画像で道案内、今回は「阪急 摂津市駅」からの道順を紹介する。

BlogPaint


















阪急摂津市駅は、京都線で梅田から8つ目の位置にある。ここもまた、普通列車
しか停まらぬゆえ、注意が必要である。


4925

梅田から京都方面への列車が着く側の改札を出たところ。
4926
通路を真っ直ぐ進むと、右側に踏切がある。
4929
この踏切を、斜め向かいに渡りたいのだが・・・
4930
横断歩道もありはしない。踏切が開いている状態でここを横断するのは
至難の業である・・・
4931
踏切を渡って、左側に曲がる、と続くのであるが、余りに障壁が多いので、
反対側の「京都から梅田方面の改札口」からのルートも併せて紹介する。
4882
改札を出たところ。
4883
右側の通路を通り・・
4884
道なりに進む。
4885
突き当りを左へ・・・
4886
しばらく進み・・・
4887

自転車止めのあるところを右に曲がる。
4888
ここを進んでいくと・・・
4889
バス停の前に出てくる。で、道路の向こう側へ渡る。ここにも横断歩道は
無い。画面左側に見える踏切が、先程の踏切と同一箇所である。いずれに
しても、この道路は横断せねばならない。
4890
踏切手前の道を進んで行く。
4891
道なりに真っ直ぐ進む。
4893
突き当りの遊歩道を左に曲がる。
4894
この遊歩道をしばらく進む。
4895
何やら水の出ている処がある。
4871
店主の曰く、「やる気のない噴水」だそうである・・・しかし、この囲いの
大きさで「やる気」を出されると、ベンチの辺りまで水浸しになってしまう
のではないか?

君のはどこにあるんだろう~
見つけてあげるよ~
君だけのやる気スイッチ~

等と言いながら、元栓を探し出して全開にしたりせぬ様に。
いたずらはいやずら・・・

4896
このまま真っ直ぐ進む。
4933

途中に、かような立札がある。見ると「井戸跡」とある。とすると、先程の
アレは、「やる気のない噴水」というよりも、「湧水を模したもの」なの
ではなかろうか?
4897
このあたりから線路沿いに進む。
4918
踏切の手前にある、これまたやる気のない「流水オブジェ」がある。
こいつが「やる気」を出さば、「別府温泉の竜巻地獄」みたいになるの
だろうか?
4899
線路沿いを直進。
4900

遊歩道の終端部。踏切を斜め向かいに渡りたい。ここも横断歩道はない。
交通量の多い箇所である。車の列が途切れた時に急いで渡ろう。
4904
踏切を渡ってすぐに右に曲がる。
4728
ここからは「JR千里丘」からの順路と同じである。
4731
道なりに真っ直ぐに・・・
4733
信号が見えたら・・・
4734
かどや到着。

このルートは経路としては分かりやすいのだが、交通量の多い箇所を2度も
横断したり、踏切を渡ったりせねばならぬので、正直なところ、遠方からの
お客様や体の不自由な方、お子様連れの方等にとってはハードルの高い道程
である様に思われる・・・
「摂津市」の行政には「どないかならんのかいな」と突っ込んでおこう・・・


「かどや酒店」は初めて来られる方には少々分かりにくい
立地にある。今の時代、スマホやらタブレット端末その他、
いくらでも情報としては調べられるのだろうけれど、いざ
現地に立ってみると、「情報」と「目の前の現実世界」が
リンクせんぞ、と思われる方も少なくないと思うのである・・・

なので、「画像道案内」を企画すべく、先日写真を撮ってきた。
今回は「JR千里丘駅」を起点としたルートを紹介する。

BlogPaint



















「JR千里丘駅」は、JR東海道本線にて「大阪駅」から京都方面に5つ目
の場所にある。普通列車しか停まらぬので要注意である。
これまた古い地図故に、もうひとつの最寄り駅である
「阪急 摂津市駅」の表記が無い・・・

「スーパーマップル」ではこんな感じである・・・
4810


















またまた古い地図である・・・ 
画像中央よりやや右上あたりの「ヤマザキ」と表記のある場所、これ
こそまさに「かどや酒店」の所在地である・・・
何故「ヤマザキ」なのかは、店主のblogに詳細が記されているので、
ここでは割愛する。

この地図の通りに「ヤマザキ」を目指して辿っていけば良いだけの話
ではあるのだが、それでは身も蓋もないではないか・・・
これは「初めてかどやを訪れるお客様」を想定した道案内であるため、
「目印になるもの」を明確にしておかねばなるまい・・・

さて、起点は「JR千里丘駅」である。
4713


















改札口を出たところ。

4714


















ここを左側に向かって・・・

4715


















真っ直ぐ進む。

4716


















突き当りのスーパーを左側に進み・・・

4717


















その先の階段を・・・
4718


















降りる。
4719


















ここまで書いてみて気が付いたのだが、体の不自由な方、或いは
スーツケース等の荷物をお持ちの方にとっては、「バリアフリー」
どころか「バリアMAX」てな感じであるな・・・
先程のスーパー店内のエレベーターもしくはエスカレーターを利用
されるのがよろしかろうと思う。

しかし、ここから先は地上戦である。
信号を渡り、直進していく。
                                 
4720


















信号を渡ってすぐに右側に見えるのは弊店得意先の「一蔵」様である。
帰途、一杯やられては如何だろうか?

4721


















このまま直進

4723


















「セブンイレブン」「交番」を通り過ぎ直進
4724


















踏切注意の看板を過ぎると・・・
4727


















踏切がある。
で、これを渡らずに左折して進む・・・
4728


















この道を「道なり」に進む・・・
4729


















そのまま真っ直ぐに・・・

4730


















このあたりから左に曲がっていく

4731


















曲がったところ。ひたすら直進
                               
4732


















信号が見えたら「かどや」はもうすぐ・・・

4733


















交差点に着くと・・・

4734


















左側に「かどや酒店」が!!

4735

































いざ、店内へ・・・

試しにやってみた「画像道案内」であるが、こんなんでちゃんと伝わる
のだろうか・・・ 

4046


















かどや酒店は、茨木市の蔵垣内という集落にある。

「蔵垣内」とはどのような場所なのか。地図にて確認してみよう。4736
30年前の時刻表
4737

  
















天海祐希やいか・・・


4740


















その沿線地図の頁を繰ること暫し、「蔵垣内」の表記を見付けたところ、
弊店の近所にはバス停があった様である・・・
阪急の「摂津市」駅はまだない。

現在のGoogle Mapでも地形はほとんど変わらない。
ただし、現実のこの地は住宅街と商工地帯が混在したワチャワチャした
処であるため、地元民はともかく、土地勘の無い者、遠隔地からの来訪者
にとっては「本当にこれで合っているのか?」と不安になる立地である事は
否めないだろう・・・

なので、「初めてかどやを訪れる方」を想定して、「画像道案内」を考えてみる
ことにする。

暫しお待ちを・・・

↑このページのトップヘ