zunasea39

笑わせてなんぼの介護福祉士

トップページ

14 6月

風邪もひいてらんない

6月、7月は忙しいと騒いでましたが、今のところ順調に、研修は進んでいます。



福島の研修もかなふくセミナーも、自分で言うのもなんですが時間もぴったりで(笑)さすがにオンラインにも慣れてきたな、と言った感じです。




大学の授業は、今年度、外国から留学生が受講されていて、その学生さん達がとても可愛いです。





日本で介護福祉の学びを深めたいから大学院に入るのが目標と話す学生さん達をとても頼もしく感じました。




2回目の授業では、「うっかりホッケー」というゲームをみんなでおこなったのですが、大変盛り上がりましたよ。




来週は月曜日に看護学校の授業、水曜日は静岡まで復職応援セミナーで出張です。





6月1日のライブはとても楽しかったです。




私は、岬めぐりの演奏ではリコーダー、夏の終わりのハーモニー、冷たい雨、海岸通り、竹田の子守歌はキーボード、最後のオリジナル曲、横浜淫靡テーションはドラムを叩きました。



3刀流です(笑)




まあ、失敗したところもあるけど、みんな楽しんで演奏できたので良しとします!




こんなバタバタしているからでしょうか。





風邪をひいてしまいました。




しかも治ったかな・・・と思っても咳だけが残っている。





咳喘息っぽい・・・・。





と、うなだれていると、突然、我が家に赤ちゃんがやってきました(爆)





5月27日に生まれた、次男のよんよんの赤ちゃん、一希(かずき)くんがやってきたのです。






うわー、風邪なんてひいてらんない、という事で、体のメインテナンスをして、





家族一丸で赤ちゃんを育てています。




かずくんとたいくんが並んでいる写真がありますが、かずくんも3年後には、こんなに大きくなるんだねー。



kazukun4kazukun2kazukun1kazukun9kazukun5
16 5月

6月がやってくる

相変わらずバタバタと忙しくしている私ですが、6月は(5月29日も含め)、授業と研修が5回、7月も5回、今のうちに体力を蓄えておかなくては・・と身構えております。




来週は、福島で「認知症の人への言葉かけ」の研修があります。





オンラインなのですが、126名の参加ということで「うっひょーー頑張らなくちゃ」と気合を入れています。




今年は、大学の生徒さんも人数が多く、これまた準備で5月6月は準備しなくちゃですね。






そんな中、一昨日、川崎の研修で受講してくださった方から、大きい段ボールが届きました。




美しい便せんにはこれまた美しい文字で、「レクの研修で多くの気付きがありました。」と嬉しいお言葉。




「手芸用品をどうぞご活用ください。」




と、うちの老健の「縫い物クラブ」宛に手芸用の布地やフェルト、毛糸などをたくさんくださいました。




嬉しいですねえ。




レクの研修で、うちの老健の縫い物クラブの活躍を紹介させていただいているのですが、その話を聴いて、不要になった手芸用品を送ってくださったのですね。




ありがたくて涙が出そうになりました。




6月がやってくるのは、ビクビクなんですが、実は6月1日にライブがあって、それが楽しみで仕方ありません。
IMG_5086




倒れないように、ほどほどに、体力温存で頑張ります。





21 4月

新年度!新年度!

新年度ですね〜。




孫のたいくんは、幼稚園の年少組に入園しましたが、やっと慣れてきたようです。





家ではじゅんちゃんの携帯やメガネを隠すいたずらがひどく、娘のひかるにその話をしたら、「幼稚園でなにかしら我慢してそれが現れているのよね〜。」と言ってますが(笑)





隠される方は、探すのにおお騒ぎですよー。
taikunnyuuen










次男のよんよんは、すっかり小学校の教員もベテランの域に入ってきたようですが、今年から週に一回、大学の英文科に研修で通う事になり、やはりバタバタしています。




5月にはパパになる予定のよんよんさん、今年は大忙しですねー。





3月から4月になっただけですが、私の場合、この時期、いろいろな団体さんから研修講師の依頼がやってきます。



今年、静岡県は5回行く事になりそうです。



もう10回以上になるだろうなあ、静岡県社協さんからレク研修を依頼され、今年はオンラインではなく対面となりました。



80名ほどの受講者になると思いますので、練りに練って研修プログラムを作ります。




静岡県と川崎市は毎年毎年、欠かさず呼んでいただき、ありがたい限りです。




他に、福島県、福井県、茨城県、岐阜県と、様々なところから依頼をいただきまして。



オンラインで横須賀からお願いしますという研修もあり、大丈夫なのかなあとちょっと心配でもあります。




6月7月は大学と看護学校、それから研修講師の仕事があり、9回出張しますから、ぎゃーと騒いでる毎日でしょう・・・。




ちなみに6月1日は錦糸町でライブがあります。





それから極秘でレコーディングをしまして(笑)昨日はジャケット写真を撮影しました。





忙しいけど、楽しみもとっておかなくちゃ。




2024年度 研修講師予定
30 3月

きっと明日はいい天気

3月11日は、孫のたいくんの入院日でした。
nyuuin











アデノイド切除の手術のために、3歳になってすぐ、入院する予定でした。



3歳と言えば、まだお母さんと離れられない年齢、甘えん坊のたいくんですから、私は心配で心配で仕方ありませんでした。



個室はもう満室で、大部屋で一週間過ごすことになりました。 たいくんの隣には4歳の男の子が一緒の日に手術をすることになっていました。



12日が手術で、麻酔が切れると、痛みで泣いていました。痛いけれど、泣くともっと痛いらしく、体をよじって耐えている様子でした。鼻血や口からも出血があったようです。
IMG_4002









術後2日目(13日)には水分が摂れたので、点滴が抜かれてちょっと安心。




コロナ禍ということで、面会は、30分、二親等まで。




とにかく、工夫をして、みんなで入れ替わり立ち替わり面会に行きました。




面会は3時からで、パパ、ママ、じいじ、ばあば、と順番に面会に行くのですが、私は仕事があり、いつも7時くらいに病院に到着。




帰り際にはもちろん、抱き着いて泣きます。




痛くて泣くのではなく、「さびちい、さびちい」と言って泣くのです。




つらい・・・・。





痛みが減り、だんだん体調がよくなっても、夜は1人です。





心を鬼にして、泣いている子供を置いていくのですが、病院は病気を治すところ、医師や看護師にお任せしなくてはならないことはわかっていても、





せめてお母さんだけでも2時間くらい(晩ごはんから寝るまで)一緒にいさせてもらえないのだろうかと、毎日なんだかおばあちゃんの私が思い詰めていました。




私は、お土産にウルトラマンを持って面会に行ったのですが、いつも、「ウルトラマンより、たいくんの方が強いぞ」と言って抱きしめたもんです。




今回、思い切って手術をしたのは、アデノイド肥大が彼を苦しめていたことを家族はみな心配をしていたからです。とにかく夜はいびきをかくし、口を開けて寝るのでよく風邪をひくし、一番気になったのは時々呼吸が止まることでした。



手術後は、口を閉じて寝るようになり、鼻呼吸になりました。
IMG_4002













体調がよくなると病室でも遊ぶようになり「あと2日」「あと1日」とカウントダウンが始まり、
IMG_4002














退院の日を迎えました!
IMG_4002IMG_4002






















よく頑張ったね。もうさびちくないよ。ずっとママとパパと一緒だよ。





退院の翌々日が保育園の卒園式でした。




童謡唱歌の「虹」という歌を卒園児が歌ってくれました。





他のお友達や親御さんに申し訳なかったのですが、たいくんはずっと泣いていました。




「ママがいい」「ママがいい」とずーーっと泣いていました。





私にはわかってます。





4歳くらいになれば「泣いてもどうにもならないこともあるんだ」とか「もう少しがまんすればおうちに帰れるんじゃないか」「悪いところがあるから手術して、これから楽になるんだ」とか、考えられたかもしれませんが、





3歳になったばかりだと、何故こんな状態になっているのか、どうして1人にされるのか、ママと離れ離れなのか、入れ替わり立ち替わり、じいじ、ばあばが来るけれど帰っちゃうのか、暗い部屋に置いていかれるのか、さっぱりわからず、




世界中の人に「ママがいい」をわかって欲しかった、





「ママがいい」という言葉が、彼の思いの全てだったのでしょう。














IMG_4002
















もう、今は元気です。「虹」もこんなに上手に歌えます。


9 3月

2月3月大忙し!

2月は、なんと5日、研修日がありました。

2月8日 川崎、
2月10日 横浜
2月14日 埼玉
2月21日 埼玉
2月29日 川崎

もちろん、老健でも働いております。



先週は東京でレク研修のオンライン講義をおこないました。
90分しゃべりっぱなし。2,3回休憩を入れましたが、喋り疲れました(笑)
担当の方から、「僕自身が楽しめた、面白い研修だった、活舌がよくて聞きやすい声ですねー」と言われ、少しホラン千秋になった気がしました(笑)

横浜の研修は、ボランティアさん向けの認知症の人とのコミュニケーションだったのですが、とても好評だったようで一安心。

アンケート結果をもらい、

「・双子の孫育ても成長とともに難しく感じることが多くなっていますが、今日の高齢者、認知症の方への接し方、同じではないか!と心から参考になり、ありがとうございました!」というコメントを読んで、とても嬉しくなりました。


そうそう、認知症の人だけじゃないんです。誰だって人が自分をどう見ているか、大事に想ってくれているのか、言葉からも、言葉以外からも、見抜いているものなのです。






この時期、来年度の大学や看護学校の授業の予定を立てなくてはならず、



他にも情報誌への寄稿や他のコンサル的仕事など、とんでもない2月3月です。



そんな中、孫のたいくんが3歳になりまして、娘のひーちゃんが箱根旅行を計画してくれました。




孫は2月22日、ひーちゃんが2月2日、じいじが3月5日が誕生日なので合同誕生会ですね。



温泉につかってゆっくりしてきました❤
IMG_4002IMG_4001IMG_4016IMG_4002IMG_3986
7 2月

花王プロフェッショナルで脳トレのコラムを書きました。

関東地方は、雪に弱いですね〜。
私はいつも、高速道路で通勤しているのですが、月曜日の雪で「通行止め」になってしまったのですね〜。
電光掲示板には「のぼり」(東京方面)が通行止めとあったので、横須賀方面は大丈夫かな〜と思い、、、、一応、高速道路の料金所まで行ったのですが、夏タイヤだからダメとUターンさせられました。

まあ、事故が起こると怖いですからね。仕方ないことなのでしょうけれど。



こんな日は、雪見だいふくのような赤ん坊の頃のたいくんの写真を愛でて(笑)こたつでぬくぬくしたいですが、、、、月曜日も火曜日も出勤でした・・・・。
IMG_3810
















この1月2月は研修の仕事が多くて、飛び回っております。


特に2月は8日(明日)は川崎で新人・新任向けレク研修、10日は横浜の地域ケアプラザで認知症の研修、14日、21日は埼玉で認知症研修です。


去年もお引きうけしたのですが、主任介護支援専門員更新研修の受講要件に該当する研修だそうで、あたしなんかで良いのかなあと思っていましたが、今年もご依頼を受けたということで、



喜んでいただけた証と思い、今年も張り切って埼玉まで行きたいと思います。




そうそう、花王プロフェッショナルさんのコラムを書きましたので、お時間のある方、見てみてくださいね。



レクリエーションで脳トレ!でございます。


▼高齢者向け脳トレ!体操・計算・クイズのレクリエーション13選
3 1月

こんにちは2024。

あけまして・・・と大きな声で言いたいところですが、、、



元旦から日本は大変なことになっています。



北陸の方は研修で何度も行っていますから、今回の能登半島地震は、本当に心が痛く心配です。



幕開けから大変な2024年、登り龍のように上向きな一年になって欲しいものです。(たいくんも龍になってみました。)
IMG_3520















いつ、どこで地震があるかわからない日本ですから、備えはしっかりとしたいものです。





とにかく早い救助をお願いしたいです。





現地で寒い思いをされている皆様、懸命に働いている皆様、とても大変だと思います。
私は募金をすることしか出来ないのですが、どうぞ早く心身共に安全で穏やかな日常が戻りますようお祈りしています。







今年は私は元旦出勤でした。



ささやかながら、クリスマスと新年のお祝いに分けて家族が集まりました。




クリスマスはひかるのご主人のおかあさんも呼んで。IMG_3416IMG_3378IMG_3375IMG_3418IMG_3400















































お正月は次男よんよん夫妻を招いて。
IMG_3519IMG_3521IMG_3522IMG_3465IMG_3468IMG_3526


















































最後は、よんよんから報告がありました。
なんでも5月に赤ちゃんが誕生するそうです。
今は、風船に赤か青の紙を入れたもので、割って赤い紙が舞ったら女の子、青い紙が舞ったら男の子なんですって。
うちは、この色でしたよ。二人目の孫ですが、今度も「おばあちゃん」ではなく「じゅんちゃん」と呼んで頂こうと思います(笑)
IMG_3530









14 12月

私の2023年

私の2023年を振り返ってみます。
IMG_2312














トップニュースはやはり「本を出したこと」でしょうか。まあ一度出した雑誌をまとめただけなのですが、それでも生みの親としては嬉しいものです。

165C54C1-A422-44DD-A4C0-DF2355E707CD














今年もレクリエさんにはたくさんお仕事をいただきまして、監修もさせていただきました。
最新号の2024年1,2月号も監修しています。
165C54C1-A422-44DD-A4C0-DF2355E707CDIMG_2449toire2IMG_1482IMG_2312














































あとは、音楽も楽しみました。今年は「ユーチューブ配信」というものにも挑戦しました。
全てオリジナルで勝負したのですが、とても懐かしい曲ばかりで感慨深かったです。
IMG_0578



















家では、韓国ドラマにはまりました。「黄金の私の人生」「無人島のディーパ」「ミッシング」「力の強い女、カンナムスン」とか見ました。黄金の私の人生、無人島のディーパは特に良かったなあ。
「強く願えば思いは叶う。意外な方法で」という名言。そう・・・遠回りになっても諦めちゃいけないんだよね。mujintou

















さてさて、1年を振り返り・・・・1月は、初めてコロナになりました。




軽症で、1日目は7度5分ほど、声が枯れましたが、それほど喉は痛くなく、味覚も嗅覚も変わりませんでした。それでも仕事は10日休むことになりました。




1月は川崎でレク研修をおこないました。



2月は、埼玉県社協向けの認知症の研修がありました。主任ケアマネの更新研修で2週間にわたる研修でした。1週目の後にテストをするという事で、テスト作成も頑張りました。





3月は静岡県社協さん、川崎市社協さんから依頼を受けている毎年恒例の研修。




週刊誌からの取材を受けたのも3月でした。思えば、今年は週刊誌さんからの仕事が多く、そのうちお一方は、いろいろな介護関係者の言葉をまとめて本にされており、私の取材も載せていただいてます。IMG_1925













4月は自分の職場関係から依頼されて、ラジオ出演しました。職場でレクの仕事をどのようにおこなっているかお話をさせていただきました。



この月も、週刊誌から取材を受けましたが、その企画というのが「百円ショップで、便利な介護用品を3000円分買う」というもの。
IMG_1925

















聞くからに楽しい企画だったので、すぐ「やりたい」と答えたのですが、施設介護職の私ではちょっと役不足で在宅ヘルパーさんにお願いして一緒に買い物をしていただきました。




5月には、仙台で久し振りに、笑福会の仲間と会いました。
ほっそりした「しんさん」と相変わらず太っている私(笑)
IMG_0578IMG_0578















皆さん、お元気で、一緒に美味しいお酒も飲めました。楽しかったなあ。




6月も週刊誌の取材を受けました。こちらは「認知症の人への言葉かけ」のような内容で、お医者さんが監修していて、私が「こういう場合は、こういう言葉かけをしましょう」と事例に沿った会話例を紹介しました。
IMG_0578

























6月は大学と看護学校の授業が重なり、本当に休みの無い毎日でした。





7月は東京都千代田区でボランティア向け研修がありました。近所の中学生さん達が社協で職業体験をしており、研修を手伝ってくれました。






かなふくセミナーがあったのも7月。言葉かけについての研修でした。




今年の夏は猛暑続きでしたよねえ。職場で、ご利用者を散歩にお連れするのですが、暑かったわ〜。




そうそう、9月は福島に行ったんだった。9月の福島、楽しかったなあ。




10月は、横浜市認知症デイ協議会さんから依頼を受け、オンラインの研修をおこないました。




そして、10月は、大分からばあちゃんがやってくる「お引越し」がありました。




大分の施設から、私が働く老健に移ったのです。ばあちゃん93歳、現在、リハビリを頑張ってます。




ちょくちょく、ひ孫が面会(窓越し面会)に来るのでとても嬉しそうです。



10月に単発で大学の授業がありました。非常に反応がよく、授業がやりやすかったです。それから、11月のかなふくさんのレク研修。




受講者さん達が非常に熱心でしたので、途中で「これとこれとこれでレクゲームを作って」のようなお題を出したのですが、





びっくりするほど多種多様なレクゲームをみんなが作り出し、正直に「このネタ、ちょうだい」(笑)と言ってしまいました。





12月は静岡のレク研修が20日にありますので現在はその準備です。





1月2月3月も研修が入っており、バタバタしそうです。



さあ、ざーーーっと書いたお仕事の内容。




実は、これは一部分でして、私が一番頑張っていたのは、





「ばあちゃん業」です。
IMG_2312















たいくんは、ばあちゃん(私)を友達だと思っているようです。
ウルトラマンになりきって、怪獣のじゅんちゃんを退治しようとします。




それから、3年間、頑張った、コンサルティングの仕事がほぼ終了しました。




12月に上市されましたーーーーー。




終わったーーーーーー。




この写真は、横浜でのお披露目会のものです。
IMG_2312IMG_2312






































ばんざーーーーーーい!!!!
26 10月

暑さ寒さが極端やでー

暑さ寒さも彼岸までーでなく、
暑さ寒さが極端やでー。と叫びたくなる今日この頃・・・。
暑い暑いと言いながら急に北風ピープー、昼は真夏、夜は寒い寒い・・・。一体どうなってるの?
そんな10月は、とにかく走りっぱなしの1ヶ月でした。




ひかるの夫婦喧嘩で、孫のたいようの顔が毎日見られる日が続いたものの、やはり「孫は週に2,3回遊びに来るのがいい」と思える10月でございました。
IMG_1866















10月7日はライブでした。懐かしい昭和の歌を中心に「歌声喫茶風ライブ」と称し、みんなで歌いまくった夜でした。
IMG_2504

















11日は、横浜の認知症デイの研修。ハイブリッドで、オンラインと会場。私はデイサービスも経験があるので、研修講師でありながら一緒に学べるいい研修だったと思います。




15日から大分へ飛び、大分の老健を退所するばあちゃんを連れて、いざ横浜へ。




ばあちゃんは私の働いている老健に入所しました。




昔から「ここなら家族や自分が入所してもいい」と思える施設で働きたいと思っていたので、夢がかなったと思います。




93歳にして、大分を離れるばあちゃんが少しでも慣れてくれるようにと、せっせと朝働く前や、仕事が終わった後に顔を見せるようにしています。





20日は静岡の復職応援セミナー。ここ5年くらい呼んでいただいています。





ふたをあけたら50人か60人ほど集まってくださっていて、ちょっと驚きました。





21日はこれまた横浜の包括さんから研修を依頼されその打ち合わせに。





そんで24日は帝京科学大学の授業でした。



大分、静岡、横浜、東京、と走りっぱなしの10月。





孫の世話は疲れる疲れると言いながら、やはり10月も「癒し」は孫でした(笑)
IMG_2312


2 10月

レクリエのページを監修しました!

あっという間に秋になり、あっという間に、私は61歳になりました。



レクリエ2023〜2024特別号、認知症を知ってレクとケアに生かそう!のゲーム監修が掲載されました。IMG_2449




















私は毎日バタバタしながら、元気に、介護職として、研修講師として、学校の先生として、



時にミュージシャンとして(笑)がんばるおばーちゃんをやってます。
IMG_2312

















たいくんは、私のレク道具で遊ぶようになりました(笑)
IMG_2090

9 8月

お盆もカレンダー通り

明日から夏休みという人も多いようですね〜。



私は、6月7月と大学と看護学校の授業でお休みを取ってしまったので、お盆は普通に介護職出勤ですよ〜。



九州、四国の方は大雨、台風6号が大きな爪痕を残しています。



心よりお見舞い申し上げます。




九州と言えば、大分のばあちゃんが、とうとう施設入所し、秋には横須賀に来ることになりました。




「介護」は他人事でなく、我が家にも降りかかってきましたが、うちは私の両親も他界し、夫の父親も他界していますから、たった一人のばあちゃんです。




大事にしたいと思います。





介護福祉士ですから、介護には自信があります(笑)





でも、孫も来るし、ばあちゃんも来るし、毎日バタバタしております。






ところで、前号に引き続き、レクリエの特集を監修しました。
2023年9.10月号 トイレ動作のための「下肢・体幹」を鍛えるレクです。宜しかったら見てみてね。
toire2toire3


































19 7月

いろんな所で、活動してます。

その1、孫が初お泊り。



孫のたいようくんは、どんどんお喋りするようになってきました。



面白いですね〜。



人間は、こうやって言語を獲得するのか〜。と、たいようを見て学んでおります。

IMG_1238















娘のひかるは、幼稚園の先生で、2歳児を受け持っていますから、家に帰っても、仕事でも2歳児を相手にしているのですね〜。大変だろうなぁ。でも、ばあちゃん業も頑張ってますよ。


その2.レクリエさん最新号(2023.7月8月号)、全身の柔軟性を高めて「着脱」を楽にするレクの監修をしました。
ちなみに、今、レクリエさんのお仕事、たくさんいただいています。ひーーーッ。
IMG_1482IMG_1483















その3,女性セブンに取材記事が載りました。
「認知症の人が見ている世界」という特集ページですが、なんと前回に引き続き、カラーで巻頭6ページです。またまた隣が大谷さんです(笑)
こちらのページは、認知症の人の症例を9つに分けて、医学博士が「この症状がどうして出るのか」説明をして、その下に私が「向き合い方」を説明しています。
とてもきれいにまとめられていて、気に入っています。
女性週刊誌の最初の方にカラーで出るほど、読者が知りたがっている情報なのですね。
宜しかったら、コンビニや本屋さんでお手にとってみてください。
dポイントカードの登録をしている方は、
こちら でも読めるようです。
IMG_1467IMG_1459
















その4,大学と看護学校の授業が終了。




私の場合、本業は介護福祉士ですから、授業のために介護業務をお休みすることになります。




現場に迷惑をかけるなあ、申し訳ないなあと思いつつ、6月7月は、学校の授業に専念した月でした。




看護学校のレクの授業はいつも秋におこなうのですが、今回は春におこなうと言うことで、勢いに乗って、同じクラスで、同じ月に2回の授業を受け持ちましたが(認知症とレク)




他の教室に迷惑をかけないかと心配になるほど、大爆笑の3コマでした。





担当の先生の話だと、看護師実習生も、施設でレクを頼まれることが多いそうで、(横須賀はレクが好きなのか?)生徒のノリもとても良いです。




来週の月曜日は、大学のレクの最後の授業ですが、皆さんのこれからの人生に「レクリエーション活動援助」がなにかしらお役に立てたら良いな、と思っております。






その5,来週はかなふくセミナー
来週は「かなふくセミナー」があります。座学とオンラインで、認知症の人とのコミュニケーションについて講義をおこないます。
レクの講義と同じように、全員がなにかしら話せるよう(眠らせないよう)バンバン指していきますよ〜。





その6,土曜日に初めて「ユーチューブライブ」に出演します。

いつもお世話になっている「ぼっけもん」さんがYouTube配信でライブをするということで、
「mini-P」として出演します。


演奏曲は
「舟歌」
「横須賀ストーリー」
「石狩挽歌」
「恋人もいないのに」
「横浜淫靡テーション」(オリジナル)です。


vocalとギターがみーちゃん、ギターがぴらちょん、キーボードがわたくしです。
恋人もいないのに、では、わたくし、頑張ってハモリます。


以下のチャンネルで演奏します。
うちは、2時ごろからでーす!
暑い時は、家の中でのんびりするのが一番!!


ぜひぜひ、見てみてねーーーーー。
You tube Live


7 7月

七夕ですね〜。

先週は、利用者さん達と、七夕の短冊作りをしていました。




私の願い事は毎年「今年こそ10キロ痩せたいです。」なのですが。




どうも願い事が叶う事はありません。




水曜日、孫のたいくんを保育園までお迎えに行ったところ、保育園でも笹飾りを作っていたようで、





たいくんの願い事を知ることができました。





「青いピザが食べたいです。」





・・・・・青いピザ・・・・。





どこに売っているのだろう・・・。どうしてピザなんだろう・・・・。



IMG_1288

















さて、7月、私は大変な1ヶ月を送っていました。








老健は休みがち・・・。本当に同僚の皆さんに申し訳ないです。





7月の月曜日と木曜日は、大学と看護学校の授業が集中していました。





そして昨日、木曜日は、東京都千代田区の社協さんからの依頼の「かがやき大学」の授業でした。
IMG_1294














驚きですが、受講者は14歳から92歳まで幅広い年齢層で構成されていました。





いやいや(笑)14歳、15歳の学生さんたちは、お近くの中学校の職業体験でした。




とても礼儀正しくてきぱき動く学生さん達で、椅子を並べたり準備を手伝ってくれたりしました。




さて、研修がスタートしました。




「サザエさんの波平さんと福山雅治の年は同じ54歳」とショッキングな言葉が私の口から飛び出しました。





昭和の昔と比べると、皆さんは実年齢より20歳若返っています!と私がシャウトしましたが、





ヤバ!中学生の皆さんは、存在しなくなっちゃう(笑)





すぐに話題を変えます。





「見た目ってことじゃなくてね、考え方ですよ。頭の柔軟性が大事です。どれだけ頭が柔らかいか、今日は皆さんに「とんちなぞなぞ」を出しますよ。





「富士山にのぼった人全員が必ずすることって、なんでしょう?」






「はいっ!」と元気に挙手する女性、「ご来光を拝む」





いい答えですね〜。でも不正解。





中学生のお一人が挙手をしてくれました。





「下山」







「正解!!」







さすが、若い人は頭が柔らかいですね〜(笑)





「東京から大阪まで時速150kmで高速道路を走る車、1時間後にはどこにいるでしょう?」





これも3人ほど挙手してくださった。





でも不正解。また中学生さんが「警察署」と答えて正解。






つかまっちゃったんですね〜。






このように、中学生さん達、研修を盛り上げてくださいました〜。





1時間半のセミナーはあっという間に終わりました。






いい職業体験になったかな?





そして参加してくださった受講者の皆さん、楽しんでくださったかな?





さあ、これから看護学校の期末試験を作ります。





週末は忙しくなりそうです。
11 6月

また週刊誌で取材を受けました。

ここのところ、週刊誌から取材を受けることが多かったです。



まず、ブログでもお知らせしましたが、4月には女性セブンさんで「終活」についての取材。



終活って、若いうちから始めておいた方が良いように感じます。



なにが起こるかわからないこの世の中。



よりよく生きていくための終活ですよね。




先週の金曜日は、週刊ポストに記事が載りました。




最初、「DIY、キッチン、福祉介護の専門家」に百均で「3000円買い物をする企画」と聴き、




「う〜ん。私は施設介護だしなあ、出来るかなあ」と首をかしげました。





もちろん百均のお店は大好きです。




シールを集めて、食器を集めたこともありますしね。




面白い企画だけど、私じゃ役不足だなと思い、るかさんのお友達の「片付けヘルパーさん」に同行をお願いしました。




永井美穂さんと言う方で、介護保険外の片付けヘルパーで有名なお方です。




最近、本も出したそうですよ。



1日10分でおうちがキレイに! シンプル&最強片づけ術





渋谷のDAISOで、「あーでもない、こーでもない」と、介護に使えそうな小物を3000円分選びました。





アメリカのアクティビティディレクターさんが、利用者さん達を100均に連れていっていましたが、



2000円以内などと制限をつけて、買い物をするって、とっても良いレクですよね〜。











とても楽しい企画でした。





私は「週刊ポスト」は読んだことがなかったのだけれど、どちらかというと色っぽい記事の多い週刊誌だった気がしていました。





表紙は男性が好みそうな(笑)見出しの多い雑誌です。





でも目次には「グラビア 3000円のお買い物」とあり、ページも前の方でカラーじゃないですか。





「週刊ポスト」のカラーのグラビアページに写真が載った、と周りに言いふらしております(笑)






実は、先週はもう1件、女性週刊誌さんから取材を受けました。





それは7月頃出るようです。





なんだか最近週刊誌づいているわたくしでした。
IMG_0780IMG_0781IMG_0782




28 5月

笑福会 in 仙台

10年ぶりの同窓会!



みんな、全然変わってなかった!



スリムになったしんさんと太った私以外・・・・。
IMG_0580















お題はこちら
warasendai7















2日間、一生懸命勉強したから、もうへとへと。明日は仕事なので、写真でさーっと振り返ります。





大活躍ひろくん。(昔の動画を流してくれましたが、ひろくんがまだヨチヨチ歩きでした。こんなに大きくなって、司会までこなして(涙)おばあちゃんは嬉しいよ〜。
IMG_0584


















一番バッターは、私。
warasendai3warasendai11













途中から、ルカさんと、みねこさんにもお話しいただきました。
IMG_0587



















次は、渡辺さん
warasendai4



















二日目は山下さん。
IMG_0595warasendai9
























マッキー広美さん
warasendai5warasendai8





















田中さん
warasendai6warasendai10






















講師陣がそろって
warasendai2


















夜の宴会!みんなでポーズ!
warasendai15warasendai12warasendai14IMG_0600IMG_0607









7 5月

GWはカレンダー通り

4月の後半は、相変わらず、介護の仕事の他が忙しく、そうそう、またまた週刊誌の取材で渋谷に行きました。




今回のお仕事は、依頼をされた時、「ん?私で良いのか?」とはじめ躊躇しましたが、取材の内容がとても面白かったので、るかさんのお友達に声をかけていただき、その方と一緒に引き受けることにしました。





渋谷でのお買い物に関わる仕事です。おそらく今月中にアップされますので、(おそらくウェブでも)その時に、ぜひぜひご覧ください。






一緒に買い物をしてくださった〇〇さん、本当にありがとうございました。





ゴールデンウィークはカレンダー通りです。






休みの日も、コンサルの仕事や、レク情報誌の仕事で、休む暇はありません。





そして、6月になると、川崎のレク研修、看護学校、それからそれから大学の授業が始まりますので、うわあああ、準備をしないと。






GWは一日だけ、GWらしい1日がありました。






横須賀に「くりはま花の国」と言うところがありまして、そこの鯉のぼりを見に行きました。





たいようくんはこんなに大きくなりました。ひーちゃんもママらしくなってきました。
IMG_0267IMG_0266
















鯉のぼりは気持ちよさそうに泳いでましたよー。

IMG_0265
IMG_0261IMG_0262
16 4月

女性週刊誌の取材を受けました。

女性週刊誌さんから受けた取材の記事が掲載された号が発売されました。
E42A00B0-ED2D-402D-9D92-D0D125AF4BF76A1E4899-F1CC-4B7F-A3F5-4B0689FBC0FA
















と言っても、実は、職場のPTさんから、4月5日のラジオの音源を今日いただいて、聞いていたら、最後に自分が週刊誌の宣伝をしていて「あっ、そうだ、週刊誌!」と思い出し、さきほどコンビニで買ってまいりました(笑)




ふーん、こんなふうにまとまったんだあ、ライターの人も大変だなあ、さすがプロだなあと感心をしながら読んでいました。




実は、他に、取材を受けただけの、まあ文章の一部ですが、まとめたものが書籍化されるそうで、そちらも楽しみです。




女性セブンさんの今回の記事のページ(終活についてです)の下には、「介護現場で働きながら、介護従事者にコミュニケーション方法などを教える活動も行う。著書に「介護で使える言葉かけシーン別実例250(つちや書店)など。




と紹介されており、「レクリエーション」と言う文字がないんだなあと意外に感じました。





4月はレク情報誌の監修、職場内研修の準備などがあり、バタバタしています。





学校は看護学校も福祉大学も6月開始なのですが、5月はコンサルの仕事が山のようにあり、忙しい春です。




久々、友達と銀座で映画を見てきました。





楽しかったです。コロナで「友達と映画」なんてずっと控えていたので、3、4年ぶりなのかな。




「Everything Everywhere All at once」




アカデミー賞を総なめした作品です。





まあ、一言で言うと、「漫画みたい」な映画でした。





そんなわけないでしょ?みたいな、展開が続くわけですが、まあユーモアが散りばめられた楽しい映画でした。





この映画の主役女性は、なんと私と同い年です。





まだまだ負けてらんないですねー。ヌンチャク振り回して暴れまわらないとねー。





映画の内容よりも、高校時代の友人と、ゆっくり食事をして銀座をぶらぶら出来たことがとても楽しかったです。

97CAAB53-02A3-4FEA-8DA0-96D7319F1C03A789A1F0-600E-41FD-B214-BBDFB7A2E1F2


9 4月

音楽に恋して

先日、発表した通り(笑)、水曜日にラジオに出演しました。



実はラジオは2回目です。1回目は主婦バンドのバンマスとして(笑)大石吾郎さんの番組に出演しました。その時はうちのバンド(EAP)の音源も数曲流してもらいましたよ(そのためにレコーディングをしたんだわな)懐かしい思い出です。



今回のラジオ出演は、私が働いている、医療法人の提供でお送りしているラジオ番組です。老健で働く人たちが自分の仕事の話をする、という内容になっています。




老健ってどんなところだろう?と疑問に思っている人にはとても有効な番組になっています。




番組の冒頭には言語聴覚士(ST)が、誤嚥予防の口腔体操やミニ知識の伝授などをおこなっています。




本番は、あまり緊張はしませんでした。パーソナリティの人と、うちのSTの会話がポンポンととても楽しかったので、邪魔しないように、どうやって話すかそればかり考えていました。



元来の性格なのでしょうか、突然思い立ったことを言ったり、やったりします。





無茶ぶりも得意です。




今回も「自己紹介をお願いします」と言われると「バスト90,ウェスト60,ヒップ90」って言おうかなとか、利用者さんの体操の様子(歌謡体操の最後にやー!と叫ぶところ)を録音したものを聞いてもらおうかなとか、台本にないことを突然言っちゃおうかとか思ってました(笑)



でも、今回は、お仕事のラジオ出演なので、教科書通りに話しました。




クイズを突然出したり(102歳の人の共通点とか)、エピソードも原稿にないこと喋りだしたり、無茶ぶりも少々ございましたが、



さすが、慣れているラジオのパーソナリティさん、上手に返してくださいました。




★★★★★★★★★




水曜日のラジオより、土曜日の、オープンマイクの方が緊張しました。





毎月1回、横浜のフォーク居酒屋さんで「音楽に恋して」という集いがあり、そこで下手っぴなキーボードを弾き、歌わせていただいています。




バンドでは、ドラマーで歌など歌わないのですが、コロナでライブが出来なくなり、キーボードを練習するようになりました。




目的は「脳トレ」です。




毎回、歌をおぼえ、曲をおぼえ(前奏、間奏、後奏)弾けるようになるまで練習し、歌もおろそかにならないように(と言っても毎回おろそかになっています)この、弾きながら歌うという作業は、本当に大変です。




「音楽に恋して」という集まりは毎回テーマが変わります。



「色」だったり「失恋」だったり「家具」だったり、、、、今回のテーマは「空、天体、飛行物体」でした。



1人2曲演奏させてもらえますが、2巡目には2曲(人が多い時は1曲)の演奏になるので、多い時は4曲の曲をおぼえていきます。



私の場合、同じバンドのぴらちょんと一緒に演奏することが多く、そうなると、8曲演奏することがあり、そうなると、もうライブと一緒です(笑)



あまり練習が出来ず、「今日は参加者が少ないから2巡目も2曲」となると、頭の中がパニックになります。



たいてい、私は難しい曲(私にとって、という意味ですよ)を選ぶので、キーボードを弾いている途中、頭の中が真っ白になったり、




どこを弾いているかわからなくなったり、




歌詞を自分で作っちゃって変な意味になっていたり、




悔しい思いもします。そんな時は演奏後、ひどく落ち込み、「あんなに練習したのにどうして出来なかったんだろう」とか「もっと練習すれば良かった」と後悔の念に駆られる夜を送ることになります。



でもすぐ立ち直り(笑)次回の選曲に入ります。なんたって練習は1ヶ月しかないのですから。





今回のお題は、さきほども書きましたが「空」でした。





私の選曲は「麦の唄」(中島みゆき)「異邦人」(久保田早紀)おもかげ色の空(かぐや姫)カモメが翔んだ日(渡辺真知子)の4曲です。




カモメが翔んだ日以外は、初めてキーボードで弾く曲で、毎晩、仕事が終わってから、ヘッドフォンをつけて練習をしましたが、特に異邦人の間奏が難しい。




ぴらちょんの選曲も「星空のディスタンス」(アルフィー)空に星があるように(荒木一郎)太陽がくれた季節(青い三角定規)「私の青空」と、難しい曲ばかり。




星空のディスタンスの間奏もとにかく難しい。




私の青空という曲はご存知ですか? エノケン、榎本健一の歌です。




古い曲ですが、私には新しさを感じさせる曲でした。ぴらちょんの選曲は、毎回、何故か1曲、私自身がはまってしまう曲があります。




以前、彼が「海岸通」という曲を選曲した時、私、その曲を知らなかったのですが、たまたま夫の実家(大分県津久見市)に行った時に、「海岸通」と書かれたバス停を見つけ、ここがあの歌のモデルになった場所と聴き、それから大好きになった曲です。




私も昭和37年生まれですから、「海岸通」を知らないというと不思議がられたりしますが、おそらく私よりちょっとお兄さんお姉さんがよく「かぐや姫」とか「風」とかを聞いたのではないでしょうか。


私はどちらかというと歌謡曲の方が好きだったので、アグネスチャンとか天地真理とか西城秀樹とか、あっちの方ですね。フォークソングは少し疎かったのかもしれません。



伊勢正三さんは、夫がいつも「南こうせつと伊勢正三は高校の先輩だ」とか「伊勢正三のお父さんとうちのおやじが知り合いだ」とか自慢していましたが、私自身、伊勢正三さんをあまり知らなかったので、「ふーん」で会話は終わってしまっていたのでした。



イルカも「なごり雪」は知っていましたが、「海岸通」を歌っているのは知りませんでした。








話が長いですねー(笑) でも久々だから長く書いちゃおう。




今回の「私の青空」はビールのCMにもなっているので、なんとなく聞いたことがある人も多いと思います。




最近はユーチューブで、昭和初期とか大正時代の動画、写真集まで見られるようになりまして。




職場で利用者さん達に「私の青空」を聞かせると「懐かしい」とみんな大変喜んだので、しばらくはエノケン特集(笑)




エノケンの曲に「東京節」と言う歌があり、その歌の中に「ぎっちょんちょん」という言葉が出てきました。




私の母親が、よく「ぎっちょんちょん」と言っていて、「ぎっちょんちょん」って何だろう?と思っていましたが、ああ、この歌の歌詞だったんだーと、新たな発見。





まあ、こんな感じで、毎回選ぶ「音楽に恋して」の選曲と練習は、私にとって一大事です。





昨日の「音楽に恋して」は、1巡目に、星空のディスタンスと私の青空、麦の歌と異邦人を演奏しました。




他の人の演奏で、「青い夏」という伊勢正三の歌を演奏し歌っていた方がいました。





それがとてもお上手で、マスターとのハモリも完璧で、もう非の打ちどころがない。





その時思い出したのが、去年、大分県の夫の実家に帰省して、伊勢正三ミュージアムに行った時に、案内してくださった方が



「青い夏」を聞いたことがありますか、あの歌は、ご主人の実家の裏山を歌った歌ですよ、自転車を下ると見えるみかん畑っていう歌詞があるんですよ」と教えてくださった。




わお、あの歌だ、そして聞けば聞くほどいい歌じゃないですか。





ここから、私の悪い性格が出ます。





ぴらちょんに




「あんた、次の曲は海岸通りにして。譜面ないんだけど」と言う。





「いや、譜面を書くわ、あたしも無いと困るから。」と、その場でコード譜面を書き始める。





やっと書き終わり「書いてあるコードはCだけど4つ下げます。」と言う私(笑)




ギターにはトランスポートがないんだわな。





やっとの思いで、コード譜を作ると、突然、お店に、外人さんのカップルが登場





「ここは一体、なんのお店ですか〜?」みたいな感じで入ってきた2人。





お店でわいわいやっている雰囲気が気に入ったのか、すぐ溶け込む。





男性は「シカゴから来た」と言い、女性は「カリフォルニアから」と話してくれました。





「私はオレゴン州のポートランドに少しいたのよ。と話し、ここはみんなで歌を発表するところよ」と久々、英語を使ってお話をしました。





すると、今度はちらっとぴらちょんを見て、「あんた、やっぱり海岸通はやめて、「カントリーロードにするわ。歌えるかどうかわからないけど。」と無茶を言って(爆)





カントリーロードを歌いました。





かわいそうなぴらちょん・・・・。





無茶ぶりするこの性格、いつかなおします。




1 4月

新年度の発表

4月ですね〜。


孫のたいたいくんは、潮干狩りデビューをしました。



娘が復職して保育園通いをしていますが、しょっちゅう風邪ひいています。



免疫をつけているのですね〜。



言葉も3語文が出るようになり、ちょっとお兄ちゃんらしくなってきました。
AD1A78E1-B1D0-4071-AE9C-141F3742D204
















私はと言えば、4月にはいろいろ控えておりまして。


まず
4月4日。
ロボット型介護福祉士、順子ちゃんが、プレスリリースされます。開発が始まって3年、、、頑張りました。嬉し涙ちょちょ切れです。

4月5日。
ラジオに出ます。レクリエーションについて語らせていただきます。上手に話せるかな?

4月6日。
某女性週刊誌から受けた取材記事の載った週刊誌が発売されます。


ひゃっほー!



忙しいな、まったく・・・。
8 3月

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る

1月はコロナに罹り、2月は研修続きでした。
こういう言い方をしちゃいけないけど、1月は研修がなくて良かった。
2月1日は川崎でレク研修、8日、15日は埼玉県での研修。
埼玉の研修は「令和4年度認知症ケア専門研修〜利用者を安心・元気にするコミュニケーション」という名前の研修でしたが、70名以上のオンライン研修で、主任介護支援専門員更新研修の受講要件に該当する研修でした。
研修は1部と2部に分かれ、1部終了後のテストも作りましたが、看護学校の認知症の授業を受け持っているので、テストを作ることは比較的簡単でした。
主任ケアマネ更新研修の受講要件に該当ということで少し緊張もしましたが、無事終了し喜んでいただけたので良かったと思います。
3月は2日が静岡、9日が川崎と、これまた研修続きです。
バタバタしまくりですが、2月2日に発売された本のご紹介をします。
まずは2歳になったばかりのたいくんが宣伝(笑)
BD920D29-A602-429C-A9E7-E94B2B9812C24E0C80A4-9829-4DA3-AA0C-CE8AD015F0A368012AB7-988C-4045-89A7-F7BFCE30C4E7E1129077-4DBB-4994-B2BB-5AC3044F0A73

































レクリエブックスから出た「高齢者のための機能向上レクリエーション」です。
この本は、以前、レクリエに掲載したものなので、レクリエの愛読者さんは「あ、見たことある」と思う本だと思います。

私からしてみればどれも思い出深いページで、「づんこのレクリエ総集編」みたいな本なので手にするのは感慨深いです。もちろんこの他にもたくさん監修をしていますけれどね。

写真の許可をいただき撮影をさせていただいた施設にお礼を言いに行きたいのですが、コロナやら研修やらがあってなかなか訪問できず、、、、明日、川崎研修の帰りに行ってみようかなあ・・・。




最近は、Netflixのドラマ「アウトランダー」にはまっています。
ラブシーンの多い(笑)ドラマですが、タイムスリップものの歴史ドラマで、大変面白いです。



音楽の方も細々とフォーク酒場で弾き語り(ピアノで)をさせていただいていますが、3月は、オープンマイクで5曲演奏することになっており、公私ともに忙しいです。


もちろん孫のお世話も(笑)
22 1月

お正月〜コロナ〜復活!な1月

お正月は、家族が集まりわいわいと楽しました。 久しぶりに親戚も集まりにぎやかな一年のスタートでした。




たいたいは、神主さんのコスプレで登場しました(笑)
AFB9A98C-97D8-4C42-829F-83AD3899A607

















ばあばのじゅんちゃんは、前日からせっせとおせち料理作り、今年は、里芋のから揚げ、煮もの、なます、それから黒豆は手作りでした。
476CC5BD-DC5F-4867-AF3A-D641D37963BECC59E815-FCBB-483C-B028-424F934BD182D3417592-1E43-48F8-9F2F-CF16A8DF0C6D


































神主たいたい、つまみ食いが始まりました・・・。
1A32AC2A-7C12-405C-A6F7-84415021F61D3C541107-D085-4DDF-9C0C-CDAD48DC3A597DEA9FAE-4299-45E4-A4B1-B64790F6323F































なますと黒豆はほとんど、たいたいが食べました(笑)
860119E6-E695-4125-96BB-9275395A3AEB















最後は、よんよんおじさんに、お年玉のぬいぐるみをもらって満面の笑み。F8EA559A-64CD-4218-89E1-6CB695C667C2











さて、お正月も終わり、仕事が始まり、ばりばり働いていた私ですが、







なんと、コロナに罹患しました。







まず夫が38.5℃の発熱。抗体検査キットでは陽性。





病院に行って検査した私は陰性でしたが、1日遅れで私も陽性。





夫が熱を出した日、私も喉が痛かったのですが、最初陰性だったのよねえ。





結局、私は当日だけ37.5℃出ただけで翌日から平熱、喉の痛みも1日だけ。





家にずっといるのがつらい、自宅療養でした。(ずっと夫婦喧嘩www)






明日から出勤です。





久々、利用者さんと会えるのが楽しみです。
31 12月

あけましておめでとうございます。

2023年がやってまいりました。皆さま、健康で幸せな一年になりますように。
D37BDD91-0198-4FAA-B744-B47952F74B7F















毎年12月31日に一年を振り返っております。




毎年、たいていは「忙しかった」と書いていますが、まあ今年も笑っちゃうくらい忙しく・・・・それでも年末恒例で10こばかり、心に残ったことを振り返って書いてみたいと思います。




ヾ堽颪魴泙┐泙靴拭
私の母は63歳で癌で亡くなっています。今思えば、若かったなあと思いますが、今年は、60歳まで元気にいられることを有難いと感じると同時に「命には限りがある」ことを実感した年でもありました。
夏、高校時代の友人が亡くなった時、お通夜では、「よく頑張ったね、いずれそちらに行くからちょっと待っていてね」という言葉をかけました。
陸上部で一緒に走った仲間でした。可愛くてしっかり者でいつも人を気遣う人でした。
ショックというより心に穴があいたような寂しさを感じました。
高齢者施設で働いていると、皆さんの寂しさがとてもよくわかります。「早くお父さんのところに行きたい」「息子が先に逝っちゃったから」などと呟くのですが、みんな「いずれ同じところに行く」と安心しているような話し方をする人もいます。あの世があるのかはわかりませんが、
命は限りがある、長さより、いかに毎日毎日を大事に生きていくか、それを実感する年齢になったなあと思います。

△修隆堽颪魴泙┐浸は、コロナのクラスターで誕生日どころではなかった。
もちろんレクどころではありません。
水曜日にクラスターが発覚し、木曜日はイエローゾーンにいましたが、そのイエローゾーンで次々に私が「この人、顔が赤い」「熱があるようです」と報告をして陽性が確認されました。
もちろんガウンや手袋マスクなどをして完全防備でしたが、よく感染しなかったなあと思います。
12月31日現在、まだ感染していません。
研修講師の仕事などであちこちに飛び回っていますが、ありがたいことに感染しません。
うちのフロアでは職員のうち感染していない人は3人で、そのうち1人が私です。
毎日、にんにく、梅干し、ヨーグルト、納豆、、免疫があがりそうなものを食べて頑張っております。

これもコロナ関係ですが、ワクチンの副反応がひどかった。
特に3回目。40℃近く熱が出て、腕が痛く、一晩中うなっていました。
娘のひーちゃんは、感染したのですが、「ママを見たら、コロナになった私の方が軽いと思った」と言ったほど。
ちなみに赤ん坊のたいたいも感染しましたが、1日だけ発熱してすぐ元気になりました。

ぃ碍遒頬椶鮟个靴泙靴拭「認知症の人を元気にする言葉かけ、不安にさせる言葉かけ」(中央法規出版)を出しました。この度増刷が決まりとても喜んでいます。
今年度、言葉かけの研修講師や執筆の仕事をたくさんいただきましたが、皆さん、お会いする時に、私の本を持参でいらしてくれました。嬉しかったなあ。
世の中にはいろいろ研究をしているお医者さんや学者さんがいますが、現場で毎日、認知症のある利用者さんを介護し、言葉のやりとりをしている介護職員だからこそ発信出来た本なのではないかと思います。現場からの視点をいつも忘れたくないと思っています。
ちなみに、1月末に世界文化社から「高齢者のための機能向上レクリエーション」が出ます。
これは以前にレクリエで出したものをまとめたものですが、カラー写真でわかりやすくレクネタを紹介しています。現場で使っていただけると嬉しいです。

ゲ須賀で初めて講演しました。100人規模の横須賀での講演は初めてでした。
講演の途中、「どうですか?」と質問をして、顔を上げたら知り合いだった、というどっきりシーンは地元ならでは(笑)
アンケートはとても良かった。横須賀の皆さん、ありがとうございました。
この他、福井県や静岡県、川崎や日野市など、研修呼んでくださってありがとうございます。

Υ埜邀惺擦錬固目。福祉大学の仕事も慣れてきました。コンサルを担当している仕事は3年目になります。これが本当に大変です。
企画から製作まで担いますが、大学や事業所に販路を求めて一緒に回るのもコンサルの仕事なのですよね。本当に勉強をさせていただいています。

Г辧爾舛磴鵑侶觝А.灰蹈覆隆愀犬乃鷦阿のびのびになっていたひーちゃんが結婚しました。私は孫の面倒見に徹しましたが(笑)とてもいい式になりましたよ。
昨年が次男よんよんの結婚式、今年がひかるの結婚式、残すは長男だけです。
お嫁さん、来てくれないかな・・・。

┣山擇魍擇靴鵑整貲でした。 コロナでバンド活動は出来ないのですが、フォーク酒場で、弾き語りをさせていただいています。この弾き語り、私にとっては「発表会」の位置づけです。
脳トレになるんだなあ、これが。
まずピアノの練習をする。それから人前で歌えるよう練習する。指を動かしながら歌うんです。
人前で失敗しないように歌いながら弾く、ってすごい大変なことです。
緊張感半端ないですが、上手に演奏できると嬉しくて達成感で胸がいっぱいになります。
今年、自分の中で一番良かったのは、「積み木の部屋」と「街の灯り」です。

やっぱり、たいたい
たいたいは、保育園に通い始めました。ひーちゃんが仕事に復帰するからです。
ということで、ばあちゃん(私)も協力体制に入ります。
最近、たいたいは、私を「じゅんちゃん」とはっきり発音できるようになりました!

プールで時々泳ぎ始めました。
2023年、一番気にしているのは「健康」です。3月に三浦マラソンに出るので、ジョギングも始めないとなあ。でも寒いなあ・・・。でも痩せなくちゃなあ・・・。


こんなわたくしですが、2023年も宜しくお願いします!







22 12月

レクリエより単行本が出版されます!

2月2日に、世界文化社の「レクリエ」さんから、「高齢者のための機能向上レクリエーション」が出版されます。
5654BC56-D85B-48F9-A522-B5C68A06FA10















この本は、以前、レクリエさんに掲載された「機能向上に役立つゲームレク」をまとめたもので、




言うなれば、「づんこ監修総集編」のようなところがあります。




思えば、現場で働き、研修講師をして、執筆をしながら、時に渡米し、、、、




ひーひー言いながら、監修をしてまいりました。




このコロナ禍で、「集団レク」が出来ない施設がたくさんあると思います。





この本の中では、施設で、元気に笑いながらゲームレクをおこなう利用者さんがたくさん出てきます。




是非、是非、施設で一冊!




お買い求めいただけると嬉しいです。




高齢者のための機能向上レクリエーション
12 12月

今年出した本の増刷が決まりました

相変わらず、バタバタしていますが、週末は、久々、フォーク酒場で、5曲、弾き語りをさせていただきました。




ここのフォーク酒場は、毎月、お題が決められていて、今月は「数字」でした。




悩んで悩んで迷って迷って、決めた曲は、



からっぽ(ゆず)



エースをねらえ(アニメ)



白日(King Gnu)



14番目の月(ユーミン)



PRIDE(チャゲ&飛鳥)



でした。



毎回、「絶対無理」「能力以上」と思う曲を選び、自分を追い込んでいます(笑) 今回は白日でした(笑)



今日、届いたメールは2通。




1通は1月末に世に出る単行本の最終確認です。




今回、私が監修した本になりますが、もう少しで世に出ると思うとわくわくします。




もう1通は、今年出した「認知症の人を元気にする言葉かけ、不安にさせる言葉かけ」が増刷になるという連絡でした。




嬉しいですねえ。




認知症フロアで働きながら、日々、学んでいます。学ばせていただいています。




15年前に認知症フロアで働いていた時から比べると、全国レベルで現場職員の「認知症教育」はとても進み、職員の質は向上したように感じつつ、



15年経っても変わらないこと、それはいい意味でも悪い意味でも、





やはり根本に「人手不足」と「社会の無理解」があるような気がする。





なんだろう、、、アンバランスなんですな。






年寄りが多すぎて、介護職員が少なすぎる、、、、そんな簡単なこと、何故わかってもらえないんだろう、、、






西宮病院の認知症患者の転倒事故の裁判なんか見ると、これじゃあ、みんな辞めちゃうよな、なんて切なくなってくる。





なーんて、落ち込んでいる暇はない。





明日は、どうやって認知症フロアの人たちを笑わせようか、そんな事を考える。






子どもは未来の宝。





たいたいも、保育園に通い始めたよ!
6E3BDBCA-DA6F-4574-A6BD-1727BAAE4804
4 12月

レクリエ1月2月号の監修をしました

あっという間に師走ですね〜



11月末から、変に暖かったり、突然寒くなったり、不安定な日が続いていますが、明日からは冬本番、寒くなるというので、防寒対策はしっかりとおこなわないといけませんね。




孫のたいたいくんは、明後日の火曜日から、保育園に行く事になり、またもやバタバタしています。
2B9703B0-1B93-4911-8885-E3C34E0A8F28DEE13457-A4B7-4575-9328-AAA18701A5A1
















ひーちゃんが保育士として復職しますので、周りの応援団もバックアップしますよ〜、







私は、近所に親類縁者がいなかったもので、一番下の子が小学校に入るまでは、非正規雇用と決めていましたが、






ひーちゃんは正職員としてカムバックするようです。




あんなに小さかったたいたいがもう保育園・・・と思うと、目頭が熱くなります・・・。





さて、レクリエ1月2月号が発売となりました。





今号の特集を監修させていただいています。





皆さんの職場でお役に立てればと思います。
A4C8C7AA-E073-4D79-86C7-1AC0CDB224C1
7BDA9ACB-6012-4AD0-855D-E920CFEB18A9















そして、毎号の「今日は何の日」ですが、私も微力ながら協力をさせていただいております。
7F7EAE84-185B-4E81-8099-0686907CC79B










物書きの仕事は、結構、途絶えることがなく、毎年、年末になると、何故か「ひえええー」と言いながら、書き物をしています。





それから




12月14日(水)



ケアきょうオンライン勉強会で、講師をさせていただきます。




宜しかったらご参加ください♪

221214_main








20 11月

ばたばたの11月でした

もういつも忙しいので今更忙しいと書いても何の新鮮味もないのですが(爆)



9月にまあ介護現場が忙しく、その他の仕事も忙しく、体調が悪い中、年に一度の健康診断を受け、




2つばっかり引っかかり、精密検査を受けたのですが、結果的にはどこも異常なし。




ただ体調が悪かったもので、ずっと結果が心配で、私の「忙しくなると気に病んで体調が悪くなる」この癖をどうしたら良い物か・・・。





10月の後半は帝京科学大学と看護学校で今年度最後の授業。両校とも、前期の授業が多いのだけれど、後期は10月後半に終わり一安心です。




11月5日は地元、横須賀の研修。




100人の応募があり、90人ほどの方が参加してくださいました。




2時間の短い時間ですが、一生懸命話しました(笑)




アンケートがとても良くて、読んでいて目頭が熱くなりました。




遠方から研修講師依頼をいただく事はとても多いのですが、地元でこれだけ多くの人に集まっていただいたのだから、




横須賀に感謝です。





ライブだったら「さんきゅうー−−−−よこすかー−−−」と言いたいところです(笑)





私自身、ちょっと緊張をしていて、参加者なんてまともに見ていなかったので、会場で、何人か「どう思いますか?」と指して、指したその場で




「あら〇〇さん!」みたいな、知っている人が突然目の前現象が2度ほどあって、びっくらたまげました(笑)





さすが地元!!





11月はあと、大分へ行きました。





夫の母親が一人暮らしをしているのですが、もう92と高齢なので心配で2ヶ月おきに様子を見に行っています(夫と妹が)




まあいろいろ限界に来ているのかなあと介護の問題に差し掛かってますが、横須賀には来たがらないし、難しいところです。





大分の家のすぐ近くに「伊勢正三記念館」が出来ていてびっくりしました。
9EAA87D4-09B4-4020-B8BC-B2BFA9EC7A316170A0D8-EC70-41C9-8B68-E21543C11860





















ホント、歩いて2,3分です。





また、記念館のおじさんに、夫が性懲りもなく





「小学校5年の時に、大分で珍しく大雪が降ったんだけど、あの日に伊勢正三さんは『なごり雪』を作ったに違いない」





と言っておりました(爆)




たいていの人は「ふーん」と受け流します。







川崎の研修は、なんだか今年度3回ほどお引き受けしまして、普通の介護職向けと、新人新任介護職員向け研修2回。




明後日は、静岡でございます。





相変わらず、コンサルの仕事も盛りだくさんで、




去年の12月ひーひー言いながらしていたあの作業を思い出します(涙)




そんな中、1月末に本が出ることが決まり、まあこれは、既に書き溜めていたものが出るのでそう大騒ぎはしてませんが、「はじめに」をやっと書き終わりました。





ってな感じの11月でございます。




介護現場もまたまた厳しい状況で、まあ、風邪もひかず、コロナもうつらず、元気でいられるだけいいのかな。




こんな時の癒しはやはりたいたいくんです。





たいたいくんは毎日来なくていいです(爆)1日おきくらいがいいです・・・。

CBA7228E-9D2B-4D16-8749-DCB2ED97A4AC
F922991B-7117-46F6-B675-78C2781B3D33











9 10月

レクリエ特別号感染予防しながらできるレクリエーションの監修をしました。

秋ですね。


というか、寒い(笑)



秋はどこに行っちゃったんだー?



孫のたいたいは、きんもくせいの香りに秋を感じているようです。
3D4BCC39-2B00-415F-8515-A8FCAD084F73











前回のブログにも書きましたが、9月は散々でした。




もう収束しましたが、コロナのクラスター。




「コロナに感染したくないので辞めます」というわけにいかず(笑)まあ出勤するんですわな。




すると、ガウン着て、陽性の人の介護ですわ。




これって、「自己犠牲」以外のなにものでもないですよね。





幸い、私は感染しませんでした。




ガウンテクニックも、しっかりやりましたし、マスクも2重でフェイスシールドも。





脱ぐ時も、表は触らないように。手袋の脱ぎ方一つ慎重に感染対策をしました。




なにが大変って暑い。9月はまだ暑かったですからね。




感染しなかったのは運が良かったのだと思います。




同僚がみんな感染して倒れて、すると、「感染していない利用者さん」を守る介護職が減ってくるわけです。




ということで、2日ほど陽性(レッドゾーン)に入った後は、全てクリーンゾーンの仕事でした。




レッドゾーンではないから楽かというと、それがそうではなかった。




感染していない職員が少ないので、少ない人数で仕事を回さなくてはならなかった。




一回、過労で熱を出しましたね。(検査したら陰性だった)




でも、無事、収束しました。ホント、良かったです。




反省する点は山ほどあり、これからまとめていくことでしょう。



いい勉強になりました。




9月は台風が多かったでしょう。




それで、私、天気病というか「めまい持ち」なので、ダブルパンチでした。




不謹慎ですが、「コロナになった方が楽かもしれない」なんて思ったのは、おそらくコロナが弱毒化した今だからでしょう。




2年前だったらそんなこと言えませんよね。命にかかわりましたから。




いろいろ課題は残ったけれど、とにかくクリーンゾーンの利用者を守って、他のフロアに広げなかったこと、コロナが原因で重篤化した利用者はいなかった。(コロナ前から具合が悪い人はいましたが)




利用者の皆さんに不自由をかけてしまったことは心が痛いけれど、感染を広げないために仕方がなかった。




そういう意味で、最善を尽くせたのではないかと思っています。(私個人での思いですが)





9月の後半は、東京と福井県でレク研修がありました。




東京の日野はもう何年もレク研修で呼んでいただいていますので、担当の方とはもう気心知れた中(笑)



昨年はコロナの為、オンラインでコミュニケーション研修をおこないましたが、今年のレク研修は対面。終了して、「やはり、先生(私のこと)は、対面の方がいいね。」と(笑)




そんな事を言われた後、福井県のレク研修はなんと6時間(実質5時間)オンライン。




11月の静岡はやはりオンラインで5時間のレク研修。




という事で、研修前に動画を撮ったり、課題を作ったり、研修の構成も工夫が必要になってきました。



9月は、こんな感じで、介護現場も大騒ぎ、結婚式があり、研修もあり、おまけに虫歯は痛み、お腹も調子悪く、散々な中で誕生日を迎えました(笑)




こんな中、レクリエ特別号が発刊されます。「感染予防しながらできるレクリエーション大特集」のゲームレクを監修しています。
75ED9561-A01C-45CE-8E12-CF141B633564A282F2BB-395D-4211-815A-759011E452C7ABE790A9-2553-4D27-AF4A-D5D3713725DB





























10月に入り、嬉しかったニュースが二つ。




おそらくもう10年前には既にお世話になっていたのでしょうねえ。「特定非営利活動法人よこはま地域福祉研究センター」さんが10周年を迎えました。





佐塚さんと一緒に働かせていただいた生活支援サービス担い手養成のお仕事は、自分を本当に成長させていただいたと思っています。思い出がたくさんあります。(泣きそうになったことも大爆笑したことも)




レクリエーションの講師だけだった私に「コミュニケーション」の研修をお任せいただいた事で、自信を持つことが出来ました。




一度、横浜の担い手研修で、受講者の中に新聞社の人がいて「素晴らしい研修だったから取材したい」と言っていただいたことがあり、嬉しくて舞い上がってしまったことがありました。





この後、コミュニケーションの本も書くようになり、来月5日には初めて、地元横須賀(ヴェルク横須賀)で、「認知症の人のきもちを動かす言葉かけ」という研修も予定されています。



世界を広げてくださり、育ててくださった佐塚さんにお礼の気持ちをこめて「10周年おめでとうございます。」と言いたいです。
73656E9D-BDEC-44D1-B3E6-8BF822510F8A








もう一つ。



認知症の研修で一緒になり、いろいろ励まし合った仲間のみねこさんが、おにぎり屋さんをオープンしました。





立地条件もいいですよ。横須賀のいろいろな庁舎が集まっているところの近くです。(ヴェルク横須賀の前です)
以前から、構想は聞いていたのですが、




彼女、本当に夢を実現しましたよ。素晴らしいです。スーパーレディですよ。まだおにぎりをいただいていないのですが、早く買いに行きたいです。
82DD759C-8559-4856-A14A-66A64DC9FF46





















24 9月

還暦を迎えました。

介護のブログや発信を始めたのが39歳頃でしたから、もう20年は過ぎたのですね。


あっという間に還暦を迎えました。


9月23日、60歳になりました。



私は、第一子出産の時に一度死にかけて「残りはおまけみたいなもの。後悔しないようにやりたい事はやっていこう。人から何かを頼まれたら「はい、やります」と全て受けて立とう」と思ってから、



「え?本当にやるの?」と言われることを次々にやっつけていった気がします。



もちろん全てがうまく行ったわけではなく、失敗で凹んだこともたくさん。



それでも何とか、介護職として発信をしながら、現場で高齢者と長い時間を過ごしてきました。



そんな私ですが、この9月は過酷でした。



娘の結婚式は、もちろん楽しかったですけれどね。



コロナのクラスターを経験しました。



もう公表しているので、書いてもいいのかなと思いましたが、




本当にきつい9月でした。




でももうすぐ収束です。



もうちょっとです。




レッドゾーンにも入りましたが、ほとんどクリーンゾーンの仕事が多かったので、




「絶対、この人たち(クリーンゾーンの人たち)を感染させない」とみんなで力を合わせて頑張りました。





クリーンゾーンの仕事は、レッドゾーンに比べれば、全然楽なのでしょうが、とにかく、人が足りない、認知症の人をゾーンにとどめる難しさに悩む毎日、口腔ケアでさえ感染のリスクがあり、一つひとつ立ち止まりながら「これをして大丈夫?」と話し合い、工夫をしながら毎日を過ごしました。




もうすぐ皆さん、元通りになるね。




重症化した人はいなくて、もちろん亡くなった方もいませんでした。




コロナが弱毒化していて本当に良かった。




9月の後半、台風で(低気圧で)めまいがひどくて、働くのもきつかったのですが、人手不足の折り、休むことは出来ません。




そんな過酷な9月23日、自分の誕生日でした。





今日、24日、娘とたいたいも一緒に誕生祝をしていただきました。




赤いセーターを着て、還暦の装いです(笑)


kanreki4D398DFFE-8832-47AF-AF4C-D5948F8C512Dkanreki1kanreki2kanreki3








11 9月

ひーちゃんの結婚式でした。

前に書いてから日が経ってしまいました。
7月8月は、大学や看護学校の期末試験、銀行向け認知症テキストの校閲、レク情報誌の監修などにコンサルの仕事が重なり忙しかったのですが、一番は9月10日のひーちゃんの結婚式の準備の手伝いで休みはほとんど潰れました。
手作り感満載の結婚式(まあ、式の費用を抑えるという理由もありますが)で、ひーちゃん達が頑張っていたわけですが、「ウェディングドレスを試着するからみなとみらいまで一緒に来て(たいたいを抱っこして試着の間待つ)」とか「〇〇を作るからたいたいを見ていて」とか、まあ、結局は孫の面倒を見るわけです。
私は老健での仕事がありますから、メインは夫ですが、夫は、はっきり言って、最後の方は朝から晩まで孫守りをしておりました(爆)

35年前を思い出すと、結婚式のスタイルというのは変わりましたね。
私は東京の学士会館というところで結婚式をしたのですが、お色直しは3回。
白無垢に、赤い着物に、白いウェディングドレスに、色のついたウェディングドレス。
3時間はやっていたんでしょうね、披露宴も。
今は、2時間くらいかしら。お色直しも1回。もちろんドレスのみ。
まあ人によって違うのでしょうけれどね。
だいぶカジュアルになったのですね。
それでも費用は私たちの頃の4倍くらいはするみたい。
こりゃ大変だ。
今は、人前結婚式というのですか?お友達が「誓いますか?」と聴いて「はい誓います」と答えるのがあるのですね。
いやーびっくりした。
仲人もいません。
昔は「家と家」の結びつきって感じでしたが、今はお友達を呼んでパーティっていう雰囲気なんです。
それでも結婚式のプランナーさんはとても素敵な方で、スタッフの方も最高でした。
思い出に残る結婚式になりましたよ。
ベールをかぶせて、「大好きだよ」と抱き着くと、泣き出したひーちゃん。
最初から最後まで泣きっぱなしでした。

最後の両親への手紙では、
「私が小学校を卒業するまで、仕事をセーブしてくれていたママ。3人の子どもを育てながら仕事をするのはどんなに大変だったでしょう。でも我が家をずっと笑顔で支えてくれました。我が家がみんなずっと笑顔だったのはママのお陰だと思います。私もママみたいになります。」と涙ながら言ってくれて、ホロリ・・・。となるはずでしたが、

ちょうど抱っこしていた『たいたい』が腕の中でぴちぴち跳ねて、急にハイになり、指を私の口や鼻の中に突っこもうとして、肝心の涙は出ず、冷や汗ばかりが出ました。とほほ。

披露宴では、新郎のしげちゃんが歌を歌ったのだけれど、とても上手でした。歌手になった方がいいと思うくらい!

たいたいは、式開始の頃に起こしたので、ずっと泣いていて、リングボーイをする予定でしたが、泣きながら、リングの入ったバスケットボール(新郎がバスケ部だった為)を渡しに行きました。
バスケットボールを、ゴールにシュートするところはばっちり決めました(笑)
披露宴会場ではおとなしくしていましたが、ずっと隣でおとなしくしているわけではなく、いやー、とにかく孫守りウェディングとなりました。
ウェルカムボードのポスターは、よんよんが描きました。なかなかよく描けてましたよ。


コロナ禍でなかなか結婚式が出来なかったひーちゃん。
心からお祝いをしますよ。

ひーちゃんは、ママの全てです。

C3396341-3641-4077-AC4E-60700BE9C0B2B18FEA94-4125-4592-8939-A74111B508105B181956-2E81-45E7-A3A3-461804191969F578C070-B0A0-4148-8591-57DA8C31C7B50265B660-9854-41B1-8E0F-36AC033BC4474355E9CE-44C8-408C-A4B7-804094B74B6E978A060C-2B5B-4EBA-9DD0-4E12B07EBA266FCC3BFB-7416-4D96-9D85-307FC853D8CC50E9B8D6-2238-4520-BEFD-0E46BE6C9AE35E5EEBD7-E333-4F96-8CCE-2C178D8649CA08D48EB1-573C-4DA2-8D9C-6BC5554C0E57D4163D50-3FA0-46E2-8B48-6E16D1E9B6EB9B3D011C-DC92-48D1-B537-FAC51549BFFC
26 6月

レクリエ7.8月号の特集を監修しました。

はい、あっという間の6月も終わり、、、、




大学や看護学校の前期の授業が終わり、あとは期末試験を作るのみ。




この期末試験の採点ってのが難しいんですよ。配点を考えないと、△の人は何点にしようかとか、全部書いていないと×にしなくちゃいけないかなあとか、まあ後から悩むわけです。





看護学校の最初の3年くらいは本当に悩みましたが、だんだん慣れてきています。




今年度の授業や研修は15回と少な目ですが、




普段、介護職もやっており、コンサルタントの仕事が大変なので、バランスは取れていると思います。



もちろん音楽活動も続けたいし・・・。



身体を壊さないよう、バランスよく仕事をしていきたいと思っています。






7月13日にかなふくさんでオンライン研修があります。




3月に出版した本の内容もお話しますので、ご興味がある方は是非是非、参加してください。









9月には、娘の結婚式(コロナ禍で延期になっていた。そのうち赤ちゃんできちゃった)があるので、ダイエットを頑張らないと。





そんな、たいようくんも、こーんなに大きくなりました。
B792339A-C6DF-48D1-88D9-9133652D4C96093D8F1B-557B-444A-95D4-F41909BDCF6A












そうそう、遅くなりましたが、レクリエさんの7.8月号の特集を監修しました。
C44118E4-4B18-474B-AFD0-53F25A0E1DFD
05CD2917-B035-4E00-880B-D5EF4BD4FED0











実は今も、レクリエさんの仕事に追われています。




うーん。9月末には時間に余裕が出来るのかな・・・。
認知症の人を元気にする言葉かけ不安にさせる言葉かけ
中央法規出版さんより2022年3月25日に発売!
詳細はこちら shinhondayo"
認知症の人といっしょにできる高齢者レクリエーション
講談社さんより2020年10月26日出版!
詳細はこちら shinhon
笑わせてなんぼの
ポジティブ
レクリエーション
日総研出版さんより出ました!
詳細はこちら warawasetenanbo
介護で使える言葉がけ250
2017年7月につちや書店さんから!
介護で使える言葉がけシーン別実例250 kotobagakenew
中央法規出版から!
頭・心・体に作用するゲームです。

おはよう21増刊宜しくね!

IMG_3140 (1)
ナツメ社からです
季節行事/年中行事に使ってね。

Amazonはこちら!! rekuhon
認知症によりそう
私も頑張って書きました!

認知症によりそう
yorisou4
2018年6月に介護レク入門DVDが出ます。
アマゾンはこちら! 790A190E-B478-4982-A531-77B96A004449
 講師依頼について
研修講師依頼の際は
eapdr.zun@yahoo.ne.jp(@を@に変えてください)
にお願いします。
koushi
音が出ます。見てみてね。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
  • ライブドアブログ