、イニシュモア島へ。イニシュモア島はアイルランドでも数少ないゲール語を話す地域です。着くとお出迎え?の観光バスが多数。当初サイクリングの予定でしたが生憎の雨なのでバス(ワンボックス車)ツアーに参加しました。まず古代遺跡ドンエンガスへ行き、その後島を一周というコース。ドンエンガスは霧のせいで景色はイマイチでしたがすごかったですよ〜!ドンエンガスを出た向かいのカフェのコーヒーがこの旅のBest of cofee!!です。その後その島の修道院、教会跡などへ行きフェリーターミナルの近くに戻ってきて食事をし、再びゴールウェイへ戻りました。本当はイニシュモア島でも一泊したかったのですが翌日の移動時間の節約のため戻りました。ゴールウェイに着いてもまだ明るいので昨日物色したお土産売り場で買い込みです。買ったところまでは良かったんですが大雨。濡らさない様に気をつけてホテルに帰ったらもうクタクタ。でもPUBへ。人が多くて(雨宿り)ご飯も食べれそうに無かったので諦めてレストランへ。サーモンをこれでもかというくらい食べました(汗)明日は首都ダブリンです。
 
15
16
 
 
 
 
 
 
 
 
写真
.疋鵐┘鵐スへ続く道
▲疋鵐┘鵐ス
3害90M(死にかけ)
  

Posted by zumezume at 14:43Comments(0)TrackBack(0)Travel journal 

2005年07月17日

チャペルコンサート・シリーズ その4

 7月15日(金)スイートポテトオカリナ合奏団のチャペルコンサートシリーズ その4が無事に終わりました。
お越し頂いた皆様、ご来場ありがとうございました。
昨年7月のシリーズその1では台風の嵐の中での公演となりましたが、今回は天気もよく(暑かったですが)気持ちよく演奏できました。
 今回も定員90名ずつの2回公演ということでしたが、早々とチケットは売り切れ、昼も夜も満員御礼でした。以前は梅田のフェニックスホールにて90分のリサイタルを昼と夜の2回公演しておりましたが、現在は編成も少し小さくなったことと響きの良いチャペルがあったことで、ヒルトン大阪で60分のコンサートをシリーズ化して行っております。
 次回その5は、9月16日(金)、次々回その6が、11月18日(金)です。いずれも残念ながら昼のチケットは売り切れてありませんが、夜であればまだ若干空きがございます。
お早めにチケットぴあまでご予約くださいますよう、よろしくお願いします。
 
詳しくはコチラ
 
  

Posted by zumezume at 20:49Comments(0)TrackBack(0)Report 

アイルランド紀行 

10朝ドゥリンを出発しバスでゴールウェイへ。泊まっていた宿からゴールウェイのBBを予約しようと試みましたが狙ったBBに空きがなかったので、もうスーツケースの事を考えるのも面倒だし、とりあえずゴールウェイに向かい、Informationで宿を探す事にしました。ゴールウェイ行きのバスには全部で五、六人。皆バックパッカーです。しかもエニスからドゥリン行きのバスで見たことのあるメンバー。私達も小さいゴロゴロとエニスで買ったリュックだから似たようなもんか。右手には昨日本当なら行きたかったバレン高原のような石灰岩剥きだしの荒野を眺め、左手には大西洋、そしてゴールウェイに到着しました。まずはとりあえずInformationに行き、宿の手配。どうやらB&BはInformationで空き状況がわからないようでした。ゴールウェイのB&Bは街の中心から少し離れた所が多いのですが直接行きました。しかしさすが観光地。空いてませんでした。もう一度Informationに戻りホテルを紹介してもらった。ゴールウェイは二泊するので少しましなホテルが良かったのですが、これが見事的中!日本で予約するよりもかなりの安さ。しかも綺麗で街のど真ん中。チェックインの時間まで少しあったので、荷物も増えてきたことだしスーツケースなどを買いに行く。どうせなら長く使える良い物が欲しかったのですが、生憎出くわしませんでした。こましな適当なサイズのものを購入し、チェックイン。今日は街を観光。お土産を買う場所、パブを物色。いよいよ明日はアラン諸島のイニシュモア島です。

11
12
 
 
 
 
 
 
 
 
写真
PUB前。町並みの写真がありませんでした。
▲粥璽襯ΕДぢ臉仔
バゥロンを叩きながら唄う女
ぅ粥璽襯ΕДぢ臉仔欧離皀競ぅ
 
13
 
ヨーロッパへ旅行に行くと必ず教会や聖堂をたくさん見て回るようにしています。アイルランドの教会の変わったところは壁画やモザイクの芸術的なセンスが少し違います。妙に漫画チックで、調子が狂います。ステンドグラスは普通なのに。なんででしょうね?不思議です。
  

Posted by zumezume at 20:38Comments(0)TrackBack(0)Travel journal 

2005年07月14日

アイルランド紀行 

07今日はエニスを離れ、ドゥリンに行くことにしました。スーツケースは結局届かず、電話しても繋がらず!荷物のことがあったので、ここエニスにもう一泊ここにしようかとも考えましたが、振り回されるのもまっぴらなので、朝ホテルの人と荷物の話をして、次の宿をその場で電話予約し連絡先を伝えエニスを去りました(バス=ドゥリン行き1日2本)。お昼過ぎに無事ドゥリンに着きました。とってものどかな村で牛や馬が近くにたくさん居ました。この日はレンタサイクルでモハーの断壁に行きました。途中の絶景の数々、天気もよく明後日に訪れる予定のアラン諸島まで見えました。いくら変速付きの自転車とは言え、結構しんどかったです。モハーでは持ってきたビデオもフル活躍です(この旅行前に買った機内持ち込み用のリモワの小型スーツケースが役に立つ)。 帰りは下り道なので楽々、あっという間に宿まで帰れました。足を伸ばし、フェリー乗り場の方や村の繁華街?へ行きました。CD店の親父が気さくでおもしろかったです。買い込んでしまいました。夜はパブ。今日はここで晩御飯を食べました。ギネスの何とかシチューとかFish & Tips・・・は、日本なんかよりもずっと美味しかったです。ビネガー大好き! そしてここでもセッションがありましたが、村の腕利きの演奏者が集まってセッション、というよりはショーでした。今回の旅では一応楽器(Whistle)持っていってましたが、殆どのパブでSHOW化されてしまっているセッションにあまり面白みはありませんでした。演奏はとても上手なところもありましたけど。 ドゥリンはリゾート地のような感じで、キャンピングカーや観光客(バックパッカー)が多かったです。ホントにいい所でした。振り返ってみると一番思い出に残った所でした。

08
09
 
 
 
 
 
 
 
写真
‖爾涼羶瓦鯲れる川
地獄坂
モハーの断壁
  

Posted by zumezume at 23:56Comments(0)TrackBack(0)Travel journal 

2005年07月13日

アイルランド紀行 

04二日目、早起きしホテルで朝食をとりました。フルアイリッシュBFです。塩辛さにびっくり。エニスの街は建物がカラフルでかわいらしく、とても絵になります。しかし歩き回ったもののどこにも祭りらしい雰囲気はなく、翌日に移動するバスの時間を先に見に行ったり、街を散策しました。人通りの少ないのは朝早すぎたということに気付きました(汗) 町唯一の教会での礼拝を見ました。この日は祭り中の日曜ということで若い女の子達が伝統楽器を持って祭壇の上で演奏していました。そしてようやくINFORMATIONが開き、祭りのプログラムらしきものを入手しました。なんやら面白そうなのは終わってるみたい・・・。アイルランド音楽のレクチャーなどがあるそうでしたが、聞いてもよくわからないに決まってるので(汗)やめて、ハイランドパイプのマーチングがあるようなのでそれに焦点を絞りました。時間があるので一旦ホテルに戻ってスーツケースが届いていないか確認しますがまだのよう。お昼を済ませ、音の鳴るほうへ釣られていくと、そこではたくさんのスコティッシュな衣装をまとった男女がパイプを担ぎ演奏していました。まれに見る光景。どうやらコンクールのようなものが開催されていたようで、上位入賞者?はエニスの町をパレードできる、という内容でした。最初は音の大きさに圧倒されていましたが、耳が慣れてくると徐々に演奏(マーチング)の良し悪しがわかってきました。その後、ホテルに戻り荷物確認、まだ届きません(怒)。そして兼ねてから楽器の注文等でお世話になったことのある楽器屋さんへ行き、またまた良くして頂き会話が弾みました。私たち揺-YURA-のCDをプレゼントしてきました。いよいよエニスの街のメインストリートでのマーチングパレードが始まったようです。かっこよかったです。その夜は近くのパブでギネス。今日のセッションはパイプも居て賑やかでLunasaのコピーなんかもしてました。そして鞄の中で未開封コーラが破裂。レンタル携帯壊れる。まだ2日目やのに〜。

05
06
 
 
 
 
 
 
 
写真
.┘縫考0譴龍飢
▲┘縫垢粒絞
パレード
  

Posted by zumezume at 20:32Comments(0)TrackBack(0)Travel journal 

2005年07月12日

アイルランド紀行 

998e3804.jpg
今日から少しずつ先日の旅行のまとめを書いていくことにしました。
早く書き留めないと忘れてしまいそうです…。
* mixi の日記へ連載したものを転載。

今回の旅行の最大の目的は、五月下旬から催されているフレアヌーアという音楽祭がエニス(ア
イルランド)であったからで、仕事の都合上28日にしか出発できなかった。音楽祭は30日までなので、出来るだけ早く西部のクレア県エニスに行きたかったのです。関空からアイルランドへの直行便はないので普通はヨーロッパの主要都市からダブリンへ入ります。私たちはダブリン空港ではなく西側のシャノン空港に出来るだけ早く入りたかったので、格安航空券の都合上、KLMオランダ航空でアムステルダム経由でロンドンへ、EIアイルランド航空でロンドンからシャノンという航路を選びました。そうすると関空(朝)をでた同日にシャノン着(夜)になります。関空を一時間の遅れで出発したKLMは私達が次に乗るロンドン行きの便の乗り継ぎ時間を圧迫し、結果、私達は乗り継ぎに成功しましたが荷物は失敗したよう。シャノン着の際に荷物が出て来ませんでした。バッゲージクレームのカウンターでその事を告げると明日の午前中にはホテルに届けると言っていたのでとりあえず安心し、タクシーでホテルへ。ホテルで荷物の事情を説明し明日届いてくることを告げ、その日は二人ともかなり疲れていて、速攻爆睡のはずでしたが、フルートの音が気になったので下のパブへ行きました。現地での初ギネスです。
流石に2回の乗り継ぎと荷物のトラブルには体力を奪われ、さっさと帰りました。当然ですが一日目は写真もいいのがありません。

01241.jpgDSC01244.jpg
 
 
 
 
 
 
  
写真
^貉間遅れたKLM(怒)
∧僂糞‘眇(KLM)Noodle or Icecreem?には更に驚く。カップラーメンを食べた(汗)
エアリンガス、ロンドンにて荷物の積込みの成功を祈る!
  

Posted by zumezume at 20:39Comments(0)TrackBack(0)Travel journal 

2005年05月07日

ゴールデンウィーク

忙しい!?GWが終わってしまいました。
皆さんはどんなGWを過ごされましたか?
 
僕は静岡ツアーから帰った後、2日は買い物をしたりしてゆっくり過ごし、3日4日は1泊で滋賀の実家へ帰省しました(名神渋滞で4時間かかりました・・・)。家族大勢でバーベキューをしました。昼に庭でやったのですが、すでにすごい日差しと暖かさで、日本酒、ビールがかなり美味しかったです!(太) 深夜に尼崎へ帰宅しました。
5日は、いよいよ家の庭いじりをしようと思いまして、ハナミズキを二本、物置、レンガ大量、土類大量、テーブル、椅子×2を買い込んできました。あまりにも大量なので配送してもらおうと思っていたのですが、ホームセンターで軽トラを借りて往復しました。なんと無料。こんなサービスあったんですね。家に帰ってからまずは物置を組み立てました。小さい物置ですが組み立てる為のスペースがないのと、風が強いし、砂利が噛むわで、出来上がるまでに結構苦労しました(闘)。道具を入れる物置もできたし、これからは花壇を作ったりとか苗木を植えたりとか色々しなければならないことがたくさんあります。5月の終わりからアイルランドとイギリス(ロンドン)に行くので、それまでになんとかやり遂げます。
そろそろ宿探しもしなければなりません(汗)
  

Posted by zumezume at 02:09Comments(0)TrackBack(0)Diary