zunasea39

笑わせてなんぼの介護福祉士

トップページ

4 12月

レクリエ1月2月号の監修をしました

あっという間に師走ですね〜



11月末から、変に暖かったり、突然寒くなったり、不安定な日が続いていますが、明日からは冬本番、寒くなるというので、防寒対策はしっかりとおこなわないといけませんね。




孫のたいたいくんは、明後日の火曜日から、保育園に行く事になり、またもやバタバタしています。
2B9703B0-1B93-4911-8885-E3C34E0A8F28DEE13457-A4B7-4575-9328-AAA18701A5A1
















ひーちゃんが保育士として復職しますので、周りの応援団もバックアップしますよ〜、







私は、近所に親類縁者がいなかったもので、一番下の子が小学校に入るまでは、非正規雇用と決めていましたが、






ひーちゃんは正職員としてカムバックするようです。




あんなに小さかったたいたいがもう保育園・・・と思うと、目頭が熱くなります・・・。





さて、レクリエ1月2月号が発売となりました。





今号の特集を監修させていただいています。





皆さんの職場でお役に立てればと思います。
A4C8C7AA-E073-4D79-86C7-1AC0CDB224C1
7BDA9ACB-6012-4AD0-855D-E920CFEB18A9















そして、毎号の「今日は何の日」ですが、私も微力ながら協力をさせていただいております。
7F7EAE84-185B-4E81-8099-0686907CC79B










物書きの仕事は、結構、途絶えることがなく、毎年、年末になると、何故か「ひえええー」と言いながら、書き物をしています。





それから




12月14日(水)



ケアきょうオンライン勉強会で、講師をさせていただきます。




宜しかったらご参加ください♪

221214_main








20 11月

ばたばたの11月でした

もういつも忙しいので今更忙しいと書いても何の新鮮味もないのですが(爆)



9月にまあ介護現場が忙しく、その他の仕事も忙しく、体調が悪い中、年に一度の健康診断を受け、




2つばっかり引っかかり、精密検査を受けたのですが、結果的にはどこも異常なし。




ただ体調が悪かったもので、ずっと結果が心配で、私の「忙しくなると気に病んで体調が悪くなる」この癖をどうしたら良い物か・・・。





10月の後半は帝京科学大学と看護学校で今年度最後の授業。両校とも、前期の授業が多いのだけれど、後期は10月後半に終わり一安心です。




11月5日は地元、横須賀の研修。




100人の応募があり、90人ほどの方が参加してくださいました。




2時間の短い時間ですが、一生懸命話しました(笑)




アンケートがとても良くて、読んでいて目頭が熱くなりました。




遠方から研修講師依頼をいただく事はとても多いのですが、地元でこれだけ多くの人に集まっていただいたのだから、




横須賀に感謝です。





ライブだったら「さんきゅうー−−−−よこすかー−−−」と言いたいところです(笑)





私自身、ちょっと緊張をしていて、参加者なんてまともに見ていなかったので、会場で、何人か「どう思いますか?」と指して、指したその場で




「あら〇〇さん!」みたいな、知っている人が突然目の前現象が2度ほどあって、びっくらたまげました(笑)





さすが地元!!





11月はあと、大分へ行きました。





夫の母親が一人暮らしをしているのですが、もう92と高齢なので心配で2ヶ月おきに様子を見に行っています(夫と妹が)




まあいろいろ限界に来ているのかなあと介護の問題に差し掛かってますが、横須賀には来たがらないし、難しいところです。





大分の家のすぐ近くに「伊勢正三記念館」が出来ていてびっくりしました。
9EAA87D4-09B4-4020-B8BC-B2BFA9EC7A316170A0D8-EC70-41C9-8B68-E21543C11860





















ホント、歩いて2,3分です。





また、記念館のおじさんに、夫が性懲りもなく





「小学校5年の時に、大分で珍しく大雪が降ったんだけど、あの日に伊勢正三さんは『なごり雪』を作ったに違いない」





と言っておりました(爆)




たいていの人は「ふーん」と受け流します。







川崎の研修は、なんだか今年度3回ほどお引き受けしまして、普通の介護職向けと、新人新任介護職員向け研修2回。




明後日は、静岡でございます。





相変わらず、コンサルの仕事も盛りだくさんで、




去年の12月ひーひー言いながらしていたあの作業を思い出します(涙)




そんな中、1月末に本が出ることが決まり、まあこれは、既に書き溜めていたものが出るのでそう大騒ぎはしてませんが、「はじめに」をやっと書き終わりました。





ってな感じの11月でございます。




介護現場もまたまた厳しい状況で、まあ、風邪もひかず、コロナもうつらず、元気でいられるだけいいのかな。




こんな時の癒しはやはりたいたいくんです。





たいたいくんは毎日来なくていいです(爆)1日おきくらいがいいです・・・。

CBA7228E-9D2B-4D16-8749-DCB2ED97A4AC
F922991B-7117-46F6-B675-78C2781B3D33











9 10月

レクリエ特別号感染予防しながらできるレクリエーションの監修をしました。

秋ですね。


というか、寒い(笑)



秋はどこに行っちゃったんだー?



孫のたいたいは、きんもくせいの香りに秋を感じているようです。
3D4BCC39-2B00-415F-8515-A8FCAD084F73











前回のブログにも書きましたが、9月は散々でした。




もう収束しましたが、コロナのクラスター。




「コロナに感染したくないので辞めます」というわけにいかず(笑)まあ出勤するんですわな。




すると、ガウン着て、陽性の人の介護ですわ。




これって、「自己犠牲」以外のなにものでもないですよね。





幸い、私は感染しませんでした。




ガウンテクニックも、しっかりやりましたし、マスクも2重でフェイスシールドも。





脱ぐ時も、表は触らないように。手袋の脱ぎ方一つ慎重に感染対策をしました。




なにが大変って暑い。9月はまだ暑かったですからね。




感染しなかったのは運が良かったのだと思います。




同僚がみんな感染して倒れて、すると、「感染していない利用者さん」を守る介護職が減ってくるわけです。




ということで、2日ほど陽性(レッドゾーン)に入った後は、全てクリーンゾーンの仕事でした。




レッドゾーンではないから楽かというと、それがそうではなかった。




感染していない職員が少ないので、少ない人数で仕事を回さなくてはならなかった。




一回、過労で熱を出しましたね。(検査したら陰性だった)




でも、無事、収束しました。ホント、良かったです。




反省する点は山ほどあり、これからまとめていくことでしょう。



いい勉強になりました。




9月は台風が多かったでしょう。




それで、私、天気病というか「めまい持ち」なので、ダブルパンチでした。




不謹慎ですが、「コロナになった方が楽かもしれない」なんて思ったのは、おそらくコロナが弱毒化した今だからでしょう。




2年前だったらそんなこと言えませんよね。命にかかわりましたから。




いろいろ課題は残ったけれど、とにかくクリーンゾーンの利用者を守って、他のフロアに広げなかったこと、コロナが原因で重篤化した利用者はいなかった。(コロナ前から具合が悪い人はいましたが)




利用者の皆さんに不自由をかけてしまったことは心が痛いけれど、感染を広げないために仕方がなかった。




そういう意味で、最善を尽くせたのではないかと思っています。(私個人での思いですが)





9月の後半は、東京と福井県でレク研修がありました。




東京の日野はもう何年もレク研修で呼んでいただいていますので、担当の方とはもう気心知れた中(笑)



昨年はコロナの為、オンラインでコミュニケーション研修をおこないましたが、今年のレク研修は対面。終了して、「やはり、先生(私のこと)は、対面の方がいいね。」と(笑)




そんな事を言われた後、福井県のレク研修はなんと6時間(実質5時間)オンライン。




11月の静岡はやはりオンラインで5時間のレク研修。




という事で、研修前に動画を撮ったり、課題を作ったり、研修の構成も工夫が必要になってきました。



9月は、こんな感じで、介護現場も大騒ぎ、結婚式があり、研修もあり、おまけに虫歯は痛み、お腹も調子悪く、散々な中で誕生日を迎えました(笑)




こんな中、レクリエ特別号が発刊されます。「感染予防しながらできるレクリエーション大特集」のゲームレクを監修しています。
75ED9561-A01C-45CE-8E12-CF141B633564A282F2BB-395D-4211-815A-759011E452C7ABE790A9-2553-4D27-AF4A-D5D3713725DB





























10月に入り、嬉しかったニュースが二つ。




おそらくもう10年前には既にお世話になっていたのでしょうねえ。「特定非営利活動法人よこはま地域福祉研究センター」さんが10周年を迎えました。





佐塚さんと一緒に働かせていただいた生活支援サービス担い手養成のお仕事は、自分を本当に成長させていただいたと思っています。思い出がたくさんあります。(泣きそうになったことも大爆笑したことも)




レクリエーションの講師だけだった私に「コミュニケーション」の研修をお任せいただいた事で、自信を持つことが出来ました。




一度、横浜の担い手研修で、受講者の中に新聞社の人がいて「素晴らしい研修だったから取材したい」と言っていただいたことがあり、嬉しくて舞い上がってしまったことがありました。





この後、コミュニケーションの本も書くようになり、来月5日には初めて、地元横須賀(ヴェルク横須賀)で、「認知症の人のきもちを動かす言葉かけ」という研修も予定されています。



世界を広げてくださり、育ててくださった佐塚さんにお礼の気持ちをこめて「10周年おめでとうございます。」と言いたいです。
73656E9D-BDEC-44D1-B3E6-8BF822510F8A








もう一つ。



認知症の研修で一緒になり、いろいろ励まし合った仲間のみねこさんが、おにぎり屋さんをオープンしました。





立地条件もいいですよ。横須賀のいろいろな庁舎が集まっているところの近くです。(ヴェルク横須賀の前です)
以前から、構想は聞いていたのですが、




彼女、本当に夢を実現しましたよ。素晴らしいです。スーパーレディですよ。まだおにぎりをいただいていないのですが、早く買いに行きたいです。
82DD759C-8559-4856-A14A-66A64DC9FF46





















24 9月

還暦を迎えました。

介護のブログや発信を始めたのが39歳頃でしたから、もう20年は過ぎたのですね。


あっという間に還暦を迎えました。


9月23日、60歳になりました。



私は、第一子出産の時に一度死にかけて「残りはおまけみたいなもの。後悔しないようにやりたい事はやっていこう。人から何かを頼まれたら「はい、やります」と全て受けて立とう」と思ってから、



「え?本当にやるの?」と言われることを次々にやっつけていった気がします。



もちろん全てがうまく行ったわけではなく、失敗で凹んだこともたくさん。



それでも何とか、介護職として発信をしながら、現場で高齢者と長い時間を過ごしてきました。



そんな私ですが、この9月は過酷でした。



娘の結婚式は、もちろん楽しかったですけれどね。



コロナのクラスターを経験しました。



もう公表しているので、書いてもいいのかなと思いましたが、




本当にきつい9月でした。




でももうすぐ収束です。



もうちょっとです。




レッドゾーンにも入りましたが、ほとんどクリーンゾーンの仕事が多かったので、




「絶対、この人たち(クリーンゾーンの人たち)を感染させない」とみんなで力を合わせて頑張りました。





クリーンゾーンの仕事は、レッドゾーンに比べれば、全然楽なのでしょうが、とにかく、人が足りない、認知症の人をゾーンにとどめる難しさに悩む毎日、口腔ケアでさえ感染のリスクがあり、一つひとつ立ち止まりながら「これをして大丈夫?」と話し合い、工夫をしながら毎日を過ごしました。




もうすぐ皆さん、元通りになるね。




重症化した人はいなくて、もちろん亡くなった方もいませんでした。




コロナが弱毒化していて本当に良かった。




9月の後半、台風で(低気圧で)めまいがひどくて、働くのもきつかったのですが、人手不足の折り、休むことは出来ません。




そんな過酷な9月23日、自分の誕生日でした。





今日、24日、娘とたいたいも一緒に誕生祝をしていただきました。




赤いセーターを着て、還暦の装いです(笑)


kanreki4D398DFFE-8832-47AF-AF4C-D5948F8C512Dkanreki1kanreki2kanreki3








11 9月

ひーちゃんの結婚式でした。

前に書いてから日が経ってしまいました。
7月8月は、大学や看護学校の期末試験、銀行向け認知症テキストの校閲、レク情報誌の監修などにコンサルの仕事が重なり忙しかったのですが、一番は9月10日のひーちゃんの結婚式の準備の手伝いで休みはほとんど潰れました。
手作り感満載の結婚式(まあ、式の費用を抑えるという理由もありますが)で、ひーちゃん達が頑張っていたわけですが、「ウェディングドレスを試着するからみなとみらいまで一緒に来て(たいたいを抱っこして試着の間待つ)」とか「〇〇を作るからたいたいを見ていて」とか、まあ、結局は孫の面倒を見るわけです。
私は老健での仕事がありますから、メインは夫ですが、夫は、はっきり言って、最後の方は朝から晩まで孫守りをしておりました(爆)

35年前を思い出すと、結婚式のスタイルというのは変わりましたね。
私は東京の学士会館というところで結婚式をしたのですが、お色直しは3回。
白無垢に、赤い着物に、白いウェディングドレスに、色のついたウェディングドレス。
3時間はやっていたんでしょうね、披露宴も。
今は、2時間くらいかしら。お色直しも1回。もちろんドレスのみ。
まあ人によって違うのでしょうけれどね。
だいぶカジュアルになったのですね。
それでも費用は私たちの頃の4倍くらいはするみたい。
こりゃ大変だ。
今は、人前結婚式というのですか?お友達が「誓いますか?」と聴いて「はい誓います」と答えるのがあるのですね。
いやーびっくりした。
仲人もいません。
昔は「家と家」の結びつきって感じでしたが、今はお友達を呼んでパーティっていう雰囲気なんです。
それでも結婚式のプランナーさんはとても素敵な方で、スタッフの方も最高でした。
思い出に残る結婚式になりましたよ。
ベールをかぶせて、「大好きだよ」と抱き着くと、泣き出したひーちゃん。
最初から最後まで泣きっぱなしでした。

最後の両親への手紙では、
「私が小学校を卒業するまで、仕事をセーブしてくれていたママ。3人の子どもを育てながら仕事をするのはどんなに大変だったでしょう。でも我が家をずっと笑顔で支えてくれました。我が家がみんなずっと笑顔だったのはママのお陰だと思います。私もママみたいになります。」と涙ながら言ってくれて、ホロリ・・・。となるはずでしたが、

ちょうど抱っこしていた『たいたい』が腕の中でぴちぴち跳ねて、急にハイになり、指を私の口や鼻の中に突っこもうとして、肝心の涙は出ず、冷や汗ばかりが出ました。とほほ。

披露宴では、新郎のしげちゃんが歌を歌ったのだけれど、とても上手でした。歌手になった方がいいと思うくらい!

たいたいは、式開始の頃に起こしたので、ずっと泣いていて、リングボーイをする予定でしたが、泣きながら、リングの入ったバスケットボール(新郎がバスケ部だった為)を渡しに行きました。
バスケットボールを、ゴールにシュートするところはばっちり決めました(笑)
披露宴会場ではおとなしくしていましたが、ずっと隣でおとなしくしているわけではなく、いやー、とにかく孫守りウェディングとなりました。
ウェルカムボードのポスターは、よんよんが描きました。なかなかよく描けてましたよ。


コロナ禍でなかなか結婚式が出来なかったひーちゃん。
心からお祝いをしますよ。

ひーちゃんは、ママの全てです。

C3396341-3641-4077-AC4E-60700BE9C0B2B18FEA94-4125-4592-8939-A74111B508105B181956-2E81-45E7-A3A3-461804191969F578C070-B0A0-4148-8591-57DA8C31C7B50265B660-9854-41B1-8E0F-36AC033BC4474355E9CE-44C8-408C-A4B7-804094B74B6E978A060C-2B5B-4EBA-9DD0-4E12B07EBA266FCC3BFB-7416-4D96-9D85-307FC853D8CC50E9B8D6-2238-4520-BEFD-0E46BE6C9AE35E5EEBD7-E333-4F96-8CCE-2C178D8649CA08D48EB1-573C-4DA2-8D9C-6BC5554C0E57D4163D50-3FA0-46E2-8B48-6E16D1E9B6EB9B3D011C-DC92-48D1-B537-FAC51549BFFC
26 6月

レクリエ7.8月号の特集を監修しました。

はい、あっという間の6月も終わり、、、、




大学や看護学校の前期の授業が終わり、あとは期末試験を作るのみ。




この期末試験の採点ってのが難しいんですよ。配点を考えないと、△の人は何点にしようかとか、全部書いていないと×にしなくちゃいけないかなあとか、まあ後から悩むわけです。





看護学校の最初の3年くらいは本当に悩みましたが、だんだん慣れてきています。




今年度の授業や研修は15回と少な目ですが、




普段、介護職もやっており、コンサルタントの仕事が大変なので、バランスは取れていると思います。



もちろん音楽活動も続けたいし・・・。



身体を壊さないよう、バランスよく仕事をしていきたいと思っています。






7月13日にかなふくさんでオンライン研修があります。




3月に出版した本の内容もお話しますので、ご興味がある方は是非是非、参加してください。









9月には、娘の結婚式(コロナ禍で延期になっていた。そのうち赤ちゃんできちゃった)があるので、ダイエットを頑張らないと。





そんな、たいようくんも、こーんなに大きくなりました。
B792339A-C6DF-48D1-88D9-9133652D4C96093D8F1B-557B-444A-95D4-F41909BDCF6A












そうそう、遅くなりましたが、レクリエさんの7.8月号の特集を監修しました。
C44118E4-4B18-474B-AFD0-53F25A0E1DFD
05CD2917-B035-4E00-880B-D5EF4BD4FED0











実は今も、レクリエさんの仕事に追われています。




うーん。9月末には時間に余裕が出来るのかな・・・。
22 5月

兵庫県でレク研修!

前回が4月13日ですから、もう1ヶ月以上、ブログを書けませんでした。



昔から、忙しくなるとブログを書いてストレス発散をしていたのですが、最近はその時間さえ作れなく、



とにかく忙しい5月でした。




昨年の12月と同じくらいの忙しさ。




仕事して、家帰って、パソコンに向かって仕事して、寝て、翌日介護の仕事に行くという5月でした。



そんな中、久し振りに、対面のレク研修を行いました。




兵庫県での研修です。
A2B6D0AE-2B1B-4734-B1D1-BC699FB06F05D772807D-F591-4850-8EF7-C4343F1225F5



















参加者は75名




ずーっとオンラインが多かったので、対面だってのもちょっとビクビク(笑)




今回は、ゲームをやらないレク研修。そういうのも珍しいので、ビクビク(笑)




でも楽しい研修になりましたよ。




最後にグループワークをしました。




まあ、グループワークはいくつかやったのですが、最後のグループワークは




「未来のレク」ICTやAIを使ってのレクや仕事(役割)を考えよう!というもの。




「NFTを高齢者施設に取り入れよう」と発言した参加者さん。




んー。NFTってなーに?ってそこからお勉強ですわ。




多かったのはVRですね。




バーチャルリアリティで、自分のアバターが買い物をする、というもの。




実際、大手の観光会社では、もう始まっているのですって。




お土産を手に取ってアバターが買い物をして、品物が実際に届く、というもの。




100均で出来ないかなあ(笑)




バーチャルリアリティで、お墓参りとか故郷に帰るとか、出来ないかなあ。




一番笑ったのが、「利用者さんのアバターを作り、アイドルにする」と言うもの。




これも、うーん。竜とそばかすの姫で、見たような内容ですな。




ドローンで何か出来ないかなあ。




みんなで、未来のレクを考えてみましたよ!




5月末までの仕事は、何とか目途がついて、少しゆっくりしています。




まあ、ゆっくりしていると言ってもお休みがあるわけではないのですが・・・。




時々、孫が来て、孫に翻弄されています(笑)
00BE0D96-FD9E-439B-8762-9766C77ED054
13 4月

4月が始まり大学が始まり・・・

春ですねえ。




うちのたいようくんは、いちご狩りに行きましたよ!
822A1D86-F7C1-4F00-9716-3F6902BDD02016A719A7-1D70-4640-917D-31D22B6D6F916D68E61A-0C22-4E5E-BAC3-E1D0838A5C62


















今日は暑かった!でも明日からまた寒くなるのですってねえ。






寒暖差が大きい4月ですね。





4月と言えば・・・・。








大学と看護学校の授業が始まります。




4月はその準備におわれます。




一般の会社と一緒にしている仕事ももう2年半が過ぎようとしています。





こちらの方もフル回転。





うわあ・・・・。





レクリエーション情報誌の仕事や花王プロフェッショナルさんのコラムの仕事も同時進行ですが、





この春に始まる「はじめまして」の仕事は学研さんのe-ラーニングの講義です。





もうウェブで公開されているので大丈夫でしょう。





施設の管理職の皆さん、オンラインで受ける新人、新任研修をお探しの皆さん、






是非是非、ご検討をくださいませませ。





2022年度 学研介護サポート テーマ一覧 介護実践コース レクリエーション方法






そんなこんなで、忙しい毎日ですが、先日、ライブハウスで、ドラムを叩きました!
とっても楽しかった!
67971156-2199-423D-BB5D-B93297F60F5B

1 4月

本の次は新製品発表。

本の方は売れ行きが良いようです。



買ってくださった方、ありがとうございます!



本屋さんでは、こんなのぼりの立った平積みまで見つけ感動をしております。

DEFC916E-57B6-45E0-9A5C-86D2DA9DD5D7













今年度も終わりますが、まあ、ホント、昨年度は忙しかった。





今年度はもう少しゆとりを持って生活をしたい・・・・。と思いますが、





実は、わたくし、現在、もう一つでかい仕事をしていまして。






カイゴ用等身大ロボット「じゅんこちゃん」と言うコミュニケーションロボットを開発中です。






これは、160cm70キロの人型ロボットじゅんこちゃんが、お年寄りの横に座り







「寂しくないですよ。介護福祉士じゅんこちゃんが隣にいますから」と背中をさすってくれたり、







「さあ、脳トレを始めますよ。手のグーパーから始めます。」と突然脳トレを始めたり







「ラジオ体操をしましょう。身体を動かすと気持ちがいいです。」と体操をしたり、







あげくは、一緒に歌を歌ったり、ジャンケンをしてくれたりします。







お家に一台、施設に三台、人型ロボットじゅんこちゃんを是非、おいてみてください。







ロボット自体はまだ秘密ですが、こんな感じです。

F051D8ED-F3EE-487E-971F-AA8521C03002




























すいません。
毎年やりたいんです。
4月1日に。













16 3月

社会福祉士国家試験合格おめでとうございます。&本納品

桜が咲いた皆さん、おめでとうございます。



私も一応、社会福祉士ですので(笑)、あの試験の難しさや試験当日の緊張感、そして発表当日までのやるせなさ(笑)はよくわかります。




残念ながら不合格だった方はぜひ、来年、桜を咲かせてください。




来年、見事な桜を咲かせばいいことです。




社会福祉士、私は仕事としては使っていませんが、とても大事な仕事だと思っています。




たくさんの社会福祉士さんが活躍していただけるよう心より応援をしています。








さて、私の方は、年度末の研修は一応終了。



日野市のレク研修はコロナの都合により延期となりました。




今年度末、最後の研修は静岡でした。約50名の方が参加してくださいました。




オンラインでレク研修、もう手慣れたもんです(笑)




さて、看護学校の教科書も届いた。




福祉大学での授業の準備も始まります。





もう来年度の準備ですね。





3月は過ぎるのが早いですね。




3月25日に出版予定の「認知症の人を元気にする言葉かけ、不安にさせる言葉かけ」はとうとう納品の日を迎えました。





今日は、孫のたいようくんにモデルになってもらって宣伝写真を撮りました。





ちょっと読んでいるところ
275544319_672567410863331_683760089781553681_n
275836080_488744712903737_3976017773149313860_n











笑顔で宣伝してくれました(笑)
275456663_1812437312287049_7557129162899573832_n275613793_274236031542280_2615480469364239130_n
13 3月

青い空

ここしばらく落ち込んでいました。






春が近づき、青い空が美しい季節なのに、
sora













青い空を見るだけで涙が出そうです。







SNSで、時々相談に乗っていただいた方が闘病の末に亡くなった事を知りました。





面識はないので、心配をするだけで、何のお手伝いも役にも立たず、






それでも、悲しくて悲しくて、






ずっといろいろな事を考えてしまいました。





世の中、ニュースを見ると、戦争が心を騒がせ、





虐待のニュースが心を荒ませます。





生きたくて生きたくて、それでも旅立ってしまったその先生は医療の知識のある保健師さんであり、大学の先生でした。





お子さん達の卒業式や受験、大学での仕事をきっちりとまとめて、静かに旅立たれました。






私が看護専門学校で授業を受け持った時から、悩みがあるとその先生に相談をしていました。







「私は看護師じゃないから」と不安をこぼすと「JUNKOさんの明るさで、私も元気をいただいています、看護学生の堅い頭を柔らかくして」





と励ましてくれました。







医学書院の老年看護学の教科書の執筆者の欄に、お名前を見つけて質問をしたことも。






面倒な質問だったのに「ご質問ありがとうございます。」と言う言葉から始まる文章が最初に目に入りました。




本当に、私のお手本の先生でした。







看護学校の卒業式の来賓としての招待状が届いた時は「行ってみれば」と勧めてくださり、





非常勤で授業数も少ない私の背中を押してくれました。





私の娘であるひかるの夫のお姉さんがたまたま受け持ちのクラスにいて、卒業式の総代になったところをお祝いできて記念になりました。





あの時、「行ってみれば」と言ってくださらなかったら、きっとあの卒業式には行かなかったんだろうなあ。





「卒業式に行って良かったです、先生、ありがとうございました。’とお例のメッセージを送ると





「先生だなんてやめてください、同級生ですよ。名前で呼んでください。」とあり、それからは先生ではなく名前で呼ばせていただきました。







亡くなる少し前に、SNSで「4月で私も60歳になります。」と書いていらっしゃいました。





60歳になる前に、






桜が咲く前に、






青い空に行ってしまったのですね。






青空を見ると、あなたが思い出されて






とても悲しくなります。
26 2月

海岸通

ここ数年、常にスケジュールを気にして生活をしていますが、中でも家のことと仕事のバランスを取るのがたいへんです。



孫が生まれれば色々な行事がありますし、大分のばあちゃんは92歳で一人暮らし、仕事の〆切を睨みながら家族の行事を回していく・・・50代60代の踏ん張りどころですな。



初孫のたいようくんは1歳になりました。



最近はよちよち歩くようになってきたので目が離せません。




誕生会に呼ばれ、娘のひーちゃんは準備を頑張ったようです。テーブルには豪華なお料理が並んでいました。




私からの誕生日プレゼントはこれ。ロディくんというお馬のおもちゃです。




なんでもひかるが幼稚園の時に、園庭にあったロディくんが大人気で、休み時間に友達と取り合いになっていたとか。





独り占めできるたいようくんは幸せです(笑)




子供の頃欲しくて欲しくて仕方なくてそれでも手に入らなかったものを自分の子供に買ってあげるというのはよくある話です。

5816009C-A432-48FD-8FAD-C05150DEAA4C820B43BF-1A16-4339-BB53-47509463C694


























パパのおばあちゃんには三輪車?ペダルのない三輪車を買ってもらっていました。
今時はこんなもの、あるんですねえ。
D346DF81-B8DC-4E18-BF02-1226E1B7CCDC39C53C38-7933-47F6-8484-C7131B55D7AD













1歳の誕生日というと、色々な行事を行う家庭が多いと思いますが、うちもやりましたよ、一升餅。


理想は・・・
AA3B7D76-8C2D-46D1-9119-B3D52570DCFD
















現実は・・・重くてひっくり返って号泣(爆)
26624A3B-7F4A-4E65-A4B5-8816ABD3A1189C05F2CA-59AA-4DD0-B8DD-37FD8E9AEDDC
























よく1歳の誕生日に「将来の職業」を選ばせるなんて占いのような催しをしますよね。最近はカードで将来の職業を選んだりするんですねえ。私の頃は、金槌とか筆とか置いた記憶があるのですが・・・。たいようくんは占いでは将来「学者」だそうです(笑)
9E5CB964-4D74-43DC-8225-4F02021DD8F59F78713F-1E57-4831-B1BE-347C76B47A84

























誕生会が終わると、週末は大分のばあちゃんの家に飛行機でブーンと飛びました。




大分のばあちゃんは92歳で独居です。



去年、転んで骨折して入院して心配したものですが、意外と元気そうで安心をしました。





今日は、ホームセンターに行って、壊れた電化製品や危険がないよう便利な家事道具を買ってきました。





ところで、大分に来る前に、私、ちょっとライブハウスみたいなところで演奏をさせて頂いたのですが、その曲の中に「海岸通」という曲がありました。伊勢正三さんが作り、イルカさんが歌っていた歌です。





わたし、知らなかったのですよ、この曲。



全然知らなかったくせにライブが終わってから気に入って気に入って、何日も経つのにこの曲が耳から離れなくて、ずっと鼻歌歌っていた(笑)



そしたら、なんとこの歌の舞台は、「大分県津久見市」だった。
5A08AA28-545B-4AD7-B6F5-5B86E74AAC36AE7E6ED6-8C5E-491C-A84E-FAB32FBAA4CE























なんでも、伊勢正三ミュージアムを作ろう運動が津久見市で始まっているそうです。
A8442CB4-F5CA-4AC9-B398-207A2AC67B9C













「なごり雪」も実際は大分県津久見市が舞台なんです。駅でパチリ。
C72DFA62-57EB-4B88-B387-0AFC30B3A195B1E0196C-6BD7-4C39-9BC6-F43DAE0E876B








っつーことで大忙しじゅんちゃんばあちゃんは明日帰るよ!
CA7A5039-673A-4FA2-B071-5FAADC4DB56E
6 2月

社会福祉士国家試験、お疲れ様でした!

社会福祉士国家試験を受験された方、お疲れさまでした。




けあさぽさんが解答速報を出しています!



解答速報





毎年この時期が来ると、「そう言えばあたしも受験したんだった」とほんのり記憶がよみがえってきたりします。



社会福祉士を受験する時に、「社会福祉士は社会の正義の味方!」と自分なりにイメージして、社会正義のために奔走している諸先輩方を見て、かっこいいなあと思ったのをおぼえています。



昨今は、京急線も人身事故で止まりっぱなし。「自分一人では死ねないから、巻き添いにして」と言う身勝手な事件が後を絶たず、




これも今の世相を表しているのかもしれないと思ったりします。




心をすり減らしているのは、福祉職も同じ。




疲れて疲れて、それでも報われず、つらい時代ですね。




戦争や飢餓ではなく、人が希望を持てなくなる時代、




給料は上がらず物価は上がる、、、、




ああぼやいてしまいました。





社会福祉士を受験された皆さん、社会の正義のために、福祉の専門職として、活躍する日が来ることを期待しております!!






2021年度がそろそろ終わり、2022年度がやってきますが、




来年度も今年度のような一年なんでしょうかねえ。




2021年度は前半は大学や看護学校の授業で走り回り、後半は一般企業との仕事やもの書きで怒涛の日々を送りました。




来年度は少しのんびりできそうかな。




そうそう、社会福祉士の受験をした時に、よく聞いていたのが「歩み」でした。




GreeeeNの歌です。




先日、テレビで「この歌詞が刺さった!グッとフレーズ」と言う番組をやっていて、やっぱり「歌」って心に刺さるよなあと思いました。






私が最近、「刺さった曲」は




イルカ「海岸通」(実は今まで聞いたことが無かった)




YOASOBI「群青」(天才だと思います。この歌大好き)




プリンセスプリンセス「M」(実はこの曲も今まで聞いたことが無かった)




ヒゲダン「Pretender」(これも大好き)




山口百恵 I CAME FROM 横須賀 (この曲も初めて聞いた)




っつうことで、群青以外はピアノで練習しています。




「楽しみ」も、楽しまなくちゃ!!




そう言えば、ブログに書くの忘れていて、もうちょっと前の話ですが、





レクリエの1月2月号、特集の監修をしました。もう今や3月4月号が出ていますよ。





「認知症の人と一緒にできるレク」です。
recrea20220102recreanorecpage
30 1月

介護福祉士国家試験、お疲れ様でした!

こういうタイトルのブログを何年も書いていましたが、ここ数年は忙しくて全く書けず。



今年は、大学受験で傷害事件があったり、コロナ禍で感染の危険性もあったり、電車に乗っていても事件に巻き込まれるかもしれない、




そんな中、仕事も大変だったでしょうに、受験された方は本当にお疲れ様でした。




私の知り合いも受験しましたが、「難しかった」と肩を落としていました。




資格の大原さんの解答速報はこちら





解答速報は発表をする会社によってまちまちですし、一喜一憂するよりも、静かに結果を待った方が良いです。





今日はゆっくりと寝て、試験まで頑張った自分をほめて、労わってくださいね。





介護福祉士は世の中で求められています。





介護の仲間をどんどん増やしたいです(涙)





現場で働いて、いろいろ感じたことや学んだことが一冊の本になります。





「一介護福祉士」としてこの本を書けたことをとても誇りに思います。





介護の仕事は奥が深い、




介護の仕事は自分を成長させてくれる、




ケアをしているようで、自分がケアされている、




もちろん、疲れることも、大変な目にあうことも、心が折れることもあるけれど、




それでも介護はやめられない、




そんな気持ちで書いた本です。




良かったら、ぽちっとな、してください。






アマゾンでも楽天でも発売開始になったようです。
40B15D94-8ECD-46AA-9C72-800C044128E8






アマゾン「認知症の人を元気にする言葉かけ、不安にする言葉かけ」



楽天「認知症の人を元気にする言葉かけ、不安にする言葉かけ」
19 1月

3月末に本が出ます!

もう公表しても良いと言われましたので・・・。
3月末予定ですが、中央法規出版さんから本が出ます。
タイトルはまだ決定ではないですが、





「認知症の人を元気にする言葉かけ、不安にする言葉かけ」







になりそうです。



編集協力として、浦和大学の栗延先生と、帝京科学大学の松永先生、そしてうちのOTさんにお願いしました。




現在4章のチェックをしていただいていて、これが終わって再度校正をして印刷です。





今まで「言葉かけ」の本は2冊書きましたが、「認知症の人への言葉かけ」の本は初めてなので、





まあ大変でした。





ちなみに、この本と同時に、他の仕事もしていて、それは1000のエッセイを書くというような仕事でした。






年末年始は、1000本ノックを受けながら、本を一冊まとめあげた、っつう感じでした。






今、少し落ち着いています・・・・。





自分で言うのもなんですが、「現場目線」で書かれた認知症の人とのコミュニケーション本です。







認知症の学びを続け、学校で教え続け、現場で働き続け、見えてきたもの、わかってきたことをまとめました。





良かったら3月25日、本屋さんで手に取ってください。
7FD9A80F-AF27-4AE8-A804-477D14356AAB













でも、今、たいようくんがお熱を出していて、心配・・・。
12 1月

我が家に猫が来た。あけましておめでにゃー

新しい年が来ました。




新年になり、これでやっと時間が出来るかなと思いきや、




2月末に出す予定の書籍で、やはりバタバタしています。




それでも、年末ほどの忙しさではないので、




精神的にはゆったりとしています。週末は「マトリックス」見てきました。




途中、疲れていたので寝てしまいましたが、また起きて観たので面白かったです(笑)




職場の方は(認知症フロアで働いております)1月1日、3日、4日、6日、7日・・・・と、正月返上で働いておりました。





あの雪の日も電車で通勤しましたわ。





忙しい以外にここのところ、変わったことと言えば・・・





猫がうちに来ました。名前はニコちゃん♪
A684F565-6F05-4B31-8007-420E0CBDB9298C020809-6629-4D8D-8804-0B6FC5ED005A395CA8FF-2D4B-4CE0-AD53-FB79F2874BF8
























たいようくんが、「電気どこ?」と聞くと、指をさすようになった。
7A43244A-A85D-4B92-A7BD-B0C047C91FA4












あたしが、髪を切った

早く、ゆっくりしたいにゃー
52186D9B-2B04-455F-8207-2915E9969081
26 12月

2021年は人生の中で一番忙しい1年でした。

計画性が無いと言われればそれまでなのですが、とにかくヤバい一年でした(苦笑)



まあ自分の中でたくさん冒険をした1年だと思います。



先日、12月14日にかなふくセミナーが終了し、年内の研修は全て終了。



しかーし、2月、3月は、兵庫、静岡2回、東京は2回かな。研修が待っています。



2021年が始まる時は「今年もコロナで研修は少ないだろうし、余裕をもって仕事をしていこう」と思っていたのですが、考えが甘い事に気付きました。



まず看護学校と福祉大学の授業が大幅に増えたこと。



看護学校は「コミュニケーション障害」から「視覚障害、聴覚障害、言語障害」の分野を任され、七転八倒して、授業案を作りました。(来年は作業療法士君に頼んじゃった)
認知症の理解、レクリエーション(実習前授業)の方はいつも通り。


福祉大学は、レクリエーション活動援助法を受け持ちました。これは看護学校と違って単発ではなく、一つの科目ですから、作業療法士くんと連携をして座学から期末試験まで一生懸命取り組みました。
さきほどアンケートを見たら、とても良かったので一安心。
ちなみに来年度も依頼していただきお引きうけしました。




この2つがとにかく前期は大変でした。2つとも前期に集中していたから。




そして後期になると、もう2年目に突入している一般企業と一緒にやってる製品開発の仕事が鬼のように忙しくなってきました。



そんな時に、書き物の仕事が怒涛のように降ってきて、、、例えば、講談社の時もその前も、意外とだらだらとして「もうすぐ書くねー」みたいな感じで待たせて待たせて書き物をしていた私ですが



今回の編集さんは、「〆切過ぎましたよー」ではなく「リマインドのご連絡です。」って合間合間にメールがやってきて、しかも「今週中に書かないとダメ!」的なごりごりごり押しで、




私としては、来年中に出ればいいんじゃないかなと思っていたのが、何とあと2ヶ月くらいで発刊になりますよ。




という事で、ここ数ヶ月




職場に行って介護職として働いて、帰ってご飯を食べたらすぐパソコンに向かい書き物をして、「あしたも仕事だ」と呟きながら布団に入って寝る、という生活をして繰り返しておりました。




夫が、主婦をしております(爆)




最近、女子力がめちゃめちゃ高くなり、豚肉のとろとろ煮はレストランで出すのより美味い(笑)(下に写真がありますよ)



とにかく、休みなく働いているわたくしです。




製品開発の仕事も、書き物も一応12月末が〆切になっており、(まあ新年になっても仕事は続くのだけれど)




とにかく1月までは、毎日わらじ3足?4足?で頑張ります。




1月になったら遊ぶぞー−−−。カラオケ行くぞー−−−





25日は、少し仕事の手を休めてクリスマス会を開きました。今年の一番のニュースと言えば、もちろん、初孫ちゃんのたいようくん誕生です。




もう何してもおかしくて、何しても可愛くて、何しても笑っちゃって、




とにかく、たいようくんからたくさん元気をもらいました。
38C69710-F928-4672-91FD-B9CF0CFF84E8BDA1D75F-15BE-4F99-8945-87107A70DD6BC0227A4F-8119-42E0-9777-95CDC0281623CB271152-98B7-4592-A1FC-BAE9F93B92388F1DE835-88CB-4E13-BA78-A15F6B8C1991E4BB23E7-560E-45A4-A0EF-12B73D7D97E4107B7623-3863-4D29-90F1-8B54742CAED20CD9CB33-86CE-4CD3-8EC2-A326AB9F31D2B0581D92-D1DE-41C4-BE94-6BF6008A1DC25C2D7237-9800-48F2-BB52-68FF64F8DE772C459F7E-5E2A-4EAD-B80E-CA3E50EC7FD2AB7ED44B-F1CC-4B38-B2E9-915499395827












21 11月

あっという間に1ヶ月

前回の日記が10月21日で、今日が11月21日ですから、1ヶ月があっという間に経ってしまいました。



私は、忙しいとストレス発散で日記を書くようになるのですが、




今回ばかりは忙しすぎて、そのストレス発散もできませんでした。




まず、一番怖いのが「倒れること」ですので、




睡眠時間は確保することにしました。




介護の仕事が終わって帰宅をして、それからパソコンに向かい、書き物仕事をします。




時に、介護の仕事で疲れ過ぎた時は、そのまま何もせず布団に入ります。




そんな1ヶ月でした。



でも、そんな1ヶ月の中にもいろいろなことがありました。





10月24日は次男よんよんの結婚式でした。




逗子マリーナで挙式、披露宴をやりましたが、その日は真っ青な空が広がる晴天で、





まさに「陽介の日」と言った感じでした。





陽介が生まれたのは6月25日、梅雨の期間で、毎日雨。ところが出産した日の朝だけ、カラーっと晴天だったので、




「陽介がいい。太陽の陽で。」と名付けました。




結婚式も、そんな「太陽」の日でした。





タイヨウと言えば、孫の「タイヨウくん」ですが、



昨日、立っちしたそうです。初立っち。




結婚式の日も、タイヨウくん、とてもおりこうさんでした。

0647624B-47B4-49D6-9EEC-F01FF8E98500












この写真は、ママに怒られた時のもの。可愛いです❤
1DA888FA-E3B3-4209-B433-BA42B1B5916E













結婚式の写真。私も慣れない着物を着ました。

3CBC2246-A6FA-456D-8742-B382AF806D41D7B68D9D-ECB0-4A0C-A1CC-E7E355D843B3F0C82ADA-1DF0-4D6C-9951-E243D9A2C95F3B0AB720-07FD-498B-8E67-5F9F0325F5CE
























さて、年末は、介護以外の仕事が忙しいです。





来週水曜日も、東京まで出張。





身体を壊さないことが目標です。




ちなみに、今、書きまくっている原稿は、2月に、本になるそうです(まぢかよ)
21 10月

学生さんと、大笑いの日々

今週は水曜日、木曜日と学校の先生でした。




水曜日は、地元です。横須賀の看護学校で2年生の担当です。




実習前ということで、レクリエーション、認知症の人とのコミュニケーション等の授業でした。




3時限、4時限と長い授業、



しかも今年度は、前期に、授業を2回やりましたので、(認知症と、視覚障害、聴覚障害、コミュニケーション障害)




お互いに顔を覚えており、ちょっと先生らしくなった私です。





3時限目が終わった時に、女子生徒さんが近づいてきて、どうも長男の翔太と高校の同級生だったようで(苗字が珍しいからすぐわかっちゃうのよね)最近の翔太の写真を見せたところ





「高校の時と全然変わってない!」とすごく喜んでくれました。






3時限、4時限と長い授業時間だったので、アメリカでの経験もたくさんお話をしました。






皆さん、真剣に聞いてくださいましたよ。





今年は緊急事態宣言も解除され、実習も行けそうですね。





私の授業は、実習前の準備ですから、現場の話もたくさんします。





いろいろな経験談、失敗談、笑ったこと、伝えられたと思います。





ゲームもたくさん、行いました。





教室から笑い声が外に漏れて、他のクラスの邪魔にならないかとひやひやしましたが、ちょうど他のクラスが教室を使っていなかったようで、迷惑をかけることはありませんでした。





最後に10月のカレンダー「今日は何の日」を配布し、どの日でも良いので1日選んで、その日にちなんだ「レク」を作ってください、とグループワークをしましたが、





そのまま使えそうなレクネタをたくさん出してくれました。





笑ってしまったのは「10月7日、盗難防止の日」のレクを考えたグループ。






カードに宝石やブランド装飾品や小物の写真を貼ったカードを3枚選んでもらう。





裏に金額が書いてあり、一番高価なものを盗った人の勝ち、と言うので、






「そりゃ、盗難防止じゃなくて盗難奨励になってしまうやん!」とみんなで大笑いをしました。








今日は、帝京科学大学でアクティビティの授業。





コミュニケーションの授業を用意してしまった私ですが、ちゃんと「レクリエーション」の授業をやりましたよ。






いろいろハプニングがあった授業ですが(笑)






レクリエーションはハプニングがあるから楽しいのです、思い出深いのです。






今日は、介護福祉士を目指す学生さん達もたくさんいらっしゃったみたい。





嬉しいなあ。




みんな、笑わせてなんぼの介護福祉士になってね。





写真は、北千住駅で撮影した「帝京科学大学」の看板。






「動じない」






いい言葉ですね。






どっちかと言うと私も「動じない」性格。







でーんと構えてますよ。





あ。性格でなく体格?(笑)





はいはい、ダイエットします。
BC56696E-2BC2-470B-BF1E-2BED59981211

17 10月

冬かっ!!!!!

今日は寒かったですね。



先週がチョー忙しかったので、とにかく「日曜日だけはしっかり休もう」と、今日はゆっくりしたのですが、



街へ出たら、まあ寒いのなんの。




風邪ひきそうですわ。明日はもっと寒くなるみたいだからコートが必要かもね。




まあ、先週はそんなに寒くなかったですよね、今日ほどは。




研修は2回終わったのですが、両方、汗だくでしたわ。





2回ともとても良い研修になったと思います。




川崎のレク研修。毎年ご依頼をいただいています。




今年もレク好きやレクについて学びたい受講者さん達が集まってくださいました。




研修会場も新しい建物になり、明るいイメージです。
52CAAE64-6892-40DC-823A-A87B2E12408F














ジュンコさんのファンと仰ってくださる方まで参加してくださって。




ありがたいねえ。




先週は東京都千代田区でも傾聴の研修をおこないました。





千代田区社協さんからも昨年に引き続き2回目のご依頼でした。





何でもキャンセル待ちが出たとか。ありがたいです。





最近の「地域の前期高齢者向け」のボランティアやサポーター養成の研修って、すごくなっているんですよ。





「SNSの研修」とかあるんですよ。





世の中はどんどん変わってきますね。





さて、来週は、水曜日に横須賀の看護学校の授業、







木曜日には東京の大学の福祉学科の学生さんへの授業。






書き物の仕事もたくさん。






寒さに負けず頑張らないと。




さて、話は変わって。





斎藤佑樹選手が引退をしましたね。





「ハンカチ王子」の頃から応援していました。





「ずっと苦しかった」の言葉が身に沁みます。






でも、あきらめないで前を向いて頑張った。





まだまだ33歳です。





これからがスタートですよ。





頑張って。
3 10月

レクリエ特別号の「脳トレ体操」を監修しました。

緊急事態宣言も解除され、台風も去って、真っ青な空です。



私は、自分の誕生日が秋分の日だということもあり(59歳になりました!)




この季節が大好きです。



暑さ寒さも彼岸まで、のこの季節、



梨や柿が美味しいこの頃、



一年で一番好きです。



10月は、来週の土曜日に川崎でレク研修があり、




その次の週は東京都千代田区でサポーター研修があります。




そのまた翌週には、福祉大学の授業があり、その週末に次男よんよんの結婚式。




うわああ。どれだけ忙しいんだーーーー。




そして書き物の大物が2つ、同時進行。




台風が来ると眩暈が起こり、ちょっと無理しちゃいかんなあと思う59歳です。






レクリエ2021〜2022特別号 機能低下を防ぐ 頭と体の体操大特集 【脳トレ体操】間違えても大丈夫!体を動かしながら頭を使う 脳トレ体操


9915DA1E-C9A6-4080-81EF-01B9D92F82365FABF523-E509-4FE2-BDF2-501DB65FBFAC


















を監修しました。






最近は「認知症ケア」「脳トレ」のお仕事をよくいただきます。





いろんなことをしていますんで、HPの方も覗いてやってください。




つぎはぎの時間を紡いで





たいたい、初めて靴をはきました。




あんよが待ち遠しいです♪
42564EBE-FB54-49B6-808D-9448B5F741BE
30 9月

花王プロフェッショナルのコラムを更新しました。

花王プロフェッショナル、アップしました!




コロナ禍のレクってやつですが、





緊急事態宣言が解除され、さて、どうなるんでしょうねえ。レクに限らず、イベントや旅行、





先を見越していたかのように、今までさっぱり無かった研修類が、10月は大学も含めると3回。




仕事がパンクしそうで、ちょっとカオスになっています。





というのも、大分のばあちゃんの入院退院騒ぎやそれに伴い大分帰省、それから、書き物の嵐・・・。




書き物はこれでも制限したのですが、(申し訳ないけどお断りしてます・・・)




まだまだたまっております。




はあ。



たいたいの写真見て、元気出そ


B15C9D09-E303-4FD4-926C-0D52C52DE9056084C329-F852-4A8F-82D7-ADDF86E49FAC002BED66-7480-4422-9C0E-9DFD84DD25E0
6 9月

早く来年になってほしい私・・・

昨日は、職場でお祭りがありました。



と言っても、コロナ禍ですから、外から誰も呼ばず、フロアの移動もなく、本当にささやかなお祭りでしたが、



ご家族と思うように会えないご利用者が少しでも元気になってくれたらいいなあと思い、職員も張り切りましたよ。



私は、ヨーヨーを作っていたのですが、最初はなかなか指に力が入らず、水風船を爆発させ、びしょびしょになりながら作っておりました。




いやー、うまくなりましたぜ、ヨーヨー作り(笑)
yoyo









今日は、銀行関係の書き物のお仕事。




いやー、なんだか銀行員になったような気持ちです。





銀行員の方が読む認知症関連のテキストの校正なんですけれどね、




まあ、ぼちぼち仕事の間に進めて、今日ようやく完成です。





こんな感じで、今年は、例年になく忙しいです。(って毎年言っているような・・・)





大きい仕事が2つあって、12月までは、毎日書き物してるんだろうなあ。





早く来年にならないかな・・・・。
18 8月

とても可愛い女性と対談をしました。

先月の21日でしたか。かなふくセミナーがありまして、研修講師のお仕事をしました。





週刊女性の「泣いても介護、笑っても介護」という隔週の連載で、「介護とコミュニケーション」について対談をして欲しいと、編集の方からメールをいただき、





まあ、時間がなくて、研修の後に、対談をすることになりました。





「加藤彩菜さん」という名前を聴いた時に、うーん。よく知らないけれど、すごい年の差で加トちゃんと結婚した人だよなあ、とそのくらいの知識でした。





「加藤茶さん」というと、日本では知らない人がいないというくらいの著名なコメディアンさんですから、




うわあ、そんな人の奥さんと対談をするの?とちょっと興奮をしました。





思い起こせば、小学生時代。





私は実は小学3年生まで、地味でおとなしい子供でした。勉強もあまり出来なかった。





ところが、小学校4年の時に急に明るくなったのです。理由はわかりません。




明るくなると面白いもので、勉強が楽しくなり、成績も上がってきたものです。





そこらへんで止めときゃいいのに、私は、「明るく」なりすぎてしまいました(爆)





小学6年生の時は、何故か学級委員長に立候補し(笑)、お楽しみ会では、人がやりたがらない、寸劇の主役をやりましたさ。




その寸劇の主役は、タブーのBGMに乗った「ちょっとだけよ、あんたも好きねえ」です。(ちなみに、脚本、配役、主役、すべて一人でやりました)





長いジャージを履いて、ちょっとだけよ〜と裾をめくって、





うわあ、今じゃ考えられないね。そういう事が出来た時代だったのねーーー。





と回想話が長くなりましたが、まあ、私は「8時だよ、全員集合」のファンでありました。





加トちゃんについては、当時(小学生の頃)、「ハンサムだ」ということで好きでした。





顔が整っているのに、崩して笑わせようとする、





お笑いだけでなく、音楽もすごい、しかもドラマー。





途中で志村けんが入ってきても、後輩を見守っているのが、傍から見てもすぐわかる。





・・・・そんなことを感じとったオマセな小学生でした。





今は70代後半ですか。全然お若くてハンサムです。





病気を抱えていると聞きましたが、あんなにお若く美しい奥様がいるのだから、きっときっと元気になられると思います。





加藤彩菜さんはとても素敵な女性でした。





まるで介護職と話しているかのような印象を受けました。




聞けば、あの「実務者研修」を修了していると仰る。





だから、私が専門用語を出しても「確かに」とよく頷いて聞いていらっしゃいました。




「確かに」っていうのが口癖なのかな(笑)





それと、お年寄りのお友達がとても多い印象を受けました。





郵便局に行く途中70代の友達と会ったら絵手紙を出そうとしていた、最近元気がないので心配していたのだけれど、新しく絵手紙を始めたらしく、安心した、というような話をいろいろ聞かせてくださいました。





きっと男性でも女性でも「年上」と合わせるのに向いているのでしょう。





とにかくとてもいい印象を受けました。





対談は1時間ほどでした。週刊女性に書かれているのはその一部分だけ。





でも、彩菜さんとの「大事なコミュニケーション」は私の大事な宝物になりました。
ayanasan
4 8月

花王プロフェッショナルの連載の最終回アップ

▼第4回
介護現場で使える!コミュニケーション術【第4回】ご利用者様を元気にする言葉がけ

▼第5回
介護現場で使える!コミュニケーション術【最終回】認知症のある方へ提供するレクリエーションの役割と可能性


kaoupro









介護の仕事と両立しながら、最終回までがんばりました!

お時間のある方、読んでね!
28 7月

馬車馬のように働いておりました。

鬼のように忙しかった7月が終わろうとしています。




先日、万歩計で仕事をしている時間の歩数を調べたら(仕事中)18000歩くらい歩いており、もちろん15kmくらいは歩いている計算になりました。



なんで痩せないんだろう(爆)







忙しさの頂点を極めたのは、先週でした。






看護学校の期末試験、採点が終わり、福祉大学の期末試験も終わりました。 先週の月曜日のことです。





結局、今年度の前半は学校の授業で、転げまわっておりました(笑)





看護学校の「認知症」の授業はもう何年も引き受けているので、特に変わりはなかったのですが、「視覚障害、聴覚障害、コミュニケーション障害」の授業は、今年度初めてで、七転八倒をして授業の日を迎えましたわ(笑)




教えるということは自分が学ぶこと。大変勉強になりました。





福祉大学のレクリエーション援助技術の授業が終わった時は、可愛い学生たちとのお別れがつらく、泣きそうになりました。





楽しかった授業が走馬燈のように頭をかけめぐり、口には出しませんが「負けるなよー。福祉を学ぶ学生として、社会で大暴れしろよーー」とシャウトしたものです。





月曜日、大学の翌日は、火曜日、介護の仕事で走り回り、水曜日はかなふくセミナーでした。





今日、アンケートの結果をいただき、喜んでいただけたみたいで、めでたしめでたし。





実はその前の週に、とあるところから対談の依頼をいただいており、(とここまで読んで、ん?なんで対談なんだ?有名人でもないのにとお思いのあなた・・・。私も同じことを思いました。)





インタビューは何度か受けたけれど、対談と言うのは初めてやなあ、いろんな事が起こるなあ、と、しみじみ人生の面白さをかみしめていたところ、「火曜日か水曜日にお願いします。」と来たもんで、






火曜日はもうシフトが決まっているし、水曜日は一日研修だし・・・・と悩んでおりました。





そんな時に、研修会場の主催者様が、「オンラインの対談に使っていいですよ」と講師控室を貸して下さいました。




もう、そうおっしゃってくださった方が神様に見えました。





1時間半でみなとみらいから横須賀中央はきついです。





しかも受講者さんが質問をしてくださって(笑)いや、その時には会場を貸していただけることになっていたので、質問はたくさんしていただいて良かったのです・・・・が、ホント、家に帰ってからの対談じゃ間に合わなかったです。





まだ、予告が出ていないので、誰と対談をしたのかはブログに書きませんが、





今をときめく、素敵な女性と対談をしました。






対談内容は「介護」と「コミュニケーション」です。






電子版もあるようなので、アップされたら宣伝しますね(笑)





さて、今日は水曜日でお休みですが、やはり介護以外の書き物仕事が山のようにございました。





それでも一時に比べれば落ち着いた方です。





赤ん坊を産んだばかりのひかるが、「ダンナと喧嘩をしたから実家に戻る」と帰ってきたのですが、




何故か、毎晩、ダンナがうちにご飯を食べにきます(爆)





そして「おかあさん(あたしの事)のご飯は世界一!」と可愛らしいことを言います(爆×2)





赤ん坊のたいたいも、大きくなり、バイクに乗るようになりました。
1E50D7C3-037E-419E-9AD7-BAB98BC976E8



1 7月

花王プロフェッショナルのコラム、更新しました。

今年前半は忙しいと思いましたが、現在、忙しさの最後の山をのぼっているところです。(いや、また山々は連なっているのだ・・・・)
kuma







現場の方もちょー忙しくて、月火、働きまくって、現在、体調不良。





やっぱり無理はいかんです。




とりあえず、花王プロフェッショナルのコラムを更新しましたので、




お時間のある方、読んでやってくださいまし。もう寝ます。ぐーぐー。


21 6月

実行機能の力

今年度、バタバタしているのは、大学と看護学校の授業が共に倍増したこと。



いや、倍増じゃなくて、もっと何倍も増えているのかな。




何とか乗り越えて、期末試験まであともう少し。




今日は実は大学の授業もあったけれど、大学の方は同僚のOTくんにお任せした。




1人で、東京と横須賀は無理だ(笑)




今回、大学も看護学校もOTくんに授業を割り振ったけれど、とても良かったなと思う。




私は介護の現場では、目立たない存在で、副業(非常勤講師や書き物の仕事)をしている事は一部しか知らないし、あまり相談もできない。





意外と、療法士さん達に相談に乗ってもらうことが多く、





OTくんが「アクティビティディレクター(日本の)を持っている」と言ったとき、





「つーかまえた」と思ったものである(笑)





2年前かな。レクリエーションの研修に大阪までついてきてもらい手伝ってもらったこともある。





もちろん情報誌や本の監修も手伝ってもらっている。






PTくんには平塚まで研修で一緒に講師もしてもらったし。






以前は社会福祉法人で働いていたが、「リハビリ職と連携をしてレクリエーションの幅を広げたい」と思い老健に転職した。こうやって、大学や看護学校の講師の仕事も手伝ってもらい、連携をはかれるようになり、自分もだけれど周りも一緒に成長できて、喜ばしいことだと思っている。







介護の仕事は、それでも楽しく働いている。(ちょっとキツイけどね)




認知症フロアでも介護職同士お互いに情報交換をして、それが大きな学びとなっているし、





何か気付きがあると、同僚に「ねえねえ聞いて、こういう事があったんだけど」と話し、





「私もそう思った」とか「へえ、そんなことがあったの」と確認をすることが出来る。




「お裁縫クラブをやっているんだけれどね、数名参加していてね。みんなちゃんと作品を完成させるの。その人たちに共通点が見つかったの。みんな、トイレが自立なの。一人でトイレに行けるってやっぱり「自立」を評価するのに一番の指標だよね。



ちゃんとね「先生、お裁縫クラブの後におやつだから、そろそろトイレに行ってきます。そうするとちょうど2時40分だから。」と言うのよ。




そして、そういう人達は、立った後、必ず椅子を元の位置に戻す。
そう、トイレで最後に便座の上をきれいにして出るように。
「計画をする力」が生活をする上で、この人たちを支えているということがよくわかる。



職員が排せつ表でチェックしていないのよ。何の問題もないから。普段の生活では物忘れもあるんだけどね。認知症もあるんだけれどね。計画力、実行機能が優れているから生活も趣味も楽しめるということよね。「実行機能」が自立しているって、そういう事なのね。」

049C97D9-5647-485A-94F4-2C227EEC2286











なんて話すと「なるほどーーー」なんて笑って聞いてくれる。







時には「それは勘違いだよ」と言われることもあるし、間違いを指摘されることもある。





でも、そういうことって、「経験」の蓄積が「エビデンス」につながるのだと思う。





「教科書に載っていない」大事なこと、





そういう事も含め、授業で、私の話に耳を傾ける若い人たちの姿を見ると、とても嬉しくなる。






私も育っている、



現場で育ち、




シェアすることで育っている。





教える方も、教えられる方も育っているのだ。
13 6月

久々ゆったりとした週末

ワクチン(2回目)を打ったの9日前。



やはり一番体調が悪かったのは翌日でしたね。




一番怖かったのは、横になっても動悸、息切れがあったこと。




副反応で「心筋炎」なんて文字を見ると、その字を見ただけでドキドキです。




まあ、そう言いながら、翌日にはもう仕事に行っていたわけですが、





周囲の副反応がわりと多く、「熱が40度出た」なんて人も。





そういう人に比べれば、私の副反応なんてちょろいもんですが。





「ワクチン」についていろいろ言われています。





受けるのも受けないのも個人の判断。





ただ、打った人間としては、やはり不安はありますし、いろいろな事を考えてしまいます。







ある日、ひかるが、こんなことを言いました。






「たいたい(生まれたばかりの赤ん坊)を見てるとさ、ママを見ているみたいだよ。顔が似てるんだよ。





ママが、これからずーっと何十年後の先に死んじゃってもさ。それでもたいたいを見ればママが目の前にいる、っていつもそう思うんだろうな、って。」






孫が赤ん坊の頃、おばあちゃんに似るということはよくあるのでしょう。





ひかるも生まれた時は私の母方のおばあちゃんにそっくりでした。





私は嬉しさと恥ずかしさを隠して、少し仏頂面でこう言いました。





「男の子だからね。私に似てるなんて、ダンナの〇〇さんはあまりいい気持ちがしないかもよ。やっぱり自分に似ているって言われた方が嬉しいもの。」






こんな風に考えるのは古い昭和の人間でしょうか(笑)







先日も利用者さんと話をしました。







昔は物欲が強くて、何が欲しい、何のブランドの何が買いたい、なんてよく思ったんです。






幼い頃は「家が火事になったら何を持って逃げよう、大事なものが全て無くなったらどうやって生きて行こう」なんて変な事でブルーになったりしたものでした。






でも、今は、(おそらく震災やコロナ禍などを直接ではないにしろ経験して)






身体一つあればいいや、物なんて無くても生きていける。それから私の命より、私の周りの人が元気でにこにこ仲良くしているんならそれでいいやと思うようになりました。」






すると利用者さんが「年を重ねるってそういうことだよねえ。」と笑って答えました。






今週末は久々に、仕事の〆切に追われない日でした。





大学と看護学校に試験を作り終わったのが、大きな心の余裕(笑)






土日は音楽三昧、ピアノを弾いて楽しく過ごしました。

piano
















そうそう、大学の学生さんで「玉置浩二」のファンだという人がいました。





「メロディ」と「夏の終わりのハーモニー」をピアノで練習してみようかな・・・。



29 5月

レクリエ7.8月号「コミュニケーションを活発にするレク」の監修をしました

たいたい(初孫のことです)は、とうとう人見知りを始めました。(冷やし中華始めましたみたいですな)




お母さん(娘のひかる)が見えないと泣くようになったそうです。




それを聴いた時、「ああ、きっと私(ばあちゃん)の顔なんて見た途端に泣かれちゃうんだろうな」とそんな風に思ったかとお思いのあなた・・・。




意外なもので、何故だか嬉しくなりました。




っつーのは、「ああ、そうだった、自分の子どももそうだった」と思い出して、じんわり心が温かくなったのです。





皆さんもそうだったんですよ。生まれたばかりの時は「腹減ったー」「お尻が気持ち悪いー」「ゲップさせろー」「お腹がぐるぐるいって気持ち悪いー」と「生きるだけの為に」泣いていたあなたも、






「この人が製造責任者だな、この人がいないと自分は生きていけない・・・・。いつもそばにいてくれないと困るッ!!!」





とお母さんの姿を追うようになるわけですな。





そうやって考えると、もう、最高の承認欲求の充足ですな。




別に自分は、えらい人でも、働きのいい人でもないけれど、「あなたがいないと生きていけない」と言ってくれる人が現れるわけですから。





まるで恋人のようではありませんか。




赤ちゃんがぎゃーぎゃー泣くと、それまで、「洗い物溜まっているよ、洗濯物乾いたわよ」と言っていた周りの家族が気を使ってくれる(笑)






姑から「あらあら、順子さんじゃなきゃダメなのよね、はいはい、ママが一番」とか言われ、





私は私で「困っちゃうわ〜、そんなにあたしが好きなの?」なんていいながら、ぎゅーっと抱きしめるわけです。




(そして、何故かじーちゃんが洗濯物をたたみ始める・・・)







とにかく。







もう、ダンナなんて眼中にありませんな(笑)






赤ちゃんは光り輝く主役、ダンナは脇役、いや、通行人役・・・・・・。







そんな「ママが見えなくなった時のたいたいの泣き顔」です(笑)
(あ。たいたいのパパは脇役じゃないですよー、念のため)
taitai















さて、仕事の方も頑張っております。






「介護のほんね」と言うサイトの監修をおこなっています。





高齢者レクリエーションについて書いたのですが、一部、自分の本の宣伝になっております(爆)




高齢者レクリエーション







そして、レクリエ、2021年7.8月号「コミュニケーションを活発にするレク」の監修をしました。
recrea




















今夜は、きらめきスキルアップ勉強会があり「認知症の人とのコミュニケーション研修」をする予定になっています。











認知症の人を元気にする言葉かけ不安にさせる言葉かけ
中央法規出版さんより2022年3月25日に発売!
詳細はこちら shinhondayo"
認知症の人といっしょにできる高齢者レクリエーション
講談社さんより2020年10月26日出版!
詳細はこちら shinhon
笑わせてなんぼの
ポジティブ
レクリエーション
日総研出版さんより出ました!
詳細はこちら warawasetenanbo
介護で使える言葉がけ250
2017年7月につちや書店さんから!
介護で使える言葉がけシーン別実例250 kotobagakenew
中央法規出版から!
頭・心・体に作用するゲームです。

おはよう21増刊宜しくね!

IMG_3140 (1)
ナツメ社からです
季節行事/年中行事に使ってね。

Amazonはこちら!! rekuhon
認知症によりそう
私も頑張って書きました!

認知症によりそう
yorisou4
2018年6月に介護レク入門DVDが出ます。
アマゾンはこちら! 790A190E-B478-4982-A531-77B96A004449
 講師依頼について
研修講師依頼の際は
eapdr.zun@yahoo.ne.jp(@を@に変えてください)
にお願いします。
koushi
音が出ます。見てみてね。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
  • ライブドアブログ