ウィズと頭文字D好きな大学生の日常

またもや期間があいての投稿となりました(汗)

プラーミャやミカエラ&イザークといった精霊の登場で選択肢が広がった十段ですが、3000万DL記念クエストで貰える火チェルシーとこの前の秘伝の魔道杯上位報酬のシノを使った安定9Tの最速8Tができたのでこの場を借りて紹介します。
ただし、今から紹介するPTは2つとも何かしらの精霊を複数使用してるので、あくまでも十段で安定してポイントを稼ぐための1つの案だと捉えてもらえるとありがたいです。

(シノ2枚パターン)
image

(イザヴェリ2枚パターン)
image

何回か試してみてこの2パターンが一番しっくりしました。
鍵はチェルシーのSS回復(フル覚で5Tチャージ)ですね。

この2つに共通して言えることは、
・初戦は確2Tとなる
・初戦に火ニャオルと水ライブラないし雷ライブラと水ライブラがくると3Tかかり、前者のパターンはチェイン条件を満たしても2Tかかる
・ボス戦のハゲ相手は集中攻撃がない限り確定3Tとなる
といったところです。
また、8Tクリアとなるのは道中を5Tで通過する、すなわち火ニャオルと水ライブラの組合せが来ないパターンとなります。
image

image

ただ、道中6Tでもハゲ3Tキルできるため、入賞確率は比較的高めとなってます。
image


ここで、なぜチェルシーの回復が鍵となるのかということを説明します。
結論から言うと、シノのASのデメリットをチェルシーのSSがリカバリーしてくれるため、火力切れを生じずにハゲを攻撃できるという点です。
シノのASは3チェイン型の80%以上快調攻撃UPなのですが、ハゲの攻撃1発食らうだけで機能停止となってしまいます。
ここで、チェルシーのSS回復(HP50%分)によりHPをほぼ全快することができるため、ハゲの連撃がシノに片寄って当たるということがない限りシノのAS条件を再び満たすことができるのです。
また、イザヴェリに関しても連撃が片寄ってSSダメージが九死一生に頼ってしまう場面を回避することができるため、快調攻撃UPやHP犠牲型ダメージの弱点をチェルシーの回復が補ってくれるということになります。

最後に、火チェルシーは快調攻撃やHP犠牲型ダメージ持ち中心PTには欠かせないピースであり、これによりさらにPTの幅が広がったということが私個人の考えであります。
雷や水バージョンのチェルシーも魅力的なスキルや潜在能力を持ちますが、十段で苦戦してる方は火チェルシーを使ったPTも1つの手段としてありではないかな、と思います。

image

結構試行錯誤してみて、自分なりの最適解が見つかりました。

PT
image

リルム、アスモデウス、アルルはフル覚(うち、リルムはマナプラスで+198、アスモデウス、アルルはフルマナ)、シラヌイとエニーユは3覚

image


このPTだと、水なしのパターンはすべて1Tで突破できます。

ミカエラやシャミアも使ってみたのですが、ミリ単位で火の敵が残ったので、非チェインで同属相手に高打点を叩き出すシラヌイを採用してます。

また、水ありのパターンは確定2T、ラストのドゥーガは確定5Tとなり、水1だと10T、水2だと11T、水なしパターンをひきあてて最速9Tとなってます。

エニーユをフル覚すればパネルブーストが5つになり、リルムのシャッフルと合わせると事故確率が比較的少なめとなります。



メモのような記事になりましたが以上です。

image

イザヴェリ、アカリなしで試行錯誤してみて、なんとか十段で戦えそうなPTができてきました。

PT
image

(覚醒)
フル、フル、2、0、3

必要T数(括弧内はチェインAS発動している時のT数)
雷2体:2T(1T)
なお、ミカエラ、アルル、エニーユの残ってる潜在能力覚醒次第ではチェインなしでも1Tの可能性アリ
雷、火:2T(1T)
雷、水:2T
乱数次第ではチェインなしで3Tかかる可能性アリ
火、水:3T(2T)
ボス戦(ハゲ):5T
3T目でのハゲの攻撃で怒り発動するよう攻撃、削り系SSのタイミングを考える必要性アリ。
image


メモ形式になりましたが何度かチャレンジしてみたところこんな感じになりました。

以上で報告を終わります。

このページのトップヘ